被リンクブログを活用する限度は1ブログで3~5リンクまでと言われました。

でも、リンクの強さを維持するために数記事挟んでからリンク記事を入れるのなら
数記事→リンク記事→数記事・・・を何度繰り返して50リンク、60リンクと入れていくとリンクが弱くなってしまうって本当ですか?
(この50リンクはすべて別のサイトにという仮定で)

数記事入れることでリンクの強さが復活ということではないんでしょうか?

SEOに詳しい方に答えてもらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いつまでもクローズされないようだからひとつ新しい切り口を言っておきます。



ベーコン数というのをご存じでしょうか。

ある人間から、面識のないある人間まで何人に紹介してもらえばいきつくかという数字です。

生きている人間ならだれでも構いません。

あなたからオバマ大統領まで、何人つなげば会話できるようになるでしょうか。
プーチンでもいいです。
極端に、イスラム国の司令官でもいいです。

有名な数字ですから言いません。でも、質問者様の心配していることと完全に同期するテーマです。

直列に数珠つなぎをしたら、玉が何個以上あったら不自然かという話です。
100人の紹介がなければ繋げない人間がいるとしたら、それはその照会経路が不審で怪しいということになります。
経路自体が怪しい。

これは、ネットワーク技術でルーターなんか勉強すれば必ず出会う適正設定の話になります。

そもそもSEO対策を考えている時点で「いつの話だ」と言う人がいましたがこれはただしいことです。
わけのわからない外部リンクを増やせば増やすほど、ゴミととらえられます。
    • good
    • 0

http://blogos.com/article/94179/?p=1

この辺りでも見て勉強してみては?
検索スキルに乏しいというのは結構致命的ですよ。

一般的なことを言えば、アフィリサイトというくくりで行くのは、今は厳しいと思いますよ。
アフィリ専門系サイト、例えばアマゾンに1記事1リンクというようなサイトも、数年前までは見た記憶がありますが、最近はほとんど目にしない。

リンク先にもありますし、実際にサイト運営して収益出している人はひしひし感じていると思いますが、直帰率、滞在時間は本当にGoogleは判断して居るみたいですね。

そうなると、どうするか。
滞在時間を上げるのがまずは第一歩。
滞在時間を上げるためには?
たっぷりコンテンツ(記事数)があり、ユーザーがなかなか飽きない。
ユーザーを飽きさせないコンテンツとは、面白い記事があるか、役に立つ記事があるか。(自然にブクマやいいねが増える記事があるか?)

あなたが訪問者になれば良いんです。
あなたのサイトをあなたが訪問してみて、クリックしてアマゾンで買い物するのかどうか。それを検討しないとはじまらない。
逆に言えば、「確実にこの記事からなら、アマゾンを買ってくれる」というような記事が完成すれば、訪問者は少なくても、売り上げが上がると言うことになる。
まずはその記事が書けないと、リンクでリンク先のリンクを強くする?という、効果があるのか無いのか分からない小さな小さな無意味な問題に捕らわれてる意味もない気が・・・


というか、何度か質問されているようですし、たくさん似たスレッドも無視されているようですので・・・信じなさそうなので、自分でやってみては?
もうGoogle騙してって言う時代は終わりましたよ。皆さんいろんなスレッドで何度も何度も同じ質問に答えてくれてますが、本当ですから。検索してみてください。マジで。本当に古すぎます。どこ検索して情報集めてるのか、タイムマシンにでも乗っているのかと疑いたくなる。SEO対策するとき、なんて検索してます?
情報商材とかに騙されてないですか?

今は検索エンジン騙す方がハードルが高くなってしまってます。
良い無料コンテンツ、タダでGoogleに提供するしかもう今は生き残れないですよね・・・
    • good
    • 0

No.2です。


>それならどうすればサイトを上位にあげられるのでしょうか?
>何を組み込めば良いのか
>どんな構造にすっればいいのか
>挙げられるものを教えて下さい
 ともかく、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )はしっかり読んで理解すること。
 私は、
・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。
 を基本スタンスとして、
1) 検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を徹底する。
 すなわち、文書の内容、ポイントが検索エンジンに理解できるようマークアップする。
 ・そのページの主題となる重要な用語/フレーズは<strong></strong>や見出し<h1~6></h?>で括られているか
 ・本文がどこか検索エンジンに分かるか?
  <div class="section">ページのアウトラインとなる本文</div>
  DIV要素・・・は、id属性及び class属性と併用することで、文書に構造を付加する( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html4 … )
  class名は検索エンジンに分かるよう、header(ヘッダ),section(本文),aside(無関係な記事),nav(ナビゲーション)・・・などを使います。

  ---これがSEOの本来の意味ですから当たり前---

2) descriptionは兎も角、keywordはあまり書きません。変なこと書いて検索エンジンにSPAMと判断されたくないので

3) 被リンクは一切していません。--これが致命傷になりうるので!!
  もし私のページにリンクしているサイトが「検索エンジンを騙すための悪質サイト」と判断された暁には、みごと自滅してしまうので(^^)
 ★そのかわり、自主的なリンクは直リンクも含めて歓迎しています。
  他のサイトから、秀逸で参考になるサイトとしてリンクされている場合とかはね。
  善意による自主的なリンクは効果絶大です。特にそのサイトも秀逸なサイトの場合はね。

 まったく、巷に言われる被リンクなど外部からの対策は一切していません。
 他サイト管理者の自発的・好意的なリンクはとても沢山あります。
  (逆に批判的なものもあります。)

 おかげさまで、とても多くのページが検索エンジンでは常に上位に表示されます。

 いずれにしても、基本はあくまで「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )」。
 「何かを探すという逆の立場で考える」と明白なように、探している内容に最も適合するページを見つけ出して示してくれるのが検索エンジンへ期待される事ですから、内容の充実とそれが分かるようマークアップすることが唯一最善の対策です。上位に表示されても、検索結果に戻ってきてすぐ次のページに行くようでは順位はどんどん下がっていきますね。
    • good
    • 0

最悪!!


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - ウェブマスター ツール ヘルプ( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )
・品質に関するガイドライン
  品質に関するガイドライン - 具体的なガイドライン
  次のような手法を使用しないようにします。
・リンク プログラムへの参加
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか
リンクを意図的につけるのはダメということですね。

それならどうすればサイトを上位にあげられるのでしょうか?
何を組み込めば良いのか
どんな構造にすっればいいのか
挙げられるものを教えて下さい

(アフィリサイトという条件で)

お礼日時:2014/09/03 06:58

何年前の話?と感じました。

googleのアルゴリズムは常に変化しています。自作自演リンクは、だいぶん通用しなくなってきていますし、これから厳しさを増します。特定の無料ブログから大量にもらうリンクなど、むしろ危険です。

この回答への補足

特定のブログから大量ではなく

1ブログからの1サイトへのリンクは1本ですが

それを1ブログから50リンクを50個のサイトに送るということです。


前質問では1ブログでは3リンクまでで後新しく作ったブログでということだったんですが

どちらにしても自作のリンクがあまり効果が無いようなので
何をしたら上位の上がるコンテンツとして有効何でしょうか?

補足日時:2014/09/03 07:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホームページ、ブログのSEOについて

ホームページ、ブログのSEOについて


記事の投稿の仕方なのですが
1000個の下書き記事があるとして「1日1記事」投稿するのと
「1000記事全てを1日目に投下する」のとではSEO的にどちらがいいのでしょうか?




内容は建物の紹介ブログでして、1記事に1つの場所を紹介している感じです。

また、ホームページの仕様といたしましては
トップページに検索窓を用意してあり、そこにジャンルや住所を入力して検索してもらって、それに合う場所を記事で紹介するみたいなものです。


つまり記事数(検索でのヒット数)があってこそのブログなのです。



『それなら一気に1000記事投稿すればいいじゃん(笑)』と思われるかもしれませんが、
下記のような回答を見つけて迷っています。


「一気に投稿はやめておいたほうがいいとおもいます。

googleのseo的に言うと1日に大量に投稿するとgoogleはスパムサイトとして順位が下がるはずです。
最近のペンギンアップデートによってリアルタイムで順位が変動するようになったらしいので本当にやめたほうがいいです。
一気に投稿よりも1日3〜4件ずつ投稿したほうが順位が上がりやすいですよ。」



これが本当だとすると、たとえ、上記のような形のサイトだったとしても毎日3〜4件ずつ投稿した方がSEO的にはいいのでしょうか?


どうか詳しい方、お知恵を貸してください、よろしくお願いします。

ホームページ、ブログのSEOについて


記事の投稿の仕方なのですが
1000個の下書き記事があるとして「1日1記事」投稿するのと
「1000記事全てを1日目に投下する」のとではSEO的にどちらがいいのでしょうか?




内容は建物の紹介ブログでして、1記事に1つの場所を紹介している感じです。

また、ホームページの仕様といたしましては
トップページに検索窓を用意してあり、そこにジャンルや住所を入力して検索してもらって、それに合う場所を記事で紹介するみたいなものです。


つまり記事数(検...続きを読む

Aベストアンサー

検索エンジンによる順位決定の要因に更新頻度が含まれていてもごくわずかな影響力です。
一気に・・の一気とは数十万、数百万の単位の事で、世界ではそういう事する人がいるので、googleもそこは眼を付けます。

また、一気にで、不利益をこうむるのはバックリンクの話ですので、ブログ投稿では考える必要はありません。

但し、googlebotが一回で巡回しきれないので、インデックス(google登録)には時間は掛ります。

--------------------------------------------------------------------
以下はgoogle公式ブログの抜粋です。


●記事に書かれている文字数や更新頻度なんてどうでもよい。重要なのは「質」だ。
●このくらいの量がないとダメだという最低限の文字数も、1日に投稿すべき記事数もない。サイト内におくべき最低限のページ数もない。ほとんどの場合は「量よりも質」が大切。

QSEO対策でのリンクスパムについて教えて下さい。

悪質なSEO業者などが、SEO対策に自動リンク登録ソフトを使って、何万のリンクを張って、あげく、そのサイトがスパムサイトと判定されてしまうと言う話があります。
スパムには他にもいろいろなはやり方があり、確かに悪質な物がありますが、
果たして、単にリンクを沢山登録したと言うだけで、スパムと判定される物でしょうか?
それでスパムに判定されてしまうのであれば、気に入らない会社や、ライバルのホームページなどいくらでもスパムに陥れる事ができてしまうと思うのですが・・・他にも要因があって・・・と言う事でしょうか?
良くご存知の方がいらっしゃればご意見を聞かせてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
判定する人にそう断定させる事ができれば可能でしょう。

なお、忘れてましたが、
被リンクに関してはソフトで簡単に貼れるようなリンクは価値が非常に低いとか、一定数以上は無効などとも言われていますので実態としてはなかなかspam判定・認定はされないかのかも。

Qseoのリンクについて教えてください

業者が持っているリンクは企業秘密でどうにも、漏れてきません。
1.ある程度グレーなやり方でプログラムを組んでリンクをふやす。
2.ブログなどのリンクを小まめに拾う
3.サイトをたくさん持っていてリンクする
など考えられますがご存知の方居られませんか?
プログラムの匂いもありますがどの様なプログラムになりますか

Aベストアンサー

一番多いのは、無料のツールの提供です。
たとえば、

1 無料カウンターやアクセス解析ツールなどを不特定多数に提供します。
2 提供したツールの中に特定のサイトへのリンクを埋め込む
3 リンクは自由に変更できるようにしておく
4 客に売ったリンクを自動でカウンターに表示させる

これで沢山のバックリンクが獲得できます。無料カウンターの多くはこの手法ですね。

あと、アクセスアップなら巡回プログラム使用で大幅アップさせることも可能ですが、スパムアクセスばかりで『客』はまったくきませんので、ツールでのアクセスアップはだめです。

最近では、検索エンジンの性能も上がってきていますので、短期間で急に増えた被リンク(購入したもの)は、価値が激減しています。

QブログはSEOに向いていないか?

ブログは、自分で作ったサイトに比べて、検索エンジンの上位に表示されにくいでしょうか?

サイトを制作するのですが、ブログにするか、自分で制作するか迷っております。

自分で制作する場合は、ドメインを取得し、サーバーを借りて運用します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ブログを利用しても、自作で行っても正しいHTML表記をしなければ、正しく検索エンジンに情報が取得されません。
細かなHTMLの知識がない場合には、ブログを利用したほうが検索エンジンに情報が正しく伝達され、検索エンジン対策が実施されることになります。

フラッシュを利用して導線がHTMLから切れていたり、サイト内の被構造が正しくないサイトを自作で作った場合は、適切に検索エンジンが情報を取得してくれません。

自作の場合には、robots.txtやsitemap.xmlを配置することを忘れずに行ってくださいね。

私が良く利用している無料のSEOマニュアルが以下にありますので、リンクを貼っておきますね。

参考URL:http://www.bluestar.co.jp/pr/

Qブログをたくさん作ってseo対策は効果あり?

現在独自サイトでネットショップを構築中です。

先日SEO対策サービスとして、ブロガーからのアウトリンク100サイトで5万円とありました。

これはSEO対策として効果があるのでしょうか?
関係ない項目のブログからのリンクは逆にスパム扱いとならないのでしょうか?
また、効果があるものだとして、自分でブログをたくさん作ってリンクすれば効果がでてくるものなのでしょうか?


いくつも質問して申し訳ございません。

Aベストアンサー

まず質問にお答えします。

>SEO効果について
被リンク(リンクをしてもらうこと)の評価はリンクの質、量、信頼性といった順番で評価されます。ですので、質が伴っていない場合は望んでいる効果が出る可能性が低いと考えられます。リンクの評価は質の部分にかなり偏っている傾向にありますので、量を増やしても効果は薄いと考えられます。

>スパム扱いについて
100個程度のリンクであれば、スパム扱いは受けないと考えられます。ですが、警戒される可能性があります。Googleでは警戒フラッグのようなものがあり、一回警戒されると少しでも怪しい行動をすると順位を下げられる可能性があります。

>自分でブログを作成することについて
確かに100個のブログからのリンクに5万支払いするぐらいであれば、自分で作成した方がコストが安く済む可能性があります。人件費との相談になります^^;きちんとIP分散型のレンタルサーバーを使って、関連性があり、かつメインキーワードが違うブログで書いてある内容も多少変える。この作業をきちんとすれば、リンク効果はあると考えて良いと思います。

以上が、質問に対する自分なりの返答です。

そういったリンク販売をしている業者は多いですが、リンクするブログを開示してくれない業者が多いです。ですので、まずはその業者にリンク先を開示してもらうようお願いした方が良いと思います。
もし開示してくれないのであれば、リンクを買うのはやめた方が良いでしょう。リンクを張られる側の立場を考えれば、どのようなリンクが張られるか分からない状態はおかしいと分かるはずです。買った商品が何か分からないなんてこと、実際の買い物ではあり得ないのと同じです。

ですので、まずは業者にリンク先の開示をお願いし、拒否されたらその業者との取引はやめて、自分で100個のブログを管理できるか考えるのが得策だと思います。

まず質問にお答えします。

>SEO効果について
被リンク(リンクをしてもらうこと)の評価はリンクの質、量、信頼性といった順番で評価されます。ですので、質が伴っていない場合は望んでいる効果が出る可能性が低いと考えられます。リンクの評価は質の部分にかなり偏っている傾向にありますので、量を増やしても効果は薄いと考えられます。

>スパム扱いについて
100個程度のリンクであれば、スパム扱いは受けないと考えられます。ですが、警戒される可能性があります。Googleでは警戒フラッグのようなもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報