全ての電子定款の作業が終わったあと、
個人で定款謄本は公証役場で取得できるのでしょうか?

現在依頼しようか迷っていて、
そこのところ詳しい方いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

定款の電子認証をご自分で行ったのであれば、謄本の取得も「同一情報の提供の請求」により自分自身で可能ですが、質問者さんの場合、「電子定款(の作成)を依頼した」とのことですので、おそらくご自身では無理でしょう。


というのも、この「同一情報の提供の請求」という手続きは、法務省のオンラインシステムを使って、電子署名を行う必要があるからです。

 ですので、謄本の取得も、定款の作成を依頼した専門家にご相談下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
調べてもなかなかわからなかったので助かりました。

お礼日時:2015/12/29 18:50

専門家紹介

行政書士_小山信浩

職業:行政書士

「行政書士業務」に関するご相談は行政書士の小山信浩にお任せください。

 行政書士は、街の身近な法律家です。これからの高齢化社会において私たちが避けて通れない相続や遺言、成年後見といった問題から、新たにビジネスを始める方のための会社設立や様々な許認可手続き、また、日本で暮らす外国人の方のための在留資格申請etc.
 誰に聞けばよいのかわからない、日常生活やビジネスでのお困りごとは、ぜひお気軽にご相談下さい。

http://nokoyama22013.wix.com/nk-office

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金手続きに使う戸籍謄本の手数料

最近知ったのですが、厚生年金や国民年金などの手続きに使う戸籍謄本や住民票は手数料がかからないとか。
そんなことどこにも書いてないのですが、どこかちゃんと記載されている自治体とか、社会保険庁のHPとかありますか?

知らずに手数料を払って謄本を取っている人が多いような気がします。

Aベストアンサー

確かに、NO2の補足のとおり、国民年金法、厚生年金法で、
「当該市町村の条例の定めるところにより~~、無料で証明を行うことができる。」となっています。

 という事なので、各市町村が条例で無料交付について決めていれば、無料で請求することができます。(言い換えると、無料で交付しない市町村も多々あります。)

社会保険庁ほHPには載ってないでしょう。社会保険庁が有料無料を決めるのではなく、市町村が決めることだし。市町村の窓口やHPはさまざまですよね。

無料交付をやっているところなら窓口で確認されていると思います(少なくとも自分の町の場合、聞かれました。年金請求ですか?って)

でも、聞かれず、あるいは、答えずで、無料になるのを有料でやってしまっている、なんて事も結構あるでしょうねぇ。

で、今後は無料交付をやめる、っていうところも増えるんでないかなぁ。市町村の台所事情は苦しいみたいだし。

Q合同会社の電子定款を自分で作成した場合、電子定款である旨を定款内に記載する必要はありますか?

合同会社の設立を考えております。
電子定款の作成を行政書士等に頼むと1万円程度かかりそうなのですが、調べてみると、電子署名さえ出来れば作成するのは大したことなさそうなので(私はe-taxのために公的個人認証サービスを利用しています)、自分で電子定款を作ってしまうつもりです。
で、ネットで調べてみた電子定款の文例では、
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、社員○○○○、同○○○○及び同株式会社○○○○の定款作成代理人である行政書士○○○○は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名をする。」
と、電子定款である旨と、電子署名してある旨が記載されているのですが、これは個人で電子定款を作成した場合でも記載した方がいいのでしょうか。
また、記載する場合は
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、電磁的記録である本定款を作成し、これに代表社員○○○○が電子署名する」
のように社員名でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

合同会社は公証役場の認証が不用ですので、言葉は悪いですがそれなりの体裁が整っていれば、問題ないでしょう。

参考までに、以前私が合資会社を組織変更し合同会社となった際に、定款を作成したときの文章を書きます。

『以上、合資会社 ABCを組織変更し、合同会社 XYZ 設立のために社員 A、同 B の代理人である社員 C は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名する。』

このように表記し、社員A(代表社員)と社員Bから社員Cへの委任状を定款の最後に添付しています。
定款は社員全員で作成するものです。全員の電子署名が原則でしょう。例外的に委任での作成も可能ですので、このようにしましたね。私は法務局で言われなかったので用意しませんでしたが、委任状には印鑑証明が本来必要かもしれません。

Q抵当権設定登記の謄本手数料は誰が払うの

カテゴリー違いならお許しください。
このたび、住宅金融公庫から資金を借り、戸建てを新築しました。抵当権設定はわたし(債務者)がしました。
債権者は、ちゃんと抵当設定登記されたか否かの確認に、謄本を取ると思うのですが、この謄本を取るための手数料は、だれが負担するのでしょうか。
債務兼設定者の私としては、ちゃんと申請し、登記もされたわけですから、確認は債権者である住公もしくは窓口銀行が負担して謄本を取るべきではないかと思ったしだいです。
抵当権設定登記後の謄本はだれが取るのですか?

Aベストアンサー

>謄本を取るための手数料は、だれが負担するのでしょうか。

と云うことだけの回答は「申請人」です。
つまり、その謄本が必要な者が申請し、その者が支払います。
しかし、実務では、抵当権設定時などのときは債務者叉は所有者が支払うようになっています。

Q公証人役場へ行かずに定款を出してしまいました

会社の設立登記をしたのですが、定款を公証人役場で公証するのをしていませんでした。
登記はできたのですが、定款は法的には無効なのでしょうか。
また、何か支障があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)の原始定款であれば、公証人の認証は不要です。

Q戸籍や除籍謄本の手数料について

先祖のことを調べようと思い戸籍謄本や除籍謄本を取り寄せようと思いましたが戸籍謄本は1通450円、除籍謄本は1通750円と出てました。これはページが何ページになっていても(例えば1ページしかなくても、あるいは5~6ページとかの場合でも)450円とか750円という意味でしょうか?

Aベストアンサー

詳細は市町村により異なりますが、基本的にはどこでもページ数に比例するということはありません。
あと、かかる費用についても、遡って何通もの除籍謄本をとる場合、単純に一通幾らという形でもないようです。

細かなルールは市町村で独自に決めているのでお聞きください。

Q公証役場は土日もやってますか?

公証役場は土日もやっていますか?
ネットで公証役場の公式のホームページを探しました出てきません。どなたかご存知の方、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

公証役場は土・日・祝はお休みです。
原則午前9時から5時までですが、定款認証などは受付時間はその中で限定されている場合が多いです。質問者さんが行かれる予定の公証役場に直接問い合わせされるのが早道です。

Q支払手数料の取扱について

支払手数料という勘定科目の考え方として、手数料がかかるモノ、例えば郵便局から振り込む際の手数料、銀行に振り込む際の手数料、外国送金する際に係る送金手数料などは全て支払手数料として、解釈していいモノなのでしょうか?
どうかよろしくご協力の程お願いします。

Aベストアンサー

支払い手数料の内訳は会社(業種)によって変ってきます。A社にとって常時発生する支払い手数料の主なものは代理店への支払い手数料(口銭など)、B社にとっては金融関連の費用かもしれません。各社の事情に合わせて勘定科目を細かく決めて実行すればよいことかと思います。
会社によっては販売(営業)に関わるものは「販売費」の中の「支払い手数料」で処理し、銀行への手数料等は「営業外費用」の中の「支払い手数料」で処理しているようです。要は当社ではこの科目で処理するという一貫した方針が大事だと思います。

Q公証人役場って

有限会社の定款の認証を受けようと思うのですが、法務局の管轄のように、地域によって指定があるのでしょうか?

Aベストアンサー

公証人は法務大臣の指定した地に公証役場を設けます。必ずしも法務局(地方法務局)管轄下の支局、出張所のある都市に置かれているとは限りません。公証役場の方が設置されている数は少ないです。全国には三百数十ヶ所あります。法務局の数の約半分です。
法務局に聞いた方が早いかもしれません。

参考URL:http://www13.ocn.ne.jp/~srsol/sankou/koushounin.html

Q代引手数料について

郵便の代金引換サービスについて
「電信払込」を利用しています。

3万円以上だと送金手数料が735円
3万円未満だと送金手数料が525円

この3万円の対象金額ですが
1.商品代金 + 送料 
2.商品代金 + 送料 + 代引手数料250円
3.商品代金 + 送料 + 代引手数料250円 + 送金手数料525円

どれでしょうか?

3.の合計が3万円にちょうど達する場合
例えば
商品代金 27725円
送料   1500円
代引手数料 250円
送金手数料 525円

上記の送金手数料は735円になるのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。金額を間違えていました。
代金引換 250円
送金手数料 525 円
引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円
送金手数料と印紙代合計 725 円

ということで、印紙代も含まれて送金手数料が725円(735と書いてしまいました。ごめんなさい。)となります。
合計 30200円 から725円が差し引かれます。

ゆうぱっくの送料の計算はこちらでできます。http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack_choice.php
代金引換金額のところに30000円と入力して、
「運賃・料金内訳を見る」
をクリックすると結果に
「引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円 * 1 個分」
と出てきますが、
29999で入力すると上の一文がなくなります。
「代金引換 250円 x 1個
※ 代金の送金には、別途、送金手数料が必要となり、
引換金額から送金手数料を差し引いた額が送金されます。
送金手数料 525 円 * 1 個分
送金手数料合計 525 円 」
という結果になります。
一度試してみてください。
計算はあっていると思います。

すみません。金額を間違えていました。
代金引換 250円
送金手数料 525 円
引換金額(税抜)が3万円以上のため、印紙代が必要となります。
印紙代 200円
送金手数料と印紙代合計 725 円

ということで、印紙代も含まれて送金手数料が725円(735と書いてしまいました。ごめんなさい。)となります。
合計 30200円 から725円が差し引かれます。

ゆうぱっくの送料の計算はこちらでできます。http://www.post.japanpost.jp/cgi-simulator/youpack_choice.php
代金引換金額のところに30000円と入力して...続きを読む

Q電子定款の電子署名について

電子定款で定款の作成をしたく思っておりますが、
電子署名について、発起人が複数いる場合電子署名は全員分付ける必要があるのでしょうか?
どなたかご存知の方おられましたら、教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

何年か前の経験者です。

電子署名しない発起人から電子署名する発起人への委任状があれば、1人以上の電子証明で用が足りるはずです。

私は専門家ではないですし、経験も合同会社だったので、公証役場の認証なしで、法務局への添付などに使った定款を電子定款にしただけなので、正しいやり方だったかはわかりませんが、手続き上困りませんでしたね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報