HPを検索した時に紹介文が古い住所が反映されたままになっていて、変更したいのですがやり方がわかりません。
いろいろやり方が書かれているサイトはあったのですが、自分の場合とヒットするのかいまいち判断できなく、

参考にしたサイト
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4968305.html

http://www.akibare-hp.jp/seo-nayami/serp/

http://coliss.com/articles/seo/search-engine/236 …



こちらなどのやり方だと、他のサイトの説明含め考えてみると、反映までに時間がかかるのなら、間違えることができなく、ビルダー上でプレビューでみてもどのように結果が出るのか確認することができないので、もし何か間違えた場合修正の反映にまた時間がかかり、と思うと、確実な方法しか試せません。。しかも本当にこれでよいのか、と。


それに、定期定期に書き換えられるのだとしたら、5年以上前の住所の見出しになっているのはなぜでしょうか?原理がいまいちわかりません。
あと、ビルダー上で元の文章を探したのですが、みつかりません。
グーグルなどが勝手にひろってくる、とも書いてあったのですが、一体どこから拾ってきたのだろう?
と意味不明です。


HP担当を引き継ぎ、まだ日が浅いです。

すみません、どなたか教えてください(__)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

他の方も書かれているように、discripitionを書き換えて


それからGoogle Botに来て貰って読み込んで貰う必要があるので
更新したらPINGを送るか、下記サイトでサイトURLを送信すれば
新しい文面に更新されると思います。

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-u …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。貼り付けたらなんとかうまくできました。

お礼日時:2015/09/07 00:55

https://support.google.com/webmasters/answer/356 …
ここですね。

discripitionを正確に書くのが書く検索エンジン対策での基本ですが、Googleの場合は本文なども参照し、自動で表示させているようですね。

まず流れとして、Googleボットがあなたのサイトを読みに来ないとGoogle側はあなたのサイトが変化したことを認識しません。
認識した後、自動的に書き換わる感じでしょうね。
なので、ページのクロール頻度が低いと、なかなか書き換わりません。

対応策は、①discripitionを正確に書き換え、②本文中に間違いがないか再度確認し、③そしてひたすら待つ以外の方法はありません。

結構ポンコツですよ・・・
何かを申し立てても基本無視ですしね・・・訴訟される危険性がない・・・自己保身と関係ない場合はまず動こうとはしません。
意図しない文章に書き換わったりするので、確実性もありません。とりあえずやるべき事はやって、ひたすら待って祈るだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^ 貼り付けたらなんとかうまくできました。

お礼日時:2015/09/07 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QいまどきのSEO対策・SEO無双・インゴットSEO

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/twitter/blog/musou/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html
・料金:3~6万3000円
・無料ブログ200+α

インゴットSEO
http://millionmobile.biz/
・料金:4万9800円
・独自ドメインのブログから50

料金と提供被リンク数は明確ですが被リンクの効果がはっきりしません。この中でどの業者が上位表示の効果が高いと思いますか?

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/t...続きを読む

Aベストアンサー

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると圧倒的に
SEO対策無双が安いことがわかります。効果に関しては被リンクの数 に比例する
と考えられます。

被リンクは質より数だと言われていて、Googleも被リンクのペナルティを強化し
ていることはわかっていますが、それはGoogleが不自然な リンクと判断した場
合に限られます。自然なリンクと判断した場合は検索順位に大きな影響があるこ
とには変わりがありません。

もしGoogleが順位付けの要素から被リンクを外すのであれば、わざわざペナル
ティの強化はしません。だから被リンクはこれからも効果があると 考えるのが
自然です。

その点で3社を比較すると絶対的なリンク数が多いSEO対策無双が最も有利です、

最後に安全性の比較ですが、コンサルティングをしているからGoogleのガイドラ
インに違反しないという理由にはなりません。リンク売買と Googleが判断すれ
ばペナルティを受けるというのは3社共に同じリスクです。むしろ自社サイトを
上位表示し続けているSEO対策無双はペナル ティ回避の方法にも熟知していると
考えられます。

リンク付の作業には手を抜くといった余地はありません。特にリンク付けした
ページのURLを作業終了後に提出しているSEO対策無双は信用できると思いま
す。リンクURLのリストを提出しない業者は逆に信用できません。

トータルで考えても個別に検証してもSEO対策無双が最も効果が高く費用対効果
に優れていると判断できます。

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると...続きを読む

QSEO対策。やり方が分かりません。

SEO対策。やり方が分かりません。


SEOの右も左も分からない者です。よろしくお願いします。
SEO対策をすれば、ヤフーや、グーグルで上位で表示されるとまでは、理解できました。

でも、どうしたら出来るのですか?
自分で出来る方法や、専門家に頼んで月に、何万円もするものなどと、方法は幅広くあるようですが、何が違うのですか?

どのようなソフトを使用しているのですか?
ホームページ作成ソフトで、SEO対策が出来るのですか?

インターネットで調べてみても、どんなソフトで、どこでどうやっているのか、さっぱり分かりません。

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

SEOと言っても、ここで語りつくせるほど簡単なものではないのですが、

まず、SEO(Search Engine Optimization)=検索エンジン最適化、ということなので、Google、Yahoo!その他の検索エンジンロボットに、いかに「このWEBページは有効である」と判断させるかで、上位表示できるか否かが決まります。

検索エンジンは、利用者が探したいキーワードに対して、正確な答えを返してあげることを目標としているので、たとえば、ユーザが「ウイルス対策」というキーワードで検索してきた場合、ウイルス対策について最も正確で詳細に記載していると判断したページを優先的に返そうとします。この優先度が順位ということです。

この「キーワード」に対し、「有効である」と検索エンジンロボットに判断させるために、WEBページそのものを最適化する内部施策を行うこと、また、そのページにリンクしている外部のリンクを増やすなどの外部施策を行うこと、これらを合わせてSEOです。

ここで間違ってはいけないのは、「キーワード」に対して、「有効である」と判断するのは、検索エンジンのロボットなので、ユーザから見て、本当に有効かどうかとは別ということです。
WEBページの中には、とにかく良く検索される人気のキーワードで検索させて、中身は違法なECサイトやアダルトサイトに誘導するという、キーワードとコンテンツが全く別の悪意あるモノがあります。これは検索するユーザからみると、ユーザを欺く行為ですよね。ですので、Googleなどは、これらの行為を「スパム」と認定して、排除しようと努力を重ねています。(スパム認定されるとそのドメインは暫く検索エンジンからは追放されることがあります)

具体的に、SEOの内部施策というのは、検索エンジンロボットは、WEBページがきちんと構造化されていて、正しい文章となっているモノを高く評価します。なので、「ウイルス対策」についてのページを作成する場合、例えば、タイトル「ウイルス対策」、見出し1「ウイルス対策とは」、見出し2「ウイルス対策は何をすれば良いか」、見出し3「ウイルスの種類」などと、きちんと構造化された文章になっていること、ページの中になるだけたくさん「ウイルス対策」というキーワードが入っていること、ウイルス対策について有効な他のWEBページからたくさんリンクされていること、その他、これだけじゃないんですが、様々な要素を総合的に判断して、「このページはキーワードに対して、何番目に有効」と決定しているのです。

また、外部施策としては、そのページが外部のドメインからたくさんリンクされていること、さらにそのリンクしている外部のページが、検索エンジンから高い評価を受けている時(ページランクがそれにあたります)、リンクされている当該ページは、評価が上がります。

SEOは様々な要素の積み重ねですので、これだけやったから上がるとか、そう簡単なものでもありません。まずはキーワードの設定から深く考慮しなければなりません。人気のキーワードについてのページを作って順位を上げようとしても、それだけライバルとなるページがたくさんあるわけですから、なかなか順位を上げることは難しかったりします。

ですので、知識が無い状態で、外部のコンサルティングを入れずにSEOを自力でやろうとすれば、相当の工数がかかりますし、SEOは一度やったからそれで終わりではないです。有効なキーワードは日々変化するので、それに合わせて、ページもメンテナンスしていかないといけません。なので、それ相応の費用がかかっても、コンサルを入れて始められた方が、トータルでは費用対効果は高くなると思います。

ご参考まで。

SEOと言っても、ここで語りつくせるほど簡単なものではないのですが、

まず、SEO(Search Engine Optimization)=検索エンジン最適化、ということなので、Google、Yahoo!その他の検索エンジンロボットに、いかに「このWEBページは有効である」と判断させるかで、上位表示できるか否かが決まります。

検索エンジンは、利用者が探したいキーワードに対して、正確な答えを返してあげることを目標としているので、たとえば、ユーザが「ウイルス対策」というキーワードで検索してきた場合、ウイルス対策について最も...続きを読む

QSEO対策のタイミングはHP作成前?作成後?

Jimdoを使って会社のホームページを作っていますが、検索結果に反映させるために、
ページが出来上がる前に、ウェブツールマスターなどで登録したほうがいいのでしょうか。
登録後、一か月くらいは反映に時間がかかると聞いたので早めに対策したほうがいいのか考えました。
しかし、まだ半分くらいしかできておらず、ページ内の言葉もまだ少ないので、完成してから登録したほうがいいのかとも思いました。
詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

SEOとJimbo・・・ものすごく矛盾しているようです。
 以下をしっかり読んで理解しないと、ならないです。(リンク先も)
SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化という意味が本来の意味です。
すなわち、
検索エンジンにページの内容が正確に理解できるようにマークアップする
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
=最適化
ということです。
 これは、以前からHTMLでの問題点
 ⇒HTML5“とか”アプリ開発入門(1):Webの3つの問題を解決する「HTML5」とは何なのか (2/2) - @IT( http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1008/30/news106_2.html )
 の中ほどあたり・・「文書内に埋め込まれた「意味」が不明確」を読まれると良くわかります。
 本来は、HTMLには、下記のように文書構造を示す方法が示されていました。
『DIV要素とSPAN要素は、id属性及び class属性と併用することで、文書に構造を付加するための一般機構を提供する。( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/global.html#h-7.5.4 )』
 すなわち、見出しはそのレベルによって<h1>~<h6>で、段落は<p>で括り、それで足りないので、<div class="header">ここはこの文書のヘッダ</div>、<div class="section">ここは本文<div class="aside">ここは本文とは無関係な文</div></div>のように!!
 この点については、googleのメンバーが強く主張してきた経緯もありHTML5では、『文書をよりよく構造化するために、要素が新しく追加されました。( http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/html5-diff/#new-elements )』

 これが、本来のSEOです。それによってそのページの内容を正確に把握できた検索エンジンが、その内容に合致する検索の時にそのページを上位に表示する。
★これは結果であって目的ではありません!!!---ここを誤解している人が多い。

 すなわちSEOは製作の段階から始まっているのです。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ところが、Jimboに限らず、ウェブを知らずにWebオーサリングツールを使用すると、SEOよりはデザインを基準にページが作成されてしまいます。
『HTMLエディタで作成するシンプルなコードはSEO(検索エンジン最適化)にも効果的であることから、一部のウェブデザイナーには見直されつつあり、( http://ja.wikipedia.org/wiki/Web%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB#HTML.E3.82.A8.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.BF )』と書かれているようにね。

 ウェブマスターツールなどはあせる必要はありません。単に巡回してくれるだけです。それよりは内容の充実を
 ⇒ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - ウェブマスター ツール ヘルプ( https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja )
 は読んでおく事。

 まあそれ以前に
 ⇒Another HTML Lint - Gateway( http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html )
 でチェックしてみること。構造はチェックできませんが文法はチェックしてくれる。
  例えばjimboのサイトをチェックしてみるとか・・・。業者を選ぶときその業者の製品を最初にチェックするでしょ。まあ80点以上なら合格かな??

SEOとJimbo・・・ものすごく矛盾しているようです。
 以下をしっかり読んで理解しないと、ならないです。(リンク先も)
SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化という意味が本来の意味です。
すなわち、
検索エンジンにページの内容が正確に理解できるようにマークアップする
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
=最適化
ということです。
 これは、以前からHTMLでの問題点
 ⇒HTML5“とか”アプリ開発入門(1):Webの3つの問題を解決する「HTML5」とは何...続きを読む

QSEO対策 小さい会社のHP制作したいのですが

なかなか自分では制作できず、業者さんにお願いしようかと思っていました。
予算が少ないのですが(3万円)、どのように(どこ、誰に)お願いするのが
よいでしょうか?

希望としては、
 トップページはデザインをしっかりしたい(他のページは文字中心のブログみたいでも可)
 完成後は、自分で記事が更新できるようにしたい。
 (できれば)SEO対策を意識した構成(テンプレートの使用がコスト減になるなら可)。

文字情報は、こちらで用意して、業者さんにそれをホームページ(またはブログシステム?)
にしてもらいたいのですが、
どうやって、また誰にお願いするのがよいでしょうか?
(デザイナーさんと、HTMLを作る人は別々なのでしょうか?)
それとも、商用OKのブログシステムを借りたりするのがよいのでしょうか?
(そういったブログシステムはあるのでしょうか?)

もし、予算が乏しい小さな会社を経営されていて、集客力のあるHP(またはブログ)を作りた場合、
あなたならどうしますか? 教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ホームページの作成ですが、考えていらっしゃるお値段では通常の制作会社ではなかなか見つけるのは難しいように思います。

ここで紹介しますサイトはフリーランスの方がコンペや仕事依頼を求めて参加しているのですが、もしかすると見つけられるかもしれませんので試されてはどうでしょうか。
http://www.lancers.jp/

Q会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてくだ

会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてください。

Aベストアンサー

さっとサイト全体のSEO状況を確認するなら以下の2つがおすすめです。

・itomakihitode.jp http://itomakihitode.jp/

・ピタゴラス http://www.pythagoras.bz/

・SEOチェキ http://seocheki.net/


キーワードの調整はキーワード出現率チェックツールをよく使います。

・キーワード出現率チェック http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

参考URL:http://itomakihitode.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報