[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

過去に、廊下の電球は無事にLEDに替えられたのが、トイレで付け替えしようとしたら、プラグにつけようとした瞬間、ちょっと火花みたいな音がして、ブレーカーが落ちてしまいました。
初めてのことで、わけがわかりません。
プラグは、また元の白熱電球に替えたら、点灯はしました。
調光機能はついていません。
どういうことか教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 早速のご回答、ありがとうございます。
    LEDは小形電球タイプで、消費電力は6W(40W相当)です。
    プラグは60Wまでの許容量でした。
    以上で説明は足りますでしょうか?
    ほかにもご不明な点がありましたら、また、よろしくお願いいたします。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/05/31 22:23

A 回答 (2件)

私もそれは、LED自体が不良品で製品内部でショートしたとしか考えられないですね。



白熱電球に戻したら点灯したということなので、器具は壊れていません。またLED電球の選定も間違っていないと思います。なのでもう一度LED電球を取り付ければいけるでしょう。

強いて言うなら、交換の時はスイッチを切ってから作業した方が間違いないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
具体的な対処法も教えていただいたので、早速、試してみたいと思います。

お礼日時:2015/06/04 23:04

家庭電源用の電球なら、初期不良しかかんがえられません。


単にLEDというだけならLEDと言われる半導体は、ほんの数ボルトで点灯します、市販の家庭電源用は内部に降圧回路がくみこまれています。
どんなLEDを接続したのか、質問内容では不明です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電球の球切れ交換してスイッチを入れたらパチン

タイトルのとおりなのですが、ダイニングのライトの球が切れたので、
ホームセンターで同じ規格の「100w100v」の丸い電球を買ってきて
先ほど取り付け、壁のスイッチをONしたら
「パチン」と音&光がして二度とつかなくなりました。
この電球も切れてしまったみたいです。
照明の規格どおりの電球をつけたのに、なぜ
このようになってしまったんでしょうか?
電球が不良品だった?それとも我が家に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

電球は、フィラメントが不安定で、強い振動などを与えると切れやすくなります。
今回の様に新しい物がすぐに切れることはあり得ることで、運が悪いとしか言いようがありません。
お店も簡単には交換には応じてくれないかもしれませんが、言って見ることは無駄にはならないかもしれません。

なお、一般家庭で過電流が流れたり、瞬間でも点灯したのであれば器具に問題があることは考えにくいです。

参考までに、白熱球は各社とも製造終了の方向に向かっています。
省エネのためにも、電球型蛍光灯に交換される事も考慮して下さい。
今までの器具にそのまま取り付け可能で、明るさ100Wの消費電力が半分以下に成るようで、初期投資が高くても寿命も相当に長くなります。
光の色合いも、昼光色とか電灯色等いろいろあるようですよ。

Q電球を取り替えても電気が点きません。

家の廊下の電球が切れました。 新しい電球(LED)を購入して取り替えましたが点きません。普通の電球も点きません。 他のところでテストすると全部点きます。 スイッチか取付器具のどちらかが悪いのかな?と思いますが、チェック方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

【考えられる原因】

(1)スイッチ接触不良
(2)器具の故障
(3)配線の断線


【対処方法】

○器具側の結線を抜きスイッチを入れた状態でテスターを当ててみる。
(結線同士を接触させるとショートしますのでご注意)
これで通電していないなら、スイッチの故障。
→スイッチ交換

○スイッチに故障がないようなら器具のチェック。
電球をねじ込む部分の奥にある接点が奥の方に引っ込んでませんか?
少し手前に引き出してみて下さい。
(スイッチを切って作業して下さい。ショートの危険があります)

○上記二点を試されて改善されなければ器具の交換でしょう。
(3)の可能性もゼロとは言えませんが、よほど古い配線だとかでない限り可能性は低いでしょう。

と、ここまで書きましたが電気配線を触るには免許が必要です。
実際には自己責任でやっておられる方はたくさんいますが、本来は電気屋さんの仕事です。

Qブレーカーが落ちる

電球ライト(100w×4個)の天井電灯に取りかえたら、ブレーカーが
落ちてしまいます。

ほかの家(40A)の家からもってきたのですが、いま60Aです。

契約アンペア数を上げればブレーカ落ちないでしょうか?

対処法、原因わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、どのブレーカーが落ちるかで対応が違って来ます。
一般的な電灯線契約の場合、屋外から分電盤の「アンペア・ブレーカー」に入ります。
このアンペア数が契約基本料金になります。
ご質問者様のお宅では、60Aとの事ですので照明器具(100w×4)を増設した程度では落ちないと思います。
アンペア・ブレーカーは他のブレーカーに比べたら大きな外観です。
次に、漏電ブレーカーに供給されます。
漏電ブレーカーはアンペアブレーカーと同じアンペア数ですが、一回り小さい外観で赤や黄色の押しボタン(テストボタン)が付いたブレーカーです。
漏電ブレーカーは、屋内配線の漏電を検出すると落ちるようになってます。
この漏電ブレーカーが落ちるなら照明器具が漏電してる事になります。
最後に、小さい配線ブレーカーが幾つかあるはずです。
配線ブレーカーは、1回路15Aですから、これが落ちるなら、照明器具の他に同じ回路で1,200W以上の電力を使用してるため照明器具の400Wと合わせて1,600W以上になるので15Aのブレーカーでは過負荷になり配線ブレーカーが落ちる事になります。
対処法(原因)
1、漏電ブレーカーが落ちるなら、照明器具の漏電なので漏電の原因(配線等)を究明してください。
2、配線ブレーカーが落ちるなら、同じ系統の回路にエアコンや電子レンジ等の消費電力の大きい器具を別なコンセントから取ってください。
他に、照明器具がショートしてるか、照明器具の配線がショートしてると配線ブレーカーが落ちますので、その場合は、器具の点検や配線の見直しが必要です。

まず、どのブレーカーが落ちるかで対応が違って来ます。
一般的な電灯線契約の場合、屋外から分電盤の「アンペア・ブレーカー」に入ります。
このアンペア数が契約基本料金になります。
ご質問者様のお宅では、60Aとの事ですので照明器具(100w×4)を増設した程度では落ちないと思います。
アンペア・ブレーカーは他のブレーカーに比べたら大きな外観です。
次に、漏電ブレーカーに供給されます。
漏電ブレーカーはアンペアブレーカーと同じアンペア数ですが、一回り小さい外観で赤や黄色の押しボタン(テスト...続きを読む

QLEDにしたのにヒューズが飛ぶのは?

フォレスターSG5にのっているのですが、先日 ポジションランプ、テールランプ、ブレーキランプをLED化し、テールランプを1つ増設し、テールを4灯化するとともに、フロントにイカリング、LEDテープを増設しました。

昨日までは、問題なくついていたのですが、運転中に急に切れたようで、フロントポジションランプ等がすべてつかなくなり、またテールランプもつかなくなりました。ブレーキを踏めばブレーキランプは点灯します。

ヒューズ切れかと思い、確認したところテールクリアランスのヒューズが切れていました。新しいものに変えてみてライトをつけてみると、すぐにヒューズが飛んでしまいました。

LEDに変更したため、以前ほど電源も必要ないと思うのですが、ヒューズが飛ぶ理由がわからず困っています。何か原因として考えられるものがありましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

切れたヒューズを確認してみてください。
ヒューズの中ほどが細くなって溶けたように切れていれば過電流による切れ方ですが、切れた部分がはっきりと1mm~2mm程度開いていたり、切れた部分の周辺が黒く変色しているようであれば、消費電流が多少オーバーしたとか言う問題ではなく、明らかなショートです。ショートの原因はほとんどの場合、不適切な配線によるものです。配線の固定方法が不適切でボディーと摺れてショートしていないか、取り付ける際にどこかのパーツに噛み込んでいないか、作業を行った部分すべてを点検する必用があるでしょう。LEDが破損する場合は先ず間違いなくオープン状態になりますので、LED破損によるショートは先ず考えられません。

アマチュアの方の配線というのはプロの目から見ると、良くこれで今まで動いたいたもんだと思わせるものがかなりあります。金属部分(特にエッジの部分)と擦れる部分は必ず配線を保護する。配線がブラブラしないように確実に固定する。十分な間隙のないところに無理に通さない。配線の接続部は確実に絶縁し十分に保護する。接続部に無理な力が掛からないように必ず適度な遊びを持たせる。ヘッドランプなどの高温になる部分に通すときは必ず熱対策をする。最低限でもこのくらいは守れないといつ壊れても何の不思議もありません。

切れたヒューズを確認してみてください。
ヒューズの中ほどが細くなって溶けたように切れていれば過電流による切れ方ですが、切れた部分がはっきりと1mm~2mm程度開いていたり、切れた部分の周辺が黒く変色しているようであれば、消費電流が多少オーバーしたとか言う問題ではなく、明らかなショートです。ショートの原因はほとんどの場合、不適切な配線によるものです。配線の固定方法が不適切でボディーと摺れてショートしていないか、取り付ける際にどこかのパーツに噛み込んでいないか、作業を行った部分す...続きを読む

Qショートの意味とブレーカーの落ちる原因について

機械音痴の自分なのですが、昨日職場で仕事をしている最中に電源が全て落ちまして主電源装置を調べると水が垂れてました(装置の下に水溜りが出来ていました)。
昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。
素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。社員の人達はショートしたなと言ってました。
恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。
そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか?
職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地につながる」です。
「漏電」とも言います。

水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。

漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。
さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。

漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。
雨のかかった量が多ければ、地洛 (= 漏電) と短絡とが同時に起こることもあり得ます。

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地に...続きを読む

Q蛍光灯を新しくしてもつかない

電気系統には、ものすごく弱いものです。

キッチンの電気が突然点かなくなり、新しく蛍光灯を買って取り付けましたが、まったく点きません。

40形1198mmを2本使用するタイプのもので、切れたものを持参し、店員さんが持ってきたものなので、間違ったタイプではないと思います。

自分で何かできないかと過去質問を見たのですが、疎いせいかドコを見てどうすればいいか全くわかりません(>_<)

そこで質問です。
1.考えられる原因は何でしょうか?
2.疎い私でも、できることがあるでしょうか?
3.自分で手に負えない場合、コ〇マとかで〇きちのような大型電気店でも出張で見てもらうなどの対応をしてもらえるのでしょうか?(近くに個人店がありません;)

たくさん質問してしまいましたが、何か一つでもアドバイスがありましたら、よろしくお願いします(人´∀`)

Aベストアンサー

まず照明器具の種別ですが、40形1198mmを2本使用するタイプとある所から
40wの直管を2本使用したものと思われます。
球の種類には大きく分けて、グロー式(FL-40○○と表示あり)のものと
ラビットタイプ(FPL-40○○と表示)の2種類あります。
間違うと点かないので要注意です。
ただ古い球を持参したとのことですので、間違いはないものと思います。
一般的に照明器具がつかない場合
 (1)その照明器具の電源スイッチが入っているかどうか調べる
   そんな初歩的な間違いはしないと思われる人ほど壁の奥にある切ったはずはない
   スイッチが切れてあると言うことが多いのでまず調べる。
 (2)普段に使うひもスイッチまたはリモコンスイッチを確かめる
   スイッチを何度か入れたり切ったりするとたまに点灯する場合はそのスイッチの不良。
   リモコンの場合は、電池の確認を忘れない
 (3)球の交換。(種類が多いので間違わないこと)
   グロー式の場合は球とともにグロー球も一緒に交換すること。
   球を交換する場合、落ち着いて完全にセットする。
   40W直管の場合、溝にそってはめ込んでから、球を90度回転させる(かちっと落ち着くところまで)
   球を受けるソケットの部分で無理をすると、内部の半田が外れることもある。
 (4).ここまでしてなお点灯しない場合は、内部の基板やトランスの不良が考えられるので
   修理に出すか買い替えを考える。(使用年数や、価格により修理より買い替えが安い場合もある)

まあ素人の方で出来ることはこんなことでしょうか?

まず照明器具の種別ですが、40形1198mmを2本使用するタイプとある所から
40wの直管を2本使用したものと思われます。
球の種類には大きく分けて、グロー式(FL-40○○と表示あり)のものと
ラビットタイプ(FPL-40○○と表示)の2種類あります。
間違うと点かないので要注意です。
ただ古い球を持参したとのことですので、間違いはないものと思います。
一般的に照明器具がつかない場合
 (1)その照明器具の電源スイッチが入っているかどうか調べる
   そんな初歩的な間違いはしないと思われる人ほど壁の奥に...続きを読む

Qショートした後のコンセントの使用は?

怖かったんです。。
壁→家電台→電気ポットと繋いでいたのですが
電気ポットを差し込んでいた家電台のコンセントの接続部のゴムのような所が溶けていて抜けなくなっていました。
お馬鹿な私は、壁のコンセントを抜かずにそのゴムの部分をはさみで切ってはずそうとしました。
その時、「バチン」と大きな音と火花が散りました。
これを“ショートした"というのですよね?

