痔になりやすい生活習慣とは?

パソコン工房のPC(キット、W7はDSP版)、そしてW7からW10にアップしました。W10になるとW7のプロダクトキーは使えない事を知り。keyfinderなるソフトでW10のプロダクトキーを調べメモリました。
次から質問です。
リカバリーディスクもなくダメになり処分する予定だったDell製のデスクトップPC(W7)に上記のDSP版W7を入れたらきちんと動くようになり、W10にもアップできました。もちろんDell、W7用のプロダクトキーを入れました。そして両方のPCとも “Windowsはライセンス認証されています” と出てます。ところが両方ともW10のプロダクトIDは違いますがプロダクトキーは同じになってます。このままDell製のPCは使い続けても大丈夫なのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

細かいことを言えばインストールメディアの流用はNGなんだろうが、


7のプロダクトキーが違うならライセンス的には問題無いでしょう。

10のプロダクトキーは全部一緒みたいですね。
無償期間終了後に個別のキーが割り当てられるのか、
よくわからないが、
とりあえず自分のWindows10も2台とも同じです。
(当然それぞれ別のプロダクトキーの8.1や7からアップグレード。)

7のプロダクトキーをそれぞれ使用してアップグレードしたんだから
ライセンス的には両方問題なし。

ただインストールメディアを流用したことを黙っておけばいいってこと。

そもそもインストールメディアそのものはインストールさえ出来れば何使っても同じでしょう。
実際には誰も文句は言いません。(自己責任)
    • good
    • 1

同じプロダクトキーだと問題はありません。


もしも、違っていたら、PC自体が判断してOSやアプリに制限がかかります。
Windows10のプロダクトキーは無償の間は自動で入力されます。
この場合は、当然プロダクトキーは変わります。
よって、Windows10の認証のままでよいです。
旧のWindowsは、Windows,oldのフォルダーになっています。
    • good
    • 1

>DSP版Windows7のロダクトキーは他のPCに使うと、ライセンス違反になります。


Windows7のDSP版のライセンスは途中から変わってパーツとのセットである必要がなくなっている。

もうろくしている68歳の君はもう間違いだらけだから回答しないでくれ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早うございます。今回はありがとうございます。パソコン工房のDSP版は何の部品と一緒になっているかどこにも書いていません。あなとの意見と同じで当時からパーツとのセットでは無いと思っていました。

Dell製のPC(もともとW7)について
 ・W7リカバリーディスクはパソコン工房のDSP版を使用
 ・プロダクトキーはDell製のケースに貼ってあったプロダクトキーの番号  を使用(入力する欄がある)
 ・W7リカバリー完了(ドライバーも完了)
 ・keyfinderでプロダクトキーを調べるともともとDell製ケースに貼ってあ  るプロダクトキーと同じ番号になっている。
 ・この時点で、登録してあるプロダクトキーと同じでも違反になってしま  うのか?
 
これに対しての意見をお聞かせください。
(違反の場合は今後使用しない)

お礼日時:2015/10/04 08:11

プロダクトキーはDELL・PCのものです。


Windows10は無償期間中は自動で入力されます。
DSP版Windows7のロダクトキーは他のPCに使うと、ライセンス違反になります。
パッケージ版だと他のPCに流用は可能ですが、1台のみです。
*電話認証になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早うございます。今回はありがとうございました。皆さんと同じ質問をさせてください。

Dell製のPC(もともとW7)について
 ・W7リカバリーディスクはパソコン工房のDSP版を使用
 ・プロダクトキーはDell製のケースに貼ってあったプロダクトキーの番号  を使用(入力する欄がある)
 ・W7リカバリー完了(ドライバーも完了)
 ・keyfinderでプロダクトキーを調べるともともとDell製ケースに貼ってあ  るプロダクトキーと同じ番号になっている。
 ・この時点で、登録してあるプロダクトキーと同じでも違反になってしま  うのか?
 
これに対しての意見をお聞かせください。
(違反の場合は今後使用しない)

お礼日時:2015/10/04 08:25

1.無料のW10はバージョンアップ版であり、パソコン工房のPC(W7はDSP版)をW10にアップデートして、アップデートの元となるW7(DSP版)を他のPCにインストールすることは明確なライセンス違反です。


 出来るからといってやっていいことではありません。後は質問者様に判断を委ねます。
2.また、無料のW10でバージョンアップしたPCのプロダクトキーは全て同一です。問題ありません。
 アップデートの元となるW7のプロダクトキーと紐付きになっている可能性もありますので、無料アップデート期間中は認証が緩やかなので使用できるかもしれませんが、過ぎた後で2台ともライセンス違反で使用できなくなる場合もありますよ。
 まあ海賊版もアップデートできるようになっているのでつかえるかもですが、こればっかりはそれまでわかりません。
 以上参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早うございます。今回はありがとうございました。連絡が遅れました。皆さんと同じ質問をさせてください。

Dell製のPC(もともとW7)について
 ・W7リカバリーディスクはパソコン工房のDSP版を使用
 ・プロダクトキーはDell製のケースに貼ってあったプロダクトキーの番号  を使用(入力する欄がある)
 ・W7リカバリー完了(ドライバーも完了)
 ・keyfinderでプロダクトキーを調べるともともとDell製ケースに貼ってあ  るプロダクトキーと同じ番号になっている。
 ・この時点で、登録してあるプロダクトキーと同じでも違反になってしま  うのか?
 
これに対しての意見をお聞かせください。
(違反の場合は今後使用しない)

お礼日時:2015/10/04 08:23

DSP版OSは同時購入したパーツと同時に使用することが条件。


Dell製PC以外を使用すると(DSP版の二台目になる)ライセンス違反。

>リカバリーディスクもなくダメになり処分する予定だったDell製のデスクトップPC(W7)

リカバリ領域からリカバリしたり、リカバリディスクを作成するタイプもありますが、添付のリカバリディスクを亡失したのですか?
OEM版7をWindows10にアップグレードすると、IDは変更(「システム」に「OEM0000***」と記載されている)されますが、インストール中プロダクトキーの入力は不要のはずです。
(但しOEM版OSもいろいろあるので、製品版に近いものは再インストールにプロダクトキー入力が必要なものもありますが、ちなみに私のOEM版PCはプロダクトキーの入力は省略で、すんなりOSがインストールされる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早うございます。今回はありがとうございます。連絡が遅れました。みなさんと同じ質問をさせてください。なお、リカバリー後プロダクトIDには「OEM0000***」はありませんでした。

Dell製のPC(もともとW7)について
 ・W7リカバリーディスクはパソコン工房のDSP版を使用
 ・プロダクトキーはDell製のケースに貼ってあったプロダクトキーの番号  を使用(入力する欄がある)
 ・W7リカバリー完了(ドライバーも完了)
 ・keyfinderでプロダクトキーを調べるともともとDell製ケースに貼ってあ  るプロダクトキーと同じ番号になっている。
 ・この時点で、登録してあるプロダクトキーと同じでも違反になってしま うのか?
 
これに対しての意見をお聞かせください。
(違反の場合は今後使用しない)

お礼日時:2015/10/04 08:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDSP版のライセンスってどれに付いてる?

DSP版のライセンスってどれに付いてる?

BTOで購入したPCのOSのライセンスってどれに付いているんでしょうか?
プロダクトキーはケースにシールが貼られててそれに付いていたのでケースにライセンスが付いてるって事ですか?

通常はOSの再インストールディスクに貼ってあるんでしょうがケースに付いてました。
見落としていてプロダクトキーがどこにあるか分からずメールで問い合わせた所ケース側面に付いていると返答してきたので向こうも知っているはずだと思います。


ちなみにパソコン工房で買いました。
ケースを交換しようと思うのですがライセンス違反になりますか?
それと中身のパーツって変更していいのでしょうか?
変えてもいいものとダメなものがありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DSP版というのは、Delivery Service Partner versionの略
これは有名なことですが、意味をちゃんと考えてみましょう。

これは、Delivery Serviceを行なう組織向け製品です。
言い換えれば、どのハードウェアの付属品かを決めるのは
購入者では無く、販売元ということになります。

HDDや光学ドライブとセットで購入する場合は、顧客の希望に応えて
販売店が、そのハードウェアの付属として提供しているもので
ライセンス上の付属関係を、顧客が決めているわけではありません。

牛丼屋で汁だくを頼めば汁だくにしてくれるけど
ユーザーがその作業を行なえることは無い。そういう種類のライセンス上のルールです。
紅生姜を載せるか載せないかの選択とはわけが違うわけです。


そういう意味で、ショップブランドの場合は、いわゆるメーカー品と同じで
問われれば、パソコン全体に対しての付属品と答えると思います。

キーはケースに貼っているのではなく、パソコンに貼ってあるんです。
普通に考えて、わざわざPCの内部や内部のパーツ
あるいはキーボードやマウスに貼るわけありませんし。


そして、それが持つ意味は、パソコンの一部の交換によって
ライセンスが、そのパソコンで動かせなくなるわけでは無いということです。

パソコンの識別の本質がどこにあるかといえば
ケースだとも言えますし、M/Bとも言えます。
OSが導入されているHDDという考え方もありえます。

ただ、光学ドライブやメモリーがパソコンの識別の本質とは言えないと思います。

実運用としては…
電話受付まで用意して、アクティベーションの自由度を高くしてあるため
Microsoft自身としても、市販PCのM/B交換さえも許容していると考えられます。

半面、リカバリーディスクがM/Bに依存する実状から、PCの中身をそのまま
ケースだけを交換することも許容されるものだと考えられます。


アクティベーションのルールから考えれば、後者のほうが自然だとは思いますが…
単に、SONYやNECが「自社製M/Bこそ自社パソコンの本質」と考え
リカバリーシステムとして用意するOSのライセンスをM/Bに結びつけている…
という可能性もあるとは思います。
でも、その優れた外観デザインも、そのPCの本質たりえますよね :-)

この点を問い合わせて確認した人は見たことがありません。
「どう見てもヤブヘビです。本当に有難うございました。」ですから。


年を経て、結果的に、数度の部品交換で、光学ドライブだけが
そのパソコンに残ることはあるかもしれません。

が、いきなり光学ドライブだけ残して、新しいケースとM/BとM/B対応の新しいパーツ…
ほとんどすべてを一新して、それでなお、電話アクティベーション窓口で
常にアクティベーションが認められるとは思えません。


なお、DSP版のシリアルナンバーは、Microsoft自身が供給先を把握しています。
また例えば、DOS/VパラダイスのショップブランドPCとHDDなどのパーツとで
提供しているシリアルナンバーが区別されているかどうかは公開されていません。

つまり、電話アクティベーションの窓口で
「光学ドライブとセットで買ったXPです」と申告しても
窓口ではショップブランドPC用として供給したものと確認できるかもしれないわけです。

そして、その状況で、アクティベーションが認められるか拒否されるかは
"不定である可能性"を一般顧客は判別できません。つまり…
誰かがOKだったとしても、自分はNGになることもありえると考えられます。

#つまり、「ズルはだめだぜ」
#つまり、「もっとうまくやれよ」
#そこまで悩まなきゃいけないならWindows使わないのが幸せだわ…
#私は17年来、Windowsに価格分の価値を認めず、インストールしたことが無い。

DSP版というのは、Delivery Service Partner versionの略
これは有名なことですが、意味をちゃんと考えてみましょう。

これは、Delivery Serviceを行なう組織向け製品です。
言い換えれば、どのハードウェアの付属品かを決めるのは
購入者では無く、販売元ということになります。

HDDや光学ドライブとセットで購入する場合は、顧客の希望に応えて
販売店が、そのハードウェアの付属として提供しているもので
ライセンス上の付属関係を、顧客が決めているわけではありません。

牛丼屋で汁だくを頼めば汁だくにし...続きを読む

QWindows7のライセンス認証がなぜか2台通る…

タイトルだけだと意味不明なので経緯説明します。

まず、Windows7のノートパソコンAを買いました。
次にHDDを換装してWindows7再インストール
外した古いHDDはWindows7入ったまま放置
しばらくして別のノートパソコンBのHDDが故障。
先ほどのHDDと交換。
電源を入れると普通に起動。
コントロールパネルのシステムを確認すると、
「3日後に自動ライセンス認証される」との表記確認
「すぐにライセンス認証する」をクリック
すると、何の問題もなく認証が通りました。

で、いまもノートパソコンAは使えています。
ノートパソコンABともにシステム欄には「ライセンス認証されています」と表示されています。

これは、そのまま使えるんでしょうか?
ライセンス1個で使えるパソコンは1台だけが当たり前だと思うのですが・・・。不思議です。
どなたか詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3番ですが、やはり同系列のモデルどうしですか。
この場合、パソコン本体にライセンスを証明するシールが貼ってあると思うので、パソコンにライセンスはあり、リカバリディスクは単なるメディアなので問題なく使えると思います。
私もリカバリメディアを作る前にHDDがお亡くなりになったことがあり、メーカーから購入しましたがライセンスは新しく発行されることはなく、当然かなり安く売っていました。
メーカーもいちいち作ってるわけではなく、コピーを大量に作って付属品として売ってるだけなので、同じモデルなら中身は一緒だと思う。
ソフトはメディアを買うのではなくライセンスを買うものですから、ライセンスがある人ならダウンロード販売で購入しようが、どうしようが正規のものなら問題なく使えるべきと考えます。

Q不思議なOS

私は、ネットオークションで
DELL Windows7 Ultimate 64bit SP1(キー付属)を購入しました。


しかし、私は、購入したこのOSに深い疑念を持っています。
なぜなら、安価すぎるからです。何と8000円以下です。しかも、以下に書きますが
不思議な現象があったからです。

皆さん、教えて下さい。

私が、知る限りの情報を以下に書きました。

1.DVDの色は、濃い紺色で、『Reinstllation DVD Windows7 Ultimate SP1 64-Bit』
 と書かれていました。この文字の上の部分の背景色は、白色です。


2.この円盤上のDVDの中心には、ホロ何とか加工というものが見えます。細かい縦線の
 のようなものが、ズラリ並んで見えます。角度の変えて見ると、虹色のように映り
 ます。文字が、チラッと見えましたので、虫メガネを取り出して、以下の文字が
 見えました。


 ifpi x432
                                  
IFPILC20 93FRJ A00 Made in Chaina XS L11 11 -◇-   -◇--◇-
                                  


                                  
IFPILC20 93FRJ A00 Made in Chaina XS L10 11 -◇-   -◇--◇-
 
                                  
3.DVDドライブに入れると

 「W7SP1_ULTIMATE」と表示され

  使用領域は、5,620,013,056 バイト 5.23GB


4. OSのフォルダ

boot     15.8MB 2011/2/16 4:58
efi     15.9MB 2011/2/16 10:26
langpacks 1.65GB    2011/2/16 10:03
sources 3.46GB    2011/2/16 10:42
support 32.2MB    2011/2/16 5:03
upgrade 40.1MB 2011/2/16 5:03

autorun    1KB  セットアップ情報   2010/11/21 17:33
bootmgr    375KB ファイル       2010/11/21 17:33
bootmgr.efi 654KB EFIファイル     2010/11/21 17:33
setup 105KB アプリケーション  2010/11/21 17:33



早速、1台のDellのPCに、試してインストールしてみました。
DellのCore 2 Duoのマシンに入れると
なんと、ライセンス認証されているではありませんか?
プロダクトキーをまだ入れていないのに・・・

私は、これはおかしいと思い
別のDellのPentium 4のマシンに入れて試してみると
今度は、ちゃんと 
ライセンス認証は「3日以内」と表示されていました。

このOSは、偽物ですか?
しかも、このプロダクトキーは、廃棄PCから剥がした物
らしいです。これは、もしかして、ライセンス違反ですか?

まだ、認証していません。これは使用しない方が良いと
思えてきました。

どなたか、教えてください。

私は、ネットオークションで
DELL Windows7 Ultimate 64bit SP1(キー付属)を購入しました。


しかし、私は、購入したこのOSに深い疑念を持っています。
なぜなら、安価すぎるからです。何と8000円以下です。しかも、以下に書きますが
不思議な現象があったからです。

皆さん、教えて下さい。

私が、知る限りの情報を以下に書きました。

1.DVDの色は、濃い紺色で、『Reinstllation DVD Windows7 Ultimate SP1 64-Bit』
 と書かれていました。この文字の上の部分の背景色は、白色です。


2.この円盤上のDVDの...続きを読む

Aベストアンサー

>これは、もしかして、ライセンス違反ですか?

そのディスクはDELL製のWidnwos 7 Ultimate搭載パソコン用です。
例えDELL製のパソコンを使っているとしても、他のOSが入った状態で買ったパソコンに使えばライセンス違反ですよ。

ちなみに、なぜか認証済みになっているというパソコンに関してもアウトです。
認証されちゃったことについては、DELL製パソコン向けのOSインストールディスクの仕組み(※)が原因で、ライセンス違反をしていないから認証されたわけではありません。

※DELL製パソコンに付属しているOSのディスクはライセンス認証部分がカスタマイズされている。そのおかげでDELL製パソコンにインストールした場合だけ、ライセンス認証手続きをしなくてもライセンス認証済みになるようになっている。ただ、本来はそのOSが入っていないパソコンにインストールした場合は認証済みになったとしてもライセンス違反。


まぁ、ネットオークションで良くある手口ですよね。
基本的に、いくら値段が安かったとしても、メーカー製パソコンに付属したOSというのは買っちゃダメですよ。
メーカー製パソコンに付属したOSというのは、元々付属していたパソコン専用で、そのライセンスを他のパソコンに移動することは禁止されていますから。
どうしてもネットオークションで安く買いたい場合は、DSP版かパッケージ版以外には手を出さない方が安全です。


>何と8000円以下です。

ちゃんと探せば正規のDSP版でも1万円を切っているところがあるのに……
2千~3千円程度をケチろうとしたばっかりに、全く使えないライセンス違反のOSを買っちゃったんですよ。
次からは買う前にしっかりと調べた方がいいですよ。

>これは、もしかして、ライセンス違反ですか?

そのディスクはDELL製のWidnwos 7 Ultimate搭載パソコン用です。
例えDELL製のパソコンを使っているとしても、他のOSが入った状態で買ったパソコンに使えばライセンス違反ですよ。

ちなみに、なぜか認証済みになっているというパソコンに関してもアウトです。
認証されちゃったことについては、DELL製パソコン向けのOSインストールディスクの仕組み(※)が原因で、ライセンス違反をしていないから認証されたわけではありません。

※DELL製パソコンに付属しているOSの...続きを読む

Qwindowsのライセンス認証をしなかった場合?

macにwindowsをインストールする際、
「オンラインになったとき、自動的にwindowsライセンス認証の手続きを行う」
か、どうかのチェックボックスが出てきます。

ライセンス認証は基本的にしないといけないと思うのですが、
もししない場合は、他のpcにも複数インストール出来てしまうのでしょうか...?
メリット、デメリット、ご存知の方教えて頂ければ助かります!

Aベストアンサー

インストール作業だけなら何台でもできますが、認証しないで何日かすると、認証手続きをしないとログインできない状態(実質的に認証しないと使えない状態)になります。
認証可能なのは1台だけなので、最初に認証したものだけが使用可能で他は使えなくなります。

QWindows7 のDSPとOEM表示

私の持っているWindows7のパッケージのプロダクトキーの表記は「OEM Software」となっており、パソコンのプロパティのプロダクトIDにも「OEM」と表示されています。
ところが、たまたまパッケージに貼付してある販売店のシールを見たら「DSP」と表示してありました。
そこで質問ですが、DSP版をお使いの方々のパソコンプロダクトIDには「DSP」と表示されているのでしょうか?
DSPもOEMも区別がないのか、販売店が雑に貼ったのか、どうでしょうか?
あちこちサイトを見てみましたが、OEM版とDSP版のライセンス上の違いなんかについての記事は多いのですが、表記に関しての説明は見当たらなかったので、質問した次第です。

Aベストアンサー

DSP版は二つ所有してますが、どちらも「OEM Software」と書かれてます。
パッケージのどこを探しても「DSP」の文字はありませんね。
また、「DSP」と書かれたシールも見たことがありません。

Qラベルのプロダクトキーとパソコン本体のキーが違うって・・?

初めて質問させて頂きます。詳しい方、どうか教えてください。
パソコンに不具合が出たので再インストールをしようと思ったのですが、シリアルキーがわからなかったのでprodukeyやwinproductkeyというソフトを使って調べてみました。直後にパソコン本体にシールが貼ってあることに気がついたのでProduct keyと書いてある部分とソフトで検出した数字を見比べてみると違った文字が並んでました。これはなぜなのでしょうか。またシリアルキーとプロダクトキーの違いも教えていただければありがたいです。会社のパソコンなのですが、私が量販店で買ってきたもので、私専用になっておりますので他の者がいじったり、コピーOSは使用しておりません。大事なのはどちらのキーなのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

もう1つ。

>DELLのパソコンについていたキーナンバーをいれても認証が通らなかったとの事でした。
>なんか30(31?)日以内に認証を受けてくれってでたらしいです。
>何でこんな事が起きるのでしょう。

これは「アクティベーション・チェック」に引っ掛かったのです。

前回のオンライン認証の時のハードウェア構成と、今回のオンライン認証の時のハードウェア構成を見比べ、構成が激しく異なる場合、つまり「前回と今回で違うパソコンで認証したんじゃないか」と判定された場合に「30日以内に電話で認証すれば、使わせてあげるよ」って状態になります。

これは「Windowsを1つだけ買って、2台以上の複数のパソコンで使う」と言う不正を防止する為のチェックです(Windowsは使うパソコンの台数分だけ用意しなければなりません)

こういう「前の壊れたパソコンを破棄して、Windowsのみ新しいパソコンに引き継ぐ」と言う場合や、「マザーボードを入れ替えた」などパソコンのハードウェア構成を大きく変更した場合は、このチェックに引っ掛かるので、電話での認証を行えば継続して使用出来るようになります。

もう1つ。

>DELLのパソコンについていたキーナンバーをいれても認証が通らなかったとの事でした。
>なんか30(31?)日以内に認証を受けてくれってでたらしいです。
>何でこんな事が起きるのでしょう。

これは「アクティベーション・チェック」に引っ掛かったのです。

前回のオンライン認証の時のハードウェア構成と、今回のオンライン認証の時のハードウェア構成を見比べ、構成が激しく異なる場合、つまり「前回と今回で違うパソコンで認証したんじゃないか」と判定された場合に「30日以内に電話...続きを読む

Q本体シールのプロダクトキーはなんのために?

SLP対応OEM版がプリインストールされたWindowsパソコンの本体にはプロダクトキーらしき文字列が書かれたシールが貼り付けてあります。
しかし、先月購入したDELLのパソコンでは、貼り付けてあるシールの文字列とプロダクトキーを抽出するソフトで導き出された文字列とは大きく異なっていました。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=11022276/
http://q.hatena.ne.jp/1188832353/113917/#i113917
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3048065.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6432679.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6568979.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6640652.html

などを見ても、なぜそんなことになっているのかがわかりません。
特にOKwaveの質疑では、完全な誤りをまことしやかに回答として投稿している方が目立ち、ベストアンサーまで得ていて、信用できません。

・文字列が異なる理由
・シールとその文字列は何に使用するものなのか
などの理由を解説しているサイトがありましたら教えて下さい。
探し方が悪いのかも知れませんがマイクロソフトのKBにもないようです。

SLP対応OEM版がプリインストールされたWindowsパソコンの本体にはプロダクトキーらしき文字列が書かれたシールが貼り付けてあります。
しかし、先月購入したDELLのパソコンでは、貼り付けてあるシールの文字列とプロダクトキーを抽出するソフトで導き出された文字列とは大きく異なっていました。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=11022276/
http://q.hatena.ne.jp/1188832353/113917/#i113917
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3048065.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6432679.html
http://oshiete.goo.ne.jp/...続きを読む

Aベストアンサー

わたしの質問は
SLP対応OEM版が導入されたプリインストールパソコン本体に貼り付けられているシールに記載されているプロダクトキーのようなもの(仮にAとします)とパソコン内部から抽出したプロダクトキー(仮にBとします)において、
・両者の文字列が異なる理由
・シールとその文字列は何に使用するものなのか
についてを尋ねています。

両者の文字列が異なる理由
ソフトで抽出されたプロダクトキー⇒⇒⇒これがそのパソコンのほんとうのプロダクトキーでマイクロソフト社からSLPインストール用OEM OSとしてパソコンメーカーが購入します。
パソコンメーカーはこのプロダクトキーだけを認識するBIOSを作ってM/Bに組み込みます。もちろん、OS側にもメーカー製BIOS検知機能を組み込んで合わない場合はインストールは拒否します。同じ時期に生産される同じメーカーのパソコンはすべて同じキーです。
要するにメーカーのマザーボード以外にインストールできないOS(プロダクトキー)なので、何の意味もないプロダクトキーです。メーカーのBIOSなんて絶対手に入りませんね。

パソコン本体に貼ってあるプロダクトキーシール(COAラベル)
⇒⇒⇒マイクロソフト社の使用許諾文を機器製作者である○○社 および購入者はそれを理解し、尊守しますという証明書なのでパソコン一台一台別々の番号(プロダクトキー)が付きます。最終的に一台一ライセンスなので番号はひとつだけなのでパソコン毎に異なります。要するにこれも何の意味もないただの製造番号のようなもので使い道はありません。
ただし、マイクロソフト社ではその番号は監視しているようでDSP版などのOSでメーカーパソコンについているキーを入れると即座にはじかれるようです。

Windows XP-sp 1以前は同じOEMということでDSP版のCDでメーカーパソコンに貼ってあるキーを入力してインストールできたときもあったようですが、SP-2以降、とても厳しくチェックされてできなくなりました。VISTAや7はもっと厳しいようです。

わたしの質問は
SLP対応OEM版が導入されたプリインストールパソコン本体に貼り付けられているシールに記載されているプロダクトキーのようなもの(仮にAとします)とパソコン内部から抽出したプロダクトキー(仮にBとします)において、
・両者の文字列が異なる理由
・シールとその文字列は何に使用するものなのか
についてを尋ねています。

両者の文字列が異なる理由
ソフトで抽出されたプロダクトキー⇒⇒⇒これがそのパソコンのほんとうのプロダクトキーでマイクロソフト社からSLPインストール用OEM OS...続きを読む

QWindows10でのライセンス認証後のパーツ交換で事実上の文鎮化について

Windows10ではライセンス認証が非常に厳しくなっているらしく、無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある、ということを聞きました。

私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によってライセンス認証エラーになった場合、Windows8.1のクリ
ーンインストールをしたとしたら、そのままWindows8.1で運用することは可能なのでしょうか。
それともライセンス認証に引っ掛かったり、自動的にWindows10になってしまったりするのでしょうか。

ライセンス認証に引っ掛かったり、自動的にWindows10になってしまってライセンス認証エラーになってしまうのであれば、事実上の文鎮化みたいな状態になってしまいますから、非常に悩ましいところですが、詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただければと存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある

HDDをSSDに替えたりするというのは、HDDが古くなった時に自分の手でDIY交換する人もいらっしゃいますので、ディスク(記憶領域)の交換では
文鎮かはまずないと思いますよ。

■参考資料:Windows10搭載のThinkPad E560のノートPCのHDDをSSDに交換する手順
http://matome.naver.jp/odai/2146029626782857701

ノートPCの場合、OSそのものが、OEM版ですので、そのPCで使えないという制限があるタイプになります。

その場合で、HDDを別のHDDに寿命で交換するという事や、HDD搭載のノートPCを買い、届いて動作確認(初期不良チェック)を済ませると即SSDに
換装させるという人は昔から少なくないです。

光学ドライブのDVDドライブ搭載のものをブルーレイドライブに換装させても動きますし、CPU換装でも動くと思います。

>マザーボードを替える

これはPCそのものが別ものという感じになると思います。

Lenovo製や、hp製とかのノートPCとかは、Wi-Fiアダプターとかを別のものに交換すると、ハードウェアのエラーが出て起動できない!
というのは昔からあったりします。メーカーによってはハードウェアチェッカーが搭載されています。

Windows8.1とかを搭載しているhp製のノートPCのWi-Fiアダプターを自分でインテル製とかのをネット通販で買い、DIY交換してみて、
「あ~やっぱり噂通り、BIOSで制限しているっぽい。やっぱり動かなかった」という失敗談とかはネットで検索すると見れたりします。

そういったOSとは違う制限もあったりします。

>私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によって
>ライセンス認証エラーになった場合、Windows8.1のクリーンインストールをしたとしたら、そのままWindows8.1で運用することは可能なのでしょうか。

やり方はいろいろあると思います。

ノーPCで、Windows8.1とかWindows7とかを搭載している人というのは、「そうだ無料なので、Windows10にアップグレード試してみよう」と
思ったりした時というのは、2.5インチ9.5mm厚のHDDをヤフオクとかで買い、そのまま外付けしてクローンコピー作成してしまい、そのHDDは
そのまま保管し使用せずに、ノートPCをデーター等引き継ぐという形で一気にWindows10にアップグレードします。

そして、Windows10の状態でWi-Fiとか不安定なものとかを調整し、そこでまた別のHDDにクローンコピー作成します。

Windows10のHDDとかで使用してみて、「これは私には使いにくい気がする」とか、2・3カ月とか使用してみて、もしそういう判断になれば、
そのままWindows8.1のクローンコピーしたHDDに入れ替えて電源押せば、Windows8.1で起動できますので、その場合「Windows10のクローン
コピーしたものはもう使わない」と判断し、ヤフオクとかで売るという処分方法ができます。

逆にWindows8.1はもう使わないよな~と思えば、そちら側を売るという感じになるでしょうか。

HDDを2個で、1万円とかで最初に買えば、Windows10は販売価格2万円といわれていますので、それでもまだお得になる計算になります。

クローンコピーは、コピー先は、コピー元の容量を下回れないというルールがありますが、OSとか最低限インストールしているオフィスソフトとか
の合算は100GBもあれば十分だったりしますので、クローンコピー用のHDDは必ずしも大容量でなければいけないということでもありません。

例えば、2個で1万円でHDDを買い、「Windows10ってどんな感じなのだろうか?」とわからないわけで、それは想像してみても自分に合うとか
わからないので、無償アップグレードキャンペーンをやっているだけなので、想像するよりは実践してみてね! という意味だと考えますので、
やってみて、自分なりに「Windows10にしてみてよかった」と思えば、そこで2個のHDDを売却処分するという方法もあると思うのです。

クローンコピーのメリットは、復元とかの作業も要らないですし、作業時間そのものが短く済む、でもちょっとお金的にはかかる。

お金を安くするという風にする場合は、バックアップソフトで、ドライブを丸ごとイメージファイルでDVD-Rとかのメディアに焼くという方法も
あります。

Windows8.1搭載のノートPCとかに無料バックアップソフトをインストールし、「CドライブとDドライブを丸ごとバックアップ」としてDVD-Rとか
に焼いておき、Windows10が合わない時とかに、そのバックアップディスクを利用して、ノートPC内のHDDに上書きしてやれば理論上もとに戻すこと
が可能となります。

ただ、DVD-Rとかにイメージファイルを焼いて、それを復元しますと、光学ドライブそのもののデメリットとなるデーターアクセス速度の遅さが
ありますので、復元するときに「あれれ~まだこんな進捗具合か?」と感じる遅さがあります。

「私はWindows10にしてあり、気に入っているが、いつかハードウェア構成を変えた時に認証エラーになるのではないか?」という未来の不安
という質問であれば、お金をなるべくかけないバックアップとしては、DVD-Rとかに焼きておくという方がお勧めです。

使うか? 使わないか? 現時点では予想できないバックアップという点ではお勧めとなります。

ただ、お金に余裕がある場合とかは、HDDにバックアップしてしまい、2・3カ月後とかに、それが要る・要らないと仕分けをしてしまうという
方法とかを採用する人の方が多いような気がします。

ライセンス認証とかって、そもそもマイクロソフト社が判断している部分です。

今までにも、「マイクロソフト社のオフィスソフトを買い、AというPCにインストールして、”これは良いな。仕事でも使う機会も増えたのでPCを
買い直しても良いかな” という風に考え、新しく買った自作PCにそれまで某メーカー製のノートPCで使っていたオフィスソフトをインストール
したら跳ねられてしまった」なんて話はどちらかといえば珍しくもない話だったりします。

オンライン認証で、ハードウェア情報をぶっこ抜くような感じなので、PC構成が大きく変わり、ネット接続のIPアドレスとかも変わったりした
時とかに、跳ねられてしまったりするということはあるみたいですよ。

PCメンテナンスソフトで、3台まで使えるというのがあり、1台のPCでインストールし直したら4度目ではねられたという事例もあります。

一般的には、ネット接続用のIPアドレスを固定用のプロバイダーを使用しているとか、なるべく誤解を与えないように多少の工夫をしている
人の方が多いような気がします。

あまり深く考えすぎると、それに反比例して行動できなくなったりします。

2万円はそれなりに大切だったりもしますが、2万円でそういう癖が着いてしまうと、たぶん人生ではそれ以上のものを失うことになるだけだと
思いますので、「この問題は明日の朝目覚めたら結論を出す」という感じで、サクッと決めるとかにした方が良いと思いますよ。

>無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある

HDDをSSDに替えたりするというのは、HDDが古くなった時に自分の手でDIY交換する人もいらっしゃいますので、ディスク(記憶領域)の交換では
文鎮かはまずないと思いますよ。

■参考資料:Windows10搭載のThinkPad E560のノートPCのHDDをSSDに交換する手順
http://matome.naver.jp/odai/2146029626782857701

ノートPCの場合、OSそのものが、OEM版ですので、そのP...続きを読む

Qwindows7が無料でダウンロードできるサイトを教えてください

サイトでダウンロードしたあとにUSBにそのまま書き込んでいいですか

Aベストアンサー

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7 ← 「この製品をダウンロードするには、ライセンス認証用の有効なプロダクト キーが必要です。」

また、ダウンロードしたファイルは USBメモリにそのまま書き込むことはできますが、インストール作業をしなければ起動できるシステムにはなりません。もし、USBメモリから起動できるのかと言う質問でしたら、できません。Microsoft は基本的にUSB接続の媒体からの OS の起動は許していません。従って、Mac のように外部の USB 機器からの起動はできません。(※例外はありますけれど)

Windows の OS を無料でダウンロードできるサイトは、Microsoft にあるようです。
http://tipstour.net/microsoft-official-windows-download-link

ただし、無料ですがプロダクトキーが必要です。ダウンロードする場合か、インストールする場合に、プロダクトキーが必要になりますね。検証目的で、プロダクトキー(ライセンス)はあるけれどメディアが無い場合は、これらを利用できます。

下記が、Windows7 のダウンロードサイトです。プロダクトキーが無い場合は、利用できません。
https://www.microsoft....続きを読む

QDELLの再インストールCDで他社製のPCに・・・

インストールできますか?

DELLは、DELLのPCしかできないくて、

他社製だと、はじかれてしまいますか?

Aベストアンサー

正しくは、絶対にできません。
限定的に、ダウングレード権行使時のインストールディスクとしてのみ
特例が認められているだけです。(ただし、これもライセンス上の許諾で、実際の導入可否は別問題)

技術的に動かすだけだったら、どうとでもなりますよ。
でも、正規の購入費用をMicrosoftに支払っていないのであれば
それは、盗んだか、騙し取ったかということになりますから
万引きしてきて使うのと、なんら変わりません。


Windowsは、ソフトウェア製品ですから、それを動かす権利だけが売買されています。
貸与する権利も、複製する権利も購入者にはありませんし
使用権として認められているライセンス条項を確認すれば…

Dell製品の付属品としてOEM供給されているWindowsのライセンスは
そのWindowsと共に取得される、Dell製品に貼られた
COA(実物証明書)シールとの組み合わせでのみ有効となっています。


シールをはがしてディスクと共に別のPCに移すことが認められませんし
シールをDellの筐体に貼ったまま、別のPCにインストールすることも認められません。

厳密には、同型機の間でのインストールディスクやリカバリーディスクの共用も認められていないようです。


前述の特例となるダウングレード権行使は、新しいWindowsが付属したPCを購入した場合に
特定条件の元、古いWindowsへのダウングレードをおこなって運用するという権利に伴うもので…

付属していない古いWindowsのインストールディスクの代用品として
他のPCの付属品を利用できるという特別な許諾が行われています。

しかし、それでも、技術的障壁でインストールに失敗する場合があります。
ですから、そういう場合でさえ、最低限DSP版の流用を検討すべきです。


DSP版は、ハードウェアベンダーが、ハードウェアをWindowsと共に活用してもらうべく
ハードウェアの付属品としてWindowsを添付して販売するための製品形態で、OEM版の一種とされています。

DSP版も本体であるハードウェアを伴った運用が大前提で
そのハードウェアが機能するカタチで組み込まれたPCである必要があります。

ですから、FDDの付属品として購入された一部のDSP版WindowsXPは
既にFDD端子の無いM/Bのトレンドを前に、導入不能になっている場合もあります。
Pentium4時代にメモリーとセットに購入したのであれば、CoreiどころかCore2Duo機にも流用できません。

唯一ダウングレード権行使によってのみ、そういったゴミになったDSP版XPディスクの使い道があります。
(これはDSP版インストールディスクを単体で売りに出す人が詭弁として利用できる状況と言えます)


ハードウェアとDSP版の紐付けは、販売店で一度だけ行われるので
別のハードウェアへと、紐付けをしなおすことができませんし
その組み合わせが散逸すれば、二度と利用方法は存在しません。


すべてそういった制限の元、低価格で提供されたものだから
それを破って動かすという取り組みは、すべてWindowsを騙し取る行為と言えます。

必然的に、こういったQ&Aサイトなどでは、公序良俗に反する行為として
手順が説明できませんし、質問自体が削除されることもあります。


観測してみると…ネットオークションなどでは、最大で2万円程度で
DellなどのOEM版インストールディスクや
DSP版Windowsなどが、驚くほど盛んに落札されています。
しかし…これらは、おおむねすべてインストールすればライセンス違反です。


アクティベーションは通る場合もありますが、アクティベーションが通らなければ
使用する権利が無いというわけでは無いことが広く知られています。

逆を言えばアクティベーション可であることが、使用権が認められる証左とはなりません。
技術的な認証と、ライセンス上の有効性はまったくの別問題です。


ただ、あまりにも違法ユーザーが多かったから、完全たりえないながらも
技術的に認証を行なう方法が設けられただけで、結果的には、それが不要なはずの正規ユーザーだけが損しています。
どうか、これ以上に正規ユーザーの利益を損なう行為はやめて欲しいものです。


まぁ、私はWindowsやMacOSXには購入する価値が無いと思っているので
WindowsもMacOSXも、ずっと使わないんですけどね。
やろうと思えば、たいていのことはLinux系OSでもできますし
そのくらいのことができないなら、Microsoftに正当な収益を与えるべきです。


なお、こういった"インストールすればライセンス違反"となるものの販売は
販売自体は違法では無いので、Microsoftは介入しないようで…野放しとなっています。
あくまでもライセンス違反にすぎず、販売行為に対してMicrosoftがとれる制裁方法は実質的にありません。

しいて言えば"インストール可能や認証可能を謳ったもの"は、詐欺に問えるというだけで
これはMicrosoftが訴えるべき問題ではなく、ユーザーレベルの問題なのです。

そこを勘違いして「盛んに出品されているから」と正規の入手方法だと考えている人も少なくなく…
これもすべてWindowsユーザーが作ってきた
"Windowsユーザーだけが損をする"仕組みであり文化です。
中には、パーツが使えなくなり、使えなくなったDSP版Windowsを使い続けるために
DSP版のライセンスについて、誤った解釈を広めようとしている人もいるほどの地獄…
それがWindowsの世界のようです。


オークション出品の中には、製品の写真をはっきりと掲示し、OEM製品などに記載されている
本体と分けて使うことが認められないことを示す注意書きが判読できるようになっているものもあります。
どう見ても「インストールできないことを承知の上で落札されたんだと思っていた」と言い逃れる気まんまんです(笑)

実際にアクティベーション不能などのトラブルから、ライセンス違反品を含む広義の海賊版が露呈した場合
Microsoftにはそれを救済するプログラムがあるのですが…
当然ながら、Microsoftが規定する条件を満たす必要があります。

しかし、出品内容からインストール不可と判断できるはずのものであれば
救済プログラムが適用されない場合もあるのかもしれません。

そもそも、狭義の海賊版ではなく、使用権が認められないOEM/DSP版を購入してしまった場合に
救済プログラムが適用されるのかどうかは定かでは無いのです…

正しくは、絶対にできません。
限定的に、ダウングレード権行使時のインストールディスクとしてのみ
特例が認められているだけです。(ただし、これもライセンス上の許諾で、実際の導入可否は別問題)

技術的に動かすだけだったら、どうとでもなりますよ。
でも、正規の購入費用をMicrosoftに支払っていないのであれば
それは、盗んだか、騙し取ったかということになりますから
万引きしてきて使うのと、なんら変わりません。


Windowsは、ソフトウェア製品ですから、それを動かす権利だけが売買されています。
貸...続きを読む


人気Q&Aランキング