利用規約の変更について

ある事件から男性恐怖症に陥りました。

その事件から半年以上経とうとしていますが、遅延型のPTSDになってしまいました。
無意識に仕事中にフラッシュバックが起き涙ぐんでしまいますし、心因性ストレスから前向性健忘症にもなってしまいました。

その事件を境に、新しい事を記憶することが困難になり、物忘れが極端に酷くなって仕事に支障をきたして周りの方々にご迷惑をかけてしまっています。

軽く人間不信にも陥っていて、同僚と話している時は終始笑顔なんですが、無理して気を張って上辺だけで笑っている自分がいて、同僚の目を盗んでは死んだ魚のような目をしている時が頻繁にあります。

事件に遭う前の私は、人が好きで心を開いてよく話し、心の底から笑顔で同僚と話すような性格でした。
物覚えも割と良い方で、感覚で覚えて仕事を行う人間でもありました。

以前の自分に戻りたくて胸が苦しいです。
周りに迷惑をかけるなんてもってのほかだし、暗い顔を見せたくないんです。

どうすれば以前の自分に戻れるでしょうか。

回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足に補足です。



あなたの冷酷非情だとおっしゃる性格や考え方。
まさにぼくなんですよねぇ。

いや、責めてるんじゃないんです。
ぼくはこの人間不信な考え方好きなんです。

あなたにとっては背負う十字架かもしれません。
でも、ぼくにとっては十字架じゃないんです。
まったく同じものでも。

むしろ「人は皆根がいい。プププ」って感じなんです。
他人を見てもそうだし、僕自身が冷酷非情な悪だからかもしれません。

ぼくは背負いたくて背負っています。
背負わなければいけなんですか?
というあなたの質問。
ぼくには「一億円背負いたくないんですか?」って聞かれてるようなもの。

別に背負わなくてもかまいません。
性善説でもけっこう。
ただ、ぼくは疑うのが好き、性悪説のほうが好きなだけです。

心から一分もぼくの考えに賛同できないとしたら、
きっとあなたはかつての自分に戻れる気がしますよ。
もう一度、自分のほんとうの望み、なぜ人間不信になったのか、
自分はほんとうに今の自分の考えがイヤなのか、
考えてみてはいかがです?
防衛本能からそうなった面もありますから、悪いことばかりじゃないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足に補足ありがとうございます。

共感していただける方を見つけて、少しホッとしました。人間不信な考え方がお好きだなんて、珍しい方ですね。なんだか、以前どこかでお話したことあるような気がします。

十字架ではなく、背負いたくて背負っている…ですか……何か深い事情がおありなんですね。

私は性善説派ですので賛同できません。
ですが、あなたのその親身になって回答を寄せて頂いている姿から、とてもじゃないけど冷酷非常な悪に染まった性悪説派の方だとは思えません。あなたはとても温かみのある心優しい方です。現に私はあなたの回答に心動かされました。

ありのままの自分を見つめ直してみて、気がつきました。
私の望みは、まず人を信じる事から初めてじっくり話し、心を徐々に開き、心の底から笑顔で会話し、楽しい時間を共有することです。
人生、一期一会と言いますが出会った人に癒しと楽しい時間を与えたいんです。これは、いま私が目指している職種にも共通して言える事です。

いまいちど、忘れかけていた情熱を取り戻すことができました。

ありがとうございました!

お礼日時:2014/07/31 18:41

精神科や心療内科でカウンセリングを受けて、主治医に処方薬をもらうのが一番です。



感情が乱れたときだけの頓服(とんぷく)でもあれば、それだけで気持ちが安心できるかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心療内科受診しています。
薬の力に支えられて生きて行くことに少し抵抗を感じています。自らの意思を上手くコントロールし、何にも頼らず強く生きて行けるようになりたいですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/31 12:42

以前の自分に戻るってことは、悪い面も含めてっていう意味ですよ。


わかっていますか?
まわりには好かれるが、騙されて貶められる目にもう一度遭うんです。

それでもほんとうに戻りたいですか?
昔のいい面ばっか見てる気がします。
いい面だけ戻るってのは不可能だし、そもそもいい面だけの自分なんて、
今までで一度も存在したことないんです。

もう一度同じ目に遭う覚悟がおありなら、「本気で戻りたい」
と考えればいい。

この回答への補足

確かに私は以前、心から深く信頼し全幅の信用を置いていた人に騙され、貶められた経験があります。
もともと人間不信の気があり、人の顔色を気にして立ち振る舞う性格でしたが、その一件以来「他人に良い顔して接するなんて馬鹿らしい。人は所詮孤独な生き物だ。」と歪んだ考えを抱くようになりました。
トラウマからか心のバリアを張っているんですね。きっと

社会には沢山良い人がいるし中にはアクの強い方もいらっしゃいますが、皆根はいい人だと信じ向き合ってきました。
ですが、その一件以来「人に心を開き、素直に接してもまた同じ目に遭うだけ。人間なんて所詮人との繋がりや群れに満足して悦に浸ってるだけ」と驚くほど冷血で冷め切っている自分がいます。

この先、何十年と長い人生が残されていますが、もう一度人と深く関わりあって、人を信じ、信頼関係を築いて行く基盤を形成する事は困難なのではと絶望しています。

一生、人間不信を背負って生きて行かなければならないのでしょうか。

補足日時:2014/07/31 09:32
    • good
    • 0

「以前の自分」なんて存在しません。



小学生の時に戻れないのと同じことです。

今の自分から出発して、どうよくしていくかです。

自分の良い部分を褒めて伸ばすことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の自分と比較して落ち込んでいる場合ではないですね。
未来見据えて、理想の自分を描いて歩んでいこうと思います。

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/31 08:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング