全ての電子定款の作業が終わったあと、
個人で定款謄本は公証役場で取得できるのでしょうか?

現在依頼しようか迷っていて、
そこのところ詳しい方いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

定款の電子認証をご自分で行ったのであれば、謄本の取得も「同一情報の提供の請求」により自分自身で可能ですが、質問者さんの場合、「電子定款(の作成)を依頼した」とのことですので、おそらくご自身では無理でしょう。


というのも、この「同一情報の提供の請求」という手続きは、法務省のオンラインシステムを使って、電子署名を行う必要があるからです。

 ですので、謄本の取得も、定款の作成を依頼した専門家にご相談下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
調べてもなかなかわからなかったので助かりました。

お礼日時:2015/12/29 18:50

専門家紹介

行政書士_小山信浩

職業:行政書士

「行政書士業務」に関するご相談は行政書士の小山信浩にお任せください。

 行政書士は、街の身近な法律家です。これからの高齢化社会において私たちが避けて通れない相続や遺言、成年後見といった問題から、新たにビジネスを始める方のための会社設立や様々な許認可手続き、また、日本で暮らす外国人の方のための在留資格申請etc.
 誰に聞けばよいのかわからない、日常生活やビジネスでのお困りごとは、ぜひお気軽にご相談下さい。

http://nokoyama22013.wix.com/nk-office

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公証人役場へ行かずに定款を出してしまいました

会社の設立登記をしたのですが、定款を公証人役場で公証するのをしていませんでした。
登記はできたのですが、定款は法的には無効なのでしょうか。
また、何か支障があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)の原始定款であれば、公証人の認証は不要です。

Q公証役場は土日もやってますか?

公証役場は土日もやっていますか?
ネットで公証役場の公式のホームページを探しました出てきません。どなたかご存知の方、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

公証役場は土・日・祝はお休みです。
原則午前9時から5時までですが、定款認証などは受付時間はその中で限定されている場合が多いです。質問者さんが行かれる予定の公証役場に直接問い合わせされるのが早道です。

Q公証人役場って

有限会社の定款の認証を受けようと思うのですが、法務局の管轄のように、地域によって指定があるのでしょうか?

Aベストアンサー

公証人は法務大臣の指定した地に公証役場を設けます。必ずしも法務局(地方法務局)管轄下の支局、出張所のある都市に置かれているとは限りません。公証役場の方が設置されている数は少ないです。全国には三百数十ヶ所あります。法務局の数の約半分です。
法務局に聞いた方が早いかもしれません。

参考URL:http://www13.ocn.ne.jp/~srsol/sankou/koushounin.html

Q電子定款の電子署名について

電子定款で定款の作成をしたく思っておりますが、
電子署名について、発起人が複数いる場合電子署名は全員分付ける必要があるのでしょうか?
どなたかご存知の方おられましたら、教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

何年か前の経験者です。

電子署名しない発起人から電子署名する発起人への委任状があれば、1人以上の電子証明で用が足りるはずです。

私は専門家ではないですし、経験も合同会社だったので、公証役場の認証なしで、法務局への添付などに使った定款を電子定款にしただけなので、正しいやり方だったかはわかりませんが、手続き上困りませんでしたね。

Q定款公証人手数料5万円は設立費用処理できる?

会社法28条には、「定款の設立費用等を除く設立費用を会社の費用として処理する場合には、それを定款に記載せねばならない」という内容の記載があります。
これは、定款公証人手数料50,000万円は設立費用として処理できないということでしょうか?

どなたかご教授頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

定款公証人手数料50,000万円は設立費用として処理できます。

会社法第28条第4号のかっこ書きで、「定款の認証の手数料その他株式会社に損害を与えるおそれがないものとして法務省令で定めるものを除く。」と規定されているので、定款の認証の手数料については、定款に記載する必要はなく、会社の創立費として処理できるということです。

なお、「その他株式会社に損害を与えるおそれがないものとして法務省令で定めるもの」とは、会社法施行規則第5条に下記のとおり規定されていますが、これらについても定款に記載することなく会社の創立費とすることができます。

(設立費用)
第五条  法第二十八条第四号 に規定する法務省令で定めるものは、次に掲げるものとする。
一  定款に係る印紙税
二  設立時発行株式と引換えにする金銭の払込みの取扱いをした銀行等に支払うべき手数料及び報酬
三  法第三十三条第三項 の規定により決定された検査役の報酬
四  株式会社の設立の登記の登録免許税


人気Q&Aランキング

おすすめ情報