23才の女性です。
高校(女子校です)のときからの友達に、半分振り回されて困っています。

その友達は自己中であり、被害妄想も激しい奴で「恋は盲目」と言う奴です。しかも外ズラが激しいです(異性に好かれ、同姓に嫌われるタイプです)
手を引いた方が早いのですが、それが難しくて出来ないのが現状です。
なぜなら、彼女の彼は自分の男友達なんです(遠距離です。自分が紹介したのです)
彼に友達のことを相談しても、彼は彼女のことをかばうようなことしか言わず、話になりません。おまけに彼女は彼と自分が好きなんじゃないかって疑っています。2人が「違う」と言っても、彼女は未だに疑っています。彼も自分も恋愛感情は全くないです。

メールや口頭で「はっきりいう」のですが、彼女はすぐに落ち込んでしまい、泣いてしまう始末です。行っても治す気配もなし。こういうとき彼女から来るメールは「私がいない方がいいんだ」など、実にブルーなメールです。自分がむかついてメールの拒否などをすると、彼女から手紙が来て「私を嫌いにならないで」「私を避けないで」「一方的にメールや手紙を書きます」などと書かれています。周りの友達も呆れています。

今では彼女の方が「免許を取るのに集中したいから連絡しないで」というありさま。彼女は免許にオール一発で受かりたいらしく、勉強に集中したいと言うこと。いくら自分がヘルパーの講習で忙しかったのに関わらず、友達との連絡はメールでもちゃんとしていました。いくら何でも言い方だってあるのに。

自分と友達は何度も、ズルズルと彼女と友達をやっています。こんな事がなければ、彼女との友達関係を続けていきたいです。
彼女との友達関係を長く続けるには、どうすればいいですか?

あと、彼女は「彼はいればいい」と言う感覚でしか持っておらず、別れては1ヶ月以内には違う彼が出来ています。自分では真似はしたくないです。

A 回答 (6件)

う~ん、男なんで女性心理とかはよくわかりませんが・・・。


とりあえず、そのお友達さんがどのような事を考えているのか、どのような事を望んでいるのか、じっくり考える事が大切だと思います。
そして、自分はどうして欲しいのか、ゆっくり落ち着いて考えてみてはどうでしょう?
一旦、namerinさんが持っている固定観念をリセットして考えてみると、お友達さんの別の一面が見えてくるかもしれませんし、自分の別の一面が見えてくるかも知れません。

人は疑えばとことんまで悪くなります。
偽善者的発言だと思いますが、人の良い面を見ていくのが一番だと思います。
そうわかっていても、出来ないのも人だと思いますけどね(^-^;
    • good
    • 0

心を掛けても返してこない人がいる


人を振り回してばかりいる人がいる
彼女はね、とっても寂しい人なのね
要領よくオイシイとこさらってるしたたかな人だと思ってるかな
ううん、彼女はとっても不器用で同性の友だちとの付き合い方がわからないの

あなたはやさしくて心に心を返してる人なのね
だから彼女を許せない
でも見限る事も出来ないの
ayumiなら彼女が免許で自分と離れたのをいいことにえん切っちゃうよん
彼女がそんな自分を変えたいというならとことんお付き合いするけどね
人は変わろうと自分が思わなきゃ変わらないさぁ
自分がちゃんとしてると相手に求めたくなる気持ちは判るけど
人はそれぞれ違う感性を持ってるの

あなたの男友達もやさしくて彼女に振り回されてるのね
でも、やさしさは優柔不断の隣に有るの
なきたい人は泣かせとけばいいの
振り回そうとしてもほっておけばいいの
メールも無視しとくの
彼女は人が自分に振り向くことで自分が大切にされてるか確かめてるだけなんだから

泣かれたり自分を責められると自分が悪い人のような気がするよね
でもその心の根底にある気持ちは一つの気持に過ぎないよん
寂しい、自分に注目して欲しい、誰にとっても特別でいたい
彼女自身にそんな自分を改めたいという気持が芽生えるか
何かで自分の愛されたい願望が埋まらない限り同じことを繰り返すよん
一つ一つの事に目くじら立てても直る問題じゃないの
問題は彼女の心の中にあるから

そんな彼女とどう付き合いたいかな
それでもあなたが長くお友だちでいたいと彼女に執着するのは何故だろう
ほっとけないって気持はどっから来るのか一度自分の心の聞いてみることかな
    • good
    • 0

こんにちわ(^O^)/゜★・。

・。☆。お友達というのは結構自分にとってもプラスになる人もいればマイナスになる人もいると私はおもいます。今、あなたにとってそのお友達はあなたにとってプラスのお友達といえますか?もしも、そうでなければ、あなたも表向きなお付き合い、またはきっぱりと切ってもいいと思います。なんかこんな言い方は冷たいようですが・・・あなたは他にもお友達がいるんですよね。
そのお友達一人にとらわれることはない・・と思うよ。
あなたは人のこともすごく考えられる人なのかもしれない。だから余計に彼女みたいな自分流の人の考え方には、疑問符がついてしまうのかもしれない。それはあなたは間違っていないと思うよ。みんなだれだって価値観は違うのだからね。
    • good
    • 0

私の友達にもそういう子いますよ。

友達としてふつうにやってくのはまだマシなんだけど、ほんと男がからむと最悪でした。
その子は短大のときの友達だったんですが、途中で友達やめました。(そのときは男がらみも少し含みますが、同じグループの子に対する態度がひどかったので)
でも私は同じゼミのグループになったこともあり、また復活しました。
私も人に依存しやすいところがあり、その子は人をひっぱっていくタイプで、思い込みは激しくて振り回されそうになるけど、なんか大目に見ちゃうんでしょうね・・(懲りない性格のためです。) 
でも今は忙しいみたいなのでめったに連絡とってません。

>こんな事がなければ、彼女との友達関係を続けていきたいです。
とのことですが、彼女といる限りはずーっとこんな事が続くと思います。(男友達を紹介した時点でまずかったかもしれませんね。)
とりあえず少し距離をおいたほうがいいと思います。たぶん、その男友達って人とは(しばらくは?)あんまり連絡とらないほうがいいような気がします。(それができなければ、彼女か男友達をとるかどちらかになってしまうかもしれません。)

>あと、彼女は「彼はいればいい」と言う感覚でしか持っておらず、別れては1ヶ月以内には違う彼が出来ています。自分では真似はしたくないです。
彼女とあなたは全然違うタイプのように思うので、比べることもないと思うのですが・・(私は彼女のようにそういう感覚の人と友達にはなれません。)

彼女は男がいれば、女友達がいなくてもやっていけるタイプなんでしょうね、たぶん。 はっきりいって、何をいってもむだです。人の話なんて聞いちゃいないんですから・・
彼女みたいな人はひとつのことにすごく打ち込むパワーがあるので、それにひきずっていかれちゃうんですよね。いい意味でも悪い意味でも・・

たまーに連絡とるくらいでいいんじゃないんですか?
そうしないと、ほんとに彼女に振り回されるだけで(一生?)終わって
しまいますよ。
    • good
    • 0

なんか、自分も似たような友達がいました。


自己中で自分勝手で、「はっきり言う」と都合が悪くなるのか黙り込んだ挙句に泣き出して。
いかにも自分は被害者だと言わんばかりに回りに愚痴りまくって。
何度同じことを注意してやっても、同じ事の繰り返し。
外面はいいくせに、口のきき方を知らない。

何度言っても、治す気配が無いんじゃなくて、「わかってない」んだと思いますよ。
私の友達だった奴も「自分は自己中」と言うことはわかっていても、
「何がどう自己中」なのか全く理解していませんでしたから。

>いくらなんでも言い方だってあるのに。
「口のきき方を知らない」ってことですよね。
自分が言われて嫌なこととか、こう言えば相手がどう思うかとか、
そう言うことに、頭が回らないんですよ。きっと。

namerinさんのお友達も、多分、私の友達だった奴と同じようなタイプだと思いますが。
それだと、いくらはっきりきっぱり言った所で堂々巡りのままですよ。
友達関係を続けて行きたいなら妥協するしかないかもしれませんよ。

私は、短気なので。(^-^;
そう言う奴とはやっていきたく無いと思ったので、縁を切りました。
こっちが振り回されて我慢すること無いし。
嫌な思いしてまで付きあっていく必要ないと思ったので。
「うっとーしいから、もう関わりたくないから」って。
案の定「自分は悪くない」って私の事を、他の友達に悪く言いまくってました。
    • good
    • 0

時間がないので、申し訳ありませんが、簡潔に書きます。



文面からして、彼女には境界性人格障害(ボーダーライン)の疑いがあります。
これは最近話題になっている人格障害のうち、ひきこもりと並ぶポピュラーな人格障害で、常に人を振り回し、愛情に飢えているというのが特徴です。

文献については町沢静夫『ボーダーライン』(丸善ライブラリー)を読んでいただくとして、

精神科での治療が不可欠です。どう治療に持ち込むかは考えていただくとして、治療に入る場合は長期に渡ることを覚悟して下さい。

また何か気がつきましたら、書きますね。
取り急ぎ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