人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。

この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

ご指摘の通り一液性のウレタンニスです。
ご回答を参考にざっと塗装をペーパーで落とし(不安だったので#100~#400を使いました。)後は溶剤で薄めに割ったウレタンニスを塗る→ペーパーをかけるを繰り返しなんとか思った感じに仕上げる事が出来ました!

艶は凄く出ていて鏡のようになっていますが、これはこれで綺麗でびっくりしました。せっかくのツヤを消してしまうのは勿体ないので、つや消しニスは一旦保留にします。

シンプルなアドバイスで大変参考になりました。
身近にDIYについて相談出来る人が居ないのでこちらで相談して良かったです。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/06/22 10:46

ステインでやり直す場合は今の塗膜を完全に除去しないとしみ込みむらになってしまいます。

完全に除去してあれば大丈夫ですしその状態は目で見てわかります。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ステインも考えたのですが、やはり一旦ウレタンニスが乗ってしまっているのでちょっと不安になり今回は止めておきました。

けれどステインという選択肢があったことと、初心者向けにはステイン→油性ニスが良いという事も今回分かったので良かったです。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/22 10:48

丁寧な回答がたくさんついていて、適切なことも言われていると思いますが。



1.サンドペーパーがけは一回塗るごとに乾かしてから当て木をして行います。刷毛目がフラットになるまでやる。#240~400ぐらいでいいでしょう。水をつけないからとぎです。(白い色のペーパー)
つや消しのやりかたはいくつもあります。
・つや消しクリアーを最後に塗る
・つや消し剤を混ぜる(製品ラインアップに無い場合もある)
・つや消しクリアーを混ぜる
・乾燥後にスチールウールで磨く(塗料コーナーにある目の細かいもの、#00とか#000と表示されている)
の方法があります。粗いサンドペーパーでこすっては粗過ぎ。
タレやむらになったのは一回で厚塗りし過ぎたからです。最低三回塗りは必要と思った方が良い。
http://www.washin-paint.co.jp/corp/guide/lecture …
サンドペーパーは木目方向に掛けるのがポイント。

2.もちろん可能です。それでも刷毛目は表に出てしまいますから、ざっとではなくてちゃんと当て木をしてフラットが出るまでサンドペーパーを掛ける。#240で良いと思います。
乾いていれば水性ペイントでも大丈夫です。
↓「エナメル仕上げ」と書いてある方の素地調整参照
http://www.washin-paint.co.jp/corp/guide/lecture …
当て木
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B5%E3%8 …

3.既出の通り全部剥がしてからも良いのですが、今回の場合、フラットを出して同じ着色ニスの重ね塗りでたぶん行けると思います。何度やっても着色ニスは自分には無理と思ったら全部きれいに地肌を出してから着色ステイン+透明ニスで最初からやり直せばいい。はがしはそれこそ粗いペーパーで大丈夫ですが素地調整は#240ぐらいのペーパーでまたやる必要があります。

電動サンダーは要りません。
人力でスリ落とすのは楽じゃないけど1時間もあれば可能と思います。ガッツさえあれば誰でもできます。マスクをして掃除機で吸いながらやるのがポイント。が、たぶん今回は要らないと思います。未熟な人が失敗の無いのは2の方法ですが、仕上がりは全く違った感じになります。どうしてもうまく行かなくて剥がすのも面倒なら2でということでいいのでは。

剥がして着色をやり直す場合。
着色ニスよりも先にオイルステイン(水性でも良いのですが油性の方が簡単です)で着色して透明ニスで塗った方が易しかったのは既出の通りと思います。理由は着色ニスは今回のようなこと(刷毛むら=色むら)になりやすいからです。
オイルステインは木地の着色が目的なのでそのままで仕上げとするものではありません。ニスの上塗りをしない場合は色が剥げたり衣服に移染したりします。(オイル仕上げも可能ではあります)
↓注意書き参照
http://www.washin-paint.co.jp/corp/guide/lecture …
http://www.washin-paint.co.jp/product/type/oil-b …
着色ニスは塗膜に色がついているのに較べ、着色ステインは木の繊維に顔料をしみ込ませて色を染めてから塗膜を塗る方法です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

全体的に凄く参考になりました!

