【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

はじめまして。レポートを書く上で参考にしたいこと
があるので質問させていただきます。

心理学者のコフカ(K.koffka)は行動的環境と地理的
環境を区別して、「人間はそれぞれの行動的環境に
基づいて行動する」と主張したそうですが、
この主張を、皆さんはどう考えるか教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

詳しい補足ありがとうございます。



どう考えるかと訊かれても
漠然としすぎていて答えに困るのですが,
心理学徒の端くれとして私なりに思うところを書きます。

コフカによる行動的環境と地理的環境の区別は
哲学の歴史の中で形を変えつつ繰り返し問題とされてきた
知覚(あるいは表象)と実在の関係についての
ゲシュタルト学派なりの立場表明と受けとめています。

哲学内部における議論はさておき,
20世紀において哲学の外でコフカに先行するものとして
ジャーナリストリップマン(Lippmann,W.)のステレオタイプ(stereotype),
動物学者ユクスキュル(von Uexkuell, J.)の環境世界(Umwelt),
コフカ以降のものとして
知覚心理学者ギブソン(Gibson,J.J.)のアフォーダンス(affordance),
認知科学者ジョンソン=レアード(Johnson-Laird,P.N.)のメンタルモデル(mental model)などなど,
知覚された世界と客観的実在の世界の関係については
さまざまな観点から多様な形での考察がなされてきました。

これらは大まかに言って2つの立場に分かれると思います。
ひとつは知覚された世界を客観的実在の不完全な写しと捉える
偽物-本物図式を踏襲しているもので,
ステレオタイプやメンタルモデルはこちらに属するものでしょう。

これに対し
知覚された世界こそが第一義であると考え
それ自体には誤りはありえないとする立場が一方にあり,
環境世界や行動的環境はこちらに属するものと考えます。
ナチスの迫害を逃れてアメリカに渡ったコフカと出会い,
彼の私的ゼミナールを舞台とした知的対決の中から自らの理論を構築したギブソン至っては
知覚世界vs実在世界という二元論そのものを乗り越えようとしてます。

このように見てくると
コフカの行動的環境は
ユクスキュルの環境世界とギブソンのアフォーダンスをつなぐ
重要な概念であると言えるでしょう。

そんなわけで
ユクスキュルやギブソンからコフカの思想を見なおすというのも一興です。
入門編的な本をご紹介しますので,
興味がおありなら夏休みの読書リストに加えてみてください。

  日高敏隆(著)
  『動物と人間の世界認識/イリュージョンなしに世界は見えない』 筑摩書房

  佐々木正人(著)
  『アフォーダンス/新しい認知の理論』 岩波科学ライブラリー

  三嶋博之(著)
  『エコロジカル・マインド/知性と環境をつなぐ心理学』 NHKブックス

ユクスキュルやギブソン自身の著作に触れたくなったらこちらをどうぞ。

  ユクスキュル,クリサート(著),日高敏隆ほか(訳)
  『生物から見た世界』 新思索社 

  ギブソン(著),古崎敬ほか(訳)
  『生態学的視覚論/ヒトの知覚世界を探る』 サイエンス社

コフカの『ゲシュタルト心理学の原理』は古典的文献ですが,
大部かつ難解で専門家以外にはお薦めできません。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0735.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「私たちはありのままの
世界をみていない」ということになるのではないか、
というのが私の考えでしたが、知覚された世界こそが第
一義であると考えそれ自体には誤りはありえない、
という見方もあったんですね。
しかし、我々が見ている世界はそもそも上下が反対
である、というのなら(私はこれはいまだに
信じられないのですが)、知覚された世界こそが第一
である、という主張は少し説得力がないのかも
しれませんね。
たくさんの本を紹介していただき、ありがとうござい
ます。夏休みにでも読んでみようと思います。

お礼日時:2004/07/07 03:30

#1,#2です。



気合を入れて書いたので
ちゃんと読んでいただけて嬉しいです。

ところで
>我々が見ている世界はそもそも上下が反対である

これは網膜像のことをおっしゃっているのですね?
しかし網膜像自体は知覚像ではありません。
網膜像は物理法則にしたがって逆転しているだけです。

網膜像の光のパターンに応じて網膜上の錐体と桿体という光受容器が反応し,
その信号が視神経を介して大脳の第一次視覚野に送られます。
その後,視覚情報はいったん色,形,位置,動きといった要素ごとに
別の場所で処理されたあと再統合され...
といった複雑なプロセスを経て初めて知覚像が生成されるというのが一般的理解です。

ところで
不思議というなら網膜像の逆転以外にも
眼球は常に動いているのに世界は安定して見えるとか,
大脳への視覚情報伝達は断続的に行われ
途切れている時間のほうが長いのに世界は連続して見えるとか,
不思議なことはいくらでもあります。

しかしながらこれを不思議と感じるのは
われわれがカメラの比喩で視覚を理解し,
知らず知らずのうちに偽物-本物図式に囚われているせいではないか?
そう教えてくれるのが
ユクスキュル=コフカ=ギブソンの観点ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早い回答ありがとうございます。
そうなんですか。網膜像と知覚像は違うものだった
のですか。
確かに不思議なことがいっぱいありますね。
言われるまでそんなことに疑問を持ったことは
ありませんでしたが、よく考えると不思議なこと
だらけです。人間の体ってうまくできている
ものですね。

お礼日時:2004/07/09 00:51

質問の意図がよくわかりません。



コフカの主張に対する一般の人の意見を聞きたいのでしょうか?
それなら行動的環境,地理的環境という用語について
解説をつけておくべきでしょう。

そうではなくて
コフカの主張に対する心理学の専門家の意見を聞きたいのですか?
それとも何か具体例を示してもらいたいというのでしょうか?

この回答への補足

このお話に関係する、HPの一部を引用します。

◆現存する世界と見えている世界とは異なる
 雪原を一人の旅人が歩いていて、その旅人の歩く姿を見てその土地の人は非常にあぶなかっしく見ていたという有名な話があります。その旅人が雪が降り積もったところを道だと思って歩いていたのは、実は湖の氷面を歩いていたのです。土地の人にとって危ない湖も、旅人にとってはただ雪の降り積もった道に見えていたわけす。このような物理的な環境と知覚された環境との間にはズレが生じる現象はたくさん起こります。このことを、コフカ(Koffka,K.)は物理的な環境を地理的環境(geographical environment)と呼び、一方後者を行動的環境(behavioral environment)と呼び、二つの環境を識別しています。私たちは自らが知覚した環境、すなわち行動的環境の中で客観的事実と異なっていても何の疑いもなく、それが事実だと思い込み生活を営んでいるのです。いわば、一人ひとり外界の刺激を異なる仕方で知覚しながら、その主観的、行動的世界の中で人々とかかわっているといえるでしょう。
 私たちの見ることの特徴には、さまざまなことが知られています。


http://www.nanzan-u.ac.jp/~tsumura/minileture/pd …「百聞一見に如かず」ってほんとう?
より。

補足日時:2004/07/04 20:24
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
コフカの主張に対する専門家の意見を聞きたいと
思って、投稿しました。
言葉が足りなくてすみません。

お礼日時:2004/07/03 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境の二重性・・・地理的環境と行動的環境について教えてください(>_<)

いつもお世話になっております。
心理学のレポート作成中です。設題は「人が環境に適応して生きていくうえで、認知がはたす役割について述べなさい。」です。作成上のアドバイスには「人はどのように世界をとらえているのか(環境の二重性)、また、人はどのように自分をとらえているのか(メタ認知)について自分の経験を踏まえて」とあります。メタ認知については理解できたのですが、環境の二重性に関してはイマイチピンとこないというか、それがはたす役割がわかりません。
このことに関して詳しい方がいらっしゃいましたらご説明どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
過去に同様の質問が見付かりました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa109000.html

とても分かりやすい回答が寄せられていますよ。

Q4枚のカードの問題(Wasonの選択課題)についての疑問です

4枚のカードの問題という、心理学では有名な心理テストがありますが、それについて気になったことがあり、質問させていただきました。

4枚のカードの問題というのは・・・
→つぎの4枚のカードはそれぞれ一面に文字、他の面に数字が印刷してある。ここで、
「もし一面の文字が母音であれば、他の面の数字は偶数である」
という法則が成り立つかどうかを調べるとすれば、裏返さなきゃいけないカードは次のうちではどれか?

表に
「E」と書いてあるカード
「K」と書いてあるカード
「4」と書いてあるカード
「7」と書いてあるカード

どれかというと、答えは「7」なんです。
この問題は一挙に解決できるものではなく、自分で問題にいくつかの操作を加えて変形させ、推理しないと解決できません。このような問題では自分の行う操作にとかくバイアス(偏向)が入り、解決を困難にさせているといいます。

そのバイアスについてなのですが、成人の場合、推論にどういったバイアスがはいることから正解が得にくいのでしょうか?心理学分野のお話で答えてくださると嬉しいです。どうか宜しくお願いいたします。

 

4枚のカードの問題という、心理学では有名な心理テストがありますが、それについて気になったことがあり、質問させていただきました。

4枚のカードの問題というのは・・・
→つぎの4枚のカードはそれぞれ一面に文字、他の面に数字が印刷してある。ここで、
「もし一面の文字が母音であれば、他の面の数字は偶数である」
という法則が成り立つかどうかを調べるとすれば、裏返さなきゃいけないカードは次のうちではどれか?

表に
「E」と書いてあるカード
「K」と書いてあるカード
「4」と書いてある...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく「確証バイアス」のことを聞いているのでしょうか?

思考研究で非常に有名なこの四枚カードでは,それまでの人間の大人の思考が,当初仮定されていたよりも,抽象的で科学的な論理的思考ができない,ということを決定的に示したものです.

科学的思考というのは,「原因Aがあるときに結果が発生する(1)」のを確かめるのと同様に,「原因Aが無いときには結果は発生しない(2)」という原因があるときないときの両方を考える必要があります.すなわち仮説を証明する証拠を挙げると同時に,仮説を反証するかどうかの証拠を挙げなければなりません.
この問題では,(1)を調べるために「E」を,(2)を調べるために「7」をめくる必要があります.

しかし,実際の人々は,確かに「E」をめくるものの,仮説を反証しようとはせずに「4」のカードをめくってしまいます.

このように,人間は仮説反証をしない,すなわち,自分の都合のよい考えを支持する証拠だけをたくさん挙げてしまうという人間の特徴を浮き彫りにさせるのがこの研究の醍醐味です.

Q社会心理学者レヴィンが唱えたP=f(P・E)について。

 ドイツの社会心理学者・Kurt. Lewin クルト・レヴィン(1890-1947)が唱えた、
B=f(P・E) あるいは B=f(S)
という公式についてお教えください。
要するに、
人間行動(B)は、個人(P)と環境(E)によって常に変化している。
ということですよね。
それでは、
「f」の記号は何の意味を持っているのでしょうか?
B=f(P・E)を、B=f(P×E)としてはいけないのでしょうか?
などなどの疑問をもっています。
 この公式について、詳しく、しかも分かりやすくお教えください。
また、これについて詳しく解説してあるオススメの参考文献やホームページなどもお教えくださいますと大変うれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
#1さんへのお礼の欄に書かれていることが少し気になったので
補足させてください。


>「とにかく人間行動というものは他人には理解し難いものなのだ」
>という認識をもっておればそれで良い、ということなのですね。

この解釈はレヴィンの意図するところとは正反対のものだと思います。
行動に関与する要因を洗い出し,それら相互の関係性を明らかにすることによって
行動の法則性を浮かび上がらせ,行動予測の精度を少しずつでも上げていこうというのが
レヴィンや同時代の心理学者の姿勢だったと思います。
今も基本的には同じですが。


>いくら微・積分が得意であっても
>それだけではとうてい人間行動を理解・予測などできないのだ。ということなのですね。

これは確かにおっしゃるとおりなのですが,
微積分の理解なしに人間行動の理解・予測ができないこともまた確かです。

たとえば心理学の基礎中の基礎である精神物理学という分野に
ウェーバーの法則とフェヒナーの法則というものがありますが,
後者は前者を積分することで得られるものです(逆に後者を微分すると前者が得られる)。
http://okwave.jp/qa1956774.html

微積分を頭で理解することとは無関係に,
いろいろな情報を自動的に微分したり積分したりする仕組みが
われわれの知覚や運動制御のシステムに備わっているらしいということもわかっています。

このような知見が積み重ねられていくなかで,
われわれが「こころ」と呼びならわしてきたものは
じつのところ「計算」なのだという
ひとつの,そして有力な立場が生まれています。

ここでいう「計算」は
加減乗除や微積分のようなものだけを指しているわけではありません。
文法に則って単語を組み立て文章を紡ぎだすのも計算ですし,
あっちのラーメン屋よりもこっちのラーメン屋の方がうまいと評価するのもまた計算です。

環境の変化(=刺激)を受けとめ,表象化して操作を加え,
判断を下したり行動を方向づけたりする営みの全体を計算と捉えるわけです。
計算のプロセスについて当人は多くの場合無自覚ですから,
自由意志が介入する余地はほとんど(あるいはまったく)ないということになるでしょう。
(この考えが妥当かどうかはここでは論じません。)


レヴィンが20世紀において影響力の大きい心理学者であったことは確かですが,
フロイトに似て,妙な数式を振り回したり新造語を使いたがる癖があり,
彼の提唱した理論や概念の中には現代から見ると陳腐なものが多いのも事実です。
そんなわけで,フロイトの理論同様,すでに歴史上のものと割り切って,
レヴィンにあまり拘泥することなく現代の心理学を学んでいただきたいと思います。

#2です。
#1さんへのお礼の欄に書かれていることが少し気になったので
補足させてください。


>「とにかく人間行動というものは他人には理解し難いものなのだ」
>という認識をもっておればそれで良い、ということなのですね。

この解釈はレヴィンの意図するところとは正反対のものだと思います。
行動に関与する要因を洗い出し,それら相互の関係性を明らかにすることによって
行動の法則性を浮かび上がらせ,行動予測の精度を少しずつでも上げていこうというのが
レヴィンや同時代の心理学者の姿勢...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q用語の意味を教えてください。

先行オーガナイザー効果という言葉の意味を知りたいのですが、どなたかご存知ありませんか。

質問すべきカテゴリーもよくわかっていません。
心理学でよかったのでしょうか?

Aベストアンサー

オースベル(Ausubel,D.P.)の有意味学習の理論における
「先行オーガナイザー(advance organizers)」のことでしょうか?
教育心理学の教科書や心理学事典には
「先行オルグ」の名で紹介されていることも多いと思います。

学習すべき材料の核心となるような新しい概念(これが先行オーガナイザー)をあらかじめ学習させておくと
その後の学習の体制化が促進される現象のことです。

たとえば日本国憲法について学習する前に,
そもそも憲法というのは国家存立の基本的条件を定めた根本法で
他の法令の正当性の基準となる国の最高法規であるというようなことを教えておくと
その後の個別の条文の学習が促進されるということです。

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


人気Q&Aランキング