ペットショップにいるクワガタやカブトの売れ残りはどうなりますか?

彼らの命は短命、値引きして売るのはわかりますが、それとは別にそれでも売れ残った個体はどうするのですか?

殺処分するのですか?
業者に返品するのですか?
売れるまで置いとくのですか?

的確な回答を知りたいです!

A 回答 (4件)

 業界関係者です。


 ホームセンターやショッピングセンターが直接、昆虫を販売している例はきわめてまれでほとんどがインショップです。
(ペット専門のチェーン店)
 通常はオフシーズンとなる前に全店で発注を止めて店舗間で在庫調節をして売り切ります。
 皆さんが心配されますが、売れ残りが出ることはありません。(プロですから)
それでも売れ残ったらどうするかと言われれば売れるまで待ちます。

この回答への補足

業界関係者からコメントを頂けて大変嬉しいです!!
そう聞いて安心しました・・・

インターネットを見る度に売れ残った一部の個体は店員が持って帰ると聞きましたが、それもあるのでしょうか?

補足日時:2014/09/29 20:38
    • good
    • 0

>では、殺処分に関してはどうなんでしょうか?



一切ないと断言できます。
売れ残ったら殺処分という考え方が理解できません。
生体でもある商品を処分することによる大きなデメリットはありますが、一切のメリットを思いつきません。
不良品以外の売れ残りの商品を短期間で処分することは、生き物以外でも通常ありません。
 そんなことをしたらその店はすぐに潰れてしまいます。
    • good
    • 0

>インターネットを見る度に売れ残った一部の個体は店員が持って帰ると聞きましたが、それもあるのでしょうか?



ないとは言い切りませんが、小さな個人店を除いてはないと言った方が近いでしょう。
ネットの情報は極めて偏っています。
 99.9%の店舗で売れ残りがない場合でもスタッフがそのことを外に発信することはそんなに多くありません。
0.1%の店舗のスタッフが売れ残りを持ち帰って飼育すればそのことは”ニュース”として発信されます。
その部分だけが独り歩きするとさもそれが当然のように受け取られます。

この回答への補足

なるほどです。

では、殺処分に関してはどうなんでしょうか?
そこが一番知りたいところです。

補足日時:2014/09/30 07:39
    • good
    • 0

ゴミ箱。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペットの命と食の命。動物の命と昆虫の命。

質問内容が纏まらない質問です。


私達が食べている野菜や果物は
結果動植物から土地を奪って育てていて、
その作物に害をなす動物は追い払い、時に殺処分し、
作物に害をなす虫は農薬で殺し、
土中の膨大な目に見えない命も、土に様々な手を加え殺して
膨大な命を奪った上での産物。

もっと命に優しい育て方をされた野菜や果物を
食べようとする人はとても少ない様に感じます。

そうした野菜や果物で育てられる食用肉の家畜も。



飼われる昆虫は
飼われる動物に比べると死んだ時、
とても軽く扱われている様に感じます。

セミ、トンボ、カブトムシ、コオロギ。




花が咲き、これから実を付ける植物を
綺麗だからと摘み、実を付けれず枯らし、枯れたら捨てる。




それに比べ、ペットの命はとても大切にされている。
もちろん人の命も。



「命は平等」
なんて言葉が有りますが、とてもそうは思えませんし、
それを実現する事など絶対不可能。


生きるだけで体は目に見えない命と殺しあう。
目に見えない命の一生が幾つも体内で繰り返される。



命の価値に差を感じます。
これはどう受け止めれば良いものですか?
どんな姿勢で接するべきものですか?


命と頻繁に向き合っている方達のお考えを教えて下さい。

できれば、昆虫の命と向き合う機会の多い方の
感想も頂けますと幸いです。

質問内容が纏まらない質問です。


私達が食べている野菜や果物は
結果動植物から土地を奪って育てていて、
その作物に害をなす動物は追い払い、時に殺処分し、
作物に害をなす虫は農薬で殺し、
土中の膨大な目に見えない命も、土に様々な手を加え殺して
膨大な命を奪った上での産物。

もっと命に優しい育て方をされた野菜や果物を
食べようとする人はとても少ない様に感じます。

そうした野菜や果物で育てられる食用肉の家畜も。



飼われる昆虫は
飼われる動物に比べると死んだ時、
とても軽く扱われている様...続きを読む

Aベストアンサー

A3です。
>>ペットを飼うということは、生かす趣味ではありますが、
>>殺すことにつきあう残酷な趣味、飼わない限りペットは死なない。
>この文の後半の意味を
>もう少しだけ詳しく教えて頂けますと幸いです。

飼い主より寿命の長い生物を、ペットとして飼うことを好んで行わないと思います。それは飼い主の無責任だから。
飼い主より寿命の短いペットを飼うということは、必ず死を看取るということであり、死ぬまで幽閉することを約束すること。
昆虫でも犬猫でも、長生きするようにペットを飼育する事は、死なないように飼い殺す、生殺与奪のルールで行われる、命を弄ぶ趣味。
どれだけ可愛がっていたって、必ずいつか死ぬのが定められたルールです。

ペットを飼わないという選択があるのに、ペットを飼うから、ペットの死を悲しまなければならない業を背負います。
だから、ペットを飼いはじめない限り、絶対にペットは死なない。

私は、魚類、爬虫類、両生類、ハムスター、犬を飼育しているし、
ペットに与えるエサとして、コオロギ、ミルワームを繁殖までして昆虫も飼っています。
時には、熱帯魚の稚魚を爬虫類や両生類のエサにすることもある。

命を愛し、命と向き合っている人は、命が平等なんてことを言い出しません。
可哀想な存在より、可愛い存在が優遇されるのが愛情です。誰かを愛することは、愛していない存在より優遇する差別だから。
自分が命と距離を置いている立場からしか、命が平等なんて言葉は出てきません。

A3です。
>>ペットを飼うということは、生かす趣味ではありますが、
>>殺すことにつきあう残酷な趣味、飼わない限りペットは死なない。
>この文の後半の意味を
>もう少しだけ詳しく教えて頂けますと幸いです。

飼い主より寿命の長い生物を、ペットとして飼うことを好んで行わないと思います。それは飼い主の無責任だから。
飼い主より寿命の短いペットを飼うということは、必ず死を看取るということであり、死ぬまで幽閉することを約束すること。
昆虫でも犬猫でも、長生きするようにペットを飼育する事は...続きを読む

Qカブト虫とクワガタ

こんにちは。
今年の夏(7月半ばごろ)、家のある木に急にカブト虫が大量発生しました。高さ2メートルほどのそんなに大きくない木なんですが、100匹ほどのカブト虫がうじょうじょいました。
これを知った近所の子供にも評判になり、たくさんの子が家に来てカブト虫を持っていったんですが、次の日の朝になるとまた、20匹ぐらい増えているんです。
こんな事があるのでしょうか??家族全員(近所の人も含めて)でビックリしています。
ちなみに家の近く(500m先ぐらい)には森があります。
でも、クワガタに関しては最初は全くいなかったのですが、最近になってクワガタもだんだんと増えてきました。
最初はデカイぶたっちょ(メス)やコクワガタ、ノコギリクワガタぐらいだったのですが、きのうは見た目がオオクワガタっぽい5cm以上のでかいやつもいました。
私はクワガタについてあまり詳しくないのですけど、これってすごい、もしかしたお金になるのでは・・と思いはじめてしまいました。
実際どうなのでしょうか?
ちなみにブタッチョもかなりでかくて、体が赤いメスやオスもいます。赤カブは良く見るんですが、赤いクワガタは私は初めて見ました。
あと、クワガタを売るとしたらどこで売れるのでしょうか?
腹黒い質問で申し訳ないのですがどなたか情報お待ちしています。
お願いします。

こんにちは。
今年の夏(7月半ばごろ)、家のある木に急にカブト虫が大量発生しました。高さ2メートルほどのそんなに大きくない木なんですが、100匹ほどのカブト虫がうじょうじょいました。
これを知った近所の子供にも評判になり、たくさんの子が家に来てカブト虫を持っていったんですが、次の日の朝になるとまた、20匹ぐらい増えているんです。
こんな事があるのでしょうか??家族全員(近所の人も含めて)でビックリしています。
ちなみに家の近く(500m先ぐらい)には森があります。
でも、...続きを読む

Aベストアンサー

大量発生の原因は、木のすぐ近くか根元の辺りに堆肥かホダ木など幼虫の餌となる物を大量に置いてうあったなどの場所がありませんか?毎日200匹以上ともなると、どこか遠くからか飛んで来たとは考えにくいですね。
いづれにしても、私や多くの採集者には羨ましい限りですね(笑)
カブト虫の価格やクワガタの価格は、種類や大きさ、オオクワなどは産地により開きがあり一概には言えません。
販売方法は、ネットオークション出品など色々あると思いますが、一番簡単なのは昆虫専門店に買取ってもらうのが一番良いと思います。
それから、もし嫌でなければ地元の保育園や幼稚園などにいくらか寄付してあげて下さい。私も大量に捕獲した時に寄付した経験がありますが、とても喜んでいただきました。

Qクワガタやカブト虫について

昆虫ゼリーを与えてますが小さいアリが飼育ケースの中に入ってきます。
何か良い対策方法は知ってる方おりませんか? 

Aベストアンサー

新聞紙をフタとケースの間に入れるとアリも入って
こないし、湿度も逃げないのでいいですよ。

じゃなければ、細かい目の網がホームセンターなど
で売っています。カブトムシコーナーにありますよ。

でも時期的にカブトムシの時期が終わりなのでコー
ナーもどんどん撤去されてきています。

わが家は網戸の残ったの使っています。それか園芸
用の網でも大丈夫です。

網挟んでフタがピタっとしまらないと簡単に逃げら
れますから注意してください。
そういう意味では新聞紙1枚が薄くていいかもしれ
ません。

Qカブト・クワガタの季節

 久しぶりにカブトとクワガタを捕りに行こうと思ったのですが、いつぐらいから捕れましたっけ??それとピークはいつごろでしたっけ??
 小学校のとき以来行ってないので忘れました。教えてください。住んでるところは京都市内です。捕りに行くのは近所の山です。
 お願いします<(__)>

Aベストアンサー

カブト・クワガタとも時期は6月~8月。
カブトの最盛期は7月中旬~8月初旬。
クワガタは早いものなら5月中旬~。6月~7月中旬はカブトがいないのでこの時期が良い。

昼間に目指す雑木林を見つけておき、道や危険なところの確認をしておく。
また樹液の出ている木や樹洞を見つけておくと効率が良い。

持ち物としてヘッドライトがあると便利(両手が空くので)。
ペンチや樹洞からクワガタを引っ張り出せるような道具があるとよい。
採集したものを入れる容器は、一匹ずつ分けて入れられるようなものがあると、けんかをして傷つけあわない。おかきやクッキーの空き缶ケース(小分けしたしきりのついたもの)でも代用できる。

あなたの質問以外にもいろいろと書いてしまいましたが、ぜひご成功を。

Qカブトムシやクワガタは売れる?

友達がカブトムシとかクワガタとかは、東京のお店に持っていけば売れるよ!って言ってたのですが、本当ですか?売れるとしたらどこのお店か教えてください。また、いくらくらいで売れるのですか?
知っている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

東京だけに限らず、そのショップに需要があれば買い取ってくれるかもしれません。
値段は種類や状態等によってピンキリでしょう。

ただショップ側としては基本的に一般の方からの買取はしません。
欲しい物はブリーダーや問屋から買いますし、そのほうが効率良いですからね。
値段も期待しないほうが良いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報