最終的にはPostizos様のご意見も参考に、一旦失敗した面をフラットにして、薄く割ったニスを重ね塗り→ヤスリがけを繰り返し、なんとか思った様な仕上がりにたどり着けました。

電動サンダーは必須かと思いましたが、ペーパーホルダーを使って人力だけでなんとか済みました。金欠なので新たに買い足さずに済んで良かったです!

次はオイルステインに挑戦しようと思います。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/06/22 10:54

薄め液は必要ですけど、薄め液が原因では無いと思います。


わたしなんかは、薄め液、多く入れても良く垂らしていますから、・・あと埃乗ったりも日常茶飯事です。

要するには、家具とかの濃い目のシックな艶だし塗装ですよね。

本来、サンドペーパーで磨いては塗り重ね、最終的にも磨き仕上げって聞いてます。

塗装時のそういう諸事情が発生してしまった場合には、そのまま塗装重ねても、余程テクニックがあっても、綺麗な仕上がりにはならない筈ですから、磨きではなく、荒めのサンドペーパーでフラットにしなければならないはず。

せっかくの塗装面傷めるわけですから、熟練のいる作業だと思います。

・・って、ペイント手順に書いてました。私も買いました、木用仕上げのシックな塗料。環境問題とか、作業性とか考えて水性にしたのですけどね~。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>要するには、家具とかの濃い目のシックな艶だし塗装ですよね。

そうです!本来はそもそも渋い色味の木を使うとか、経年変化によってそういうシックな色味になる物なので、塗装で最初からシックな状態に近づけるのは難しいですね。

主婦で時間だけはあったので、今回はペーパーでフラットにした後、薄めたニスを重ね塗り→ペーパーを慎重に繰り返しなんとか希望の仕上がりに近づけられました。

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/06/22 10:58

できるだけサンドペーパーで削りとります。


100番くらいから始め、仕上げは400番は必要です。
ここでの仕上げがすべてを決します。

ペンキでもいいけど艶消しクリヤーがいいでしょう。
サンドペーパでつやを消すのは800番から1000番の
細かい水研ぎじゃないときれいになりません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やはりサンドペーパーで出来る限り削る、というご意見が大多数でしたのでそのようにしました!番数が分かりませんでしたが、教えて頂いた通り100~400番位のを段階的に使用しました。
仕上がりもなんとか綺麗になったので、横着しなくて良かった・・・と思っています。

つや消しクリアーは買ってみましたが、重ね塗りした艶が思いの外綺麗なので保留にしました。端材で何か別ものを作る予定なので、そちらの仕上げに使ってみます。

大変参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2014/06/22 10:31

1.塗りムラは、大きめの刷毛を使うとかなり改善されます。


  乾いてくる所を重ねて塗ってはいけません。
  手の動きに往復工程を行う場合は、なるべく速やかな時点でに最初の膜を気づ付けないように。
  ・端部については、少し内に入った所から引き返すように始めると良いです。

2.液ダレについては、一度に塗る分量が多すぎたことによります。 刷毛に含ませたニスを少し
  しごいてから対象物に当てがって下さい。
  ・最後の方がかすれた場合、今度は反対側からもう少し少なめの要領で行います。
  ・塗る面の品物は水平に置くのが基本ですが、立てかけたような場所になる部分は十分乾燥させてから
   二度仕上げにします。(重ね塗り)

3.艶の問題は、木の材質と塗料の相性で決まりますから、塗り方自体では改善できません。


さて、補修の方法は貴案ではいずれも不適当です。
・表面に傷をつけると色合いが変化しますし、何よりもニスを塗った感触はなくなります。
・ペンキを塗るのは、ニスとは全く違った風合いになりますので、必ずサンプルで試作をして
 感覚をつかんで下さい。
・また、上に油性の塗料を塗る場合、ペンキの下の色が溶けだす場合が想定されます。
 それに、どうしても失敗部分の境目が出るので、極端な言い方をすれば全部のニスを剥がす必要があります。

4.方法論として、隣り合う家具の状態がどんなものか判りませんので、ニス塗りを前提に少しだけ。
・現状の塗りムラは(当て木などを中に使用して)サンドペーパーの目の細かいもので、物理的に
 除去して下さい。*
・木材の質によってはオイルステンなど色付けだけを目的に塗ったりすることは可能ですが、仕上げが
 油性のものは不可です。(他の場合でもお奨めはしなくて、ニスではなくワックス類になります)
 
・*その後、艶消しタイプの水性ニスがないか探して購入、再チャレンジして下さい。
 (参考;どのタイプも屋外では不向きです)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく解説していただきありがとうございます!

液ダレについては刷毛の使い方が凄く悪かったみたいです。幅の広い刷毛に変え、板の端で手を返さないようにしたら綺麗に塗れるようになりました!

塗装自体ですが、最終的には失敗した塗装面をヤスリでざっと落とし、薄めたウレタンニスを薄く塗る→ヤスリがけを5~6回繰り返してなんとか無事に塗れました。
水性・油性の相性も分からず適当に塗料を購入してしまいましたが、今回で勉強になったので良かったです。

艶はもの凄く出て鏡のようになってしまいましたが、それはそれで仕上がってみると綺麗なので、つや消しニスは一旦保留にします。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/22 10:25

 箱状の物を着色ニスで塗るのは相当腕が良くても失敗します。

水平面も垂直面も同時に塗るのですからね。必ず塗膜の厚さに差が出てそれが色むらになります。ウレタンのような反応硬化型の塗料は塗膜形成に時間がかかるので余計難しいです。しかし、ラッカーと異なり熱による白化や有機溶剤による溶解も起きないので塗料の選択は良い。
 水平な面を時間をかけて一面ずつハケで塗るのがよいです。
★そうでなければ、オイルスタインなどで着色をして、透明ウレタンを塗るべきです。
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 少し薄めにして着色を繰り返して全体の色を均一に着色してから透明を塗ります。塗膜が傷ついても傷が目立ちませんからね。

[対策]
1) 現在の塗料をすべて落としてください。--結局これが一番早いです。
 木工用のサンドペーパーの#40あたりの荒いものから順番に抜かさず削り落とします。
  木片に巻き付けても良いですし、専用のペーパーホルダーもあります。
  手だけだと角が落ちて丸くなって不細工になります。
 サンドペーパーは、5割り増しずつ番手を上げていきます。
  40→60→100→160→240→320 という風に飛ばすと手間がかかります。
2) オイルステインで着色します。
  濃くなりすぎたところは布でふき取るなどして均一に着色します。
3) ウレタンの透明を塗ります。
  ステインで着色したときよりも少し濃い目に仕上がります。
4) 完全に乾いたら、軽く目の細かいサンドペパーをかけて薄めた塗料で仕上げ


示された(1)は無理です。最悪(2)の選択になりますが、その場合も完全に乾燥後、ペーパーで表面を平滑に仕上げること


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!

塗装自体は組み立て前にやったので、板を寝かせた状態でした塗っていないのですが、それでも刷毛の扱いに慣れていないためかムラになってしまいました。
オイルステイン→仕上げニスの方がムラになりにくく初心者向けだったようですね。色味だけで気に入ってウレタンニスを買ってしまいました。

ご助言を参考に完全にとは言えませんが、出来る限り塗装を落としました。ただわずかにでもウレタンニスが残っているとステインがしみ込まないかな?と思いその後は薄めのウレタンニスを5~6回重ね塗りしてなんとかいい感じに仕上がりました!
大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/22 10:17

もう一回作り直した方が早いのでは、、、。


色は、、庭用の塗料がいいと思うけどね。

この回答への補足

買った木材が以外と高かったので、作り直さずになんとか頑張りました!

補足日時:2014/06/22 10:12
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Q水性ニス塗りのコツ

どのように注意して塗っても、細かい泡(気泡)が出来てしまい、それが乾くとザラザラして邪魔になります。耐水ペーバーでザラザラを取り、再び塗るのですが、どうしても気泡が出来てしまいます。刷毛がわるいのでしょうか? 塗り方が悪いのでしょうか? それとも他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

3度目は最初に塗った方向に 未だ塗りむらがあるようでしたら4度目を・・・。

その頃になれば表面がざらついてきます。
完全に乾燥したら240番くらいのペーパーでざらつきを取ります。

その上でもう一度(少し多めでももう泡は出来ません)
丁寧にニスを塗れば ツルツルの光沢のある塗装面に仕上がります。



それでも泡が出来る・・・(その筈は無いです)が、

それでは布切れで試して下さい。
丁度 「テルテル坊主」 のように丸めて 頭の部分にニスを薄く浸み込ませます。

基本的にニスは 薄く 乾燥させて また 薄く 3-4度で仕上がる気持ちで塗って下さい。

要領は刷毛塗りの場合も同じです。

布切れは毛羽立たないものを使って下さいね
勿論、刷毛の場合も安ものは毛が抜けて表面に付着します。
こればかりは、取り除くことすら大変ですし 取り除いた後の形が消えませんから・・・。 

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

...続きを読む

Q水性ニスの仕上げ方

自分で作った集成材のテーブルに水性ニスを塗りたいのですがどうしてもざらついた凸凹の感じになります。
どうしたら既製品みたいに傷の無いツルツルの塗装仕上げが出来るのでしょうか?。

Aベストアンサー

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もきれいにこすり落とすこと。

第四の工程はニス塗ですが、前回も書いたように、二度、三度?塗るわけですから、塗り残し、刷毛のかすれは気にしないこと。
返し刷毛もしないこと。

第五の工程は、完全に乾いたら、300番台のペーパーでこすります。
力加減は、塗ったニスの60%ぐらいを落とすという気持ちでいいでしょう。
「毛」が張り付いているかもしれません。それも落としましょう。

第六の工程は、再度のニス塗です。

ふつうはこれで終わりですが、塗り方が気に入らなければ、第五、第四を繰り返してもいいでしょう。

当たり前ですが、最終のニス塗の後は「ペーパー掛け」はしないこと。!(^^)!

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もき...続きを読む

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。

Q油性ニスをぬった後の仕上げ

小さいですが木製のテ-ブルをつくりました。
ウレタン系の油性ニスを塗ったのですが
(表面を240番研磨後ニス1度塗り。ニスが乾いた後表面を400番研磨後2度塗り)
ツルツル感とツヤは出ましたが表面に気泡等気になるところがあります。
デコボコは消したいですがこのツヤはいかしたい。どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
気泡が出たのは、ニスが乾ききる前に重ね塗りをしたか、刷毛を十分にニスになじませなかたったからでしょう。
さて、でこぼこの解消ですが、800番程度の紙やすりを2つに切り研磨面どおしを合わせてこすります。ある程度すると手に引っかからないくらいになりますのでそれで、テーブル面を研磨してみてください。ざらざら感も解消してしっとりするはずです。どうぞお試しあれ。

Q水性ニスのべたつき

 パソコンデスクを自作しました。
天板を合板にし、水性ニスを塗ったのですがモニターやキーボードをおくとべたつきます。
検索したところ、水性ニスが原因のようですが、べたつきをなくす方法がありますか。
 また、油性ニスだとべたつかないとありましたので、この上に油性ニスを塗ることは
可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
今の上に油性も濡れると思います。表面に幕を張るだけですから。(でも不安なら目立たない所で試されると良いでしょう。)
本当は面倒でも細かいサンドペーパーで落として(電動サンダーがあると良いのですが)から塗り直した方が木地に僅かでも沁み込みも考えられますので、良いかも知れませんね。

○油性ニスを塗る時はお天気で湿度の少ない+気温の高い風通しの良い日に。
○薄め液を多い目に使い最低でも三回は。四回五回と回数が多いほど、塗面が均一になり良い物になります。

頑張って良い物に仕上げてください。

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
...続きを読む

Qオイルステインと着色ニスの違い

今度、新しく購入した家具を自分で塗装してみようと思いたちました。
着色されていないパイン材なので、木目を生かせる塗装にしたいです。
ただ塗装等について全くの素人のため、塗料について教えて頂きたいことがあります。

自分でざっと調べたところでは、「オイルステイン」が一番目的に
合っているように思います。
が、後から「着色ニス」というものの存在も知りました。

私としては『オイルステインで着色→ニスで仕上げ』と考えていたのですが、
この「着色ニス」の場合だと、これ一つで着色から仕上げまでが可能なのでしょうか?
仕上がり具合などもそれぞれ違ってくるのでしょうか?

塗りやすさ、仕上がり具合なども含め、それぞれの違いについて
教えて頂けると助かります。
また塗り方のアドバイスなども併せて頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
素地のままの材料と思って回答していました。
ウレタン塗装されているのなら、そのままではオイルステンはのりません。
組み立ててから塗装したい面を400~600#くらいのサンドペーパーで研磨してください。最初は400#くらいで全面的に研磨して塗装膜を落とします。次に600#くらいで表面を滑らかにします。
この作業は埃だらけになりますから防塵マスクをお勧めします。
全体が整ったら、オイルステンを一回すり込みます。布でこすり込む感じです。1日以上おいて600#くらいのペーパーで研磨します。ここで手触りを確認して、概ね満足できる程度まで研磨します。
続いてオイルステンを重ね塗りします。以後、乾燥してから研磨して、お気に入りの色合いになったら、仕上げのラッカーを塗ります。
クリアラッカーも乾燥させてペーパーをかける重ね塗りを3度以上したらきれいに仕上がります。
クリアラッカーの研磨はもっと細かい800#以上のペーパーの方がきれいになります

Qニスを塗ると・・・・

まず、木をヤスリにかけて その後ニスを塗ると何か塗った部分がザラザラしています。自分の予測では、ヤスリをかけた後、手で木のカスをはらっい、その後にニスを塗ったため、見た目に見えない、木のカスが残っており、そのせいでザラザラになってしまっているように、思っていますが、しかし、どのようにヤスリをかけた後完璧に木のカスをとるのでしょうか?または、原因は違うところにあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 刷毛を使って塗装しているのならば、塗料を少し薄めに作ると塗りやすいですよ。濃いと塗りにくいだけでなく、刷毛の後も付きやすいです。塗り方はrakkiさんのおっしゃるように。ちょこちょこと塗らず、端から端まで一気に手を動かすようにして、出来るだけ塗料を均一に。また重ね塗りをする場合、次の塗料を塗った時 表面の塗料が少し緩むので、表面が乾いていても内部が乾ききってなければ、刷毛の後が付きますので 一回づつ しっかりと乾燥させましょう。表面が乾けばゴミが付着する事もないので、風通しの良い場所に移したほうが乾きが早ですよ。そして 次を塗る前に必ずペーパーかけを。

Samxさんのおっしゃるサンディングシーラーを使えば、完璧に木のカスを取らなくても表面をツルツルに仕上げられます。出来れば、サンディングを2回厚めに塗装し(もちろん間に乾燥、ペーパーかけを。)#240程度のペーパーを丁寧にかけ、普通濃度のニスを塗って#400程度で軽く磨き、薄めのニスで仕上げ塗りをすれば完璧でしょう。

 

Q水性アクリルニスの上に油性ウレタンニスを塗ると

ほんとにしつこくてすいません・・・

経緯を簡単に申しますと、
DIYの木製の棚に水性アクリルニスを塗ったところ耐久性に問題があったので、油性ウレタンニスに塗り替えようと思っています。
そこで、元の水性アクリルをペーパーである程度剥がしましたが、先の質問では、そのまま上に塗っても問題ないとの回答をいただきました。

そこで、明日にでも塗装にかかろうと思いましたが、たまたま塗装会社のサイトを見つけ、そこでQ&Aを受け付けていたので念のためこちらにもこの重ね塗りが大丈夫かをメールで聞いてみました。
すると、水性アクリルの上に油性ウレタンは、密着性がよくなく剥がれ落ちやすいので、あまりよくないとの回答をいただきました。

というわけで悩んでいます。
先日の回答者様のアドバイスを信用しないわけではないのですが、塗装会社からこのように言われると、ちょっと躊躇してしまいます。
もう少し削ったほうがよいのでしょうか・・・。
すみませんが再度アドバイスをいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

 水性アクリルは、アクリル樹脂塗料・・いわゆるラッカーと同系統・・を界面活性剤---いわゆる洗剤--で水に分散してあるものです。水が蒸発すると、その後シンナーが蒸発して塗膜を形成します。
 なので、性質としてはラッカーや速乾ニスと同じと考えてよいです。そのうえにウレタンを塗るとガラスの上に塗ったようなもので密着性が悪いので、ペーパーで表面を研削する必要があるのです。(前回の説明で省略しました)
 ウレタンはとても乾きが遅いですが、そのぶん丈夫です。硬度はラッカー系に比べて劣りますが、耐熱性、耐薬品性、耐衝撃性は高い。
 高温のものを置かなければ、ラッカー系は完全に取り除く必要はありません。

Q木材にニスを塗る やり方

ニスを塗る時普通に手で持ちニス塗りますか? ニスは手に付いても問題ないのでしょうか? 手で持つと持ってる部分は塗れないので持つ場所変えて塗りますが、持ち替えた部分は既にニス付いてるとこなので手にニスがつく ニスがとれてしまう(綺麗に均等にはならなくなる) と思ったのですが、どうでしょうか?。上手い塗り方ありましたらお願いします

また、ニスは全体的に薄く塗り 完全に乾かし また塗る(二度塗り)ですか?。また、さらにもう一回(三度塗り)と二度塗りどちらのがいいでしょうか?

また、汚れたらニスって洗えますか? それとも濡れた布などで拭く程度か それとも全く何もしない方がいいですか?


宜しくお願いします

Aベストアンサー

例えば 板一枚を塗る際に一度に全面を塗ろうとすればそうなります。
何処か台の上に置いて、出来れば水平に置いて表面+側面を塗れば手にはつきません。
乾燥したら裏面を塗ればいい訳です。

完全に乾かすことを前程に、一回より二回、二回より三回がいいのですが、塗り重ねていくうちに表面がざらついてきませんか?
これの対処として、最後に400番位のペーパーで丹念にニスの表面を磨いてやります。
その後で最後の仕上げでもう一度同じニスを塗れば、完璧に表面がツルツルに仕上がります。

水性ニスは水で洗えいますし、薄めたりして使います。また、刷毛を洗う時は手洗い石鹸で水洗います。
油性ニスはペイント薄め液を使って薄めたり刷毛を洗ったりします。

私は 刷毛を使いません。
テルテル坊主のように布を丸めてそこにニスを付けて塗ります。
その方が 刷毛塗りよりも均一に塗れますから・・・。
布は古いタオルでも十分です。(毛羽が出ない物)

勿論手指についても問題ありません。
さきほどの要領で落とせます。

どうしても手に持たないと作業できないのなら その場所は塗り残しておいて、乾燥を待って後で塗ります。
余程の着色ニスでない限り 出来あがりの際に沢山の層が出来たからといて目立ってくることも先ずありません。

また、それは ほとんどペーパーがけの時に消えてしまいます。

出来れば、水性ニスをまずお勧めします。

例えば 板一枚を塗る際に一度に全面を塗ろうとすればそうなります。
何処か台の上に置いて、出来れば水平に置いて表面+側面を塗れば手にはつきません。
乾燥したら裏面を塗ればいい訳です。

完全に乾かすことを前程に、一回より二回、二回より三回がいいのですが、塗り重ねていくうちに表面がざらついてきませんか?
これの対処として、最後に400番位のペーパーで丹念にニスの表面を磨いてやります。
その後で最後の仕上げでもう一度同じニスを塗れば、完璧に表面がツルツルに仕上がります。

水性ニスは水で洗...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング