プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

東京新聞は現在は過激派の広報誌のようになっています。
元は朝日ほど過激なことは書いていなかったはずなんですが、なぜこうなったんですか?

gooドクター

A 回答 (4件)

東京新聞って 民主の広報誌みたいなもんすよ



 東京新聞の政治部長の高田氏は 民主党首の 岡田の実弟ですから
民主の応援するのは 当然じゃないのかな?
    • good
    • 26

1960年代の朝鮮総連・民団の労働闘争で、それまで入社の難しかったマスコミへの帰化人、在日韓国人の入社が解禁され、各社に朝鮮系の人間が就職し、55年経って、マスコミ中枢にそれらの幹部が食い込んでいます。


※経営者も含めて。

特に東京新聞は、中日新聞の東京版ですので、左翼傾向が強いです。
中日新聞・北海道新聞・西日本新聞の三社協力もしてますし・・・

全国紙以外では最左翼の新聞ですが、沖縄2紙よりは、まだマシかと思います。
※発行部数そのものは雲泥の差ですけど。
    • good
    • 16

経営上、お金を出してくれる処の



意向に沿うようになってしまうのでは?

例えば、中国系企業からの出資とか、、、。

そうなると、否応言えないですものね。

つまり、お金のためには「日本人としての魂まで」売ってしまった、、、

。ということも、考えられますね。
    • good
    • 15

売れるからでしょ。



僕は朝日の記事にイライラしてきますが、それ自体が朝日の策略に乗っている状態です。
気になって購読しちゃうからね。

新聞屋も営利団体だから「儲け」を気にするのは悪くないんだけど、
もう少し自身の社会的ステータスを考慮して「公平」にやってほしいですね。

部数を誇っても、売り上げばかり気にして偏重報道するから
日本の新聞は他の先進国の新聞より格下のままです。
これ、どっかの評価機関の話よりも実際に外国で購読したらわかりますよ。
    • good
    • 10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング