宅建とFP2級で持って、何の地盤も無い人間が、賃貸を中心に、街の不動産屋を自営して居る方がいらっしゃいます。
場所は、広島市の衛星都市、呉市です。
彼が言うには、
「わしは、医者並みに稼いで居る!」
と、仰ってますが、宅建レベルの資格で、医師並みの年収を叩き出すのは難しいと思うのですが、彼の言って居る事は本当なのでしょうか?はたまた、強がってるだけなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 補足がありましたので再度回答させていただきます。


 仕事柄、不動産屋さんをたくさん知っています。
私の知り合いは、銀行の退職者といっても幹部経験者ではなく、毎年たくさんの退職者が出ている中でいつまでもコネが使えるわけではありません。
私の知り合いは、大口の売買物件を年に2件程度まとめるのが収入の多くを占めていて賃貸などの仕事は、宣伝と割り切って収入をあてにしていないそうです。
 不動産屋さんに関わらず、自営業者の収入は青天井です。
地盤があるなしに関わらず不動産屋さんは営業力がすべてです。
具体的なことは、営業機密ですから何も話されませんが、私は、この営業力で一番大事なのは口コミだと思います。
最初の1人のお客様に気に入られた結果次々とお客様が舞い込むこともあります。
 医者の収入がどれくらいか知りませんが、他業種のトップセールスが不動産屋さんを開業したらプロ野球選手並みの収入も無理ではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度御回答誠に有難う御座居ました。
知り合いの経営コンサルタント会社の社長さん、元、銀行員の方から、御話を伺いました。
其の社長さんも宅建の資格を持っていらっしゃいますが、不動産会社を開業し無いと仰っしゃってました。
其れは不動産は水物らしいからです。
長く、バブル時代の御話を伺いました。
其の話を聞いたら、僕も不動産屋を開業しようとは思いません。
其れは、不動産の世界には必ず裏社会との繋がりが必要らしいからです。
物件に寄っては、左から、右に流すだけで、何百億円ものお金を手に入れる事も可能らしいです。
不動産屋は特に裏で何をやってるか、さっぱり分からないらしいです。
地方に居ながら、fax1枚で、東京のデカイ物件を動かす事も可能らしいです。
其れにはどうしても裏社会のチカラを借り無いと無理らしいです。
幾らお金の為と雖も、裏社会と渡り合える自身が有りません。
下手をしたら、小指の1本でも持ってかれそうです。
つまり、不動産は、覚せい剤ぐらい扱うぐらいの覚悟が必要らしいです。
僕は、そんな世界に入って迄、お金を稼ごうとは思いません。

お礼日時:2015/01/11 21:05

医師並みと言ってもいろいろです。

都会の勤務医は比較的収入が高くはありません。基礎医学等で研究しかしていない人は、研究者としての所得しかありません。もちろん高収入を得ている人もいます。
宅建レベルの資格とおっしゃいますが、それで収入が決まるのでしょうか? 経営者をなさっている人の収入はなんの資格を持ってなくても、医師より多い可能性は十分にあります。

ただ、書いてらっしゃる事だけから想像してしまうと、医師多いとは言えないのかもしれませんが、それはわかりません。

私の周りを見ると、お金を持っている人は外見的にはわかりにくいです。お金をたくさん使う人又は偉そうにしている人をお金持ちと思いがちですが、実際にはそうではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ました。
確かに医師寄りも年収の多い個人事業主さんはいらっしゃるとは思うのですが、宅建を頼りにして居る時点で、ある程度絞られるとは思うのですが。
そんなに宅建の資格で儲かるならば、皆んな宅建の資格で開業すると思うんですがね。
殆どの人は宅建だけを頼りに開業する冒険はし無いんじゃ無いですか?

お礼日時:2015/01/11 18:23

 私の知り合いに銀行を定年退職した後、自宅で不動産屋さんをしている人が2人います。


2人共に普段はほとんど仕事はせずに、たまに銀行からの紹介物件の仲介をしているだけですが、(売買がほとんど)年収は1000万を切ることはありません。
 その方はわかりませんが、不動産業はうまく客をつかめば極端な高収入になります。

この回答への補足

銀行退職者だから、特別強いコネが有るんじゃ無いですか?
一戸建てやマンションの売買が出来る不動産会社は少ないと思いますが。
彼は賃貸中心ですよ?

補足日時:2015/01/11 17:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ました。
その方は、別に強いコネが有る訳では有りませんよ。
初めは広島市中心部で開業してたのですが、
「大手不動産会社には敵わん。」
と言って、
次は、
田舎の女子大の近くに開業して、
次は、呉市中心部で開業してます。
其処でやっと落ち着いたみたいです。

お礼日時:2015/01/11 17:26

医者と言ってもピンキリですからね。


研修医ていどの収入ならば可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ました。
同級生の勤務医の事を言って居る見たいですよ。
年齢は41歳です。

お礼日時:2015/01/11 17:19

私は税務署ではないので、詳しくはわかりませんが


FP2級・・・ですから、強がっているだけか
妄想しているだけ、のように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ました。
やっぱり、唯の強がりなんですね。

お礼日時:2015/01/11 16:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

個人経営の飲食店の成功率は宝くじ並みの確率でしょうか?

昨日とあるテレビ番組で個人経営のダメダメ飲食店がプロの指導を受けて
大繁盛店になると言うテレビ番組をみました。

その番組は10年~11年前に企画しそしてその後のお店が今現在どうなったのかを
ドキュメンタリーとしてみのもんたが出演していました。

最後に驚くほど衝撃的な数字が示されました。

それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

テレビでも少しだけ今でも繁昌していないお店も放送していました。
(恐らく成功しているお店を見つけるのが難しいくらいだと推測しとります)


飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという
店がたくさんあり、一時的な露出でおかしな客が殺到することで
いいお客が減ってしまい、長い目で見るとメディアの宣伝は
逆効果である。と考えています。


>飲食店で個人が(フランチャイズなどにたよらずに)成功するのは
>ほとんど不可能だと考えた方がいいのでしょうか?

いいえ。成功している店もゴマンとあります。
やり方次第としかいえないでしょう。

個人店の欠点は永続性に弱いということです。
30歳で起業しても30年たてば60歳。
気力や体力がついてこないため、往時には繁栄したお店も
その頃には衰退を止めることが難しいのです。

見る人から見れば個人店で失敗しているところは
失敗すべくして失敗しているところがほとんどです。

>それは10年前ダメダメ飲食店を指導した数が181店舗に対して
>10年後の今現在営業しているお店は39店舗だけと言う数字です。

実に2割もの店舗が生き残っている。

・・・・宝くじよりはるかに成功率が高いと言えます。

衝撃的というか、そんなに残ってるんだなぁと感じます。

もともとダメになるにはダメになるだけの理由があり、
それが一時的にテレビの効果でよくなった。というだけなので、
ダメになる確率は他の店舗に比べて大きいと言えます。

いいお店の中には、テレビに出ない、雑誌には出ないという...続きを読む

Qなぜサラリーマンは個人で金を稼ごうとしないのか?

とても不思議なんです!

そもそも、なんでサラリーマン(特に営業やら財務やら購買やら情報システム部門とか)は会社ではあんなに威張って、さも自信満々に顧客に提案しに行ったり、新規企画ものをさも売れるかのように自己陶酔しながら語ったり、取引先に価格交渉したり、情シスならさも得意気になって、専門用語を自己陶酔しつつ語りながら、効率化をはかる議論を、会社内部ではとにかく派手にやりたい放題やってますが

なんで彼らは、それを個人的な金になるような努力は一切しないのでしょうか?

もちろんごくごく一部はのぞきますよ
ただ、副業やらで金もうけ(それも100万以上)してるのは会社員1万人いたら1人いるかどうかでしょう
私は製薬会社の営業歴10年ですが、収益マンション経営や売却用マンションリサーチ⇒購買⇒リフォーム⇒営業⇒売却をしたり、
輸入ものをヤフオクで稼いだりしてます。今年はサラリーマン年収のほか、450万ほどの利益になります。

話しは変わりますが、最近転職(業界異なる)したのですが、そこでは超絶自信満々なひとたちばかりで、みなさん高学歴でプライド高いようです

私よりも営業経験ない、むしろ浅いようなマナーもろくにわからない若手の人間が自信満々に私に向かってあれこれ指示を出すんです

上司でもなんでもない、おまけに違うチームに所属する温室育ちのゆとり世代の彼女が、一体どの面下げて、裁量権持ってやってるのかしりませんが、やたらと口だけは達者にあれはこうでこれはああだからと指示してきます。
そのゆとりのクソガキだけでなく、バブル世代もさも自信満々に自分の論理を語っては私に数字を取ってくるだけの指示をしてきます。

このゆとりとバブルって自分たちでお金は稼げないのでしょうか?

その会社は43歳で平均年収540万の会社です
ここで紹介した、ゆとりのガキ(20後半)は推定350万、45歳のバブルは550万くらいだと思います
ちなみに、統計を会社でとってるんですが、そのゆとりは年間の残業時間が750時間、バブルが480時間です。

一方、私は副業とリーマン年収合わせて900万以上稼いでます

なんで稼ぎもできないカッコワルイゆとりとバブルは会社内ではあんな強気なんでしょうか?

彼らはなんで自信満々のアイデアや交渉力も折衝力もあるはずなのに、なんで会社の外ではまったく稼ごうとしないのでしょうか?

とても不思議なんです!

そもそも、なんでサラリーマン(特に営業やら財務やら購買やら情報システム部門とか)は会社ではあんなに威張って、さも自信満々に顧客に提案しに行ったり、新規企画ものをさも売れるかのように自己陶酔しながら語ったり、取引先に価格交渉したり、情シスならさも得意気になって、専門用語を自己陶酔しつつ語りながら、効率化をはかる議論を、会社内部ではとにかく派手にやりたい放題やってますが

なんで彼らは、それを個人的な金になるような努力は一切しないのでしょうか?

もち...続きを読む

Aベストアンサー

簡素に考えればおのずから答えは明快、

バブル世代の人たち=ゆとり世代の親 という構図が成り立ちませんか?

バブルの申し子は会社に行けば自動的に一定のサラリーがあったわけで、血のにじむような努力をしなくても、そこそこの生活ができ、その環境下でゆとり世代は育ったわけです。

そうすると当然、ハングリーな親っていうのは少なく、親がハングリーじゃないんだから子供にハングリー精神を植え付けることもなく、温室育ちのゆとり世代が誕生、ってわけです。(あくまでも一般論です。)

ですので、バブルはそれ自体だけが問題ではなく、質問者さんが考えるような負の遺産まで残してしまったのです。

故に、質問者さんが言う「バブル世代とゆとり世代」は、会社がバックに無ければ、内弁慶で1人ではなにもできない人々が増えてしまったわけですよ、

「帰宅してからまで仕事?とんでもない、仕事より家庭が大事、」といのが彼らの常識です。

ちなみに私の場合、結婚して子供が2人目まではバブル崩壊直前で、崩壊後さらに2人の子宝に恵まれました。私の個人的理由で、バブルの恩恵を授かったのは極短い期間で、それ以外は比較的厳しい社会情勢の下で子供を育て上げました。

もちろん私の子供たちもゆとり世代の人間ですが、子供が4人もいると甘やかす余裕など無く、厳しく育てましたので、自立心旺盛で全員ハングリー精神はあると思います。

長男は他県の大学に行きましたが、親である私が援助できたのは学費だけで、それ以外の生活費は奨学金とアルバイトでやりくりしていました。

既に30才となりましたが、大学を卒業以降1度も親のすねをかじるようなことはありませんでした。(手前味噌になってしまいました、すみません。)

私の子供たちも全員社会人となりサラリーマンをやっていますが、同じ世代の同僚の子達でも「何考えてるのかよくわからん。」人たちがいるようです。

例えば会社から海外出張を命じられても、「自分の愛車が心配なのでそれは無理です。」というようなことを平気で口にする子がいて、代わりに私の子供が海外出張させられたり、会社の中では妙に偉そうにしているくせに、外で合うと挨拶もできない子とか・・・

「環境が人を育てる。」とはよくいったものです。

簡素に考えればおのずから答えは明快、

バブル世代の人たち=ゆとり世代の親 という構図が成り立ちませんか?

バブルの申し子は会社に行けば自動的に一定のサラリーがあったわけで、血のにじむような努力をしなくても、そこそこの生活ができ、その環境下でゆとり世代は育ったわけです。

そうすると当然、ハングリーな親っていうのは少なく、親がハングリーじゃないんだから子供にハングリー精神を植え付けることもなく、温室育ちのゆとり世代が誕生、ってわけです。(あくまでも一般論です。)

ですので、バ...続きを読む

Q人一人の人件費は最低でも幾ら位稼いだら会社は困らないのですか?

手取り27万円もらうとして人一人の人件費は会社にいくら還元できていればいいのでしょうか?厚生年金・社会保険・市民税・交通費15000円/月・ぐらいです。こんなご時世でいろんな情報もあるし、40万ぐらい稼げているなら自分でも企業していけるんじゃないかなんて思ってしまいます。それでも波があって、30万も稼げない位の時もあります。そう考えると毎月決まった給料をもらっていっるっている体制もなんかおかしいなって思います。社長の立場とか考えると胃が痛かろうというか常に行き先の見えない不安が付きまとってる感覚を覚悟しながら雇っているのかなと。入ってくる金額以上は手元にないわけで毎月同じ給料をもらえるなんてとてもありがたいことだとおもいました。要点をそれましたが、手取りをもっと増やしたいと思っています。

Aベストアンサー

人件費には、給料賃金手当、賞与、退職引当金、福利厚生費、法定福利費、法定外福利費、生命保険料、教育・採用費、その他様々な従業員を雇用することによって発生する費用が含まれます。
例えば、
http://www.nsjk.com/material-dl/cost-sample.html
を参考に計算してみると、
 基本給+諸手当×3=合計
給料の約3倍ですね。
給料の手取りについては、労働分配率も参考にしてみてください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20070116md01.htm

Q宅建業

不動産業をしています。隣の県へ支店を開く場合、免許の関係は、どうなりますか?

Aベストアンサー

宅地建物取引業法第3条によると、宅地建物取引業を営もうとする者は、2以上の都道府県の区域内に事務所(本店、支店その他の政令で定めるものをいう。以下同じ。)を設置してその事業を営もうとする場合にあつては国土交通大臣の免許を受けなければならないと定義されています。

宅地建物取引業法
http://www.houko.com/00/01/S27/176.HTM

だから、おそらく現在は都道府県知事の免許だと思いますが、国土交通大臣の免許を取ってください。

Q大家が宅建業を開業するメリット

不動産賃貸の会社を経営しています。(いわゆる専業大家です)
会社の利益を伸ばす目的で宅建業の免許を取得して開業する案を検討しています。
現在、不動産管理は自社(自分)で行っていますが、賃貸や売買の仲介は宅建業者に委託しています。

素人考えですが、開業すれば
レインズで空き店舗を探している宅建業者に自社物件を紹介できる。
売買の仲介手数料が必要なくなる。
保証協会に加入して不動産業のノウハウを勉強でき業界の情報を入手できる。
(協会に加入すれば業者さんとの人脈を築けるような気がしますが大家だと仲間に入れてもらえませんかね)
等、多少のメリットはあると思っています。

また、現在宅建業者に委託している仕事を少しずつ自分でやっていくことで将来的には全て自社で出来るようになればと思っています。

事務所と主任者資格はあるので弁済業務保証金60万円と保証協会の加盟料100万円程度が必要だと思いますが長い目でみればこの投資も無駄では無いような気がします。

専業大家が宅建業を始めるメリットはあると思われますか?
デメリットもあると思いますので御教示お願いします。

不動産賃貸の会社を経営しています。(いわゆる専業大家です)
会社の利益を伸ばす目的で宅建業の免許を取得して開業する案を検討しています。
現在、不動産管理は自社(自分)で行っていますが、賃貸や売買の仲介は宅建業者に委託しています。

素人考えですが、開業すれば
レインズで空き店舗を探している宅建業者に自社物件を紹介できる。
売買の仲介手数料が必要なくなる。
保証協会に加入して不動産業のノウハウを勉強でき業界の情報を入手できる。
(協会に加入すれば業者さんとの人脈を築けるよう...続きを読む

Aベストアンサー

基本的にはどの程度まで宅建業務を拡充していくか?ではないでしょうか。

>レインズで空き店舗を探している宅建業者に自社物件を紹介できる。

「レインズで空き店舗を探している」という情報はありません。物件情報は貸したい・売りたい物件です。

>売買の仲介手数料が必要なくなる

確かに宅建免許があればこのように考えがちな傾向はありますが、結局、「売りたいならば買い手を探す」「買いたいならば売り物を探す」という事になりますので、それらが全て自社で出来る(難しいです)ならば別ですが、免許があっても仲介料の発生は免れられないケースが殆どです。

要は仲介会社は情報が命であると同時に、情報に関してはあなどれません(笑)

>保証協会に加入して不動産業のノウハウを勉強でき業界の情報を入手できる。

これも免許の有無の問題とはやや違う気が致します。
免許よりも人脈や自分の勉強する姿勢次第でしょうか。また、免許を取ったから情報が自然に大量に入ってくるというシステムは有りません。

>専業大家が宅建業を始めるメリットはあると思われますか?

個人的にはあまり無いと思います。冒頭で書いた通りにどの程度の範囲でやっていきたいか?ではないでしょうか。大家が仲介会社を通さずに自力でテナント付けをする行為に元々免許は要りません。仲介料を無くそうとするならば、今の状況でもシステム上は出来るのです。売買も同様です。当事者同士で取引するのは自由です。

売買・賃貸の仲介業務を行う、もしくは不動産の分譲を行うのでしたら免許は不可欠ですが、そういう事をやっていく気があるのかどうか・・。

基本的にはどの程度まで宅建業務を拡充していくか?ではないでしょうか。

>レインズで空き店舗を探している宅建業者に自社物件を紹介できる。

「レインズで空き店舗を探している」という情報はありません。物件情報は貸したい・売りたい物件です。

>売買の仲介手数料が必要なくなる

確かに宅建免許があればこのように考えがちな傾向はありますが、結局、「売りたいならば買い手を探す」「買いたいならば売り物を探す」という事になりますので、それらが全て自社で出来る(難しいです)ならば別です...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報