人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

江戸時代の人物の名前には、「右衛門」と「左衛門」がよくみうけられます。
何でこんな名前がはやったのでしょうか?
奈良屋茂左衛門や紀伊国屋文左衛門の例でもわかるように町人でも使用されていました。
この名前がはやるようになった背景は何だったのでしょうか?
そして明治になって使用されなくなったのは何故でしょうか?
はたまたいつごろから使用されるようになった名前でしょうか?

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「右衛門」「左衛門」などが官職に由来する(そのものではないが)は、#1の方が書いておられるとおりで、「百官名」と言う、というのまでは昔調べたことがあります。


ちょっと調べた限りでは、由来等については下記のサイトが分かりやすいように思いますので、ご参照ください。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~hatak/emag/data/mori …
    • good
    • 0

素人の想像なので、まったくの"自信なし"ですが・・・・・




昔々、江戸時代よりもっと前、律令制度が布かれた時に、"六衛府"というお役所が設置されました。
その中に"衛門府(えもんふ)"という、武官が務める役所がありました。(平たく言えば都の門番みたいなお仕事です)
その"衛門府"は、"右衛門府"と"左衛門府"の二つあり、それぞれの衛門府のトップの位が、"右衛門督(うえもんのかみ)"と"左衛門督(さえものかみ)"といいました。
たぶん大元は、この"衛門府"の役職から広まって行き、そのうち町人レベルまで行ったのではないでしょうか。
感覚的には、"出世した名前"とか"勇ましい名前"のようなものだったかもしれないので、それにあやかってつけたのが、広まる一因かもしれません。
また、昔の人は名前の中に位も併せていたので、そこいら辺からも転じて名前になって行ったのではないでしょうか。
例えば、大岡"越前守"忠相 や 遠山"左衛門尉"景元(桜吹雪の金さん!)などが、位を含んだ名前です。
一般町人レベルからだと、忠相や景元と言う所までは呼ばないで、普段は 大岡"越前守" や 遠山"左衛門尉"で切っていたかも知れないので、そんな考え方でその人たちにちなんだ名前をつけようと思うと、役職名が名前に転じるのかもしれません。
特に"越前守"に比べれば、"右衛門督"や"左衛門尉"(尉も律令期の官職名)の方が、古くからあったであろうから、江戸時代頃には既に"名前"という感覚で使われていたのではないでしょか。
(さすがに、"守"や"尉"は名乗りにくいから、つけなかったのかも・・??)

そして、そのような大そうな名前は、子どもには余りつけずに、大人になって一家の主になって初めて名乗れたのではないでしょうか。
そして代々、家督を譲るたびに伝えられていったりしたのではないでしょうか。
逆に言って、元々子どもに付ける名前ではなかったので、明治期になって戸籍が整備されると、大人になってから代々の名前に変えることが出来なくなって、徐々に少なくなっていったのかもしれません。

くどいようですが、まったくの"自信なし"です・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
根拠が薄いとのことですが、論理的で筋が通っていて、同感するところが多いです。

お礼日時:2004/05/14 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代に名字(姓)を持っていた農民、商人はいましたか?

江戸時代まで名字(姓)が許されたのは、貴族、武士だけだと学校では習いました。一般庶民が名字を持つようになったのは、明治時代からだと思いますが、本当に江戸時代に名字を持っていた農民、商人はいなかったのでしょうか?

一部の有力な農民、商人の中に名字を持つ者はいなかったのでしょうか?もしいたら、それはどういう理由から持つことを許されたのでしょうか?

ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「誰でも苗字は持っていたけれど公的には使えなかった」というのが私の見解です。(全く持ってなかった人もいたとは思いますが)
その証拠のひとつに江戸時代の墓を見てください。俗名は苗字付きで書いてあるはずです。その他、手紙など私的な文書には使用は可能だったでしょうが、売買証文など公的なものはだめでした。
藩に多額の献金をするなどの功績があると苗字が御免になることがあります。庄屋や大商人にも許されていますが、庄屋とか大商人という理由だけで許されたわけではないようです。古文書を見ると苗字なしで署名している庄屋もいます。
その許され方も「一代限り」とか「永代」といった区別がありました。
商人は一般に「屋号」を使いますが、苗字が使えないのでその代わりに屋号で呼びあったという研究者もいます。
教科書に書いてあるような江戸時代の「常識」はいい加減なものですね。私もあきれています。

Q戦国時代の人々の名前について

司馬遼太郎の国盗り物語を読んだのですが、すこし感覚が掴めなかったので質問させてください。

戦国時代の人々の一般的な名前はどういったものなのでしょうか。
たとえば武将でいえば武田信玄、織田信長、明智光秀の呼び名は有名ですが、これらの名前って現代の人たちが理解しやすいように略した名前ですよね。
武田信玄は徳栄軒信玄
織田信長は織田上総介信長
明智光秀は明智十兵衛光秀
といった感じで、苗字+名前の形式ではなく、ミドルネーム?みたいなものはどういう規則であるのですか?
ある人は御屋形、ある人は信玄公、ある人は信玄様とさまざまな呼び名で統一されなかったのには意味があったのでしょうか。

ある身分の人ならば織田様と呼び、ある身分の人は、弾正忠様と呼び、ある身分の人は信長様と呼んで良いなんていう規則もあったのでしょうか?

また農民とかならば、個人を特定するような名前自体存在しなかったのでしょうか。
小説で読んだ中では志乃とかお清とか名前はみかけたので、名前がないということはあるでしょうが、人々の命名規則等は存在したのでしょうか。
(苗字は名乗ってはいけないとか、こういう名前を使ってはいけないとか言う規則はあると考えています)
(また、将軍の姓を使った織田とかは名乗れなかったと思います)

苗字を名乗れるのは、どういう身分の人たちなのでしょうか。
小説の中で山崎屋とか商人の人々には名前があったと思うのですが、村里の人々での苗字はみかけませんでしたし。

質問がわかりづらいかも知れませんが、
1.身分によって相手を呼ぶときの名前に対し厳しい制約は存在していたのか。
2.庶民(農民、商人等)の人々の名前についてどういう命名規則があったのか。
(農民は名前のみ、商人は苗字(店の名前)のみ、武士は苗字+名前を名乗ることができたなど。)
3.また、命名規則があればどのような名前が多かったのでしょうか。
(農家の男なら五平、六平。女なら志乃、清など)
の3つ教えてください。
よろしくお願いします。

司馬遼太郎の国盗り物語を読んだのですが、すこし感覚が掴めなかったので質問させてください。

戦国時代の人々の一般的な名前はどういったものなのでしょうか。
たとえば武将でいえば武田信玄、織田信長、明智光秀の呼び名は有名ですが、これらの名前って現代の人たちが理解しやすいように略した名前ですよね。
武田信玄は徳栄軒信玄
織田信長は織田上総介信長
明智光秀は明智十兵衛光秀
といった感じで、苗字+名前の形式ではなく、ミドルネーム?みたいなものはどういう規則であるのですか?
ある人は...続きを読む

Aベストアンサー

質問1については、先の回答者さんが答えておられるので、2と3について・・・

時代は少し古くなるのですが、建武の新政が行われた1334年に、若狭の国・太良荘(たらのそう)で、地頭の交代を請求した一揆の起請文には、惣村に属する農民・59名の署名が書かれています。

それを例にあげますと・・・
この一揆のリーダーだったと思われる僧実円・僧禅勝といった僧の名の付く人が6名、大山貞重・中原吉安・物部宗弘といった姓と実名のある人が6名、この内3名は花押も持っていて、グループの中では上層の身分の人たち、名主クラスです。

次に中大夫・平大夫・五郎大夫など大夫が付く人が10名・・・中介・江介・三郎介など介の付く人が6名、「大夫」や「介」は古代の令制の官位の呼び方ですが、すでにこの時代には農民が、一定の年齢に達した時、幼名から改名する際に使用していたようです。

新検校・惣別当・安寿など名の付く人が3名・・・「検校」や「別当」「安寿」などは、ご存知のように本来、寺院や荘園・官庁の役職名ですが、やはりこの時代ではすでに農民のレベルでも名乗っています。

次に、かい丸・牛丸と「丸」の付く人が2名・・・「丸」は本来、幼名に使用する文字ですが、牛飼いなどの運搬業に携わる人は、成人しても使用していたそうです。

平細工・孫太郎細工と「細工」と付く人が2名・・・彼らは手工業の職人だったと思われます。

残り24名は、この時代の農民の一般的な名前と言える物・・・藤内・源内・中江・孫太郎・孫二郎・彦二郎・平二郎・藤二郎・弥二郎・中三郎・惣四郎・孫五郎など、この中の「彦」や「孫」や「弥」は全国的に使用されている最も一般的な文字です。
「平」「源」「藤」「中」は貴族の姓を名前に取り入れています。
その後につく二郎や三郎というのは、お察しの通り、大抵は出生順の「○郎」と付けたようです。
彼らは、小百姓層の人たちです。

以上、先にも書かせていただいたように、これらの名前はすべて、中世の惣村の農民の名前・・・一揆の起請文の署名です。
女性の名がないのは、一揆の場合の署名は、一家の家長が代表して行う事が多かったためだと思われます。

長々と書いてしまいましたが、少しは参考になりますでしょうか?

質問1については、先の回答者さんが答えておられるので、2と3について・・・

時代は少し古くなるのですが、建武の新政が行われた1334年に、若狭の国・太良荘(たらのそう)で、地頭の交代を請求した一揆の起請文には、惣村に属する農民・59名の署名が書かれています。

それを例にあげますと・・・
この一揆のリーダーだったと思われる僧実円・僧禅勝といった僧の名の付く人が6名、大山貞重・中原吉安・物部宗弘といった姓と実名のある人が6名、この内3名は花押も持っていて、グループの中では上層の身分...続きを読む


人気Q&Aランキング