ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

皆様の精神の支柱とは何でしょうか。
私は精神の支柱を確立したいと思いました。
皆様のご意見お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

精神」に関するQ&A: 精神的に弱っている彼

A 回答 (9件)

自分にとって、何が一番大切なのかを


決めることです。

そうすれば、それが精神の支柱になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどという感じです。トライしてみたいと思えました。

お礼日時:2014/03/24 19:18

精神の支柱は、自分自身。



確立するためには、知識と経験(体験)と検証が必要です。
それにより智恵は生み出される。

自分に問えば、自分が答えてくれる。
それが自身の支柱となってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな境地に自分も至りたいものです。

お礼日時:2014/03/25 19:39

 こんばんは。




 神体験があったと言ってたんぢゃないのですか? と思うんですけれど。・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見神体験、禅における狭義の見性は十年以上も前にありました。しかしながら、それが人格の完成ではなかったということです。自分にとっては随分大きな出来事でしたが、それまでだったという話です。
しかしながら、それを思い出すのもいいかもしれませんね。

お礼日時:2014/03/24 23:55

私の精神の支柱は特にないです。



支柱があると便利ですよね。それを杖にすればいいのだから。
でも、哲学的であるとは徹底的に疑うことだから、その支柱も疑うことになりそう。
精神的な支柱を持つということと、哲学的であることは両立しにくい感じがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはありそうですね。しかし逆に、哲学が支柱を強固にするとも考えられます。
精神の支柱を必要としないというご回答は他にもあったのですが、そういう方は円い人格を持って居て、とても安定しているか、あるいは自分を省みることがあまりないのか、という風に私は思ったりします。

お礼日時:2014/03/24 23:09

勿論、完璧とは言いませんが


「人間」と「芸術」を見る目はかなり自信があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

眼力ですか。それは一つの支柱になりますよね。

お礼日時:2014/03/24 18:51

「掃除道」というものがあります。


凡ゆる身の廻りを掃き清める掃除を自ら行うこと。
精神の支柱とは、善き習慣を身につけることに他なりません。
いっとき気まぐれに善行を為しても、強固な支柱とはなりえません。
全ては、善き習慣からしか強固な意志も揺るぎ無い自信も生み出されないでしょう。
「凡事徹底」これぞ精神の支柱となるものではないでしょうか。
よっぽど特別な修行は要りません。
当たり前の事を、徹底的に為すこと。
それで良いのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実践できそうな、現実的なご回答有難うございます。
当たり前、これもまた簡単じゃない。。

お礼日時:2014/03/24 18:50

精神って、日本が戦争で負けて死語になったかと思ったら、まだ使っている人がいるんですね?


戦前は「大和魂」とか「日本精神」なんて言葉が踊っていて、それがあればアメリカの物量なんか打ち負かせられると盛んに言われたものですが、ご存じのようにものの見事に日本は敗北して、今やだれも精神なんて言葉を使う人はいなくなりました。
心や意識だって、在るかどうか分からない時代なのに、精神なんて何をかいわんやです。
精神なんて言葉を使ったのはデカルトか、せいぜいヘーゲルくらいです。
明治に西欧哲学を輸入した時に、日本も帝国主義で韓国や中国を侵略しているときに国民を鼓舞するために言われた言葉が精神です。
精神という言葉を聞くと、私なんか悪夢を呼び覚まされます。
帝国主義の亡霊がまだそこらをさまよっているのかとゾッとします。
戦前の帝国大学の学生などが盛んに「自我の確立」なんて叫んでいたのを思い出します。
だから、あなたから「精神の支柱を確立したい」なんて古色蒼然とした時代錯誤の言葉を聞いたときは、思わずわが目を疑いました。
まだ、そんなに骨董品のような言葉が世間を流通しているのか、という驚きです。
「精神の支柱を確立」すれば、また戦前のように国家に戦争に駆り出されるだけです。
そんなことはコリゴリだから、私なんかは確立したいとは思いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやいや、普通に使うでしょう、精神という言葉は。歴史的変遷はあるにせよ、十二分に生きた言葉ですよ、しっかりしてください。
まぁ、言葉の用法にも色いろあるということで。
ふらつくことのない人格でもいいですよ、言い換えれば。
サルトルのような実存主義に立てば、そのようなものもいらないんでしょうけどね、それだと有象無象と自分自身の区別もあやふやになってしまう。

お礼日時:2014/03/24 18:49

支柱など必要としない事。


自由自在(自らに由(よ)って自ら在る)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も昔はそれで居られたのですが。。

お礼日時:2014/03/24 18:47

自分自身

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それが難しい。。

お礼日時:2014/03/24 18:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング