プロが教えるわが家の防犯対策術!

ゲルマン人とドイツ人の違いを教えて下さい。
ゲルマンは民族名、ドイツは国名って認識であってますか?
学校で習う英語じゃドイツ=Germanと訳すのは何故ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

古代ローマ人が北の方に住んでいる連中を ゲルマンと呼んだ


だもんで、呼ばれたほうが「私たちゲルマンなのね?」と思った。

現在のドイツのあたりが、ゲルマンの本拠地と思われたので、イングランドの連中は、ドイツのあたりを「ほんまモンのゲルマンやねぇ」と呼んだ。

米国に渡ったイギリス系の人々を「アングロサクソン系」という時のサクソンはサクソン人のことであり、ドイツのザクセンから渡ってきた人ということになっている。

ドイツ ってのは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4% …

Deutsch の原義はドイツ北部で話されていたゲルマン語の「theod」や「thiud」や「thiod」と言う名詞で、意味は「民衆」や「大衆」を意味している

ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/27 18:32

”学校で習う英語じゃドイツ=Germanと訳すのは何故ですか?”


残念ながら、学校の英語では ドイツ=German"なんて教えていません。あなたの覚え違いですね。英和時点でGerman を
確認してください。 正しくは Germany = ドイツ、すなわち 国名 ですね。

ゲルマンとドイツとの関係はすでに前の回答者の方々の書き込みでOKでしょう。

ゲルマン民族を多数住民とする現存の国家としては:
ドイツ、
オーストリア
デンマーク、
スエーデン
ノルウェー
アイスランド
オランダ
英国
リヒテンシュタイン、

かなりの比率でゲルマン系が住民である国:
ルクセンブルク
ベルギー
スイス
米国、
カナダ、
オーストラリア
ニュージーランド

のように、私は思います。

現存のゲルマン系言語:

ドイツ語、
オランダ語
フリースランド語
デンマーク語
スエーデン語
ノルウェー語
アイスランド語
フェーロー語
英語
アフリーカーンス語
ルクセンブルク語

ご自分でウェブサイトサイトなどで、調べられることをお勧めします。
    • good
    • 0

 ゲルマン人とはドイツを含めた北欧から西欧のデンマークに


分布する諸民族の総称です。ドイツ人(ドイツ民族)もそれに含まれます。
ですからゲルマンはかなり広範囲の民族系統名、ドイツが「ドイツ語を話し
同じ民族だと自覚する人々の」民族名です。

 「学校で習う~」は少し不思議な質問です。英語でジャーマンというのが
ドイツのことです。気づいていますよね。ジャーマンをローマ字読みすると
ゲルマンでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/29 04:58

 「アジア人」と「日本人」の違い、「日本人」と「大阪人」の違い、みたいなものです。



>ゲルマンは民族名、ドイツは国名って認識であってますか?

 合っていると思います。
 概念、くくり方の違い、ということでしょう。ヨーロッパの「国」は、高々19世紀以降に成立したものに過ぎません。今でこそ「ドイツ」と言っていますが、1871年の「ドイツ帝国」成立前は、「プロイセン王国」や「バイエルン王国」、ハンザ同盟の都市国家(ハンブルクやニュルンベルク)に分かれていました。今でもドイツは「ドイツ連邦共和国」であって、国(州)の集合体です。逆に、今の「チェコ」や「スロヴァキア」、「クロアチア」、「スロヴェニア」などは、第1次大戦までは「オーストリア帝国」の一部でした。

 民族は、国境と関係なくかなり複雑に分布しています。旧植民地のアフリカ、アジアからの移民も多数いますし。

>学校で習う英語じゃドイツ=Germanと訳すのは何故ですか?

 学校で習う英語じゃ日本=Japanと訳すのは何故ですか? と同じことです。
 ドイツのことを、英語ではGerman(ジャーマン)ですが、ドイツではDeutcsh(ドイッチュ)、フランスではAllemagne(アルマーニュ)、スペイン語ではAlemania(アレマニア)です。

 言語は、所詮は「その地域の方言」ですから、他の地域を示す呼び方はそれぞれ違って当然です。アメリカ原住民を「インディアン」(=インド人)と呼ぶような誤解が起源の呼び方もたくさんあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGerman(ジャーマン)=ドイツ なぜでしょう!

最近質問数が増えているyama585です。

ドイツの事をGerman(ジャーマン、ドイツ語ではゲルマン)って言いますが、それはどうしてなんでしょうか? ドイツって言うのは日本人だけなんでしょうか?

これと良く似た例としてイギリス、オランダ等がありますが、他にもこんなのがあるよ!と言う情報もご存知でしたら、教えて下さい。

(過去ログ検索しましたが、うまくヒットしなかったので、質問させて頂きました。)

Aベストアンサー

ドイツ国
 ・Duits(land) (オランダ語)から。独逸。
 ・Deutscheland (ドイツ語:ドイチュラント)
 ・古代にはゲルマニア(ラテン語 Germnia から)と称した。


オランダ王国
 ・Olanda (ポルトガル語)。和蘭・阿蘭陀。
 ・ネーデルラント(Nederland オランダ語で、低地の意)
 ・the Kingdom of the Netherlands (英語)


は良いとして、イギリス国の呼び名は沢山あります。


(正式名)
グレートブリテン-北アイルランド連合王国
The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland


英国
  英吉利(イギリス)国の略称で、Inglez (ポルトガル語)から。
  日本では、古くは、エゲレス・アンゲリアなどと称した。


大英帝国
  British Empire


イギリス連邦/英連邦
 ・the British Commonwealth of Nations
 ・かつて英帝国に属しその後独立した、カナダ・オーストラリア・
  ニュージーランド・インド・スリランカなど多数の独立国およ
  び属領で構成するゆるい結合体


the Greate Britain (GB)
 ・イングランド・ウェールズおよびスコットランドからなる島。
 ・北アイルランドと合わせて United Kingdom をなす。
 ・また、Little Britain (対岸フランスの Brittany 地方)
  と対比的に名づけたもの


the United Kingdom (UK)
 ・イギリス連合王国(または、1801 年から 1921 年の連合王国)


といったところ。
 

ドイツ国
 ・Duits(land) (オランダ語)から。独逸。
 ・Deutscheland (ドイツ語:ドイチュラント)
 ・古代にはゲルマニア(ラテン語 Germnia から)と称した。


オランダ王国
 ・Olanda (ポルトガル語)。和蘭・阿蘭陀。
 ・ネーデルラント(Nederland オランダ語で、低地の意)
 ・the Kingdom of the Netherlands (英語)


は良いとして、イギリス国の呼び名は沢山あります。


(正式名)
グレートブリテン-北アイルランド連合王国
The United Kingdom of Great Britain and Northern Irela...続きを読む

Qゲルマン系、スラヴ系、ラテン系、アジア系、これらは具体的にどのあたりを

ゲルマン系、スラヴ系、ラテン系、アジア系、これらは具体的にどのあたりを指すのですか?
地域や「・・など」とかではなく、国名で教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

>国名で教えて頂けないでしょうか?

ゲルマン→ドイツ、オーストリア、
スラブ→ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロベニアなどの国から東は全部です。全部言うのはしんどいので地図を見たらわかります。おおざっぱに言うと東ヨーロッパとロシアです。
ラテン→これは国が少ないので全部言います。フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルそして何故か東に飛んでルーマニアです。
アジア系というのは日本人から見ると中国や韓国を思い浮かべますが、世界ではアラブもアジア系です。アジアはものすごく広いです。アジアは中近東や西アジアや中央アジア、東南アジア、東アジア、極東といろんな地域があります。

Qラテン系ってどこの国の人のことですか?

よく、明るくて陽気なタイプの人のことをラテン系とかラテン気質とか言いますよね。
私は「ラテン系」ってずっと何となく中南米(ブラジルとか?)とイタリア人のことだと思っていたのですが、
先日ここでフランス人もラテン系に入ることを知り、
ラテン系っていったいどこの国の人を指すのだろうと不思議になりました。
(フランス人はステレオタイプのラテン系というイメージではないので……)

はてなのキーワードでは
『イタリア・スペイン・フランスなどの南欧州の文化や人種を指す。
昔、スペインやポルトガルの植民地だった地域も含めて、ラテン系と称されることが多い。』
とあったのですが、具体的な国名はどこになりますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確ではないかもしれませんが、ラテン系言語を主に使用している国かな、と個人的に思いました。

ヨーロッパは基本的にゲルマン系、スラブ系、ラテン系の3つの言語で大雑把に分けることができます。(いずれにせよ、もともとはラテン語からの派生だと思いますけど。)
で、その内ラテン系に入るのが、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ルーマニアetc・・・になります。

これらの国、特にスペイン、ポルトガルは新大陸(アメリカ)への植民も盛んだったので、言語も含めた文化が、今でも中南米でしっかりと根付いてることから、これらの地域も「ラテン系」と言われているのでしょうね。
(ブラジルはポルトガル語が公用語、またその他の中南米のほとんどの国ではスペイン語が公用語です。)

Qなぜ日本だけが「ドイツ」と呼ぶのか??

お世話になります
GERMANY …つまりドイツのことですが、どうして日本だけが
「ドイツ」
と呼称するのでしょうか??

長年の疑問です
由来とその歴史をご存知の方、どうかお答えを頂戴ませ

Aベストアンサー

↓の過去ログをご参考に!(昔、私が質問したものです。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385809

Qフランス人はラテン系? ゲルマン系?

フランスの起源はゲルマン民族大移動後に現在のフランスの地に建てられたフランク王国にあると聞いています。
ならば、フランス人はゲルマン系ということになりますね。

しかし、今では一般にフランスはラテン系ということになっています(言語では確かにそうですね)。

どこかの時代に、フランスに居住する民族が入れ替わったのでしょうか? それとも、他の理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

フランスに居住する民族が入れ替わったというより、フランク王国にいたゲルマン民族の一部が徐々にラテン化していき、現在のフランスを形成していったようです。
言語的には10世紀のカペー朝の時代には”ゲルマンの影響を受けたラテン語”が使われていたようです。(もちろん現在使われているような統一的なフランス語が成立するのは中央集権時代以降です)
民族的にはさらに前の民族大移動期から先住民族、ローマ人、ゲルマン系の混血が進んでいましたから、もはや現在のフランス人を指してゲルマン系とは言えません。
言語だけでなく一般にフランスがラテン文化圏と認識されるのは、ローマカトリックを信仰しつつ、文化芸術の面でローマ帝国期を連想させる威光を示したことの影響によると思われます。

参考URL:http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_761568934_9/content.html

Qゲルマン民族の大移動となったフン族はなぜ・・

歴史の勉強していくと何故?何故?と疑問がわいてきます。またそれを知った時
すっきりします。ゲルマン民族が移動することによって、ヨーロッパに変化が起きましたが、ではそのフン族がいきなり西方へ移動してきたのは何故でしょうか?
いろいろ調べてみましたが・・ゲルマン民族大移動の原因で出てくる程度、しかも
それまでおとなしくしていたのに、いきなり移動したようなニュアンスです・・
どなたか、ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っていますから西進するしかなかったのです。  こうしてヴォルガ川にたっし、さらに西進しました。  これには気候の変化説、疫病説など諸説もありますが正確なところは不明です。  この時代の移動速度は緩やかなものでした。

そこには既に東ゴート族が居住していましたから彼らを略奪、抵抗する者を殺しました。
この情報はすぐに東、西ゴート族に伝わり、かれらフン族の残酷さ、騎馬戦術の脅威が過大に誇張されて伝わったため、パニックが起こりゴート族の西方への大移動が起こって次々とゲルマン民族などの大移動が伝播したのです。  この頃は草原の確保より略奪が目的に変化していてフン族の移動は迅速で警報が間に合わない事もよく起こりました。

アッチラというフン族の王が出現し部族をまとめてから、その攻撃力はすさまじいものとなり現在のフランス、イタリアまで侵略された位です。

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っ...続きを読む

Qドイツ人やロシア人は何故、顔の輪郭が四角くてがっちりしている人が多いのですか?

皆さん、いつもお世話になっております。
質問はタイトルのとおりです。
今まで私がテレビなどでドイツ人やロシア人を見てきた
限りのお話しになるのですが、
何故か、ドイツ人やロシア人は顔の輪郭が四角くて、がっちり
している人が多いなと思いました。
私の素人考えですと、「たぶんドイツ人やロシア人は
硬くて歯ごたえのある物を食べる機会が多いから
がっちりした輪郭になるのではないか?」と思ってるのですが、
他にがっちりとした輪郭になる理由は何が考えられますか?
皆さんからのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

ドイツ人はゲルマン民族の血筋ですから、骨格がもともとがっちりしています。ゲルマン民族が大移動した頃、ゲルマン人をはじめて見たローマ人は、ゲルマン人はまるで熊みたいと思ったそうです。もともと森に住み狩猟民族ですから、体型がそうなるのだと思います。

ロシア人は東スラブ系で元々馬を操るのがうまい民族ですから、その移動範囲が広くなることで、他民族との混血が多くなったのだと思います。

最近は少なくなったと思いますが、ドイツもロシアも今頃から冬支度として、撒き割りをします。撒き割りは重労働です。また、どちらの国も日本よりも農民や肉体労働者の割合が多いことも影響していると思います。

日本人も旧日本人(耳垢が油っぽい人)は新日本人(サラサラとした耳垢を持つ人)に比べ骨格ががっちりしていて、エラの張った人が多いですよね。
食べ物も関係すると思いますが、陽にあたる時間や力仕事をすることでも体系はがっしりとすると思います。

また、ヨーロッパの北の方にいくほど、平均して身長は伸びるようです。子どもなどみると、いわゆる「もやしっ子」の様に感じます。

20年くらい前までは、ドイツやロシア料理と言えば、他の西ヨーロッパの国々に比べ、肉の量が断然多かったですが、最近ではドイツ人でもベジタリアンや成人病を気にして肉を控える人が多くなりました。
また、子供達も固い物をあまり食べなくなり、外で遊ぶことも少ないので、顎が小さく発達しない子供が増えています。そのうち、日本の子供もドイツやロシアの子供も、グリーンマン(エイリアン)の顔みたいになると思います。
http://images.google.com/imgres?imgurl=http://rlv.zcache.com/little_green_man_on_black_hoodie_tshirt-p235663857377533511u2u5_400.jpg&imgrefurl=http://www.zazzle.com/little_green_man_on_black_hoodie_tshirt-235663857377533511&usg=__wLXGl7CMmnAjUTRIR5qPLoUr6w0=&h=400&w=400&sz=24&hl=de&start=36&sig2=y188TaOpRl1598XzTtuxLQ&um=1&tbnid=-TSSJzB8X1gFNM:&tbnh=124&tbnw=124&prev=/images%3Fq%3DGreen%2BMan%2B%2Balien%2B%25EF%25BC%25A2%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%258C%25EF%25BD%2584%25EF%25BD%2585%25EF%25BD%2592%26ndsp%3D18%26hl%3Dde%26rls%3Dcom.microsoft:de:IE-SearchBox%26rlz%3D1I7GPRE_deDE287%26sa%3DN%26start%3D18%26um%3D1&ei=Tl6zSsWlCJWSmwPn8tnbCw

ドイツ人はゲルマン民族の血筋ですから、骨格がもともとがっちりしています。ゲルマン民族が大移動した頃、ゲルマン人をはじめて見たローマ人は、ゲルマン人はまるで熊みたいと思ったそうです。もともと森に住み狩猟民族ですから、体型がそうなるのだと思います。

ロシア人は東スラブ系で元々馬を操るのがうまい民族ですから、その移動範囲が広くなることで、他民族との混血が多くなったのだと思います。

最近は少なくなったと思いますが、ドイツもロシアも今頃から冬支度として、撒き割りをします。撒き割...続きを読む

Q金髪碧眼のヨーロッパ人の由来

北欧、ゲルマン人は、中央アジアにいたアーリア人が紀元前2~3千年前に北方に移動した人々だと聞いておりますが、正しいでしょうか?もし、そうだとすると、中央アジアにいたときは黒髪茶目だったと思うんですが、たった2~3千年の間に、金髪碧眼になったんでしょうか?北欧、ゲルマン人で金髪碧眼でない人々もいるんでしょうか?そのあたりの経緯、進化(退化?)あるいは適応変化について、どのように理解されているのかを、教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ウィキペディアの転載です。 
(前の回答のときにも書きました。ウィキペディアを探すと自力で簡単に見つかることです)
> 補足確認質問ですが、
> 北ヨーロッパでインドヨーロッパ語、特にゲルマン語を話す人々が住んでいる地域が金髪碧眼人種が住む地域とが良く重なっていますが、これは、高々数千年位の間の人間の交流によるものということでしょうか?
⇒ 混血は一世代でおきます。ヨーロッパは多くの民族、人種が混在?しているかのように住んでいます。一応の棲み分けはしていますが、すぐ隣に住んでいるので、混血はすぐに生じます。数百年もならずに簡単に混血します。また戦争も頻繁にあった(侵入したり侵入されたり)のですから、簡単に短期間で混血します。西洋史、世界史の簡単なレビューをしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E5%8F%B2
 
> そもそも人種としてのアーリア人(古イラン人、古インド人)は北ヨーロッパにはいかなかったということでしょうか?
⇒ 民族・人種としてのアーリア人の子孫が北ヨーロッパでそれなりの勢力を作ったということはないでしょう。 インド・ヨーロッパ語を使用する民族ならば、ヨーロッパにも広く広がり、北方ではドイツ、スカンジナビアにもいっています。 インド・ヨーロッパ語を使用する民族はアーリア人の子孫と考えるのは間違いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E5%AD%A6%E8%AA%AC

> ヒットラーのこじ付けで、ドイツ人他はアーリア人種という考えが一般的に通用しているように思われますが、北ヨーロッパ人はアーリア人種ではないということでしょうか?
⇒ 北ヨーロッパ人はアーリア人種ではないです。
(上の通り)
ウイキペディアには、金髪碧眼で一番多いのはリトアニア人となっています。(前回回答)
リトアニア語とラトビア語はバルト語で、現在使われているインド・ヨーロッパ語の中で古い特徴を最もよく残していると言われるそうです。サンスクリット語や古代ペルシャ語などとの共通点も指摘されているとのことですが、他の言語圏から表現を持って来る(借用する)ことは多いので、人間が集団で移住してきたということにはなりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E8%AA%9E#.E4.BB.96.E8.A8.80.E8.AA.9E.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82
金髪碧眼が多いフィンランドも民族、人種が違います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E4%BA%BA
金髪碧眼が多いポーランド人もある意味人種のるつぼのようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BA%BA
 
人種というのはずいぶん魅力的なテーマですが、「○○人は◎◎人の子孫で、その特徴は、、、、である」といえるような簡単な特徴区分けに使える実態はないです。

ウィキペディアの転載です。 
(前の回答のときにも書きました。ウィキペディアを探すと自力で簡単に見つかることです)
> 補足確認質問ですが、
> 北ヨーロッパでインドヨーロッパ語、特にゲルマン語を話す人々が住んでいる地域が金髪碧眼人種が住む地域とが良く重なっていますが、これは、高々数千年位の間の人間の交流によるものということでしょうか?
⇒ 混血は一世代でおきます。ヨーロッパは多くの民族、人種が混在?しているかのように住んでいます。一応の棲み分けはしていますが、すぐ隣に住んでいる...続きを読む

Qギリシアとローマの関係について

高校レベルの世界史もよく把握していないのですが…
古代ギリシアとローマの関係がよくわからないのです。

・ギリシアとローマは戦争していたこともあり、別個の支配体制ですよね?
・それなのに同じ12神を信奉していますし、使用するアルファベットも似ています
・ローマは土木工事等の実学には長けていたが、ギリシアのような哲学や数学は発達しなかったと聞きます。文化面でもだいぶ隔たりがあるように見えます。

結局この2つはどんな関係で、お互いにどんな相手だと見ていたのでしょうか?

Aベストアンサー

 古代ギリシアは都市国家の集まりです。何度か、都市国家連合としての統一国家になろうとしましたが成功しませんでした。その理由は、おそらくは文明・文化の発達でしょう。自立と自由があって、初めて文明・文化が発達します。そして、それを手放してまで、国力だけのために統一国家となることは受け入れにくいのです。

 古代ローマは、文明・文化の発達が遅かったので、早くから統一国家、しかも都市国家連合という緩い結びつきの国ではなく、全域を中央政権が支配する領土国家にまりました。そして、文明・文化は近隣で発展していたギリシア(とりわけ学問先進国のアテネ)に学んだわけです。

 ギリシアの文明に学び、しかも全域が統一されているローマの国力は急速に伸びて行きました。やがて、国力としては劣り、しかも統一できていないギリシアの都市国家を次々と従わせ、ローマの地方都市として、やがてギリシア全域をローマの領土に組み入れることとなります。

 しかし、ローマはギリシアの文明・文化を超えるような独自なことはできませんでした。巨大な建築はできたけど、基本はギリシアのものです。それだけ、ギリシアの文明・文化は発達していたわけです。宗教も、ローマ独自のものはあったのでしょうが、ギリシアの神々と同じものだとしてしまいました。

 キリスト教が広まり、公認されるようになると、ようやくキリスト教由来を加えて、ローマ独自文明・文化が発達し始めました。ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマ帝国が滅びても、東ローマ帝国は長く保ち、首都コンスタンティノープルではヨーロッパ有数の文明・文化先進地域であり続けました。

 そういう例は、古代中国にもありました。殷や周は都市国家連合です。一番国力があり、他の都市国家のリーダーととして取りまとめていたのが、殷や周という大きい都市国家でした。その地域を中原(ちゅうげん)と呼んでいて、そこでは早くから文明・文化が発達しました。

 その周の力が衰えていく一方、地方では楚といった文明・文化は遅れていて、中原の都市国家に学んだ国が、早くから領土的にも統一した国家として台頭して行きました。

 周が衰えて、他の国家が力を得て行った春秋時代は、中原ではまだ都市国家連合がひとまとまりとなった国家が多く、非常に多数の小国が乱立していました。小国とはいえ、文明・文化が発達しているので、その周辺地域の領土的に統一された国家から尊敬を受けていました。

 しかし、続く戦国時代となると、ほとんど国家が領土的に統一された国家となります。都市国家は単なる都市となりました。それでも、小国となっても周とその近辺の小国は、秦が中国全土を領土的に統一するまで、長く尊敬を受け続けていました。

 古代ギリシアは都市国家の集まりです。何度か、都市国家連合としての統一国家になろうとしましたが成功しませんでした。その理由は、おそらくは文明・文化の発達でしょう。自立と自由があって、初めて文明・文化が発達します。そして、それを手放してまで、国力だけのために統一国家となることは受け入れにくいのです。

 古代ローマは、文明・文化の発達が遅かったので、早くから統一国家、しかも都市国家連合という緩い結びつきの国ではなく、全域を中央政権が支配する領土国家にまりました。そして、文明・...続きを読む

Q黒髪、焦げ茶髪のbrunet(ブルネット)って日本人でも使いますか?

私はよく黒髪のことをカタカナ言葉のようにbrunetと読んでいます。

金髪はblondで黒髪はbrunetですよね。東洋人はbrunetですが、東洋人でもbrunetというカタカナ言葉として使えますか?

例えば

「私は(日本人)ブルネットなの。」

といった感じです。

それともbrunetとは欧米人の黒髪だけを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マリリン/モンローは後者になります)

ただ、こちらでは、髪毛の色の名前はたくさんありますので、それによって、「いつも」同じ色の髪の毛の色を言います. dark blonde, light brown, brown, brunet等のように、色が濃くなります.

また、burnetといって、dark brownからbrownish blackまで含めた色合いもまとめていってしまう事があります. (このときは、髪の毛の色は4種となります、 blonde, brunet/brown, red, black)

こちらでは、この地毛と染めた色の事が普通に分かっていますので、運転免許書、ないし、パスポートでも、地毛ではなく、いつもの髪の毛、と言う事で、表記しています.

また、最近では、東洋人も染めますので、brunetと言う言い方で、ダークブラウンに染めていれば、その色の髪の毛をしている、と言うようになってきています. (I'm a brunet but the real hair color is black、と言う具合ですね)

よって、日本では既に髪の毛を染める、と言う事が普通になってきていますので、いつもの自分の髪の毛の色(地毛とは限らず)を言ってもいいと思いますよ. つまり、I'm a brunet. My hair color is brunet. I dye my hair brunet.と言うような感じですね.

また、日本女性の染めているダークブラウンはblack hairとはいえませんね. ですから、brunetのほうが自然なかんじです。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マ...続きを読む


人気Q&Aランキング