マンガでよめる痔のこと・薬のこと

3vから2.5vに電圧を下げたいのですが、何Ωの抵抗を買えばよいのでしょうか?

A 回答 (5件)

「何Ωの抵抗か?」は、2.5Vで使う負荷がわからないと答えようがありません。


何アンペア必要なのか、電圧の安定性は必要なのか?
電源の3Vも交流か、直流か、容量なども必要です。
抵抗を買うのには、ワット数が必要なので計算しなければなりません。

3.0Vから2.5Vは三端子レギュレターでは動作が不安定になるか動かないかです、電圧差が不足でむつかしい電圧です。
    • good
    • 4

はじめまして♪



抵抗に依る電圧降下は、その先の負荷抵抗と、追加する抵抗の値に依って違って来ます。
このため、消費電流が一定な負荷であれば、ドロッパ抵抗に依る電圧調整で済ませられる事も有ります。

消費電流が変化する、つまり負荷抵抗が動作状況で可変する場合は、抵抗で電圧降下させても、その結果は動作条件により大きく変動してしまいます。

このような場合は、定電圧回路を利用するのがベターでしょう。
簡易な物なら定電圧ダイオードを使ったり、3端子レギュレーターを利用します。

交流電源であれば、変圧器、つまりトランスフォーマーを利用すれば良いと思いますが、これだけ低い電圧の範囲ですと、かなり難しい場面も有りそうです。

抵抗で電圧を下げる場合、流れる電流量を確認出来ませんと、抵抗値の推測が出来ません。
電流量として、全体の1/6が抵抗器内で熱として消費されれば、おおよそ希望の電圧が得られます。
    • good
    • 2

電圧を下げる方法は何種類かがあります。


但し電源が交流か直流かによっても、
下げる方法は変わります。
単純に電圧だけを考えれば、二つの抵抗(AとB)を
直列にして電源の両端に接続すれば可能です。
交流でも直流でも、抵抗値は B=5Aで有れば、Bの両端では
こう2.5Vとなっています。

しかし、実際にはこの2.5Vを使って、負荷を接続
されるのだと思います。
Bの抵抗値より百倍とか千倍とかの高抵抗でしたが、
可能かも知れませんが、実際は如何でしょうか?

此処で負荷が大きく(内部抵抗が小さい=電流が多い)場合は
AとBの抵抗値が極端に小さくなり過ぎ、負荷に流れる
電流にも負けないぐらいの電流をくってしまい、
電源の容量が問題となってしまいます。
乾電池だと直ぐに干上がります。
結果抵抗では現実的では無い事になってしまいます。
従って
負荷の内部抵抗値(Bよりとても小さい場合)に依っては、
抵抗で電圧を下げることが出来ません。

交流ならトランスを使って電圧を下げることが出来ます。
(市販で適合するものがあるかどうかは別としてです。)
直流でしたら、DC/DCコンバーターを使用しないと
電圧は下げられません。

コンバーターも、又その様な素子も近くのパーツ販売店か?
通販で購入する事は可能です。
その様な仕様に適合するコンバーターを探すか?
電圧を下げる機能のある素子を購入して、回路を
ご自身で設計製作するしかありません。

出来れば 2.5Vで使う器具(負荷)は何か?
若しくはどの位の電流を消費するのか?
教えて戴ければ、最も相応しい方法を
御案内する事が出来ると思います。
    • good
    • 2

抵抗を直列に挿入して電圧を下げるということであれば、分圧比しか答えることができません。




負荷抵抗5に対して分圧抵抗1になります。
例:負荷抵抗200Ω 分圧抵抗40Ω


ところで直流電圧ですか?
ならばDC/DCコンバータを使うってのもアリです。
    • good
    • 0

負荷によります。


これは負荷の抵抗値によって分圧されるからであって、これが一定でないとか抵抗性の負荷でない場合は抵抗で一定電圧にするのは不可能ということになります。

なので、具体的に何を繋ぐのとか詳しく書かないと答えようがありません(補足するか、ここを締め切って新たに質問をば)。3Vや2.5Vがどこまで正確でないといけないのかも不明ですので。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧を下げる方法

24Vから5Vに電圧を下げたいのですが何かいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

下記のサイトを参照に考えて見て下さい。
理屈が解れば簡単です。
尚、流す電流に応じて抵抗器の定格電力を決定する必要があります。
抵抗値×最大電流×最大電流より電力を求めて、余裕のある抵抗器を使用して下さい。

ちなみに、電圧ドロップ差が大きいので、三端子レギュレータを使用する場合は、きちんと設計をしないと使い物にならないです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QQ3Y-NKDO/feet/kairo02/kairo0215.html

Q直流の電圧を下げる方法

12Vを3Vと6Vにするにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

実用電子回路集のような本の中に回路はいくらでも書かれています。出力電流により出力回路のパーツが変わりますので DC 3V及びDC 6Vのそれぞれ最大出力電流をどのくらいにしたいかを明確にしないといけませんね。これにより出力用主要部品が変わってきます。

基本的な部品は通常の直流定電圧電源回路の内、ダイオードブリッジなどの回路以前が不要になるだけです。
低電圧ダイオード、出力トランジスタ(または3端子レギュレータ)、抵抗、コンデンサーやプリント基板や組み込みケース、出力電流が大きい時はヒートシンク(放熱板)などが基本的な部品ですね。

Q電池に抵抗つけても電圧が下がらない

お世話になります。
こちら電気に関してはオームの法則がわかるくらいの素人です。

質問は表題のとおりなのですが、電池に3オームの抵抗を経由してテスターで電圧を測定したのですが、電圧は抵抗を経由する前と同じ1.5Vでした。
色々調べた所、電圧を下げるには「三端子レギュレータ」なるものが必要と解りました。
しかし、抵抗を経由しても電圧が下がらない事が解せません。
この件について、ご教授をお願い致します。

出来れば簡潔にして頂くと助かります・・・m(__)m

※5VのUSB電圧を3Vに下げて、直列で繋いだ電池の代わりにしようと思ってました。

Aベストアンサー

抵抗に電流が流れなければ電圧は下がりません。

デジタルテスタの場合、10MΩぐらいの抵抗が有るので、1.5Vで流れる電流は0.15uAぐらいです。3Ωの抵抗に0.15uAの電流が流れると0.45uVなのでテスタに加わる電圧は1.4999996Vです。

アナログテスタの場合の抵抗は100kΩぐらい(テスターの機種、測定レンジで異なる)なので1.5Vで流れる電流は15uAぐらいです。
テスタに加わる電圧は1.499985Vです。
どちらの場合でも小数点以下三桁で四捨五入すれば1.50Vになります。

3Ωの後に豆電球でもつなげれば目に見えて電圧が下がるでしょう。

抵抗に流れる電流が変化すれば低下する電圧が変わるので一定の出力電圧が必要な場合に抵抗で電圧を下げるのは普通はやりません。

3端子レギュレータには色々な種類があるので用途にあったものを探しましょう。
このあたりから購入できます。
http://akizukidenshi.com/catalog/goods/search.aspx?search=x&keyword=%82R%92%5B%8Eq+%82R%82u&image=%8C%9F%8D%F5

使い方はこちらを参考に
http://infoseek_rip.g.ribbon.to/spectrum123.at.infoseek.co.jp/buhin/regulator/regulator.htm
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/34/34391/34391_onboard.pdf

抵抗に電流が流れなければ電圧は下がりません。

デジタルテスタの場合、10MΩぐらいの抵抗が有るので、1.5Vで流れる電流は0.15uAぐらいです。3Ωの抵抗に0.15uAの電流が流れると0.45uVなのでテスタに加わる電圧は1.4999996Vです。

アナログテスタの場合の抵抗は100kΩぐらい(テスターの機種、測定レンジで異なる)なので1.5Vで流れる電流は15uAぐらいです。
テスタに加わる電圧は1.499985Vです。
どちらの場合でも小数点以下三桁で四捨五入すれば1.50...続きを読む

Q12V5Aの電流を12V1Aにしたい

12V5Aの電流を12V1Aにしたい

太陽電池で充電するような電子工作をしています。12V5Aで出ている電流を12V1Aまで落とす必要があるのですが、知識も予算もなく困っています。

安価な部品で実現する方法はありますでしょうか?

ぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

定格出力が12V5Aの電源を使って、定格12V1Aの機器を使用しても、使用機器には1Aしか流れません。
使用機器が何か分かりませんが、音響機器では音量のボリュームを上げる事によって、電流が沢山流れる様になります。
もし、ボリュームを上げる事によって5倍もの電流が流れるなら、それはそれで正常なのです。
また、自動車で使用する場合等は、12Vといってもアクセルを吹かせば14V位まで上がり、普通の機器ではそれ位は十分耐えうるようになっています。
・・・・・
オームの法則 E(V)=R(Ω)×I(A)
書き換えれば、I(A)=E(V)÷R(Ω)です。
電圧(E)が12Vで、電流(I)を沢山流そうとすれば、抵抗(R)を小さくするか、
抵抗(R)が一定なら、電圧(E)を上げないと、電流(I)が大きくなりません。
つまり、使用機器が壊れるか、電圧を上げない限り、過電流が流れる事はありません。
多分、チャージコントロールの故障か、サージ電圧がかかって瞬間的に高電圧となり、過電流が流れたのではないでしょうか。
中国製の、チャージコントローラが原因だと思います。
チャージコントローラの故障もチェックして下さい。
・・・・・
サージ電圧の回避方法としては、
1.定電圧装置を間に挿入する。
(接続方法)
太陽電池
  ↓
チャージコントローラ → 定電圧装置 → 使用機器
  ↓
バッテリー

又は、
2.バッテリーを利用して、平衡を保つ方法も有ります。
(接続方法)
太陽電池
  ↓
チャージコントローラ
  ↓
バッテリー → 使用機器
こうすれば、少しばかりのサージ電圧なら回避できると思います。
・・・・・
抵抗を並列につけるなんて、電力の無駄です。
せっかくの太陽電池が泣きます。
頑張って下さい。

定格出力が12V5Aの電源を使って、定格12V1Aの機器を使用しても、使用機器には1Aしか流れません。
使用機器が何か分かりませんが、音響機器では音量のボリュームを上げる事によって、電流が沢山流れる様になります。
もし、ボリュームを上げる事によって5倍もの電流が流れるなら、それはそれで正常なのです。
また、自動車で使用する場合等は、12Vといってもアクセルを吹かせば14V位まで上がり、普通の機器ではそれ位は十分耐えうるようになっています。
・・・・・
オームの法則 E(V)=R(Ω)×I(A)
書き換えれば...続きを読む

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

QAC100Vの電圧を下げる方法は?

家庭用コンセントの50hz60hzとマイコンと同期を取って電圧をコントロールしたいと思っています。
交流100Vを5Vぐらいまで下げて、トランジスタでPICとつないで、0Vを検出して同期を取りたいです。
どのようにすれば、問題なくトランジスタと接続できるでしょうか?
それと、参考に見たところでは、フォトカプラを使っていましたが、トランジスタで問題ないでしょうか?
お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>家庭用コンセントの50hz60hzとマイコンと同期を取って電圧をコントロールしたい~~

:AC電源をDC電源に変換するには、様々な方法があります。
:目的にあった、仕様を設計しましょう。

◇私の場合、サイリスタ;コンパレータ;抵抗;ダイオード;コンデンサ;などを組み合わせて、定電圧回路を作成して使用していましたが、かなり以前のことなので、現在ではもっと良い回路設計ができるのではと思います。

※尾脇電気などのパーツショップでは、電源変換キットなど販売されていましたが・・・

◇以下に、参考になると思われるURLを記載しますので、是非ご覧ください。

※よくある回路集
{http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame2/mame2.html}

※電子部品の知識と使い方
{http://www.picfun.com/part00.html}


※【オペアンプ】
{http://www.picfun.com/partop.html}


:サイリスタ
{http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF}

:コンパレータ
{http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF}

:フォトカプラ
{http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%A9}

>フォトカプラを使っていましたが、トランジスタで問題ないでしょうか?

※私の見解ですが、トランジスタのみでの電圧制御は、DCで使用する機器によっては危険があるのでは?
:整流は必要ですし、何よりも電流(アンペア)は常に一定でなくてはならないと考えます。

◇結論:
:専門ショップで、仕様にあったキットを購入されるのをお勧めします。

>家庭用コンセントの50hz60hzとマイコンと同期を取って電圧をコントロールしたい~~

:AC電源をDC電源に変換するには、様々な方法があります。
:目的にあった、仕様を設計しましょう。

◇私の場合、サイリスタ;コンパレータ;抵抗;ダイオード;コンデンサ;などを組み合わせて、定電圧回路を作成して使用していましたが、かなり以前のことなので、現在ではもっと良い回路設計ができるのではと思います。

※尾脇電気などのパーツショップでは、電源変換キットなど販売されていましたが・・・

◇...続きを読む

Q電圧を回路的に下げる方法

制御盤内で定格120Vの電圧を使用します。(この制御盤は海外で使用します)
そこで、標準的に使用している機器では大抵が100-110vの定格が問題になります。抵抗等を利用し120Vから100V辺りまでに電圧を下げる方法を教えてください。

Aベストアンサー

制御盤ということなので、外部からの供給が海外で120V、また制御盤内の機器は日本で製作するためにすべて日本国内で調達した部品なのでしょうか。

上記のことなら通常はダウントランスを1個制御盤内に入れて、制御盤内電圧を100Vにすべきでしょう。
抵抗入れて個々に分圧すると不安定で、なおかつ制御盤内の温度上昇を招き制御盤では使いません。
抵抗のW数=ヒーターと同等と考えると察しがつくと思います。

ごくまれに、パイロットランプ1個だけを点灯させる為に抵抗分圧する事もありましたが、昔のことで現在はほとんどそのような使い方はしません。

Qプルアップ抵抗値の決め方について

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調節していって電圧降下が0.9Vとなるように設定するのでしょうか。どうぞご助力お願いします。



以下、理解の補足です。
・理解その1
ふつう、こういう場合は抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が決まっていることが前提だと考えていました。V=IRを計算するためには、この変数のうち2つを知っていなければならないからです。
また、例えば5V/2Aの電源を使った場合、マイコン周りは電源ラインからの分岐が多いため、この抵抗に2A全てが流るわけではないことも理解しています。

電源ラインからは「使う電流」だけ引っ張るイメージだと理解しているのですが、その「使う電流」が分からないため抵抗値を決定できません。(ポート入力電流の最大定格はありますが…)


・理解その2
理解その1で書いたように、抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が必要だと理解しています。図2を例に説明します。Rの値を決めたいとします。
CD間の電圧降下が5Vであることと、回路全体を流れる電流が2Aであることから、キルヒホッフの法則より簡単にRの値とそれぞれの抵抗に流れる電流が分かります。今回の例もこれと同じように考えられないのでしょうか。

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

スイッチがONした時に抵抗に流れる電流というのは、最大入力電流や最大入力電圧
という仕様から読めば良いのでしょうか。
→おそらくマイコンの入力端子の電流はほとんど0なので気にしなくてよいと思われます。
入力電圧は5Vかけても問題ないかは確認必要です。

マイコンの入力電圧として0Vか5Vを入れたいのであれば、抵抗値は、NO3の方が
言われているとおり、ノイズに強くしたいかどうかで決めれば良いです。
あとは、スイッチがONした時の抵抗の許容電力を気にすれば良いです。
例えば、抵抗を10KΩとした場合、抵抗に流れる電流は5V/10kΩ=0.5mAで
抵抗で消費する電力は5V×0.5mA=0.0025Wです。
1/16Wの抵抗を使っても全く余裕があり問題ありません。
しかし、100Ωとかにしてしまうと、1/2Wなどもっと許容電力の大きい抵抗を
使用しなければいけません。
まあ大抵、NO3の方が書かれている範囲の中間の、10kΩ程度付けておけば
問題にはならないのでは?

Q三端子レギュレーターで12Vから5Vと3.3V

三端子レギュレーターで12Vから5Vと3.3Vを作り出す場合、この回路でいいですか?
LM7805にはヒートシンクをつける予定です。

全体的にダメ出しという感じでアドバイス頂ければうれしいです。
また、コンデンサーの容量というか、例えばチップコンデンサーでも使用できますか?
D1とD2は電源を切った際に出力側に残った電気を逃がすためのものですが、12V側で電源のON/OFFをする場合でもあったほうがいいですか?

-条件
電源12VDC
5VにはATMEGA328P(Arduino)など(MAX200mA)
3.3VにはLCDモジュール(3.3V/5mA)
+-逆に接続した場合の事を考えて、ダイオード(D3)を入れています。
負荷がショートした場合の安全を考えて、ポリスイッチPS1(500mA)をつけています。



-調べたこと
LM7805について
  マニュアルに記載されている値
   入力側コンデンサー 0.33μF
   出力側コンデンサー 0.1μF

XC6202P332TBについて
  マニュアルに記載されている値
   入力側コンデンサー 1μF
   出力側コンデンサー 1μF

それではアドバイスの程、よろしくお願い致します。

三端子レギュレーターで12Vから5Vと3.3Vを作り出す場合、この回路でいいですか?
LM7805にはヒートシンクをつける予定です。

全体的にダメ出しという感じでアドバイス頂ければうれしいです。
また、コンデンサーの容量というか、例えばチップコンデンサーでも使用できますか?
D1とD2は電源を切った際に出力側に残った電気を逃がすためのものですが、12V側で電源のON/OFFをする場合でもあったほうがいいですか?

-条件
電源12VDC
5VにはATMEGA328P(Arduino)など(MAX200mA)
3.3VにはLCDモジュール(3.3V/...続きを読む

Aベストアンサー

1)D1とD2は電源を切った際に出力側に残った電気を逃がすためのものですが、12V側で電源のON/OFFをする場合でもあったほうがいいですか?

D3だけ逆接続対策で入れておおけばいいと思います。

2)負荷がショートした場合の安全を考えて、ポリスイッチPS1(500mA)をつけています。

 両方の3端子電源ICは出力ショート保護機能が入っているので不要です。

3)コンデンサについて

 a)入力の12Vラインには100uF程度の電解コンデンサを入れた方が良い。
 b)5V出力のC3は10uF以上にした方が良い。
 c)3.3V出力のコンデンサC4(1uF)はセラミックコンデンサにして値はこのままで大きな値に変更しないこと。大きくすると発振してしまう危険があります。XC6202P332TBは内部の出力トランジスタがドレイン出力タイプのため負荷容量の影響に敏感です。

4)配線
  つなげてはいけない箇所は添付図で×で示しましたのでカットしてください。
  つなげるべきラインはオレンジの線で示してあります。

Q1アンペアは何ミリアンペアですか?

今理科の勉強をしていたんですけど、1アンペアは何ミリアンペアかど忘れしてしまいました。
どなたか教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

ミリは1000分の1。

この際、ついでに、こんなのを勉強しちゃえ。(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E
ギガからナノまでは、暗記しておいて損はありませんよ。
(ただし、デカとデシは覚えなくてもよいと思います。)

ギガは、携帯電話や無線LANの電波の周波数(ギガヘルツ)で使われますね。
また、今、「ナノテクノロジー」という言葉が流行っていますが、
その「ナノ」は、ナノメートルのことです。

ちなみに、私は仕事で、テラからフェムトまで出会ったことがあります。


下記は長さ、すなわち、なんちゃらメートルの大きさを、例を挙げて紹介しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83_%28%E9%95%B7%E3%81%95%29


人気Q&Aランキング

おすすめ情報