ポルタメント(まだ部分的にしかできてませんが)の次は
「やわらかくやさしい」声で歌ってくれと注文が付きました。
「硬くて直線的で攻撃的」な声・歌い方なのでちょっと困っています。
空気を沢山含んで歌うとやわらかくなると言われたのですが、
そうすると苦しくなってのばしきれなかったり、呼吸の回数が増えてしまいます。
やわらかい声・歌い方ってどうしたらいいのでしょうか。
何かいいアドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

ニュアンスなんで…わかりにくいかとは思いますが…



「声を薄くする」「息を混ぜる」なんていいますね。

「空気をたくさん含む」も含めて、多分言いたいことの究極は同じだと思うんですが、「基本の発声は変えないで、少し声帯の圧力を緩める」というのはどうですか?

トレーナーの先生についてるんですよね?その疑問をその先生にぶつけてはどうですか?先生もそれが仕事なんですし、普通「やる気のある生徒だな」って喜んでくれると思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先生についているのなら良かったのですが・・・。
バンドで歌っていて、リーダーからの注文なんです。
以前はついてたのですが、その時は張りのある通る声を目指していたので、差で困っていたのです。
「空気をたくさん含む」だと呼気に気を取られてしまっていたので「発声は変えないで声帯の圧力を緩める」と言われると体の使い方なんだなと、呼吸が楽にできそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 23:49

やわらかい歌声いいですね


ナットキングコールなど最高ですね
最近は発声技術研究が進んで
教えて貰ってある程度のところは短時間で
習得できるようです
でも私の知っている人が言ってました(声楽家)
習った技術は身につかない
昔から人のまねをしながら悩みながら
自分の声を「作った」ものだと
それがその人独自の味を出すのですと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まねをしながら悩みながら自分の声を作る・・・。
模倣を自分の物にするのって難しいですよね。
それでも、人様に聞いていただくのですから、変なところで妥協せずに先のお二方のご意見を参考にやりつつ、自分で納得いく声・歌い方を身につけていきたいです。
ナットキングコール。お恥ずかしながら初めて聞きますが、今度聞いてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/03 00:01

声楽とかは解らないですが、自分は音大でトランペットを勉強してまして、やはりいろいろなニュアンスを要求されます。

理論的なことも大事かもしれませんが、非常にイメージ的な部分が大きいと思います。野球でも「ホームランはこうやって打つ」みたいなことは無いですよね。感覚的な部分がやはり大切だと思えます。いろんなジャンルの音楽、器楽でも歌でも聴いてみてイメージを今以上にふくらしましてみてはいかがでしょうか?やわらかい音色と、だらしない音色、弱々しい音色すべて違いますから、ちゃんと柔らかい音色を感覚的につかめるといいですよね。参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにイメージは大切ですよね。
どんなふうな声で歌いたいのかちゃんとイメージ出来てないです。
今歌うと不安定な落ち着かない声になっているようです。(友達に言われました)
心理状態そのまま出てしまいますね。
やわらかいをイメージできる様いろいろ聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 23:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q声変わりしてあまり高い声が出ません。 そういう僕でも歌いやすい歌ってありますか。

声変わりしてあまり高い声が出ません。
そういう僕でも歌いやすい歌ってありますか。

Aベストアンサー

カゲロウデイズなどの高い音程の歌でも、キーを下げれば歌えるんじゃないですか?

Qカラオケで歌を歌って1時間くらいするとお腹が痛くなります。歌い方がおかしいのでしょうか。

カラオケで歌を歌って1時間くらいするとお腹が痛くなります。歌い方がおかしいのでしょうか。

Aベストアンサー

腹筋使うから、軽い筋肉痛になります。
じゃなくて、内臓の方ですか?

Q犬声・猫声の歌

教えて下さい。
「猫の鳴き声のパイプライン」
「犬の鳴き声のジングルベル」
などのCDがありますよね。
それが欲しいいのですが
「タイトル」や「会社」が分かりません。
調べ続けましたが、もう検索は疲れました。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

このCDでしょうか?
『ジングルキャッツ』・『ジングルドッグ』

http://www.rakuten.co.jp/takuhai/420164/420176/

http://www.petoffice.co.jp/takuhai/ippan/book/jingle/

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/takuhai/420164/420176/

Q歌における、明るい声、暗い声とは、つまりどういうことなのでしょうか?

高い声、低い声というのは、周波数の高い低いで説明できますよね。
それでは、明るい声、暗い声は、どう違うのでしょうか?
おそらく音色が違うのではないかと予想しているのですが、それでは、どのような歌い方の違いが、明るい暗いの差を生むのでしょうか?
どなたかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

声をはじめ音には基音(その基本となる周波数)以外に倍音と呼ばれる高周波が含まれています。
この周波数配分で様々な音色の違いがうまれるわけですが、発声のテクニックでこのフォルマントと呼ばれる周波数配分をある程度変化させることが出来ます。

乱暴な言い方をすれば一般的に高い周波数が多く含まれているほど明るく、高く、細く、薄く、鋭く、快活に感じます、逆に高い周波数が少なければ、暗く、暖かく、太く、しぶく、落ち着きのある感じに聴こえます。

厳密にはyos4さんがおっしゃるようにもっと細かく○○khzが多いと△△に聴こえる傾向がある…という音響学的な事柄があります。
例えば○○khz近辺が多いと明るくきらびやかだが、細くヒステリックになりやすい…などのようにです。

ちょうどステレオコンポのトレブル、ミドル、ベース…などのイコライザを御存じだと思いますが、あれをいじっても音程は変わりませんが音が明るくなったり暗くなったりします。
あれに似たことが実は喉では行なわれています。

発声訓練経験者なら分かりますがこの周波数分布特性は母音の違い、つまり口の開け方や下の位置によって大きく変わるほか、声の当て方-声帯での発声の仕方を変えることにより大きく変わります。

他の回答であげられている「口角をあげる」のも大変良くいわれることで、口角を上げると声が明るくなると正確なピッチをコントロールしやすくなり、暗くなるとどうしてもフラットしやすしです。
また逆にピッチの高い音は明るく聞こえるという聴感上の特性もあります。
尚、暗い気分で唄えば自然と口角は下がり前述の周波数は低いところに集中する傾向があります。


リスナーはそれらを歌手本人の声の特性だと思っていますが、同じ楽器も弾く人によって全然音が変わるように、実際は発声の仕方によってかなり周波数特性は変えられるもので、そこを上手く使いこなせるかどうかがテクニックなのです。
ですので喋るととたんに声のイメージが変わる歌手の人っていますよね。


ちなみにですね、歌手のイメージで声のイメージが決まるんではなく歌手が自分の持つイメージで自分の声のだし方を変えている結果、歌手のイメージが決まるんです。

声をはじめ音には基音(その基本となる周波数)以外に倍音と呼ばれる高周波が含まれています。
この周波数配分で様々な音色の違いがうまれるわけですが、発声のテクニックでこのフォルマントと呼ばれる周波数配分をある程度変化させることが出来ます。

乱暴な言い方をすれば一般的に高い周波数が多く含まれているほど明るく、高く、細く、薄く、鋭く、快活に感じます、逆に高い周波数が少なければ、暗く、暖かく、太く、しぶく、落ち着きのある感じに聴こえます。

厳密にはyos4さんがおっしゃるようにもっ...続きを読む

Q歌を歌う時声が高くなっちゃうんですけど・・・

女子です。歌が好きでよく自分でも歌ったりするんですけど、なぜか声に出してうたうと声が異様に高くなっちゃうんです・・・地声は低いほうなので余計変なんです。
高音じゃないときにすでに声が高いから高音の部分のときにすごく困るんです><
学校で歌のテストもあるんですが人前で歌うのが恥ずかしいんです。

どうしたら普通の高さで歌えるでしょうか??

Aベストアンサー

わたしもです。
話し声は低めで、歌うと高いというか、キンキンする感じ。
昔ですが、中学の歌のテストでみんなに腹かかえて笑われました。
どうせならウケてやれ、と、選択肢の中で一番キーが高くテンポの速い「トロイカ」を歌ったので、まあいいんですが。
その後はせっせとハモリの練習をして、活路を見出しました(笑)
ひとりで多重録音すると、加工しなくてもコンピューターミュージックの声になって、これもまた笑えます。

音域の高低というより、音質の問題かな。
ボイストレーニングに通えば、もっとマイルドな歌声になるかも知れないです。

CATSなど外国のミュージカルのCDを聞いていると、こんな溶けない声もごちゃっと混ざっていて、それがまたかっこいいですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=euy2VrGoCmA&feature=related


人気Q&Aランキング

おすすめ情報