人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

色々事情がございまして 12年前に仕事で関係のあった高野山のお寺の方に 久方ぶりにもかかわらず、大変お世話になってしまいました。まだ電話でのやり取りだけで、今度 あらためてお寺さんまでご祈祷と色々ご相談にあがる予定になっております。
その際に手土産はどんなものがよいものでしょうか?
(なにか気の利いたものを…と考えておりますが、なかなか良い案がうかびません)
また、お布施と一緒にお持ちさせていただこうと考えておりますが、熨斗紙はどのようなもので どう記載させていただくのが失礼でないのでしょうか?
お布施はどのような封筒が宜しいのでしょう?
やはり風呂敷でつつんで持っていくべきですか?
お寺の方へのお礼の仕方など、常識をもっておりませんで困っております。
どなたか教えてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高野山と申しますと高野山真言宗の総本山とする和歌山県伊都郡の金剛峯寺(こんごうぶじ)で御座いますか?ご関係のある方でしたら私などより色々ご存知だと思いますが、私の思っている事を書かせて頂きます。


お布施は、白無地の封筒(白無地の封筒でお布施と書いてある物が最近では文房具店などで売っています)で良いと思います。(水引は付いてなくても結構です)
お手土産をお持ちになるのでしたら、日持ちの良い和菓子か缶詰にされているようなゼリーなどが宜しいかと思います。
風呂敷にお包みくださった方が良いかと思います。
貴方様が高野山にお越し頂いた事を喜んで頂けると思いますので、お考えの通りで良いと思われます。
高野山真言宗のサイトのアドレスを下記へ記載します。

参考URL:http://www.koyasan.or.jp/index.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

金剛峯寺ではございませんが、高野山真言宗の付近のお寺の方です。
色々本当に勉強させていただけて 感謝いたします。
この機会に色々知ることができました。
ご意見大変参考になりました。
できるだけ失礼のないように、12年ぶりの再会を楽しみに行ってまいります。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/01 09:12

#1です。


真言宗の僧侶の方のコメントを貼っておきます。したのURLです。


水引の色

「よく、水引の色について聞かれることがあります。この水引の色は、渡す人に自分の気持ちを表すもので、お葬式などの香典は白黒(銀黒)の物、お祝いなどは紅白(金赤)を使います。お寺に渡すお布施などは、お葬式・法事を問わず紅白で良いと思います。ただし、熨斗は取っておきましょう。これは、亡くなった方のために供養をして頂いたという、感謝の気持ちが込められているからなのです。法事などでのお供えは、三回忌から七回忌ぐらいまでは白黒で、後は白黄で良いのではないかと思います。」

京都では黄白を法事につかうとか決まりごとが多いようですが、上のコメントにもあるように、「御布施」の場合はそれほど決まりはありません。「御祈祷料」のお布施の場合、実は赤白もよくお寺で見かけました。(混乱すると思って書きませんでしたが。)仏事といっても多種多様ですので、お礼の意味が深いならばお供えも別に赤白でもかまいません。白封筒というところもあります。手に入りやすいもので結構だと思います。
いづれの場合も、中央より上に御布施、お供、中央より下に名前、少し右側に住所を明記するとよいでしょう。

お供えには先ほどの菓子折などの手土産以外だとお荷物にならなければ日本酒も。これはお神酒ですから万能です。特にご祈祷の場合は。

12年ぶりということですが、こうしてまたご縁ができたのですし、感謝の気持ちさえあれば、書き方やお布施や手土産は問題ではありません。このように事前に心を遣われるだけで、また失礼にあたらないようにという謙虚な気持ちだけで充分でしょう。

お寺は世間の常識を超えた聖域ですから、本来お寺は世間のしきたりにこだわるところような所ではありません。気軽にいらして大丈夫ですよ。

参考URL:http://www.omuro.org/hitokotolog.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧なアドバイス、本当にありがとうございました。
とても良い勉強にもなりました。
是非、参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/07/01 09:04

簡単な手土産(菓子類はお寺ではいくらあっても足りないでしょうから)と相応のお布施でよいのでは。



入れるのはコンビニでも売ってる「お布施」と書いた封筒にいれてお渡しすればよいでしょう。

名前は手渡しするのなら不要ですね。

随分お世話になることがあるようで、それが気がかりなら、いろいろお話して、お寺に不足しているものを後から寄進してもいいですよ。

それこそ、夏物の座布団・扇風機等など、足りないものは多いでしょうから。(もちろん、後でお金を送ってもOK。何かの役に立ててくださいとか、扇風機を買うのにお使いくださいとか、手紙を添えてね。)
    • good
    • 2

>手土産はどんなものがよいものでしょうか?



季節柄、美味しいそうめんなど乾麺がいいと思います。もしくは、地方名産とか取り寄せの珍しい和菓子とか、昆布などの佃煮とか,あまり嗜好の強くないものがいいと思います。
手土産の熨斗は「お供」


ご祈祷ー表書きは「御布施」です。

詳しくは下のURLをどうぞ。宗旨に関係なくこれが通常でしょう。本来は奉書に書くのですが、今では市販のもので代用しています。
慶弔盆にのせてだしてもよいし、袱紗に包んでもいいし、そのままでもかまいません。それほど堅苦しく考えることはないと思います。寺院で恥をかくことはありません。

参考URL:http://www7.ocn.ne.jp/~kokubo/fuse1.htm#通常

この回答への補足

早速のご親切なご回答、ありがとうございます!
お熨斗の色は両方黄色いものでよろしいのでしょうか?
あと、記名は必要ですか?
申し訳ございません、教えて頂けると幸いです。
確かに、先方の住職さんもとてもきさくな方で 気楽に遊びに来てください!…とおっしゃってくださいますが、12年ぶりにいきなりお世話になりっぱなしなので どうしても色々気になってしまっています。
ご意見いただけて、とても助かりますm(_ _)m 

補足日時:2004/06/30 16:37
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む

Q法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きについて

タイトル通りですが、法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きは、どのような表書きにしてもらったらいいのでしょうか?
また、お車代・お膳代を渡す場合、金額の表示は必要でしょうか??

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
地域の習慣によっても違うのですが、私が頂戴しているものでは、引き物につけた菓子の表書きは「供」「粗菓」などが多いように思います。仏事ののし紙をかけてあって、お家の名前だけで表書きのないものもあります。

お車代、お膳料は、運転手さんや仲居さんへの心付けとは違いますから、正式の金封で金額もきちんと表示してください。

Qお寺への菓子折りの熨斗について。

四十九日の時に、お寺へのお布施とご膳料をそのまま渡すのは変かと思い、
菓子折りの上に乗せて渡そうと考えています。
この場合、菓子折りは熨斗無しでもよいでしょうか?
熨斗が必要だとすると、「粗供養」なのでしょうか?
又、お布施15,000円、ご膳料5,000円は少なすぎでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
お菓子は熨斗紙を掛けた方が丁寧だと思いますが、無地熨斗(特に表書きを書かない)でも良いと思います。
お布施、お膳料は地域の習慣によってもちがいますが、一般的にはkeron8さんのお考えの金額で失礼にはならないと思います。

Q法事以外にお寺に払うお金は何と言いますか?

代々の菩提寺のお寺に、法事以外に、毎年正月と盆に決まった額のお金を渡すことになっています。こういったお寺へのお金は何というのですか?お包みに何と書けばいいのかわかりません。法要ではないので「お布施」ではないと思うのですが。

Aベストアンサー

No3のものです。私もついでに・・・。w
「御香料」でもいいですよ。本尊さんに対して、お香の代わりに納めさせて頂きます。となりますのでね。
「お布施」は「ほどこし」ですのでこれも本尊さんに対して、品物の代わりに納めさせて頂きます。となりますので。
「お布施」と「志」は同じように使えます。御礼にもなれば、お供えにもなると言うことです。ですのでお寺に包みを持っていかれる場合は、「お布施」ですべてかまいません。
お正月や、お盆にお寺に行くと言うことは、本来、本尊さんにお参りをさせて頂くという事なのです。
ご参考までに・・・。

Qお墓参りでのお寺への贈答品

こんにちは。お墓参りをするときに、お寺さんに顔を出し挨拶をします。
その際は何か贈答品等、お渡ししたほうがいいのでしょうか?
お渡しする際の熨斗はなんてかけばいいですか?
お渡しする際は、どんな言葉を添えてお渡しすればいいですか?
ご存知の方がいらしたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。お墓参りの際にお寺に顔を出されるということは、お寺の境内に墓があるのでしょうか?
お墓参りされるのが年に数回あるようでしたら、新年最初のお墓参りの際に、
「いつもお世話になっております。今年も宜しくお願いします。」くらいの挨拶で、
簡単な物、お菓子などを「志」や「お礼」などの熨斗(紅白の熨斗)を付けてお渡しするか、
白封筒に「お布施」と書いて数千円をお包みされると良いと思います。
また、年に1回、数年に1回などあまりお寺に顔を出されないようでしたら、もう少し金額を上げられた方が良いでしょう。

Qお寺のご住職にいちいち挨拶すべきか悩んでいます。

お寺のご住職にいちいち挨拶すべきか悩んでいます。

車で10分程度の隣市に実家の菩提寺があるのですが、以前はお寺にご住職は住んでおらず、別のお寺のご住職が法事などの時にわざわざ来て下さっていました。
ところが最近若いご住職が来て下さり、お寺に住んでいらっしゃいます。

法事をお願いする時は当然お布施をお渡ししますが、春と秋のお彼岸にお墓参りをするだけの時も、本堂(入り口の事務所?)の方に顔を出してお布施をお渡しするべきでしょうか?

私は盆、彼岸以外にも両親の命日や、お墓に植えてあるお花の手入れなどにフラッとお墓に寄るのですが、寺男の方からお線香を買う時にいつもちょっとしたお菓子などを差し上げていたのですが、ご住職がいらしてからは、寺男の方にお菓子を差し出すと「ご住職にご挨拶していって下さい」と言われるようになり、その都度遠慮しています。
手ぶらで挨拶・・・というわけには行きませんよね?

Aベストアンサー

御本尊様の次に御墓で構いません。寺男さんが居られるなら、逢われた時に
会釈をすれば別に挨拶は必要ありませんね。

買い物の途中で立ち寄られた場合ですが、その時には御線香や御供物などは
不要です。ただ御墓が敷地内にあるのですから、御本尊様だけは拝まれた方
がいいと思います。受付に常に人が居るか居ないかは寺側の都合もあります
から、それは仕方がありません。何回も御墓参りをされているようなので、
いちいち受付を通す必要はないと思います。受付前を通り過ぎる時に、軽く
会釈をする程度で十分ではないでしょうかね。ただし受付に御住職が居られ
る場合は、会釈だけではなく「御墓参りに来ました」「終わったので帰りま
す」の言葉は言われた方が良いのではありませんか。

御本尊様は御墓で休まれている御先祖様を御守りして頂いているで、御墓に
行く前には必ず本堂の前まで進み、両手を合わせて下さい。
間違わないようにして欲しいのは、今回の回答は法事や法要を除いただけに
限られます。御住職に相談や打ち合わせがある時には、手土産は持参した方
がいいと思います。

Qお寺にお礼を包む時の表書き

お寺にお礼を包む時の表書き

思春期の息子が急に体調を崩し、それ以来息苦しさと幻視に悩まされています。
朝は身体が重く、歩くのも辛い状態。
様子から見て自律神経が弱っているのではと思いその治療の予約はしてあるのですが
幻視については原因がわからずのままなので、今度お寺に相談にいくことなりました。
そこで霊視していただき、お祓いもしくは除霊、今後の心構えなど教えて頂けるようです。

こういった相談の場合、お礼の表書きはどのようにしたらよいでしょうか。

普通に「御礼」でよいでしょうか。
また、金額は?
そこのお寺を知ったのは友人の口コミからで、表立った宣伝はなにもしていないので
金額の指定は無くお気持ちで、と言われました。
が相場がわからず、5000円でよいのでは?というアドバイスもいただいたのですが
その額で失礼にならないでしょうか?

9月2日に息子を連れてゆく予定ですので
早めの回答をいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お布施」でいいのではないでしょうか。
3000円か5000円ぐらいが相場でしょう。

でも、無宗教の私だったら祈祷なんて絶対しませんがね。精神科医へ全面的に頼ります。

Qお寺へのお礼の表書き

改葬します。、今までお墓のあったお寺の住職さんにお礼として
いくらか渡すつもりですが、表書きはどう書けばいいですか?
普通の白い封筒でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>>今までお墓のあったお寺の住職さんにお礼として
ということは、寺院の境内にある墓地から、別の墓地に改葬するということでしょうか?
古い墓石は撥遣(はっけん)という儀式を行います(俗に「性根抜き」「魂抜き」といいますが、この言い方は仏教的にはあまりふさわしい表現ではありません)。
この法会へのお布施としては、熨斗の付いていない金封に赤白水引で表書きは「撥遣御礼」、または「御布施」でいいでしょう。
それとは別にお礼としてお渡しするのであれば、熨斗の付いていない金封に赤白水引で「御供」「御香料」などでよいではないでしょうか。

改葬先で墓石建立、納骨を行うでしょうから、その際のお布施は熨斗なしの金封に赤白水引で「開眼法会御礼」「建墓法会御礼」「御布施」などがあります。


熨斗は薄く削ったアワビを添えて贈答としていたことの名残で、現在も黄色の薄紙が貼ってありますが、それがのしアワビを模したものです。
殺生を戒めることや、動物性のものを御供えとしないところからも、寺院へのお供え、贈答には慶事・祭事でも金封に熨斗は付けません。
熨斗が付いている金封であれば、取り外してください。

>>今までお墓のあったお寺の住職さんにお礼として
ということは、寺院の境内にある墓地から、別の墓地に改葬するということでしょうか?
古い墓石は撥遣(はっけん)という儀式を行います(俗に「性根抜き」「魂抜き」といいますが、この言い方は仏教的にはあまりふさわしい表現ではありません)。
この法会へのお布施としては、熨斗の付いていない金封に赤白水引で表書きは「撥遣御礼」、または「御布施」でいいでしょう。
それとは別にお礼としてお渡しするのであれば、熨斗の付いていない金封に赤白水引で...続きを読む

Q引出物はお寺さんにも渡すのでしょうか

もうすぐ義父の四十九日があります。ネットで検索したところ、「僧侶にも引出物を渡す」といった説明がありました。引出物は僧侶にも渡すものなのでしょうか。ちなみに、法要後僧侶は食事に列席されます。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 忌明けの法要の「粗供養」ですね。

 お渡しされているのが多いですが、100%ではありません。

 法要終了後にお寺さんがすぐに帰られるときは、皆さんが持ってこられるお供えの「おさがり」をお分けしている時間がないので施主よりの粗供養だけお渡ししています。 
 今回は法宴までご一緒なら、おさがりも間に合いますからそれも入れられたらいいと思います。

 みなさん気づかれてないかと思いますが、法要だけでなく通夜・葬儀の時にも通夜供養・当日供養はお寺様にお出ししていることもありますよ。
 
 ただ、地域によって慣習は異なりますので、ご参考までに。

Qお盆、お寺さんへのお供えについて

今年のお盆に、初めて主人の祖父母のお盆の法要にお寺へお参りに行く予定なのですが、私の実家ではいつも、お寺へお参りではなくお墓参りをずっとしていたので、お供えなどどのようにすればいいのか解らず、質問させていただいております。
主人の祖父母にはお墓はなく、あるお寺へ納骨しており、そのお寺とはまた別のお寺でいつも法事やお盆はお参りをしているようです。7回忌の法事に一度参加したことがあるのですが、食べ物などはお供えされてなかったように記憶しています。お墓参りだと、お花とかお酒とか、好きだったもの(?)などお供えしてましたが、お寺の場合どのようなものが良いのでしょうか??

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お寺へのお供えは、基本的に故人に対するものではなく、お寺のご本尊さまに対するものになります。お供えするものは、お花でも食べ物でもかまいませんが、お花は法要の施主が用意していたり、お寺によっては施主の費用負担でお寺側が用意する習慣のところもありますので、食べ物にされる方が無難かと思います。
暑い時期ですし、またお盆の頃にはお寺へのお供えが集中する事もありますので、日持ちのする焼き菓子やお饅頭、果物などを用意されれば良いのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング