ちょっと変わったマニアな作品が集結

15年使用してきた既成品の4人がけこたつの天板表面の補修(筆塗り塗装)をしたいと思います。

ラッカーうすめ液を、天板にほんのすこしたらしてみたところ、簡単に表面が溶けたので、天板の表面はウレタンではなく、ラッカーを薄く吹いて製造したものだと思います。ステインとラッカーとうすめ液は持っていたので、ハケを金物屋さんで購入しました。スプレーの使用は高価なため、諦めました。

500円程度の「ニス用ハケ」と300円程度の「万能ハケ」と表示されたハケが売ってました。安い「万能ハケ」のほうを購入したのですが、「もしかしたら筆ムラが出て、仕上がりに支障があるから、作業を始める前に、もう一度買い直したほうがいいかな??」と迷っています。
店頭で、2つのハケを見くらべてみたとき、見た目ではほとんど区別がつきませんでした。どちらのハケも毛先に「先毛」があるため、毛一本は、毛先に向かって細くなっているので、筆ムラは出にくい毛を触ってみたところ、「万能ハケ」よりも「ニス用ハケ」のほうが、すこしだけコシが柔らかい感じで、一本一本の毛もほんの少しだけ細い印象でした。

ニス塗りは、2回重ね塗りをするつもりです。1回めのニス塗りののちにペーパーがけもするつもりです。
ハケを買い直さず、「万能ハケ」で作業を始めた場合、2回めの重ね塗りのときに「筆ムラ」がたくさん出てしまうんじゃないかと心配です(筆ムラが付いたまま完成してしまうのではと心配です)。

【質問内容】
・「ニス用ハケ」と「万能ハケ」では、ニスを塗った際の、「筆ムラ」の出方に、かなりの違いがあるのでしょうか?
・また、「万能ハケ」を使ったとしても、1割くらいうすめ液を加えて、粘度を下げ、乾燥時間を遅らせることで、筆ムラを避けることはできたりするのでしょうか?
・その他、ラッカーを筆ムラをなるべく出さずに塗るコツがあれば、教えてください。

アドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

追加ですが、素人ではラッカーニスを刷毛塗りでうまくは塗れませんので刷毛を使うなら油性ウレタンをお奨めいたします。


ラッカーを使うならスプレーがお奨めです。

水性2液型というのも出ていますが、使ったことが無いのでわかりませんが、水性の中では熱に強いと予想されます。
1液水性ニス(水性アクリルエマルジョン、水性ウレタン)は概して熱に弱いので不向きだと思います。
水性に関してはこんな意見もあります。
http://vicdiy.com/zairyo_knowhow/0006/0006.html
    • good
    • 0

1.まずどのような塗料をお使いになる予定なのでしょうか。


ステインとラッカー薄め液(シンナー)では塗装は出来ません。
ステインとは木の地肌を染色する物で、油性の物は顔料と蒸発するオイル、水性の物は顔料と水性エマルジョンと水などからできています。木の地肌を染める物ですから塗膜成分が無く、乾燥してからニスを上から塗ることを前提としています。ニスとは透明の塗膜を作る、顔料の入っていない塗料です。
 オイルステインにしても水性ステインにしてもラッカーシンナー(成分はトルエンやキシレン)は不適です。
ニスを使うつもりでしたら「油性ウレタンニス」をお奨めいたします。薄め液はその瓶の説明書に書いてある物を使うのですが、「ペイント薄め液」でしょう。これはラッカーシンナーとは違う物です。

一液型ウレタンの塗膜でしたらラッカーシンナーにも侵されますから、元の塗装がどのような塗料で塗られているかはそれだけでは特定できません。でもラッカーニスの上にウレタンニスは塗装可能です。

2.
・ニス用刷毛のほうが塗りやすいのですが「万能刷毛」でも塗れます。
・薄め液を入れることで塗りやすくなる場合はあります。必須ではありません。まず現状の塗膜を当て木をした240番ぐらいのサンドペーパーを掛けて平坦にして、一回目は薄めないで塗り、乾燥してから320番ぐらいのサンドペーパーを掛けてからやや薄めのを塗ってはいかがでしょうか。
・下地や塗り重ねる途中でのサンディングをした方が良いです。

メーカーのサイトに塗り方が解説してありますので参考にされてはいかがでしょう。
http://www.washin-paint.co.jp/corp/guide/lecture …
既に旧塗膜があるのですから↓のサイトの木工ニス仕上げの(4)からの作業と考えると良いでしょう。
http://www.washin-paint.co.jp/corp/guide/lecture …
なおこの場合着色ニスではうまく仕上がりませんから必ず単なるクリアーのニスを使うべきです。

最初に塗られていたのが着色ニスでしたら全て剥離するか削り落としてから塗り直した方がうまく行くと思います。

DIYなのですから最初でプロ並にうまく行くとは考えない方が良いです。刷毛目も慣れれば目立たないように塗れますが未体験でしたら多少残ってもよしとするべきでしょう。2回目3回目には確実にうまくなって行くはずです。

参考までにオイルステインの説明書↓
http://www.washin-paint.co.jp/product/type/oil-b …
    • good
    • 1

名前だけでは判断が付きません。


塗料はエナメル(一般の合成樹脂塗料)より軟らかく、通称○○艶ニスとか書いてあるものでしょう。
艶の程度がありますから良く吟味して下さい。
=要するに薄め液にラッカーシンナーを使うものであれば結構ですが、塗布完成後一般的に
熱には弱いので配慮が必要です。

刷毛は腰の強さと毛の長さにバランスが必要ですが、一度に余り多く塗りすぎるのも良くなく
最初は板の端から始めずに少し内へはいった所から端に戻して引き始め折り返し、
長さの3分の2くらいをかずれずに引けるのがよろしい。そしてまた反対の方からも同様に重ねます。

塗り重ねは、塗料が少しでも乾ききる前に前の塗った所に一部を戻して重ね、濡れている全体の
色合いを見て判断し重ねます。
最後に軽く含ませた刷毛を仕上げに一度に長さ一杯を引ききる。
=刷毛にある程度の幅がないと出来ません。

塗料は一番薄くする場合でも10%以上も薄めたり、小口で何回も薄めながら使うと反って
色ムラの原因となります。そして何よりも良く撹拌しておくことが大切です。

素材を磨いたり補修をするときは事前に行い、清掃・除湿をよく行って下さい。
1回目塗装後はごみのつかないように保管、徐々に乾燥させ後磨きは不要です。
どちらかというと、2回目の厚みは1回目より薄くしますが、1回目に付いた塗りムラは消えない
と思って下さい。=この補修の場合だけ磨きます。

薄めた塗料は使いきって保管や混ぜないようにします。(程度は色々ですが変質します)
    • good
    • 3

 ニス用ハケは塗料に含まれる有機溶剤で毛に含まれる色の成分が溶け出さないような毛が使われています。



万能ハケは、有機溶剤で毛に含まれる色の成分が溶け出して塗料に加わり塗色が変わってしまうことがありますので、透明や白を塗る場合は、ニス用ハケを使います。

刷毛としての腰や使い勝手は同じです。


>・また、「万能ハケ」を使ったとしても、1割くらいうすめ液を加えて、粘度を下げ、乾燥時間を遅らせることで、筆ムラを避けることはできたりするのでしょうか?

揮発溶剤が増えますので逆に乾燥時間は早くなります。

ニスは1週間程度、乾燥、固化させてもヤスリを当てた時の摩擦熱でニスが柔らかくなってムラになりますので、あまりお勧めしませんよ。

机なら仕上げにウレタン系のクリアをされることをお勧めします。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Q油性ニスを使った後のハケの洗浄

和信の油性着色ウレタンニスで塗装しています。
刷毛を洗浄するために以前はペイントうすめ液を使っていたのですが、すぐになくなってしまうので、現在は「ハケ洗い液」を使っています。
http://www.asahipen.jp/merchandise/hp/sub02.html
「ごく少量の本品で洗ったのち、水洗いできます」とあるのですが、根元に残った塗料が完全に落ちないので、水で洗うと流れ出してきてしまいます。
(塗料は毛先1/3程しかつけていないのですが、吸い上げてしまうようです)
環境によくないと思い、ハケ洗い液で洗った後はバケツに水を張ってゆすいでいます。

●その水はどのように処理すればよいでしょうか
●刷毛の根元に残っている塗料を完全に落とすにはどのようにすればよいでしょうか

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

灯油で洗うとコストも安い
一晩浸けて置くと、奥までキレイになりますよ
意外と蒸発が早いので、風通しのよう場所にぶら下げておくと、一週間くらいで乾燥します
洗浄後は、廃油として処理するか、大量の新聞紙に吸引させて廃棄

Q水性ニス塗りのコツ

どのように注意して塗っても、細かい泡(気泡)が出来てしまい、それが乾くとザラザラして邪魔になります。耐水ペーバーでザラザラを取り、再び塗るのですが、どうしても気泡が出来てしまいます。刷毛がわるいのでしょうか? 塗り方が悪いのでしょうか? それとも他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

3度目は最初に塗った方向に 未だ塗りむらがあるようでしたら4度目を・・・。

その頃になれば表面がざらついてきます。
完全に乾燥したら240番くらいのペーパーでざらつきを取ります。

その上でもう一度(少し多めでももう泡は出来ません)
丁寧にニスを塗れば ツルツルの光沢のある塗装面に仕上がります。



それでも泡が出来る・・・(その筈は無いです)が、

それでは布切れで試して下さい。
丁度 「テルテル坊主」 のように丸めて 頭の部分にニスを薄く浸み込ませます。

基本的にニスは 薄く 乾燥させて また 薄く 3-4度で仕上がる気持ちで塗って下さい。

要領は刷毛塗りの場合も同じです。

布切れは毛羽立たないものを使って下さいね
勿論、刷毛の場合も安ものは毛が抜けて表面に付着します。
こればかりは、取り除くことすら大変ですし 取り除いた後の形が消えませんから・・・。 

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Q油性ニスをぬった後の仕上げ

小さいですが木製のテ-ブルをつくりました。
ウレタン系の油性ニスを塗ったのですが
(表面を240番研磨後ニス1度塗り。ニスが乾いた後表面を400番研磨後2度塗り)
ツルツル感とツヤは出ましたが表面に気泡等気になるところがあります。
デコボコは消したいですがこのツヤはいかしたい。どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
気泡が出たのは、ニスが乾ききる前に重ね塗りをしたか、刷毛を十分にニスになじませなかたったからでしょう。
さて、でこぼこの解消ですが、800番程度の紙やすりを2つに切り研磨面どおしを合わせてこすります。ある程度すると手に引っかからないくらいになりますのでそれで、テーブル面を研磨してみてください。ざらざら感も解消してしっとりするはずです。どうぞお試しあれ。

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。

Qオイルステインと着色ニスの違い

今度、新しく購入した家具を自分で塗装してみようと思いたちました。
着色されていないパイン材なので、木目を生かせる塗装にしたいです。
ただ塗装等について全くの素人のため、塗料について教えて頂きたいことがあります。

自分でざっと調べたところでは、「オイルステイン」が一番目的に
合っているように思います。
が、後から「着色ニス」というものの存在も知りました。

私としては『オイルステインで着色→ニスで仕上げ』と考えていたのですが、
この「着色ニス」の場合だと、これ一つで着色から仕上げまでが可能なのでしょうか?
仕上がり具合などもそれぞれ違ってくるのでしょうか?

塗りやすさ、仕上がり具合なども含め、それぞれの違いについて
教えて頂けると助かります。
また塗り方のアドバイスなども併せて頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
素地のままの材料と思って回答していました。
ウレタン塗装されているのなら、そのままではオイルステンはのりません。
組み立ててから塗装したい面を400~600#くらいのサンドペーパーで研磨してください。最初は400#くらいで全面的に研磨して塗装膜を落とします。次に600#くらいで表面を滑らかにします。
この作業は埃だらけになりますから防塵マスクをお勧めします。
全体が整ったら、オイルステンを一回すり込みます。布でこすり込む感じです。1日以上おいて600#くらいのペーパーで研磨します。ここで手触りを確認して、概ね満足できる程度まで研磨します。
続いてオイルステンを重ね塗りします。以後、乾燥してから研磨して、お気に入りの色合いになったら、仕上げのラッカーを塗ります。
クリアラッカーも乾燥させてペーパーをかける重ね塗りを3度以上したらきれいに仕上がります。
クリアラッカーの研磨はもっと細かい800#以上のペーパーの方がきれいになります

Qとの粉 目止めについて

現在、ナラ集成材で家具を製作しております。

そこで、との粉を濃い目で溶き、2回塗りし、
その上にオイルを塗ったところ、
細かいブツブツの導管の埋まりが不十分で、
黒の色が乗ってしまいます。
出来るだけ、このブツブツの所を埋めたいのですが、

(1)それは、目止めが不十分なのでしょうか?
(2)何か良い塗り方などございますでしょうか?
(3)フィラーの方が埋まり具合は良いのでしょうか?
 (素材は科学製品でしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.キレイに仕上げたいのであればヤスリで磨いてとの粉を塗った面を平らにして、木の穴だけにとの粉が入って塞がった状態にします。

そのまま塗るととの粉の塗りムラのまま仕上がりますから

2.濃度は今の5割ぐらいゆるく(^^;

3.勘です、ふつー二度塗りすれば塞がるという経験から
との粉の濃度によりますけどね

見えない部分とか他の素材で試し塗りしましょう

Q水性塗料で固まった「はけ」の溶かし方(ペイント薄め液以外を使用した方法

水性塗料で固まった「はけ」の溶かし方(ペイント薄め液以外を使用した方法)をご存知の方おられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

水性だから油性の溶剤では溶けません
乾燥に伴って重合が起こる塗料が多いので溶かす方法はないと思います
熱湯で柔らかくして湯の中で揉めば塗料が落ちると思います
使った後は必ず水できれいに洗っておきましょうね
素人のほとんどは作業後の手入れをしないんですよね
大工道具でも何でも次に使おうとすると使えなくなっている

Q水性ニスの仕上げ方

自分で作った集成材のテーブルに水性ニスを塗りたいのですがどうしてもざらついた凸凹の感じになります。
どうしたら既製品みたいに傷の無いツルツルの塗装仕上げが出来るのでしょうか?。

Aベストアンサー

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もきれいにこすり落とすこと。

第四の工程はニス塗ですが、前回も書いたように、二度、三度?塗るわけですから、塗り残し、刷毛のかすれは気にしないこと。
返し刷毛もしないこと。

第五の工程は、完全に乾いたら、300番台のペーパーでこすります。
力加減は、塗ったニスの60%ぐらいを落とすという気持ちでいいでしょう。
「毛」が張り付いているかもしれません。それも落としましょう。

第六の工程は、再度のニス塗です。

ふつうはこれで終わりですが、塗り方が気に入らなければ、第五、第四を繰り返してもいいでしょう。

当たり前ですが、最終のニス塗の後は「ペーパー掛け」はしないこと。!(^^)!

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もき...続きを読む


人気Q&Aランキング