痔になりやすい生活習慣とは?

よく、大阪や名古屋は地方だとか田舎だとかいう人がいます。
でも、それは東京が大きすぎるからであって、大阪(京阪神)や名古屋も世界の中で見たらかなりの大都市になるのではないでしょうか。
都市圏総生産(域内GDP)でみると、京阪神はパリ、シカゴ、上海と並ぶくらいの経済規模を誇り、GDP世界第4位であるドイツのどの地域よりも経済規模が大きいです。また、名古屋についても香港、シンガポールを上回る経済規模を持っています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%9F%E5%86%85 …
また、フォーチュン・グローバルに掲載された売上高世界上位500企業のうち、大阪に本社を構える企業は8社あり、これは世界の中で7位にあたる数です。また、日本最大の売り上げを誇る企業(トヨタ自動車)は、東京ではなく名古屋(正確には豊田市)に本社があるのです。ちなみに、香港やシンガポールにはトヨタ自動車級の企業の本社はありません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9 …
このようにみると、大阪(京阪神)はパリ、シカゴ、上海に匹敵する世界的大都市、名古屋は香港、シンガポールに匹敵する世界的大都市だと言えないのでしょうか。
東京については、大都市というよりニューヨークに匹敵するメガシティ、巨大都市という感じですね。

質問者からの補足コメント

  • 東京23区で、900万人ほどだったと思いますよ。
    また、私は自治体単位でなく、都市圏の話をしているのですが。
    そうなると、京阪神で1500万、中京圏で1000万人くらいになります。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/14 12:20
  • 質問をよく読んで下さい。私はメガロポリスとは言っていませんよ。
    東京はメガシティという感じとは言っていますが、大阪や名古屋をメガシティとは言っていません。
    仙台市はマンチェスターとかシアトル、マルセイユ程度の都会ですね。パリに匹敵する大阪、香港、シンガポールに匹敵する名古屋とは格が違います。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/14 23:38

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その認識であってるとおもいます。

    • good
    • 7

世界的に見れば、仙台や北九州市だって、かなりの都市です。



どれくらいの規模か、というと「日本の各県が小さな国のGDPに相当する県内GDPを有する」ということです。

つまり鳥取県あたりでも、同ぐらいの人口・経済規模で「国家」として成立しているところもあるぐらい、ということです。

参考:http://fundo.jp/7581
この地図をみると、東京はメキシコ1国に匹敵する規模になります。
    • good
    • 0

すみません、勘違いしてました。



メガロは100万人だそうです。

仙台市程度で大都市だそうですね。
大阪や名古屋は都会でいいんじゃないですか。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

メガロポリスの意味分かりますか?



1000万人都市って意味です。
日本で1000万人超えてるのは東京23区のみ。
都市で言った場合、多分多摩とかの都下は含まないと思います。
ニューヨークもニューヨーク州ではなくニューヨークシティのことかと思われます。
ついで横浜市で371万人。
大阪市でようやく270万人です。
名古屋市などは228万人しかいません。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q横浜は大阪より都会?

時々、横浜は大阪より都会だという意見を見かけます。

私はどちらの住民でもないのですが、どこをどう見ても大阪の方が都会だと思います。

横浜側は「人口は大阪より百万人多い(キリッ」って言う感じでいうのですが、

その理屈ではさいたま市は東北の中心の仙台市より都会だという事になりますし、

ムンバイはNYより都会だという事になります。

確かに大阪が東京とはりあえたのは東京府東京市の時代までで、

戦後は国の政策で一極集中が推し進められ大阪は他の地方と共にその餌食になりました。

しかし、大阪の経済規模は名古屋や福岡、札幌などと比較しても非常に巨大で大阪圏のGDPは世界有数です。京阪神を入れるとパリやロスにも引け目を取りません。

その巨大な経済圏の核である大阪が横浜より都会だとは思えないのですが。

それに横浜は東京の虎の威を借る部分が多過ぎると思うけど・・。

私はどの町のアンチでもありません。

Aベストアンサー

GDP順に並べると以下のようになります。

1.東京都 90兆円
2.大阪府 39兆円
3.神奈川県 30兆円
4.大阪市 22兆円
5.横浜市 13兆円

経済規模で大阪府と神奈川県は同程度と言えるでしょうが、大阪市と横浜市では倍近い差があります。
ちなみに人口の数で比べると

1.東京都区部 1300万人
2.神奈川県 900万人
3.大阪府 880万人
4.横浜市 370万人
5.大阪市 270万人

神奈川県と大阪府は同程度、横浜市は大阪市を大きく上回っています。

東京生まれ東京育ちで最近横浜に引越し、大阪に何度も行っている私から言わせると、街を歩いた感覚としては
東京>>>>>>>大阪>横浜くらいじゃないですかね。
繁華街のにぎわいとか、立ち並ぶビルや駅の様子などを見た素直な感想です。

情報量の多さでいえば
東京>>>>>>>>>>>>>>>大阪>>横浜 になると思います。

大阪は関西圏の中心都市であるのに対し、横浜は関東圏の近隣一都市に過ぎません。
関西で言えば神戸くらいの感じですかね。
その横浜が大阪と同程度であるという事実を関東圏の巨大さを表す象徴として語られるのだと思います。











大阪の経済規模は東京の1/3程度です。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4550.html

GDP順に並べると以下のようになります。

1.東京都 90兆円
2.大阪府 39兆円
3.神奈川県 30兆円
4.大阪市 22兆円
5.横浜市 13兆円

経済規模で大阪府と神奈川県は同程度と言えるでしょうが、大阪市と横浜市では倍近い差があります。
ちなみに人口の数で比べると

1.東京都区部 1300万人
2.神奈川県 900万人
3.大阪府 880万人
4.横浜市 370万人
5.大阪市 270万人

神奈川県と大阪府は同程度、横浜市は大阪市を大きく上回っています。

東京生まれ東京育ちで最近横...続きを読む

Q日本三大都市を「東京、大阪、名古屋」だとか、「東京、大阪、福岡」だと勘違いする人が多いのは何故ですか

日本三大都市を「東京、大阪、名古屋」だとか、「東京、大阪、福岡」だと勘違いする人が多いのは何故ですか?

Aベストアンサー

>いや、愛知県よりも神奈川県のほうが都会です。

何を持ってして都会だと言えないんですから田舎ですよ

東京の横にあるから都会なら、千葉も埼玉も都会ですよ



で、都市の話じゃないの?

Q大阪って都会ですか

 高校の同級生に会う目的で、大阪に行ってきました。約20年振りです。梅田界隈で1日、難波界隈で2日滞在し、友達と色々と会話しました。その友達は東京生活も長かったので、色々と大阪と東京の比較を聞いたのですが、友達が言うには「大阪は東京に比べたら街の規模が小さいよ」とのことでした。
 私は車で大阪に行ったので、どうせなら車を走らせ、大阪の街を眺めてみようと思い、阪神高速1号線を車で走らせてながら周りの景色を見てみました。私自身、東京以外の街を殆ど知らないのでどうしても東京の街との比較になってしまうのですが、大阪が都会か否か正直言って分かりませんでした。客観的に見て大阪って都会ですか。

Aベストアンサー

「都会」を広辞苑で引くと、「人口が密集し、商工業が発達して多くの文化設備がある繁華な土地。都市。」と書かれています。
その定義からすると、大阪は立派な都会ですね。
東京23区と比べると規模的には見劣りするのはやむを得ないので、「大阪は東京に比べたら街の規模が小さいよ」との感想は事実です、
だけど、大阪が都会なのかそうでないのかと言えば、やはり都会でしょう。

ここで言うところの東京は「東京23区」、大阪は「大阪市」を指します。
東京23区内にも大阪市内にも、都会の定義から外れるような地域は点在しますが、東京都内、大阪府内に範囲を広げると、都会でないところはたくさんあります。

そもそも、東京と大阪を比べて、ああだこうだというのは意味のないことだと思います。それぞれ歴史や成り立ち、日本国内における位置づけ、都市の性格など違いますので、比較してどうのこうのは意味のある議論だとは思えないですね。

Q広島と名古屋 どっちが都会ですか?

ひょっとしたら、名古屋から広島に引っ越すかもしれません。

そこで質問したいのですが、
広島っていうところはどういうところでしょうか。
自分は、基本的に都会が好きで
今まで住んだ中では当然のように東京が抜群で一番快適でした。
そこで一番気になるのは「都会度」です。
今名古屋に住んでるのですが、農村に比べれば都会ですが、
東京に比べれば田舎といった感じです。
そこで気になるのは、広島の「都会度」です。

新幹線から見た感じでは、名古屋より広島の方が高いビルが
多く名古屋より都会に見えます。
また知人の話でも名古屋より繁華街がにぎわっているように聞いています。

そこで、「名古屋と広島のどっちが都会か」を
教えてください。根拠などの明確な内容だと良いと思います

Aベストアンサー

社会的インフラ整備で考えれば、一目瞭然だと思います。

名古屋は人口こそ横浜(横浜は人口だけなら大阪より多いんですけどね)に劣りますが、地下鉄、高速道路の整備いずれも横浜をはるかに凌いでいます。実際問題として政令指定都市を順位付けると、東京がぶっちぎりで、大阪、名古屋、札幌(インフラ整備が進んでいます)、横浜、ここで、一旦、線を引いて神戸、福岡、仙台、その他の順でしょう。広島はその他の一員ですね。人口比で言うと、横浜の遅れが目立ちます。

広島と名古屋で言えば、名古屋には繁華街が複数ありますが、広島の繁華街は紙屋町から続く界隈くらいしかありません。この辺の集積度が都市の体力なのです。そういう意味で、名古屋が日本第三の都市であることは揺るぎません。単純な言い方ですが、繁華街が一つしかない都市は政令指定都市であっても、本質的には地方都市です。

Q大阪が首都だったら東京はどの程度栄えていたか?

地方民で東京、大阪の両方に旅行でよく行きます。
都会度はもちろん 東京>大阪です。
しかし大阪は首都でないにしてはすごく栄えています。
東京は”首都だから”いろんなものが集まって栄えているような気がします。

そこでもし大阪が首都だったとしたら(あるいは首都が関東以外の場所にあったら)
東京は今の大阪ほど繁栄していたと思いますか?

今の大阪より栄えている、同じくらい、栄えていない
などの回答をお願いします。
もちろん適当な推測でかまいません。

Aベストアンサー

●まず最初に、大阪は首都に適しているかを考える…

 細長い日本、東京はほぼその中間点に位置しています。良い例がJRの在来線では東京からだと青森と岡山がほぼ等距離です。かりに…大阪が首都となっていたら…、まずこのバランスが崩れます。そうでなくても東北、北陸、北海道などへの関心度が低く、具体的な知識も理解も、ともすれば遅れがちな関西以西の意識傾向が作用して、西に厚く東に薄い国家行政が目に見えるような気がします。

 大阪はまた、大阪城がありはするものの、元々が商業中心の街です、それゆえの自由闊達な物の考え方や文化が見られます。それ自体はとても良いことだと思います。しかし、こと国政ということになると、自由闊達は逆に望ましくない傾向となりやすい性質を持っています。ごく平均的で冷徹、重厚で知的、こうした自由闊達とはある意味対極的ともいえる性格を持ちえた東京ほどには、首都大阪は安定した国政を貫くことは難しそうに思います。

 首都としての条件は、古くは皇室の存在と切っても切れない関係にありました。いえ、今日でさえ、大臣就任の承認、国会の開会などと、皇室の関わりが国政には欠かせないのです。皇室が東京に居を構えている限り、大阪では首都の機能を果たすことが出来ません。皇室ともども首都を大阪に移し替えるぐらいなら、近い将来かならず襲ってくると言われている大地震や津波など大災害を避けて、東京や大阪などではなく、いつそのこと那須の御用邸などより安全な土地にそっくり移転したほうが国のためだと思います。

●そして本論、大阪が首都だったら東京はどの程度栄えていたか…

 大規模企業にとって関係諸官公庁と密接な土地ほど望ましい立地条件はほかにありません。その意味では首都が大阪であれば大阪とその周辺は魅力があります。しかし、物流、情報、こうした面から見て行けば、現実には企業の拠点がどこにあったとしても、今日ではさほどの影響はないはずです。もし、どうしても諸官庁と顔を合わせての協議などが必要であれば、たかが一時間半ほどで移動できる新高速鉄道を利用すればいいだけのことです。

 東京とその周辺は広大な平野であり、大阪とその周辺よりも土地の活用度が高いものです。ましてや主要な官公庁が、あるいは皇居までが大阪に移転してしまえば、都心部の土地の価格も幾分下がり、かえってオフィスなど民間の活性化が望めることにもなります。また、冒頭にも書いたように、東京はほぼ日本の中心部に位置していて、多少なりともすべての活動をより効率的に行えるメリットがあります。

 といったわけで、首都ではなくなった東京は、ニューヨークに見られるように、今よりも伸び伸びとした一大商工業圏としてさらに経済面での大発展を遂げることになると思います。

 でもねぇ、首都となった大阪、ほんとに長続きしますかねぇ。そのうち、首都を東京に返したいなどと言い出さなきゃいいけど。

●まず最初に、大阪は首都に適しているかを考える…

 細長い日本、東京はほぼその中間点に位置しています。良い例がJRの在来線では東京からだと青森と岡山がほぼ等距離です。かりに…大阪が首都となっていたら…、まずこのバランスが崩れます。そうでなくても東北、北陸、北海道などへの関心度が低く、具体的な知識も理解も、ともすれば遅れがちな関西以西の意識傾向が作用して、西に厚く東に薄い国家行政が目に見えるような気がします。

 大阪はまた、大阪城がありはするものの、元々が商業中心の街です、それ...続きを読む

Q東京のマスコミは大阪をどうして認めないのか

私は大阪在住で、東京転勤時に東京にも住んでいたこともあって疑問に思うのですが、東京にいればマスコミ・メディアから東京以外の情報がほとんど入ってきません。

入ってきても、大きな事故や事件のような場合くらいです。東京であった些細なことが全国放送で堂々と流されるのには、もううんざりしてしまいます。
最近で言えば「東京スカイツリー」の進捗状況。これって、東京以外の人も関心があるのでしょうか?
「羽田空港の国際化」も、東京のマスコミはアジアのハブ空港にと連日凄い空港のように報道していましたが、菅総理は7月に「ハブ空港は関東と関西に2つあるのが望ましい」と発言したばかりです。国際線と国内線の建物が別になっていますし、24時間空港でもありません。関空は両方を有しています。これで羽田空港は、本当にハブ空港に相応しいのでしょうか? そういうところは何故か報道しませんよね?

そして、東京の報道番組等で大阪が紹介される場面を思い浮かべてください。食いだおれ人形、かに道楽のかに、通天閣、道頓堀川沿いのビルのネオン、大阪城、などではないでしょうか? つまり、ピンポイントばかりなのです。
確かにこれらは大阪をイメージするものに違いはありませんが、大阪の中心地と言えば「梅田・中之島」近郊のオフィス街と超高層ビル群です。大阪城の周りも「大阪ビジネスパーク」と言う超高層ビル群で、完成して20年以上経ちますが、お城とビルが見事に調和した風景は、日本一美しいビル群と言われています。大阪では大阪城と一体で映りますが、全国放送になると何故かビルは映りません。
それに比べ、東京が紹介される場面は、新宿の超高層ビル群や上空からビル群を見た、如何にも大都会と言わんばかりの遠景ばかりです。

「スカイライン」と呼ばれる超高層ビル群による都市の迫力や景観をランク付けした「世界スカイライン都市別ランキング」での2009年のランクは、大阪が世界9位、東京が世界12位です。東京は大阪に負けしているのです。だから、全国放送で大阪の超高層ビル群が映ることはないのではないでしょうか?

それを表すように、日本一の鉄塔であるスカイツリーは放送して、大阪・天王寺に建設中の日本一の超高層ビル「阿倍野ターミナルビル(300m)」は放送されませんし、昨年か一昨年に完成した大阪・北浜の日本一のタワーマンション「THE KITAHAMA」も全国報道された記憶はありません。

また、日本発上陸についても同じことが言えます。私はファッションのことは良く分かりませんが、アバクロやフォーエバー21が東京に初出店した際に何故か全国報道されました。しかし、ユニクロの世界戦略旗艦店が大阪・心斎橋にオープンしたことは全国報道されなかったと思います。
また、高級ホテルのウェスティンやリッツカールトンの日本初出店は大阪です。そして先月、最高級ホテルのセントレジスが大阪に日本初上陸しました。このようなことは東京では報道されているとは到底思えません。何故なら、東京にないからです。

数え上げればキリがありませんが、東京のマスコミ・メディアは、東京は何もかもが一番なんだと洗礼しているように思えてなりません。皆さんはどう思われますか?

真面目なご意見をお聞かせ頂きたく、お待ち申し上げております。

私は大阪在住で、東京転勤時に東京にも住んでいたこともあって疑問に思うのですが、東京にいればマスコミ・メディアから東京以外の情報がほとんど入ってきません。

入ってきても、大きな事故や事件のような場合くらいです。東京であった些細なことが全国放送で堂々と流されるのには、もううんざりしてしまいます。
最近で言えば「東京スカイツリー」の進捗状況。これって、東京以外の人も関心があるのでしょうか?
「羽田空港の国際化」も、東京のマスコミはアジアのハブ空港にと連日凄い空港のように報道してい...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど。

私は東京に住んでいますが、質問者さんの意見は
説得力がありますね。

で、原因ですが、結局、東京と大阪の地位の
差だと思います。

江戸時代は、
 江戸=政治の街
 大坂=経済の街
 京都=文化の街
と、分野が別れ、それぞれに存在感を発揮していましたが
現在では、政治も経済も文化も東京に集中しています。
GDPでは、東京のそれは大坂の三倍近くあります。

米国では些細なことが世界中の関心事になるけど、
日本では、というのと同じ図式ですね。

勿論正しい姿だとは思えないです。

Q横浜市は大都会といわれていますが・・・

横浜市は大都会といわれていますが、そこまで都会でしょうか??
 現在横浜市に住んでいます。以前は仙台市に住んでいて、横浜市は仙台駅前のような場所がいくつもあるようなイメージがありましたが、実際にすんでみると、商業施設の範囲が狭いというか、そこまですごい都会!という感じがしません。
 もちろん人の多さや路線は全然比べ物になりませんが、都会と呼べそうなのは横浜駅周辺ぐらいな感じがします。横浜駅も少し離れると何もなくなる感じですし、保土ヶ谷区、南区あたりは仙台でもあまりないくらい田舎です。横浜はとても好きな場所ですが、都会という形でみると仙台に少し毛が生えた感じで、東京と比べると結構田舎っぽく感じます。
横浜はなぜ、あんなにまわりから都会というイメージがもたれているのでしょうか??
 

Aベストアンサー

こんにちは

質問者の方がどのようなものが大都会だと思っていらっしゃるかが分からないですが
高層ビルが林立しているマンハッタンのようなところが大都会だと思われていると、
横浜はちょっと違うかなと思いますね。

横浜が都会だとイメージされているのは、明治以降から
文化の最前線であったからではないかと思います。
日本最初のゴルフ場とか、日本で初めてアイスクリームを売り出したとか
最初にガス燈がともったとか・・・。
ヨーロッパからの文化の窓口になっていた異国情緒漂う雰囲気が
オシャレな都会を感じさせてきたのではないかと思います。

横浜が最も横浜たるところは横浜駅周辺ではなく、もう少し南の
関内や石川町、元町、山手あたりです。
横浜は都会ではなく、やはり港町なんだと思います。
東京とニューヨークだとすれば、横浜はやはりボストンのイメージ。
いい意味で泥臭いところが残っているんだと思いますね。

まあ、もともと伊達政宗まで遡る由緒正しき仙台に比べると
横浜は幕末までは、ただの漁村に過ぎなかった場所です。
港周辺以外は、実はバブル期以降に宅地開発が進んできたところも多いです。
郊外にはまだまだ畑も多いですし。(^^;)

こんにちは

質問者の方がどのようなものが大都会だと思っていらっしゃるかが分からないですが
高層ビルが林立しているマンハッタンのようなところが大都会だと思われていると、
横浜はちょっと違うかなと思いますね。

横浜が都会だとイメージされているのは、明治以降から
文化の最前線であったからではないかと思います。
日本最初のゴルフ場とか、日本で初めてアイスクリームを売り出したとか
最初にガス燈がともったとか・・・。
ヨーロッパからの文化の窓口になっていた異国情緒漂う雰囲気が
オ...続きを読む

Q首都一極集中。外国はどうなの?

日本の東京一極集中はすさまじいものがあります。
大昔、大阪も東京と肩を並べる大都市でしたが、明治維新後すさまじい東京一極集中が進んでしまいました。
その一極集中は今も加速を続けているのを社会人になって、いっそう感じるようになりました。

さて、外国はどうなんでしょうか??
韓国は日本以上にソウル一極集中と聞きますがどれくらいですか?
イギリス、中国、インド、ひろーーいロシアetc...などなどはどうなんでしょう?

P.S
アメリカは首都はワシントン、オーストラリアはキャンベラですが、実際第一の都市はそれぞれ、NYとシドニーなので、
質問は「首都 対 他の地方都市」というより、「第一の都市 対 他の地方都市」とします。

Aベストアンサー

 国土が広く、連邦制またはそれに準じる制度を持つ国では、あまり顕著な一極集中は起こりません。アメリカやロシアに比べると遥かに狭いドイツも、多極的な都市システムをとっています。これに対し、政治・経済体制が中央集権的なイギリス、フランス、日本などは、集積の利益を求めて企業が立地するために、首位都市への集中が顕著です。日本の場合、戦前までは政治は東京、経済は大阪という2極構造でしたが、重化学工業への産業構造の転換、戦時中の統制経済以降の官の優越、さらに金融や情報の分野での世界都市化の進展などのために、東京の独走体制が確立しました。
 もちろん、過度の集積はいわゆる過密の弊害をもたらすだけでなく、地域格差の拡大が進行します。このため、イギリス、フランス、日本では首都圏への集中を抑制する政策が長年にわたって行われてきました。
 しかし、「国土の均衡ある発展という政策がもたらしたヒト、モノ、カネの非効率な分散の弊害」を是正すると銘打った最近の規制緩和によって、こうした施策は見直され、都心地域には高層のオフィスビルやマンションが林立しています。ヨーロッパでは歴史的環境やコミュニティに配慮して高層化を規制していますが、災害多発国日本では非効率なものを追放するという大義名分のもと、ヒューマンスケールを無視した再開発が進められています。
 不思議なことに、最近実施された各種の世論調査によると、団塊の世代だけでなく、若い世代でも「豊かな自然に囲まれた生活」を希望する割合が高率を占めています。問題は、働く場所が限られていることでしょう。ITの発達により、田舎に居ても仕事ができる時代になるかどうかが一極集中の今後を占う鍵だと思われます。

 国土が広く、連邦制またはそれに準じる制度を持つ国では、あまり顕著な一極集中は起こりません。アメリカやロシアに比べると遥かに狭いドイツも、多極的な都市システムをとっています。これに対し、政治・経済体制が中央集権的なイギリス、フランス、日本などは、集積の利益を求めて企業が立地するために、首位都市への集中が顕著です。日本の場合、戦前までは政治は東京、経済は大阪という2極構造でしたが、重化学工業への産業構造の転換、戦時中の統制経済以降の官の優越、さらに金融や情報の分野での世界都...続きを読む

Q大阪の海外での知名度について

よく、海外では、日本を知っている人なら東京は知られていて、さらに詳しく日本を知っている人なら京都も知っているけど、大阪はほとんど知られていないと聞きます。(欧米の場合ですが)
しかし、大阪は、空港・港でアジア(東アジア)と密接な関係があり、特に、韓国では西日本の主要都市+東京はかなり知られているし、中国でも沿岸部の天津、青島、上海では大阪・神戸行きフェリーも就航しているし、そこそこの知名度はあると思います。香港も関空との往来が多くて大阪の知名度は結構高いように思います。大阪は特定アジア限定国際都市である、などと2chでは揶揄されていますが、実際海外での認識度はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

インド人とアラブ人とチェコ人に聞きました。
日本の知っている都市名は?と。
三人とも「東京と広島」と答えました。あとは
「ナ・・ガ・・サ・キ・・?」って言っていました。

私の予想ですが、日本に観光にくる人が多い国(日本になじみのある国)の人は
「東京・大阪・京都・広島・(長崎)」は知っている。
日本に観光に来る人が少ない国(日本にあまりなじみの無い国)の人は
「東京・広島・(長崎)」しかしらないと思います。
たぶん広島は何かの時に習うのでしょうね。

私もポーランドに行くまではポーランドの都市は
ワルシャワとアウシュビッツ(オシフィエンチム)しか知らなかったですから。
他の日本人及び、ポーランドにあまりなじみの無い国の人は私と同じような感じじゃないですか?

Qなぜ日本にはマンハッタン級のビルがないのか?

日本ほどの国がなぜ他国に比べて低い高層ビルばかり建設しているのでしょうか?
先日、六本木ヒルズがオープンしましたよね。それでも、高さで比べてしまうと全然ですよね。高くないから良くないというわけではないのですが、でも何でなんだろうと思ってしまいます。
やっぱり地震とか景観とかが問題でしょうか?
森ビルは今度上海に世界一のビルを建設するのに、日本にはそれくらいの高層ビルを建設しないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本に超高層ビルが少ないことの主たる理由は、法制度がそれを積極的に誘導しようとしないからだと言えるでしょう。逆に、マンハッタンに超高層ビルが林立しているのは、それを誘導する複数の施策が採られているからです。

一般に建築物を立てる際に重要となる法的制限は、高さ制限よりもむしろ容積率や建蔽率といった数字です。容積率というのは敷地面積に対する建物の床面積の比率で、これが500%であればその土地では敷地面積の5倍までの延床面積をもった建物が建てられることになるわけです。
これらの数字は都市計画法に定める用途地域制に従って建築基準法により決定されるのですが、わが国ではアメリカと比べれば容積率の天井が低く、数年前まで商業地域の最大容積率は原則的に1000%が上限とされていました(現在は最高1300%)。

ビルを開発する事業者にとってみれば、開発で得られる床面積をできる限り多くしたいわけですから、高い容積率が認められている土地ほど魅力があります。原理的に言えば、高層化すれば当然建設コストは増えますが、それに見合うだけの床面積増が得られる限り、高層化はペイする事業になり得るわけです。東京都都心部でもっと高容積の建物が認められていれば、バブルの時など、ディベロッパーは喜んで超高層ビルを開発したに違いありません。
要するに容積率という制約の中でわが国は現状のような状態になっているのですから、容積率のはなしを抜きにして建築コストのことをいっても始まりません。
また技術的な事を言えば、バブル期には大手ゼネコンが競って高さ1000メートルクラスの超々高層建築物の構想を発表したことからもわかるように、単純に技術的な問題なら既にクリアーされています。

わが国初めての高層ビル群が集まる新宿副都心を建設する際の苦労は割とよく知られていますが、どこへ行っても低層住宅がスプロールした形態の東京では、日影・通風などの面で高層ビルへの心理的抵抗が伝統的に強くありましたし、行政の側にも機能の集中にともなう上下水道や交通の面など、脆弱なインフラに対する心配もあったわけで、これらが結果的に商業地域でもあまり高くない容積率に反映されていたと言えるでしょう。

一方で、マンハッタンの高層開発は既に20世紀初めから始まっており、アメリカの中でも歴史的に特殊な経緯を持っていることもあり、言わば特区としての了解があったためにまず基本的な容積率設定が高くなっています。現在のものは私も知りませんが、30年ほど前で既に1500%の最高容積が認められていました。
デパートの上にコンドミニアムが乗っているといった機能混合型のビルが伝統的に多いことも、高密度化を推進しやすい背景のひとつになったでしょう。

加えてマンハッタンのユニークなところは、市場原理を導入した柔軟な都市計画が実施されていることです。例えばTDR(譲渡可能な開発権)と呼ばれますが、敷地と開発権を分離して管理し、ある建物の容積率を一定のブロックの中であれば別の建物に譲渡することが認められています。例えばある建物が規定の容積率を500%消化していなければ、その残った分を隣の事業者が買い上げ、自分のビルを500%分高くすることができるというわけです。もちろん登記もなされます。

これは80年代のミッドタウン・ゾーニングでも多用された手法なのですが、この施策のメリットは、ビルの林立する繁華街の中では保存が難しい低層の歴史的建造物などでも、余った容積を売却することで保存・運営の資金を捻出することができますし、行政側としても一定の地域内の権利譲渡であれば、総枠は変わりませんから上下水道などのインフラに追加投資する必要がないのです。
ロウアー・マンハッタンには、サウスストリート・シーポートという低層でなごめる水辺の飲食空間がありますが、これが可能なのも背景のウォール街などの高層ビル群に余った容積率を売却したからなのです。

また、マンハッタンは容積のボーナス制度も柔軟に活用されています。ファサード(建物全面)を揃えた街路を作ろうとした際に、一定のセットバック(建物面を街路から後退させる)を守って建築される建物に容積ボーナスを設定することで、行政の思う方向に開発を誘導することができますし、事業者としてもボーナスの旨みに加えて街路全体が整うことで資産価値の増大も期待できます。
この他、一定の休憩スペースや通風を確保した開発に対して容積ボーナスを与えるなど、容積を自在に活用することで民間活力を適性に誘導する切り札として容積率が活用されているのがマンハッタンの特徴です。

こういった施策の結果、マンハッタンではざらに2000%を超えるボリュームの建築が立ち並ぶ結果となっているのです。もちろん、ご承知のとおりマンハッタンの中でも高層建築が多いのはセントラルパーク以南のごく限定されたエリアで、その他の地域は中低層を誘導するゾーニングになっています。ある限定されたエリアだからこそ可能な施策である、ということが言えるでしょう。

日本に超高層ビルが少ないことの主たる理由は、法制度がそれを積極的に誘導しようとしないからだと言えるでしょう。逆に、マンハッタンに超高層ビルが林立しているのは、それを誘導する複数の施策が採られているからです。

一般に建築物を立てる際に重要となる法的制限は、高さ制限よりもむしろ容積率や建蔽率といった数字です。容積率というのは敷地面積に対する建物の床面積の比率で、これが500%であればその土地では敷地面積の5倍までの延床面積をもった建物が建てられることになるわけです。
これら...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング