チョッと面白そうなので読んでみようと思って、本屋で手にとったのですが、
すっかり、題名と、著者を忘れてしまったのです。確か、極道から、
弁護士になった女の人の本だったと思うのですが、本の表紙の写真だけ
覚えているのですが。全然思い出せません。誰か『極道から弁護士』
このキーワードでその本の著者と題名をご存知の方いらっしゃいませんか?
結構売れている本です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。

(^^)
私も気になって、よみたいと思っているところなんです!
おもしろそうですよね!

大平光代氏の著書『だから、あなたも生き抜いて』(講談社刊)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、そうです。大平だけなんとなく覚えていたので、検索してみたら、
該当なし、と出てしまって、途方にくれていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 17:38

通常単行本とCDブックの2種類がありますので参考まで。



通常版:ISBN4-06-210058-4 \1,400
CDブック版:ISBN4-06-210545-4 \2,800
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CDブック版もあるのですね。早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 17:46

大平光代『だから、あなたも生きぬいて 』(講談社)



・・・・だと思います。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速読んでみます。

お礼日時:2001/06/07 17:44

「だから,あなたも生きぬいて」


    著者:大平光代  発行所:講談社   
    定価:本体1400円

だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出版社まで教えていただき、ありがとうございます。これで、図書館で
リクエストし易くなりました。早速読んでみます。

お礼日時:2001/06/07 17:42

「だからあなたも生きぬいて」だと思うけど。



著者は「大平光代」

いじめを苦に自殺を未遂をしたり
非行に走って極道の妻になったり
そして、立ち直って司法試験を受け
弁護士に・・・という内容だったと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これで図書館に行って取り寄せてもらえます。

お礼日時:2001/06/07 17:40

「だから、あなたも生き抜いて」大平光代さん、でしょう。



参考URL:http://www.osakaben.or.jp/kaiho/212/taihei.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読書初心者向けの本 結構我侭な本探し

はじめまして。

恥ずかしながら、つい最近になって初めて小説を読みきりました。
読んだのは村山由佳さんの「天使の卵」です。
物語に一気に吸い込まれて、楽しく読むことが出来、他にも色々な
本が読みたいと思ったのですが、小説は数限りなくありますよね?

数日間本屋で「これ」という本を探してみたのですが、なんだがピンと来るものがありませんでした。
しかも値段も結構なので、適当に買う事もできずに悩んでます。

内容は恋愛モノが好きです。そして切なくなる感じ。その中でも最後はハッピーエンド希望。人が死ぬ意味での切なさはちょっと苦手。
性描写が激しすぎるのは苦手ですが、全く無いのもちょっと…適度には入って欲しいと思います。(少女コミックくらいがいいかも)
主人公達は学生から、30代前半がいいです。自分と年齢が離れすぎると、イメージが湧かないので。
かなり細かく言うと、男女の淡い恋心や性への戸惑いや、押えきれない衝動とか、何となくですが好きです。
自分が共感できる小説がいいなと考えています。あんまり分厚い本は読み前に引いてしまうので、適度な長さで。できれば値段が手ごろな文庫本がいいです。
「天使の卵」の人が死なない感じが多分ツボなんだろうなと考えています。

絶対この条件!というわけではないので、上記に近い小説や文庫本で皆様のオススメするものを教えて下さい。
我侭なことばかり書いて大変恐縮ですが、よろしくお願いします。

はじめまして。

恥ずかしながら、つい最近になって初めて小説を読みきりました。
読んだのは村山由佳さんの「天使の卵」です。
物語に一気に吸い込まれて、楽しく読むことが出来、他にも色々な
本が読みたいと思ったのですが、小説は数限りなくありますよね?

数日間本屋で「これ」という本を探してみたのですが、なんだがピンと来るものがありませんでした。
しかも値段も結構なので、適当に買う事もできずに悩んでます。

内容は恋愛モノが好きです。そして切なくなる感じ。その中でも最後はハッピ...続きを読む

Aベストアンサー

村山由佳さんがテイストにあったのならばそのままほかの作品を読んでみたらいかがでしょうか
『Bad kids』はちょっと恋愛では変化球ですが、読書の醍醐味は価値観が広がると言うところだと感じるので、もし表紙のリード文などで気に入ればどうぞ。

あとはちょっと舞台背景が異なりますが、佐藤賢一さんの
『王妃の離婚』も西洋時代劇になりますが恋愛、性描写という意味ではお勧めです。

どちらも文庫本ですから古書店ならかなり安く手に入るでしょう。 

Q(*^。^*) 久しぶりにめぐりあった、とてもおもしろい本「極道一番搾り」……読まれたかた、感想などお願いします。

 市立図書館でふと目にとまった『極道一番搾り‥‥親分、こらえてつかあさい』とう文庫本(宝島社発行)……借りてきて、いま三分の一ほど読んだところですが、久しぶりにおもしろい本にめぐりあった気がします。なんともいえないユーモアがもりこまれたヒューマン・ドキュメント、というんでしょうか……うまく表現できませんが、とにかくすてきな本です。
 北九州(遠賀川筋?)のことばがよく出てきますので、さいしょはとまどったんですが、だんだんニュアンスやふんいきがわかるようになってきました。

 この本は、よく読まれてるんでしょうか? 
 読まれたかた、感想などお願いします。
 著者の溝下秀男さんは、これ以外にも本を書いておられるんでしょうか?
 ご回答いただけるはんいで、ワンポイントでもけっこうですから、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読んだ事はないのですが、検索していて読みたくなりました(笑)
溝下秀男さんって九州の本物のやくざの大親分らしいですねぇ。

愛嬌一本締め―極道の世界本日も反省の色なしちゃ 宝島社文庫 \600
任侠事始め単行本 (2001/02/01) 太田出版 \1600
愛嬌一本締め単行本 (1998/05/01) 洋泉社 \1700
などがありました。

Q極道お笑い系の本知ってますか。

浅田次郎の極道お笑い系の小説にはまってます。ごくせん(漫画)にもはまりました。書店でどこを探せばいいかわかりません。このジャンルの小説や漫画を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

極道 ギャグ で検索できませんか?

新谷かおる「紅たん碧たん」
やくざの親分が遺言を残すんですが、書類を間違えて妾を養女に、義娘を妻に申請してしまう話です。

政岡としや「ダボシャツの天」
http://comics.yahoo.co.jp/10days/masaokat01/dabosixy01/shoshi/shoshi_0001.html

三上龍哉「極道一直線」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091872514/qid=1126239952/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-2860512-8528265

胡桃沢耕史「OL博徒」
http://dl.digipa.com/shop/digipa/prod/205000912/

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報