親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

100円のニッパーやドライバーでも、焼入れすれば硬度が増し、そこそこ使えると聞きましたが、キッチンのガスレンジの火力で焼入れする事は可能でしょうか。

A 回答 (3件)

100円のニッパーなどの工具類がどのような材質かにもよりますが,たしか単に炭素鋼と書いてあったような記憶が.炭素鋼といっても含有炭素量によっては焼入れしても硬化しないこともあります.できれば0.35%以上はあった方がいいでしょう.



焼き入れることによって鋼は硬くなりますが,同時に脆くなります.なので焼入れ後焼戻しということをして粘りを出す必要があります.
この作業は非常に難しいので,工具のような硬さと粘りの両方が必要なものを単純に焼入れはしない方がよいと思います.

参考URL:http://www.inv.co.jp/~yoshi/sozai/sozai-yougo/02 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かんたんなものではないんですね。

お礼日時:2004/05/10 23:36

100円均一のニッパーやドライバーの場合、


硬度そのものよりも、加工精度が問題になることの
方が多いと思います。
つい先日も、子供が買ってきたドライバーを
ヤスリで削って先端の形を修正しました。

ニッパーでも、先端が開いている物が
多いように思います。
横のかみ合わせも悪いようです。

また、焼き入れをするときに、プラスチックス部分は
どうしますか?
ニッパーのゴム絶縁は感電防止に必須のものです。
この点でも御注意ください。

というわけで、不可能ではないでしょうけど、
良い品が必要でしたら、素直に高い品物を
購入されることをお勧めします。

ちなみに、ニッパーは宝山、ドライバーはベッセル
(どちらも日本製で普通に手に入ります)を
お勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
あっ、宝山とベッセル、聞いたことあります

お礼日時:2004/05/10 23:41

100円のでも、十分焼きいれしてありますよ。


500円のと比べても遜色ないと思います。
ただ、粗悪品はありますが・・・
違いは、むしろ刃先の研磨のレベルですね。安物はグラインダーでざっくり削ってあるます。

ガスコンロの火でも入りますが、問題は赤くした後ですね。
均等に刃先が赤くなればいいのですが、不均等だと、硬度が変わってきます。
で、赤くした後、水につけて、急速に冷やします。
失敗しても100円ですから、試してみる価値はあると思います。
ただ、赤くする時に工具全体が熱くなるので、やけどに注意が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
安物をとことんいじくりまわすのも、おもしろいかと、

お礼日時:2004/05/10 23:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属の焼き入れ方法を教えて下さい。

仕事で使う工具を自作しているのですが強度が足りなくてすぐにへたります。自分で出来る焼き入れ方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

実際どのような工具(品物)を考えておられるのか不明確ですが、
焼入れ=通常は焼入れ焼き戻しの2回操作が行われるをするには、
品物の材質がそのような工程を満足させるものでなければなりません。
(まずあなたの使ってみえる工具の材質を確かめてください。合金鋼と呼ばれるものなら、なお結構です)

熱する温度についてはそれぞれのケースに応じての経験ですから、おおまかな所は書物かネットでつかんで下さい。
炭素鋼であれば、黄色くなったところで多量の油の中につけて、中程度の赤味のあるときから、炉の傍らで冷ますというのが、素人の範囲です。
(水の中に漬けるだけというのもありますが、硬くはなりますがもろくなって使えないと思います)

QS45Cの焼入れ

よろしくお願いします。

明日、45C磨き材を旋盤でリベットピン・ノックピン・ヒンジピンと言われる、
穴に入れて、先端を松葉ピンで止める物を作る予定です。

サイズはφ25です。

そのままでも強度的には問題ないのですが、連結部分で摩擦するため、
表面の硬度上げたいのですが、アセチレンガスで出来るでしょうか?

また焼入れはしたことがないので、詳しい方いましたら、アセチレンで出来る範囲の
焼入れ方法を教えてください。

Aベストアンサー

ピン径25mmでピンに頭も必要なら材径40mm前後の材料ということになり、DIYレベルを超えた方のようにも思われますが、一応、DIYということを前提に・・・

アセチレンガスというのはガス切断機のバーナーでってことでしょうか?
焼入れそのものはバーナーでも特に問題ないでしょうが、大きさ(この場合は長さ)が問題ですね。
物の温度をムラなく必要な温度まで加熱しなければなりませんが、径25mmですと中切に火口3♯でも長さ100mmは難しいのではないでしょうか。A切ならいけると思います。
焼きムラの原因になりますから内外、表面とも温度に大きなムラがあってはいけません。
炭素鋼では保持時間は必要ありませんが、バーナーで加熱する際、急激に過熱せず、火口を物に近づけすぎないように気をつける必要があります。

強度はそのままでも間に合って、磨耗対策として表面硬度がほしいということですから、普通に考えれば高周波焼入れか低炭素鋼に浸炭焼入れでしょうが、DIYレベルの話ではなくなりますね。
S45Cは中炭素鋼ですから磨耗対策として焼入れすることは当然それなりの効果はあるわけですが、期待される硬度までは得られないかもしれません。
やや高めの温度から焼入れしっぱなしとすれば相当な硬度は得られますが、少し力がかかっただけでパキンと折れてしまうことになります。ですから多少硬度が下がるのを承知で焼き戻しが必要になるのです。

焼入れ温度等はいくらでも調べがつくでしょうが、実際、経験を積まなければ目で見ただけではその温度がなかなか分らないものです。一応の目安として木炭が熾きになり(風を送らず)落ち着いた色、というのを目安にするとよいでしょう。
初めて焼き入れする人は大抵温度を上げすぎで、明るいオレンジ色になるまで加熱してしまってはいけません。
生産工場などでは時間的に余裕があるので油焼きをしますが、これは普通のオイルでもできます(他の回答者様からお叱り受けそうですが・・・汗)。ただし、火災の危険が高くお勧めできません。
水焼き入れが良いでしょう。必要な温度まで上がったら躊躇せず一気に水につけ、(25mmのズブ焼きですから)水槽の中で撹拌します。
水温が高いと冷却速度が遅くなり、焼きに鋭さがなくなり上手くいきません。幾つも続けて焼き入れする場合は条件が変化していきますので注意が必要です。
焼き戻しは焼き入れ後再加熱する方法と、自身の余熱で焼き戻しを行い焼き色を見ながら適当なところでそれを止める方法がありますが、これはかなり習熟が必要になります。

蛇足ですが、ヒンジピンだと完成後、表面がツルツルになっている状態は要求されないのでしょうか?
もし研磨が必要で公差が厳しいのであれば研磨代を見ておく必要があります。
焼き入れ作業では品物が膨張・収縮しますから、品物に大きく厚みが変わる形状では焼き割れを起こす可能性が高くなります。止めピンの穴の縁はあまり薄くしすぎないほうが無難です。ヒンジピン先端は硬度が必要ないと思われますので、後でグラインダーで研削してもいいかもしれません。

どういう状況で使用されるものを作られるのかわからないですが、
一般的に、ヒンジ部分では穴の側の補修は難しいですが、ピンは比較的簡単に交換できるものです。
ですからよほど硬度を必要とするものでないかぎり炭素鋼かクロモリをそのまま使用して、磨耗してくればそれを交換することが多く、実際、ハッチのヒンジや農機の部品程度のものではそうしています。
それにしても旋盤で切削するというのになぜ高価な磨き棒鋼なのでしょう、手持ちのあり材でしょうか。
私が材料を用意するならSCM440か445あたりを選択することになると思うのですが。

一発で物にするのはかなり難しく、条件を変えながら幾つかやってみる必要がありそうに思います
うまくいくと良いですね。

ピン径25mmでピンに頭も必要なら材径40mm前後の材料ということになり、DIYレベルを超えた方のようにも思われますが、一応、DIYということを前提に・・・

アセチレンガスというのはガス切断機のバーナーでってことでしょうか?
焼入れそのものはバーナーでも特に問題ないでしょうが、大きさ(この場合は長さ)が問題ですね。
物の温度をムラなく必要な温度まで加熱しなければなりませんが、径25mmですと中切に火口3♯でも長さ100mmは難しいのではないでしょうか。A切ならいけると思います。
焼きムラの原因になり...続きを読む


人気Q&Aランキング