その後、はさみは穴が開き使用不可能。
ポットのコンセントプラグに切れたような溝が出来ていますが電源ははいりました。
ただ、壁のコンセントは何をさしても使用できなくなってしまいました。

どうすればよいのでしょうか?
電気屋さんで修理をしないとなおらないのでしょうか?大工事ですか?費用などは・・・?
また、溝の出来たプラグのポットはそのまま使ってもいいのでしょうか?
火事など起こりませんか???

ちょっとした手間を惜しんだ為に不安な夜を過ごさないといけなくなりました。
どなたか教えてください。。。

Aベストアンサー

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、補強するのも手です。
電線が、ちらっと見えるようなら交換です。
電線だけが交換出来るタイプのプラグでしたら、数百円の出費ですが、プラグが分解出来ないと、専用コードを買い直しになりますから、千円単位の出費かもしれません。

コンセントが使えない件ですが、何処までトラブルが発生しているか判りませんが、ご質問の文面から察するに、コンセント部分だけが破損したと思われます。
コンセント部分の部品は安価(数百円)ですが、電気工事士の資格を持った者が工事する必要がありますので、電気屋さんにお願いしましょう。
工賃は、数千円ではないでしょうか。

ただ、コンセントだけでなく、配線に破損箇所があると、結構な出費になりそうです。
万が一火災になるとまずいので、一度点検を受けられては如何でしょうか?

関東電気保安協会のURLを載せておきます。リンク欄に、各地区のページがリンクされていますので、お近くの保安協会に相談されては如何でしょうか?


おまけ:知り合いの電気工事士は、ブレーカーを下げてから作業するのを忘れ、ペンチを突っ込んでショートさせてしまい、ペンチが握り部分だけになったそうです。

参考URL:http://www.kdh.or.jp/

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、...続きを読む

Q部屋の電灯を点けたらバチッと光って消えました

電気設備に詳しい方、アドバイスをください。

3ヶ月ほど前ですが、リビングの電灯(シーリングライト)のスイッチ(壁にあるスイッチ)をONにしたところ、突然シーリングから「バチッ」という音が出て、点かなくなりました。
蛍光管を変えてもダメで、翌日、電気屋さんに診てもらったところ、
築15年の家なので、シーリングのインバーターが壊れたんだろうとのことで、
新しいシーリングに替えました。
それからリビングのシーリングは何の問題も無く使えています。

今日、階段の踊り場にあるライトのスイッチをONにしたところ、
突然ライトが「バチッ」という音が出て、点かなくなりました。
リビングの時と同じだったので、きっとまたインバーターが壊れたんだろうと思ったのですが、
電球を変えたら普通に点きました。
これは電球が問題だったのでしょうか?
今日は一日雨だったので、母は漏電したんじゃないかと心配しており、
このまま使っていいのか不安です。
なお、踊り場のライトは天井に埋め込まれているもの(ダウンライト?)です。


私も母も電気の知識が全くありませんので、
とんちんかんな質問だとは思いますが、どなかたお教えください。
よろしくお願いいたします。

電気設備に詳しい方、アドバイスをください。

3ヶ月ほど前ですが、リビングの電灯(シーリングライト)のスイッチ(壁にあるスイッチ)をONにしたところ、突然シーリングから「バチッ」という音が出て、点かなくなりました。
蛍光管を変えてもダメで、翌日、電気屋さんに診てもらったところ、
築15年の家なので、シーリングのインバーターが壊れたんだろうとのことで、
新しいシーリングに替えました。
それからリビングのシーリングは何の問題も無く使えています。

今日、階段の踊り場にあるライトのス...続きを読む

Aベストアンサー

>シーリングのインバーターが壊れたんだろうとのことで、

この「シーリングのインバーター」とは、シーリングライト(天井直付け型照明器具)のインバーター回路ということでしょうか。シーリング(ceiling)=「天井、天井の」という意味。
で、照明器具(のインバーター回路)が壊れたので、丸ごと新しい照明器具に交換した、と。


>電球を変えたら普通に点きました。

ふつうの白熱電灯式の照明器具にインバーター回路などは必要ないので付いていないと思いますが…。

たんに白熱電球のフィラメントが一瞬明るく光ってバチッと焼き切れただけではないでしょうか。
スイッチを入れた瞬間にふだんより大きな電流(突入電流)が流れるので、電球の寿命が尽きるときにありがちな現象です。
電球の寿命が尽きて新しい電球と交換したのであれば、何も問題はないでしょう。

白熱電球の構造・特徴
http://stonewashersjournal.com/2014/07/30/lightsofhuman/

Q電球交換できないダウンライトの設置について

リフォームで家の照明を引っ掛けシーリングからダウンライトに変更します。

その際、担当者から「ダウンライトにはLED電球が交換できるものとできないものがあるが、できるものだと価格が3倍ぐらい高い。電球交換できないダウンライトを入れて、電球が切れたときには電気屋さんを呼んでダウンライトごと交換することをオススメする」との説明がありました。

リフォーム後の修繕コストを抑えたいという思いと、自分で交換できるという安心感から電球交換可能なダウンライトを希望していたのですが、リフォーム担当者の説明は一般的に正しいでしょうか?

お手数ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めの仕様が電球使用型のダウンライトに、電球をLEDランプに交換して使用できるものは多数存在します。
ですがメーカー標準で光源にLEDを使ったダウンライトではLED部分を交換できる造りのものは存在しません。

電球使用型のダウンライトの電球をLEDランプに交換してもさほど明るくはありません。
大抵のそういった灯具はE17という規格の口金のミニクリプトン電球を横挿しか斜め挿しにして使用するものばかりです。
LED電球にも高拡散型とか斜め専用などというものもありますが、実用性という点では照度が低すぎてはっきり言って使い物にはなりません。
それに比べて初めからLED発光体を内蔵したLEDダウンライトは高性能です。
ただしこれは実用的な照度を誇るものは非常に高額です。
高照度、高拡散性を誇るものは定価で10万を超えます。

質問文を読んでて思ったのですが、現在付いてるシーリングをやめてダウンライトのみにするという事でしょうか?
ダウンライトは言ってみればスポットライトです。
いくら高照度、高拡散性のものを使っても、シーリングに比較すると下部は明るくても上部はかなり暗いですよ。
シチュエーション毎に調光したり調色して使えるLEDシーリングに変更する方がトータルでの価格も安く、総合して見た場合の消費電力もそれほど変わらず、結果して得策ではないかと思いますよ。

考えてもみて下さい。
一般的なダウンライトに使用されている電球は、E17サイズの20~40Wの小さな電球です。
E26サイズの大きい電球と比較しても、電球そのものの発光面がとても小さいのです。
ましてダウンライトのあの小さな照射面から照射される光量はシーリングライトとは比較にはなりません。

リフォーム屋さんが言ってる照明灯灯具は、恐らくはどちらも安価なタイプかと思います。
言ってる事は概ね正しいとは思いますが、安価なLEDダウンライトで実用的な照度のものは皆無です。
元々ダウンライトはムードランプというか、確実に補助照明でしかありません。
逆に言うと高価格、高性能なものがダウンライトの本来の趣旨から外れるものなのです。

初めの仕様が電球使用型のダウンライトに、電球をLEDランプに交換して使用できるものは多数存在します。
ですがメーカー標準で光源にLEDを使ったダウンライトではLED部分を交換できる造りのものは存在しません。

電球使用型のダウンライトの電球をLEDランプに交換してもさほど明るくはありません。
大抵のそういった灯具はE17という規格の口金のミニクリプトン電球を横挿しか斜め挿しにして使用するものばかりです。
LED電球にも高拡散型とか斜め専用などというものもありますが、実用性という点では照度が低すぎ...続きを読む

Qショートしたのにブレーカーがあがりませんでした

電化製品をいじっていてショートしたのにブレーカーがあがりませんでした。
一体どうしてでしょうか?
ショートすれば必ずブレーカーがあがるものとばかりと思っていたのですが・・・???
ショートしてもブレーカーがあがらないと火災になってしまうのでは?
また、普通のブレーカーと漏電ブレーカーはどう違うのでしょうか?
今まだあまり考えた事がなかったので、急に不安になりました・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ショートさせた時間はどのくらいあったのですか。
バチッといって、瞬間的に導線が溶けてしまったような場合ですと、普通の安全ブレーカーでは落ちないでしょう。
ショートさせたまま何秒間か過電流が流れ続けていたのなら落ちます。

いま、「普通の安全ブレーカ」と書きましたが、このような短時間でも動作する
「コード短絡保護機能付き安全ブレーカ」
も市販されています。
不安なようですので、電気工事店にご相談ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング