銅や、鉄に硫酸をかけるとどんなものが生成するのでしょうか?硫化物と硫酸化物とどちらが生成する可能性が高いのでしょうか?また、電気が流れているような状況ではできるものが変わってくるのでしょうか?もしわかったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、硫酸と一言で書かれていますが、その濃度で実際の反応が


変わることがあります。一般に濃硫酸は酸としては弱酸ですが、
酸化力をもっています。逆に希硫酸は強酸ですが、酸化力は
ほとんど示しません。

金属が水に溶けるときは、金属イオンになる必要があります。
つまり酸化剤が必要になるのです。これは合金でも単体でも
同じことです。酸と反応して溶けるときには水素イオンが還元されて
水素分子を生じ、酸化剤として働くときは硫酸イオンが還元されて
二酸化硫黄を生じます。しかし、硫黄そのものが(2-)の酸化数となる
硫化物イオンとなることはありません。

実際に生じる物質ですが、鉄を希硫酸にとかした場合、鉄(II)イオンと
硫酸イオン、水素分子が生じます。水素が発生している間は水溶液中の
酸素が水素によって消費されるため、鉄(III)イオンが生じることは
ありません。

電気が流れている状態というのは硫酸銅水溶液の電気分解などでしょうか?
そうであれば、改めてご説明します。

最後に言葉の件ですが、
~化物という言葉は単原子イオンと水酸化物イオンのみに使います。
塩化物、臭化物、窒化物など。
多原子イオンの場合は~塩となります。
硝酸塩、リン酸塩などです。

また一般的な書き方は硫酸鉄(III)もしくは鉄(III)イオン、鉄(3+)イオン
などです。
    • good
    • 3

補足をいただいたようでまた出て来ました。

m(__)m

鉄に硫酸をかけてできる白い生成物ですが、硫酸と鉄の塩は水によく溶けるので沈殿はしないと思います。多分水素の細かい泡ではないでしょうか?
見方によってはクリーム状に見えるかもしれません。

真鍮などの合金ですが、溶ける順番?が異なるだけで、銅と亜鉛の塩が両方ともできます。

銅より亜鉛の方が溶けやすいので、先にどんどん亜鉛が溶けていき、次に銅が溶けます。ただし、さっきも述べたように銅を溶かすにはかなり濃い硫酸であるか、酸化剤があるかする必要があります。また、亜鉛が溶ける時に亜鉛から銅に向けて電気が流れて銅の表面から水素ガスが出るので、亜鉛の表面が新鮮な硫酸と接しやすく、亜鉛の溶け出しが早くなります。これを消極作用といいます。反対に亜鉛だけの時に、水素の細かい泡で硫酸との接触が絶たれて反応が遅くなるのを分極作用といいます。(物理学でいう分極とは全然違います)

あと塩の呼び方は、inorganicchemist さんの表現が正確です。やっぱり私の知識は古いです。(^^ゞ
    • good
    • 1

普通は硫酸塩が生成します。

硫化物ができることはありません。

硫酸塩とは、塩(しお)の親類みたいなもので、酸と金属が反応してできたものです。

ただし、銅は純粋なものは薄い硫酸(希硫酸)とは反応しません。表面が錆びてたり、酸素があったりという条件の元で反応します。濃硫酸はそれ自身が酸化剤なのでゆっくり反応します。

出来るものは、その時の条件(電気なども含め)によって硫酸第1鉄、FeSO4、硫酸第2鉄、Fe2(SO4)3、硫酸第1銅、Cu2SO4、硫酸第2銅、CuSO4、などがありますが、普通は第2塩が一般的です。

また、硫酸第一鉄は硫酸鉄(2)、硫酸第2鉄は硫酸鉄(3)、硫酸第1銅は硫酸銅(1)、硫酸第2銅は、硫酸銅(2)と書くのが一般的で、第1、第2というのは古い言い方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答どうもありがとうございます。
黄銅(銅と亜鉛の合金)に硫酸をかけた時も同様と考えてよいのでしょうか?
それから鉄に硫酸をかけてできたと考えられる白またはクリーム色の生成物は
硫酸第2鉄、Fe2(SO4)3でいいのでしょうか?
もしおわかりでしたら教えてください。m(__)m

お礼日時:2001/06/06 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか

農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか?回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1で回答したのも土壌改良用です。
いままで80%は見たことなかったので検索したらありました。
細井硫黄粉剤 80
http://cgi3.hosoi-chem.co.jp/wp2/wp-content/uploads/2015/05/1d5644f23c762806300b65bf841125eb.pdf

残りの20%が不明ですが、間違いなく燃えます。危険物第二類となっています。硫化鉄や硫化銅ができるかはわかりません。80%で正確に硫黄の量を換算しても残りの20%がなんだかわからないのでは。

Q硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?

硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?
硫化鉄に塩酸を加える実験がありますが、どうして変化が起きるのか分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

弱酸の塩に、強酸を加えると、強酸の塩ができて、弱酸があまります。
そして、硫化水素が気体になるという覚え方が楽です。

また、化学反応は、
 ・熱が出る方向
 ・粒子がバラバラになる方向
に進みやすいのですが、この反応は、熱が出る反応ですね。

Q無水硫酸銅から硫酸銅5水和物に変化する時の色の変化について

検索しても見つからなかったので質問させて下さい。

青い硫酸銅5水和物結晶少量を試験管にとり、
ガスバーナーで加熱すると白色の結晶が得られます。
これに水少量(湿るくらい)を加えると結晶は
白色からまたもとの青色に戻ります。

この反応は 5水和物→無水→5水和物 の変化に
よるということは大丈夫なのですが、色の変化を
構造と関連させて説明することは可能でしょうか?

つまり、
水分子があると何故青色になるのか、
なくなると何故白色になるのかということです。
光の波長などと関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

白色→可視光(400nm~800nmの波長を持つ)を吸収しない

青色→補色の光(黄色)580~595nmの波長を吸収する。

ではなぜこの光を吸収するようになるのか?

簡単に説明すると、
水の分子が銅原子の周りに配位することで、エネルギーの状態が変わり、電子の詰まった軌道と、あいている軌道とのエネルギー差が580~595nmの波長のエネルギー差と等しくなったため。

です。

構造も重要ですが、配位子が配位することやその配位子の種類もエネルギーの状態の変化には重要です。

配位子場理論などを学べば詳細が見えてくると思います。

Q鉄+硫黄→硫化鉄の反応と同じもの

化学の問題で答えが分からないのですが、
鉄+硫黄→硫化鉄と同じ反応になるものは以下のどれでしょうか?
a 食酢+砂糖→すし酢
b スチールウール+空気→さび
c 石鹸+汚れ→ミセル
d 重曹+砂糖→カルメ焼き

調べたら硫化鉄の反応は化合・硫化のようなのですが、
どれも当てはまらないような気がします

Aベストアンサー

鉄+硫黄→硫化鉄
は、酸化還元反応です。

また、選択肢の中では、a,c,dは化学反応とは言えませんので、
bとなります。
bは、同じく酸化還元反応です。

問では、鉄が還元剤(自身は酸化)、硫黄が酸化剤(自身は還元)として反応しています。
また、bでは、スチールウール(鉄)は還元剤(自身は酸化)、酸素が酸化剤(自身は還元)として反応しています。

Q硫酸鉄(II)七水和物から硫酸鉄(III)水溶液を製造するにあたって

はじめに硫酸鉄(II)七水和物10gに硫酸と硝酸を加えて鉄(II)が存在しなくなるまで加熱するのですが、
この時の反応式は
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
ですよね?
計算すると硫酸鉄(II)七水和物が0.036[mol]なので硫酸は0.018[mol]、硝酸は0.012[mol]必要になるのですが、実験では硝酸を過剰に入れました。(0.018[mol])

何故硝酸を過剰に入れる必要があるのか分かる人、教えてくれたら嬉しい限りです(((o_ _)o

Aベストアンサー

確かに、No.1 の回答のように、効率を考え過剰に入れる場合があります。
しかし、この場合は、反応式そのものに注意が必要です。

水和物の水が邪魔ですが。
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 2HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 46H2O + 2NO↑
6(FeSO4・7H2O) + 3H2SO4 + 6HNO3 → 3Fe2(SO4)3 + 48H2O + 6NO2↑

硝酸は、相手を酸化する場合、一酸化窒素ができて効率よく使えるとは限りません。
二酸化窒素で抜けてしまう時があります。特に、相手が手ごわい場合はそうです。
一部下の反応式になりますから、上の反応より、硝酸は多く必要です。

高校レベルでも 銅が硝酸にとける式などがでてきます。
3Cu + 8HNO3 → 3Cu(NO)3 + 4H2O + 2NO↑
 Cu + 4HNO3 → Cu(NO)3 + 2H2O + 2NO2↑
硝酸が濃い場合、下の反応が多く進み、とけるのが速くなります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報