アメリカとかヨーロッパは部屋にも土足で入りますよね?
日本以外にも玄関で靴を脱ぐ国はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

海外で個人の家へ訪問した際、玄関で出迎えたくれた人の足元をみて、判断です。

泥だらけの靴で訪問した場合は、靴を脱いで、家の中に入るのもエチケットかな? 
いろんな国を訪問して、靴を脱いで家の中に入る国ってかなり多くあります。
    • good
    • 5

フィンランドに住んでいますが,この国では家の中に入る際,靴を脱ぐのが普通です。

北欧の他の国も同様のようです。

ヨーロッパの他の地域やアメリカの人にはこの習慣が判ってもらいにくい,ともよく聞きます。

ただ日本と少々違うのは,靴を脱ぐのは楽になるためであって,靴で歩くところと靴を脱ぐところが日本ほどはっきりとは区別されていない点です。たとえば外から中に入ってすぐまた外に行くような時は脱がずに家の中を歩くこともあります。また業者が一時的に屋内で作業する時に靴を脱がずに入り,椅子に乗る時は新聞紙を敷いて靴のまま上がる,といったこともあります。
    • good
    • 4

<アメリカとヨーロッパは部屋にも土足で入りますよね?


 どうして?アメリカは土足で入ることがほとんどですが、ヨーロッパも同じだとどこでお聞きになったのですか?残念ながら、質問者様は海外を旅行されたりされないのでしょうね。

 ヨーロッパは2つに分かれます。中でも日本に一番近い習慣を持つ国が、トルコです。勿論、靴を脱ぎ、公の場ではお手洗いも和式と洋式の併用です。

<日本以外にも玄関で靴を脱ぐ国はあるのでしょうか?
あります。日本だけだ!なんて思わない事。数え上げればキリがないです。
    • good
    • 4

韓国、というか朝鮮半島というんでしょうかね、も脱ぎますね、時代劇の宮殿(笑)ぐらいしか見ないので玄関がどうなっているかは知りませんが・・・。



http://shinnikkei.lixil.co.jp/sumai/column/colum …
<タタキに靴を脱ぐ時、日本はつま先を外に向けて家の人が揃えたりしますが、韓国でこれをすると「早く帰れ」というニュアンスになってしまうそうです。>


本当にそうなのか実際は知りませんが、
そういえば時代劇で靴を履くシーンでは、いつも靴の爪先を部屋の側に向けて置いてあった気がします。特に気にしたことがなかったけれど。
    • good
    • 1

ベトナムだとタイル張りの部屋の前で靴を脱ぎます。


現地人向けのホテルだと、
ドアの前に靴を脱いで入室する人が多く、
脱いだ靴が並んでいます。
ハワイで知り合ったマウイ出身者に、
ホテルの部屋で靴を履いたままだと、
「ここはハワイだ靴を脱げ」、
と言われました。
    • good
    • 2

中国に住んでいますが、脱ぎません、というか、脱ぐんです、アパートやマンションとかならスリッパを履くんです。


(それ、どこの国でも同じなのでは?)
このように、日本的な履き替えをするんだけど「玄関」という段差は絶対に作らないんですよね。
部屋の中で靴を履き替えている感じで土は落ちるし合理的じゃない気はしますけど。
中国では部屋の中は靴(上流家庭がスリッパ)、寝るのはベッドです。
日本って中国文化の延長の気がしますが、畳だけは日本ですよね。不思議ですね。

中国語で「床」=ベッド
日本語で「床」=フロア

もともと、日本でも板の間があって、床の間というのがすごく部分的にタタミを敷いてあって、そこがベッドだったのでしょう。
それがいつの間にか部屋の中は全部タタミになり、
そして、西洋化によって畳の上に絨毯を引いて、机をおいて、椅子をおいて、ベッドをおいて、スリッパで歩く、、
逆に、フローリングの部屋なのに絨毯を引いて、こたつを置いて、和布団を敷いて寝るとか、、、
これ、西洋人から見たらほんとにクレイジーですよね。 なんでベッドの上を靴で歩いてその横で寝てるの?ってなもんです。

お風呂もおなじ。
日本人は人間とは風呂にはいるものだと思っていますが、実は風呂になんて入るのは日本人だけです。
中国人もお風呂に入りません。
世界中でバスルームといえばシャワーとトイレのある部屋のことですね。
 そんなバカなリッチな家なら「バスタブ」ッてあるはずじゃん。 と思うかもしれませんが、あれはシャワーの下においてある大きなタライなんです。そこにお湯をためて同じ汚れたお湯に家族4人が順番で入るなど超クレイジーです。

日本文化恐るべし。
    • good
    • 1

そもそもなぜ日本では靴を脱ぐか、


それは、風土的に湿気が多く、靴を履いていると蒸れるからです。
というよりも、昔は靴などがなく、日本では草履などを履いていて、これらは足が汚れるので家屋に入る場合には脱いでいたわけです。

靴やブーツは戦国時代には南蛮貿易で日本に入っていましたが、鉄砲などと違い国産されることもなく、明治時代まで普及しませんでした。

これと同様「湿気の多い国」では家屋に上がる際に靴を脱ぐ、習慣が広く見られます。特に高床式の住居をもつ地域では100%靴をぬぎます。

タイやカンボジア、ベトナムあたりの東南アジアや中国の南部、では靴を脱ぐ習慣のほうが普通でしょう。

ただし中国は寒い地域が多いので、原則的には土間が広く靴を脱ぎません。ただ、小上がりのような絨毯を引いたスペースがあり、くつろぐときはそこに靴を脱いで座ります。

また遊牧民族の影響を受けた地域も靴をぬぐようです。
遊牧民はパオに代表される移動住宅を利用しますが、これらの住宅の床はカーペットになっているからです。カーペットを汚さないようにするためには、靴を脱ぐでしょうし、逆に靴をはく生活ならカーぺとはいらないでしょう。

この風習を持つのはモンゴルやトルコ、アゼルバイジャンやカザフスタンなどの「スタン」国、それとトルコからの影響があるギリシャやマケドニアなどです。

ただし、これらの国でも民族の風習によっては靴を脱がない家庭もあります。
    • good
    • 7

台湾人で日本文化にしたしんでいるうちにおじゃましたとき、靴はぬいだようなきがします。

    • good
    • 5

先日テレビではヨーロッパのある国で


靴を脱いでいるところがありましたね。

国によっても家庭ごとに違うなど、いろいろあるみたいです。
http://www.madameriri.com/2012/07/18/%E3%80%90%E …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神戸近郊で25センチ以上の靴を扱っている店

神戸近郊で25センチ以上の靴を扱っている店を探しています。どこのデパートは種類が多いとか、安く手に入るなど分かると助かります。
大阪ではうめだ阪急・大丸梅田に行けば何とかなるというのは判明しているのですが・・・・。雑誌にも出ていない情報なのでぜひお願いします。
(ワシントン靴店・ミハマ・ヒラキには25センチの扱いがあるのは知っていて購入経験もあるのですが)

Aベストアンサー

「卑弥呼」という靴メーカーで「Queen's卑弥呼」というブランドがあるのですが、そこは大きいサイズ(25cm~26cm)のブランドです。
当方東京で、新宿にお店があり友人(靴サイズ25、5cm)の付き合いで行ったことがあるのですが、デザインも豊富でかわいいものがいっぱいありました。
検索したところ、心斎橋にお店があるようです。

参考URL:http://www.himiko.co.jp/shinsaibashi/

Q日本人がアメリカで働いて住むことと、アメリカ人が日本で働いて住むことは、どちらが難しく大変でしょうか?

抽象的な質問ですみません。

日本人がアメリカで働いて住むことと、アメリカ人が日本で働いて住むことは、どちらが難しく大変でしょうか?

※どちらも日常会話程度、簡単な読み書きしかできないとします。

アメリカといっても地域や人種にもより…抽象的な質問ですみませんが、経験談などあれば教えて頂けますか?

Aベストアンサー

アメリカの会社に転職してアメリカで働いている日本人です。
その前は日本の会社で働いていました。

ほぼ同じ職歴とスキルがあるアメリカ人と日本人がいるとして考えた場合。日本人がアメリカで働く方が圧倒的に快適で、仕事のチャンスも多いと思います。

私の場合だと、アメリカに来た当初はほとんど英語も出来ず、ESLで勉強しました。今でも英語は流暢とはいえません。それれでもアメリカの会社は受け入れてくれて、快適に職場で仕事が出来ます。日本にいたときもアメリカででもほぼ同じ仕事をしていますが、収入は2倍ぐらいに増えています。
アメリカという国は移民で成り立っている多民族国家なので外国人という概念があまりありません。実力があれば誰でも実力相応に受け入れます。

私と同じような仕事を日本でしているアメリカ人に会ったことがあります、やはり人間関係が難しいと言っていました。
その人の場合、学生時代から日本に憧れていて、日本語を勉強して日本に渡って日本の会社で働いています。普通の日本人より綺麗な日本語を使う人です。
それでも日本の会社には溶けこめない様でした。

私の経験でも、日本で働くのは本来の仕事以外の部分でかなりのエネルギーを使いました。
アメリカでは、仕事さえ出来れば、あとは気楽に過ごせます。

アメリカに住んでいて英語の出来ない人はたくさんいます、みなさんそれなりに楽しく暮らしています。

アメリカの会社に転職してアメリカで働いている日本人です。
その前は日本の会社で働いていました。

ほぼ同じ職歴とスキルがあるアメリカ人と日本人がいるとして考えた場合。日本人がアメリカで働く方が圧倒的に快適で、仕事のチャンスも多いと思います。

私の場合だと、アメリカに来た当初はほとんど英語も出来ず、ESLで勉強しました。今でも英語は流暢とはいえません。それれでもアメリカの会社は受け入れてくれて、快適に職場で仕事が出来ます。日本にいたときもアメリカででもほぼ同じ仕事をしてい...続きを読む

Q大きめサイズの靴

こんにちは。

24、5~25、0cm(ワイズEE~EEE)のパンプスやミュールを多く取り扱っている店を教えて下さい。

群馬県内が理想です。

以前に通販のヒラキ?という会社が革の製品だけを取り扱うという部門を立ち上げたのをファッション雑誌の広告で拝見しました。

そちらの情報もご存知の方がいらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

ヒラキの件、「I'll be」(アイルビー)という女性の靴のみを扱ったブランドがありますが、これでしょうか。
ヒラキのHPの右下にリンクがあります。
http://ec.hiraki.co.jp/cgi-bin/shop.cgi?A=%2findex%2ehtml&B=&C=

革靴の通販でしたら、千趣会の「ベネビス」のほうが種類が多いかと思います。
http://www.bellne.com/pc/catalognews/benebis/benebis_top.htm

どちらもカタログ請求ができますのでよかったらしてみてくださいね。

Qアメリカでプラズマボールを買って日本に持って帰りたいのですが、日本でも

アメリカでプラズマボールを買って日本に持って帰りたいのですが、日本でもちゃんと動作するのでしょうか?また、持ち帰るときはどのようにすればよいのでしょうか?スーツケースに入れては壊れてしまいそうですし手荷物だとなにか言われそうです。プラズマボールは危険だと聞いていますが、手荷物として機内に持ち運べるのでしょうか?7インチのプラズマボールを購入しようかと考えています。よろしくおねがいします(^^)

Aベストアンサー

こんにちは。

たかが科学玩具?、家電製品?なので
飛行機に乗せることは可能ではないでしょうか。
電源入れなければ、何も危険なことはなさそうだし。

しかしながら、7インチというと20センチ弱なので
スーツーケースには入らないでしょうね。
箱のまま預けることになるかと・・・。
fragileの扱いにしてもらいましょう。

詳しくはわからないですが
日本でも購入できるように思うのですが・・・。
いま、アメリカに在住なのかな?

Qヒラキ通販

特定の電話番号を質問して良いのか解らなかったのですが‥
(規約違反でしたら即削除します)

ヒラキ通販の注文電話番号を教えて下さい。
ネットではなく、カタログ通販の方でお願いします。

注文したいのですが、カタログを紛失してしまいました。
(注文品はメモ有り)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

パソコン以外からのご注文のページに記載されています。

http://www.hiraki.co.jp/ec/srDispCategoryTreeLink/doSearchCategory/11I30000000/0/3/1;jsessionid=8ylGNBDD1gtp8dR6slCJGLTzPpdywDtTX1JvQj3dvM2Jp8yPTqKc!921440147

Q外人は傘を差さないのは部屋に靴はいて入るから?

日本以外の国は室内に汚れや水を持ち込むことが許容されてるのですか。
何で傘を差さないのか教えてください。

Aベストアンサー

傘をささないのと、靴をはいたまま部屋に入るのは必ずしもリンクしていません。靴を脱ぐ、脱がないは生活習慣や住宅事情などに関係している場合が多く、雨という物理的理由により必要となる傘とはまた別の要因が多いからです。そこをまず整理しましょう。

・傘をささない理由
これは主に欧米諸国(アメリカ、カナダ、イギリスおよびオーストラリアやニュージーランドなど)にあてはまります。
正しくいうと、彼らは傘をささないのではなく、傘を携行しなかったり、傘を指すタイミングが日本やアジアのような亜熱帯の国のひと達とは違うからです。
アメリカ、カナダ、オーストラリアは日本よりも面積が広いので、季節や場所によって雨季と乾季が比較的はっきりしています。しかも乾季の方が長いです。そして、パッと降ってサッと上がったあとは湿度が低いので歩いている間に乾いてしまうなんてことも日常茶飯事です(私の実際、生活していて何度も体験しました)。加えて必要ないかもしれないものを携行して家を出るということは無駄だという考え方もあります。ですから傘それ自体が日本人ほど身近なものではありません。
イギリスは1日のうちの天気がコロコロ変わります。それに降ってもパラパラ程度なら店先で雨宿りすればいいやって感じですから、よほどひどい降りでもなければなくてもOKという人は多いです。
ニュージーランドは、場所によって雨が降る、降らないがもっとはっきりしています。
私の友達の住んでる場所なんて、年間降雨量が25mmなんて年ザラです。つまり日本の1日の降雨量しかないような場所で、傘なんてもってても意味ないですよ(笑)

日本や東南アジアのような、亜熱帯で1年を通して雨が降るのが当たり前の国とそうでない国とでは傘の重要性が違うのです。

傘をささないのと、靴をはいたまま部屋に入るのは必ずしもリンクしていません。靴を脱ぐ、脱がないは生活習慣や住宅事情などに関係している場合が多く、雨という物理的理由により必要となる傘とはまた別の要因が多いからです。そこをまず整理しましょう。

・傘をささない理由
これは主に欧米諸国(アメリカ、カナダ、イギリスおよびオーストラリアやニュージーランドなど)にあてはまります。
正しくいうと、彼らは傘をささないのではなく、傘を携行しなかったり、傘を指すタイミングが日本やアジアのような亜熱...続きを読む

Qヒラキの180円シューズ

こんにちは。
僕は昔からコンバースのオールスターOX(黒)を履いてるんですが、最近Hiraki Shoppingの180円シューズ
http://www.hiraki.co.jp/shop/goods/goods.asp?category=05&shop=
を知って驚きました・・・。
コンバースのオールスターとまるでソックリ。

いつも黒を履いてたんですが、
今まで赤や青やベージュも欲しいなって思ってましてヒラキだと安くていいなって思って是非購入したいと思っています。

両方持ってる方に質問ですが、
180円だとどうしても不安です。やはりコンバースから比べると相当質は落ちちゃうんでしょうか?
また町で普通に履いててもバレませかね?
具体的にコンバースとどう違うのか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

新品でどこかが解れかけていても(縫製が甘い)、1ヶ月でボロボロになっても、突然底が抜けても、「所詮¥180だもん」と覚悟が出来てきれば、いつも新品を履けてよいですけどね、、苦笑

コンバースみたいなヤツはですね、本物よりも布が柔らかいというか…底が重い割に上モノが貧弱というか…
_と思いましたが(2年位前なのであやふや)

息子が徒歩通学で毎日8km歩き+体育の授業で、小学生のクセに27cm位になって(デカすぎですよ!)
まともな靴屋でまともに毎月2足ペースで買っていたら靴代だけで破産してしまうし、足もどんどん大きくなるし…30cm超えたらどうしたらいいのでしょうか、、

所詮安物だし…で納得できるなら、問題がある商品ではないですけど。

Qアメリカ在住です。  アメリカの銀行で日本で引き出しができるのは?

アメリカ在住というか永住です。  日本に一年に一度ぐらい帰国するのですが、日本にある銀行口座〔東京三菱UFJ)の残高がかなり少なくなったので補充したいと思います。  送金料が結構高いので、アメリカのATMで日本の支店で使えるものはないか探しています。  たとえばCitiBankなどは日本で作ったATMでアメリカで引き出しができるように日本のホームページにありますが、その逆はできるのでしょうか。  アメリカのホームページにそういうサービスはのっていません。 ちなみにアメリカではBank of Americaを使っています。  

20万か30万なら帰国の際に持って行けば送金料はかからないのですけどね。  一応無くすリスクもあるので。  どなたかご存知の方教えてください。 

Aベストアンサー

VISA、VISAELECTRON、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、American Express、Diners Club、JCB、China Unionpayのいずれかのブランドマークが付いたカードで郵便貯金のATMからの引き出しができます。
http://www.yu-cho.japanpost.jp/a0000000/aa210000.htm

Bank of AmericaはVISAの母体でしたよね。三井住友VISAのATMでもVISAELECTRONカードで引き出せると思いますが。

Qヒラキハウジングって?

新築で一戸建てを検討中です。
場所にこだわっているので、どうしても土地価格がたかくなって
しまいそうです。
そのため、建物は極力費用を抑えたいと思い735万円で
総2階建が立てられるという「ヒラキハウジング」を検討しようか
と考えています。
実際735万円で立つとは思えないので…、735万円に別途
どの程度かかるのか?
なかなか営業さんに尋ねても教えてくれなかったりしそうなので
教えてください。

Aベストアンサー

ローンの試算をしたいので、総額を教えて欲しいと言ってはどうかと思います。
それを渋ると言うことは、契約までは言いたくない追加料金があると思って良いのではないでしょうか?
もちろん、設計してみないと判らないこともありますが、建築の事例で言えないことはないはずです。
坪単価を安く宣伝する業者はいくらでもありますが、家の本体部分だけで計算してあって、後から設備費として300万追加というような話も聞きます。価格に振り回されないようにしてください。
土地探しをしながら不動産屋から情報を集めてみてはいかがでしょうか。あまり悪口を言う業者もないかと思いますが、安くて良いですねという評価がない限りは信用できない気がします。

Q海外(ヨーロッパ)で販売している日本の漫画について

マーガレットコミック(でしたっけ?)の“花より男子”のことなのですが...

(1)翻訳されただけで、厚み・カバー・紙の質は日本で売っているモノと全く同じ
(2)ページ数が少ない(ように見える)・質の悪い紙・カバーは元から無さそうな漫画

フランスの普通の都市で(1)を見ました。
イタリアの田舎で(2)を見ました。
どちらの国でも(1・2)両方を売っていると思いますが、確認していません。

ここで質問です。
●(2)はメルカートで1ユーロでした。(1)の値段は覚えていません。いくらでしょう?
●(2)のタイプを読んだことのある方、日本の物と比べてページ数は同じですか?やっぱり少ないのですか?(パラパラとめくっただけなのでよく分かりませんでした)
●全巻揃えるにはやっぱり都会(ローマ・ミラノ)に行ったほうが早いでしょうか?(田舎に住んでいます)
●イタリアにも全巻揃ってるのでしょうか?(これが一番大事だったりする)
●↑これらの事はどう調べたら良いのでしょう?
(こちらで情報が集めれれば本当に嬉しいのですが...)

日本にいる頃ハマっていたので、(完結したと言う事で)続きを読みたいのですが、この際だから伊語で読み直ししようかな?と思っています。

情報お願いします。

マーガレットコミック(でしたっけ?)の“花より男子”のことなのですが...

(1)翻訳されただけで、厚み・カバー・紙の質は日本で売っているモノと全く同じ
(2)ページ数が少ない(ように見える)・質の悪い紙・カバーは元から無さそうな漫画

フランスの普通の都市で(1)を見ました。
イタリアの田舎で(2)を見ました。
どちらの国でも(1・2)両方を売っていると思いますが、確認していません。

ここで質問です。
●(2)はメルカートで1ユーロでした。(1)の値段は覚えていません。...続きを読む

Aベストアンサー

タイトルとITALIAとかで検索すれば結構ヒットしますよ。Ebeyイタリアなどでも入手可能なようです。

この漫画に関して具体的には知りませんが、安っぽい製本からだんだん日本のコミックスに近い形に変遷しているようです。(2)タイプでもともと販売されていたタイトルも(1)タイプで作り直されたりしています。

参考URL:http://www.shoujoinitalia.net/catalogo/2002.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング