プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

先日、個人で仕事に関係のある雑誌を購入しました。
参考になる部分もあるので、課内で回覧に回そうかと思っているのですが、
個人で購入したものを回覧するのは法的に大丈夫でしょうか?

会社で購入した雑誌が回覧されてくることはよくあるのですが、
これは会社が購入するだから、会社の社員が読むのは当然で、そういう使い方をするものとして本屋も販売していると思うので、違法にはならないということなのだと思うのですが、
個人で購入したものを社内で回覧するとなると、個人的に読むという目的からは外れてしまうように思われ、ひっかかります。
また、過去にも、誰かが購入した本が回覧されてきたようなこともなく、わかりません。

もしご存知の方がいればお願いします。

A 回答 (2件)

ご質問のような回覧は可能です。

ただし、複製となると条件があります。

まず、個人で購入か、会社で購入か、の違いについては、会社購入については営利目的となる可能性はあります。第三者(会社の外の人)への回覧も可能性があります。
しかし、ご質問では個人の購入なので営利とは言えないでしょう。

さて、著作物は「使用」する場合と「利用」する場合があります。雑誌を本来の機能である「読む」という行為は許可(許諾)無しに可能です。誰が読もうと、何回読もうと、著作権法では制約がありません。しかし、複製となると「利用」の行為です。
また、貸与と考えることは可能ですが、非営利で無料の回覧でもあり、貸与権(著作権法26条の3)の対象にもならないでしょう。

書籍・雑誌の場合は、「個人的に読む」だけ、というような制限はありません。貸与権では別の考慮が必要ですが、ご質問は該当しません。
複製をすることについては、同法30条の私的使用の範囲で可能です。ただし、厳密には家庭内およびこれに準じた限られた範囲とされていますから、とくに企業内で複製を行うことは認められないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しく回答いただき、ありがとうございました。
とてもわかりやすかったです。
ありがとうございます。

お礼日時:2015/05/17 17:02

問題なくセーフ。


女子学生なんかがクラス内で回し読みしてるようですよ。

…だから、出版社もフィギュアのおまけみたいなのをつけて、一人1冊購入させようと工夫を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
おまけや本の多いような気がしていましたが、
そのような背景があったんですね。

お礼日時:2015/05/17 16:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング