痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして、こんにちは。
現在、パイン集成材で食卓用テーブルを製作中です。
木目を活かすべく、最後はニスなどの透明な塗料を使っての仕上げを考えていますが、
ニスを使った際、食卓用なので、熱いモノにまけて白濁しないか気になっています。
油性ウレタンニスは比較的耐熱性が高いと聞いた事がありますが、どの程度なのでしょうか?
ニス以外にも透明(ツヤ無し希望)で、熱に強い塗料などご存知であれば、アドバイスを頂ければと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家具を作る会社(主にオーダーメイド)にて長年働いていたものですが、パインの家具は特にお得意な部門に入るので一言。


 ずばり、どんなに熱に強い塗料とうたってても、熱い鍋ヤコーヒーなどを
テーブルにじか置きされたら、すぐに白濁してしまいますよ。
 元々、テーブル敷きなどを使うのが当たり前なのに、素人さんは知らないで直に置いちゃうんですけども、そういうテーブルの修理を沢山した事あります。
 薄い布を敷いたくらいでは駄目で、厚めの生地のものを使うか、鍋ならタイルをはめ込んだ鉄などで出来てる鍋敷きを使うとか
兎に角木の家具にはいたわりが必要です。
 何故って木は生き物だから。口は聞かないけど、呼吸して生きてるんですよ。
 もし、熱に強いものを探してるなら、木製品以外でテーブルをつくるしかありません。
 でも、木のよさを愛してるなら、お願いですから、木を大切にしてください。お願いします<(_ _)>
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
以前、知人宅でプラスチックケースに入れたタコ焼きをしばらく置いていただけで、テーブルが白くなってしまうのを見ました。
やはり、ニスを使う限り(木製品であるかぎり?)熱への弱さというのは宿命のようなモノだと思った方がいいようですね。
もちろん、アツアツの鍋を直置きするような気持ちはありませんが、日常的な使用の範囲で、すこしでも神経質ならずに使えればと思い、調べている次第です。
もうすこし勉強して、ながく愛せるモノを作りたいと思います。
経験豊かな専門家のご意見、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/18 14:03

ウレタンには変性して耐熱性の優れたものもありますが、


DIY用のものは水性のアクリルとそんなに違わないです。
水性アクリルの屋外用を使ったほうが簡単です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アクリルよりウレタン系の方が、丈夫というような書き込みを目にして鵜呑みにしていました。
そう大きな違いはないと思っていいのですね。
ニスの種類などを意識して使った経験がないので、参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/18 13:51

ニスにも色々ありまして、一概には言えません。


ラッカー系:速乾ニス、ラッカー・・・
  アクリル樹脂などを溶媒で溶かしたもの
  〇乾きが早い
  ▲熱に弱い
  ▲塗膜が薄い(塗りやすくするため薄めてある)
乾性樹脂系:
  空気中で化学反応して硬化する乾性油を薄めたもの
  〇比較的熱に強い
  〇塗膜が厚い(硬化前は液体のものを少量の溶剤でうすめてある)
  ▲乾きが遅い
化合型
  樹脂と硬化剤を混合して化学反応で硬化させるもの
  〇比較的硬化が早い
  〇熱に強い
  〇溶剤に強い
  〇混合しなければ保存期間が長い
  ▲とにかく面倒、刷毛は一回限り
エマルジョン系
  ラッカー系と乾性油系のいずれにもある。油性の塗料を水に分散し
  たもの、水生アクリルなど。性質は元の塗料による。

 DIYなら乾性樹脂系になるでしょう。代表的なもの【ポリウレタン塗料】

 DIYで販売されているものは「素人でも塗れる」が最優先なので、妥協が必要。すくなくとも化合型はない。

 塗料店なら、
アンダーコート  ヤニ止めやにじみ、塗料の付着性向上
サンディングシーラー 極めて厚く塗れて、かつ研削が容易
トップコート 耐薬品性・耐衝撃性など強度を増す。光沢
 となります。
 テーブルは、とにかく塗装技術を最も求められるものです。これができたら、DIYレベルを卒業かな?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
”乾性樹脂系”というのは、いわいる水性ニス・油性ニス。
“化合型”というのは二液性のニスという風に理解すればいいのでしょうか?
ラッカーの塗膜が熱に弱いという話は聞いていたので、候補からは外れていましたが、やはりそうなのですね。自分の認識が確認できました。
テーブルは、塗装が大きなポイントなんですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/18 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Qワンカップの熱でテーブル(木製)のニスが剥れてしまいました

おそらく何かニスを塗っていてツヤツヤなテーブルだったのですが
ワンカップの底の円がくっきり付いてそこだけ白くなり、拭いてみたら
ニスの匂いがします。完璧に熱で剥がれたようです・・
せめて目立たないようにホームセンター等で修理したいのですが
何を買えば良いのか教えて頂きたいのですが・・。
お願いします・・・。

Aベストアンサー

その部分だけを直すのは大変です。
また、1液タイプのクリヤー(ニス)は、今回のような白くなったり、剥がれたりします。
安いテーブルなどは、よくある現象です。
熱い湯のみを置いといたら白くなってしまったなど。
2液タイプのウレタンクリヤーがベストですね。
お店のカウンターやテーブル類には、多いです。
傷も付きにくいタイプですし、艶や塗膜の厚みもでて
最高ですね。
DIYセンターでは、見つからないでしょうし、プロ用ですので、大きさも4L+4Lに専用シンナーがセットになりますね。
安いクリヤーでは、同じような事になりかねません。
ご参考までに。

Q木材を耐熱性に

パソコンのケースの外側を、木で作ろうと思うのですが・・

100℃は超えないですが、それなりに熱を持つので、ちょっと心配です。
木材にある程度耐熱性をもたせる方法って、ないでしょうか?

Aベストアンサー

木に耐熱性を持たせるには断熱材を巻く以外には思い付きません。

木材は、長時間それなりの熱にさらされると炭化します。
温度が低くても低温炭化が起り、思わぬ出火の原因になります。
また、炭化すると木材の強度は極端に下がりますので、重たいモノを載せるような場合には注意が必要です。

パソコンのケースとすると。。。発熱体と木との空間を出来る限りあけて、空気層を設け、ファンをまわしてよく換気して熱がこもらないようにするとかの工夫が必要ですかね。。

参考URLは建物の話しですが少し役立つと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/hosigami/teiontan.htm

Q塗装の耐熱について

こんにちは。ミニキッチンの塗装について
耐熱性がある塗装をしたいと考えています。
下地は木で前の塗装が一部剥げています。
で、前の塗装を剥がして塗装をしたいのですが、場所がガスコンロの横で耐熱と耐水(水がそこまで行く)を兼ね備えている塗装があれば使いたいと考えているのですが、どういうものがいいのでしょうか?
出来れば下地処理も含めて教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

返信記事をみるとお施主さんからの要望のように思いますが施工者側の方になるのでしょうか?

木材自体は通常15%程度の含有水分を含んでいるので、炭化するまでは火には結構強いです。
なので通常は塗料の方が先にやられます。
だいたい木は150~200℃で焦げ260~270℃の口火で引火、発火(口火なし)するのは450℃程度と言われています。通常の塗料は耐熱性能はうたっていないので性能データはわかりませんが100℃も耐熱性はないと思います。

No.4さんの仰るのは低温着火と言うやつですが、これは木材が長期間火のそばにさらされて徐々に炭化されていき、あるとき100℃以下でも突然発火してしまう現象です。

塗装はあまり薦めませんがどうしても塗装のみと言うことなら現場の状況がわかりませんが可能ならケイカル板などの水に強く熱を伝えにくい不燃材を張られてから塗装するほうがいいかと思います。

もし施工業者さんなら塗装屋さんに相談すれば耐熱塗料は色々あります。耐熱塗料は大体200℃くらいから500℃、それ以上もあり使用温度にあわせて選びます。
成分は主にシリコン系で高温仕様ほど割高になります
耐水は通常使用なら問題ないと思います。

ただ一般塗料よりもかなり割高になるので、やはり他の選択枝がないものかと思いますが…

返信記事をみるとお施主さんからの要望のように思いますが施工者側の方になるのでしょうか?

木材自体は通常15%程度の含有水分を含んでいるので、炭化するまでは火には結構強いです。
なので通常は塗料の方が先にやられます。
だいたい木は150~200℃で焦げ260~270℃の口火で引火、発火(口火なし)するのは450℃程度と言われています。通常の塗料は耐熱性能はうたっていないので性能データはわかりませんが100℃も耐熱性はないと思います。

No.4さんの仰るのは低温着火と言うやつですが...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Qウレタンニスでの塗装について

先日 ダイニングテーブルをサンドペーパーで研磨してウレタンニスにて塗装しました。
乾燥後、湯呑やコーヒーカップ等熱いものをおくと、跡がつくようになってしまいました。
これはニスの耐熱性の問題なのでしょうか?それとも、ニスを塗る前になにか塗る必要があるのでしょうか?

再塗装になると思うのですが、簡単にニスを剥離する方法も教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

一液のウレタン塗料の使用目的は

体育館などの床に最適です。

ダイニングテーブル等には

2液で耐熱性能の良いポリウレタン樹脂塗料が

プロ用としては有ります。

お客様のご希望で塗装しております。

勿論 下塗りも中塗りも2液で耐熱性能の良い

ポリウレタン樹脂塗料を使用いたします。

一番優れた塗料は セラウッド

尚 塗料を剥すのに 剥離剤を使用すると

後日 必ず 変色いたします。

根気よく 木の目に平行に研磨で木地出しがベストです。

Qオイル塗装後に蜜蝋ワックス。その後オイルは浸透する

ワトコオイルやリボス等のオイルを塗装した後に蜜蝋ワックスを塗って仕上げたいのですが、その後のメンテナンスについてお聞きします。

メンテナンスで再度ワトコオイルを塗っても蜜蝋ワックスにはじかれてムラになる、もしくは吸収されないのではないかと想像するのですが、こういった仕上げ方をした材のメンテナンスはどのようにするものでしょう?

Aベストアンサー

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、ワックスリムーバーでワックスを除去すれば可能だと思います。(蜜蝋あるいは植物蝋+オイル混合タイプのワックスでしたらそんなに神経質に考える必要はないと思いますが)
うちに板壁をオイル仕上げにしている部屋がありますが、オイルの追加というのは部分的にした事があるだけです。あとひどい汚れを落とした場合、そこだけをレタッチでオイル塗布した事があります。
床の場合は使っている部屋ならまずワックスだけでいいのではないでしょうか。家にも無垢の板張りの部屋がありますが、20年以上メンテナンスワックスのみです。
私は基本的にはオイルの再塗装は必要の無い物と考えています。長年放置して干からびているような場合は別ですが。

ワックスを塗ったからといって取り返しがつかないとか、二度とオイルが塗れないという物ではないので神経質になる必要はありません。ただし水性エマルジョンのリンレイオールみたいなワックス(樹脂タイプ)は完全にはがさないとオイルとの相性は悪いでしょうね、あれは塗料とワックスの中間のような物です。オイル仕上げの上に使うにはそもそも不向きと思います。

私は日頃のメンテ用にはたとえばアウロのようなタイプ(水性の植物蝋)をお奨めします。
http://www.auro-jp.net/item_page/auro431.html
つや消しになるのでピカピカとか濡れたような仕上がりにしたい場合はこの製品は不向きです。
その場合は油性タイプとか乾性油混合ワックスを薄ーく塗るあるいは塗ってからほとんど拭き取るような手順になると思います。

ワックスやオイル仕上げにしたら水拭きしてはいけないような事を書いているのもありますが、びしょびしょにして放置するならともかく、固く絞った濡れぞうきんで拭く程度では特に悪影響も見られません。

http://www.maedamokuzai.com/miturou.html
http://www.mokuzai.com/in_di-61-12

ワトコはクリアーを使用する物と思いますが。

蜜蝋ワックスというものはオイル(乾性油=荏胡麻油・亜麻仁油・桐油など)が混ざっている物なので、それを使うなら単独でオイルを追加塗りする必要はないですね。(ちなみにワトコオイルの主成分は亜麻仁油=リンシードオイルです)
それとワックス仕上げの場合メンテナンス用として水性タイプが指定されている場合も多く。この場合は最初にオイル混合品を塗ったらあとは水性タイプだけを使うのがマニュアルです。

あとからオイルをまた塗りたいと言う事でしたら、...続きを読む

Q机天板に塗るニスはどれがいいでしょうか?

机を作ろうと思うのですが、天板の塗装をどうすればいいのか質問させて頂きます。
天板の材料はパイン集成材で厚さは2.5cmです。
面積は50cm×450cmです。
表面をニス仕上げにしたいのですが、様々な種類があるうちで机の天板に最も適しているのはどのタイプなのでしょうか?

塗装はスプレーガンで吹こうと思います。

Aベストアンサー

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチールウールで表面を粗面にするのでしたら頃合いを見ないと完全に硬化してからでは傷つけにくくなるかもしれないです。

いくら熱に強い塗膜でもヤカンのじか置きは避けた方が良いと思います。(メラミン板でも推奨外)
そのような使い方をするのなら金属板を巻いたりした方が良いように思います。

仮に塗装面を傷めてしまったとしても、自分が習熟している技術であれば元通りに直すのはそれほど苦ではないので、自分に見合った材料で塗っておくのが合理的だと思います。

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチール...続きを読む

Q水性ニスのべたつき

 パソコンデスクを自作しました。
天板を合板にし、水性ニスを塗ったのですがモニターやキーボードをおくとべたつきます。
検索したところ、水性ニスが原因のようですが、べたつきをなくす方法がありますか。
 また、油性ニスだとべたつかないとありましたので、この上に油性ニスを塗ることは
可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
今の上に油性も濡れると思います。表面に幕を張るだけですから。(でも不安なら目立たない所で試されると良いでしょう。)
本当は面倒でも細かいサンドペーパーで落として(電動サンダーがあると良いのですが)から塗り直した方が木地に僅かでも沁み込みも考えられますので、良いかも知れませんね。

○油性ニスを塗る時はお天気で湿度の少ない+気温の高い風通しの良い日に。
○薄め液を多い目に使い最低でも三回は。四回五回と回数が多いほど、塗面が均一になり良い物になります。

頑張って良い物に仕上げてください。

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
...続きを読む


人気Q&Aランキング