現在20歳の大学生です。

私はこれまでにスポーツの習い事などをやっていましたが、あまり本気にできず1年程で辞めることが続いていました。今唯一自分の中でやれることはギターが弾けることと上手くはないのですがそれなりにイラストを描くことができる程度です。

ギターが弾けることは当初は母親の勧めではあったのですが、次第にギターをする中で憧れを見つけることができ、自分がやりたいと思っているカテゴリを考えることができました。
イラストを描きたいと思うようになったのは私がこれまでに遊ぶこと以外で何をやって来たかを考えた末にたどり着いたのがきっかけでした。イラストに関しては独学ではありますが、様々な資料を用いて自分の武器として使えるように日々頑張っています。

私はこれまでに自分が最もやりたかったことを率先してやるということがあまりできない未熟な人間でした。
進学の時はまだネットでの活用をすることをしていなかったため、家族のことを思って決めていたり、習い事では自分の本位でやりたいというより母親の勧めを断ることができずそのまま従うように生活をしてきました。

本当に将来の夢として掲げることができる具体的なものが無かったのですが、現在は自分のイラストを仕事にしていきたいという願望が芽生えてきました。
調べてみると本業でいくことは難しく兼業で行っている人が多くいるといった情報があり、やはり普通の一般企業に勤めるしかないのかと悩んでいます。

本来であれば好きなことは小さな頃から行っているもので、20歳にもなって夢として追い続けようとすることは甘いのでしょうか?回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

No.11の方が言っていることが凄く共感できます。



私は好きなことを仕事にして上場企業で働きましたが、3年でうつ病になり止めることになりました。

理由としては、「やりたい仕事なんだから我慢して当然」というような雰囲気が付いて回り
それがとてもストレスになりました。

プロ野球選手も最初は野球が一番好きで始めた人がほとんどですが、
「今一番好きなことは?」と聞くと「野球をすること」と答える人はほとんどいません。

好きなことを仕事にするということは
好きなことを一つ失うということと同義です。

働く前はこのようなことを周りに言われ、それでも自分は違うんだと就職しましたが、
結局その通りだったと少し後悔しています。

失う覚悟があるのであれば、好きなことを仕事にしてみてください。
    • good
    • 0

好きなことを仕事にしたくて専門学校に通って資格を取りましたが


好きなことを仕事にすることはとても難しい事だということを学びました…
好きなことを嫌いになるんです。それが悲しくなります。
好きなことを仕事にするとその好きなことに対して嫌気がさすことがあります。そして好きなことに嫌気がさしてしまう自分に嫌気さして…といった悪循環です。
好きなことは趣味や副業くらいが楽しいです。
好きなことよりも向いていることを仕事にした方が続くと思うし伸びしろもあるので楽しく働けるような気もします。
    • good
    • 0

20歳でも可能ですが、そんなフンワリした願望では無理でしょう。


取り敢えず専門学校にいきましょう。自信が無いなら就職探しした方が良いですよ。
残念ながら、甘すぎる。
    • good
    • 0

好きなことを仕事にすると、おもに次の2つの点で悩むことになります。


(1)幾ら好きなことでも引き受けた仕事は約束どおりにしなければならず、それでノルマが出来たり、自分がやりたい方向と違ってもやらなければならず、かえってストレスが溜まります。好きなことを仕事にしても決して自分の思いどおりには出来ないんです。ものすごくイライラすると思いますよ。
(2)好きなことを仕事にすると、なかなか儲からず、生活していけないことが実態として多いんです。好きなことを仕事にするために別の仕事をして生活費を稼ぐ、ってなことになりかねないんです。そうすると好きな仕事をする時間がなくなってきます。もし好きなことを仕事にして十分な稼ぎを得るためには、その分野では超一流に(どこからも超一流の仕事を頼み込んで来るように)ならないとね。

人生経験の多い立場から言うと、好きなことをやるのは仕事とは切り離し、自分の自由時間の中で、自由に自分のお金を使い、自分のやりたいようにやるのがいいんです。
    • good
    • 1

好きなことでも、仕事になると「生きていく」手段となるわけで、そのためにはやりたくない仕事や、嫌な雑用、ノルマや期日というものが出てきます。

芸能人が好きなお芝居だけやっては生きていけないので、写真集とか握手会とかに出たりするでしょうし、研究者だって研究室を運営していくためのお金を取るために毎年下らん研究費申請書類をだして、誰も読まない報告書を提出するという単なる雑務だけど、できなければ生きていけない重要な仕事がもれなく待っています。そういう中で、好きな仕事でも嫌いになることだってありますけど、そういう嫌なことを乗り越えてでもやっていきたいと思える人が、必死こいてめざすから天職になるんだと思います。別に甘い甘くないとか表面的な話はどうでもいいんですよ。要するに、単なる夢で終わらせないならば、実行可能な将来の目標にまで、どのように落とし込むかということです。

本当の夢とか、夢を追いかけるとかそういう”表面的な話”はせいぜい高校生から成人式を過ぎるぐらいまでですぜ。そのあと目指すなら、現実的な自分のキャリアの中でどのように位置づけるか、そのために何時までに何をするのかとかそういう”具体的な計画”を立てなくてはいけません。例えば「将来は海外で生活してみたいなあ」と思ったら、海外にいつ行くのか、日本に帰ってくる必要はあるのか、そのための資金は、などいろいろな手段がありますから一つではないですよね。

ちなみに、そういうのがいやだから音楽なんかはあくまで趣味程度にしておいて、普段は公務員とか比較的時間の取れる仕事をする、という人だっていますからそういうのも一つの答えでしょう。音大出たいいとこでの御嬢様とかの場合は、そうそうに結婚して主婦をしながらピアノの先生をやってるとかそういうのだってあるでしょう。出版社に努めてる人で、小説が大好きで自分も書いてたまーに一般人コンクールに応募する人だっています。別に、何もかもが100%仕事に直結する必要はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

兼業になるかのせいはあると思いますが、薄っぺらい理想でやるといつの間にか尽くしてきた熱意が失せてしまうと個人的にはそう感じています。
もしかすると上記のように本来やりたかったことと全く違うことばかりになるかもしれないですが、自分の能力とできることは忘れたくありません。
絵のスキルアップをするとともにネットや出版社が主催しているコンペに投稿してみようと計画しています。

お礼日時:2016/02/19 11:39

楽しい仕事は、儲からないので、貧乏します。

その先に何が待っているかは、あなた次第!
    • good
    • 0

>20歳にもなって夢として追い続けようとすることは甘いのでしょうか?



二十歳になったんだから、今まで以上に自由にできるでしょう? 
夢を追い続けるなんて寝言みたいなこと言っていないで、実現に向けていろいろやっていく段階だと思います。

1件でも受注し、ギャラもらったら、プロとしての第一歩は踏み出せたことになります。
そんな難しくないと思います。

自分は大学生の頃にイラストやグラフィックデザインの仕事やっていましたよ。
専門的に習ったことはないです。そこそこ収入ありました。収入と仕事の入り方に波がありますけどね。

それからいろんな職種・職場をやって来ています。
好きなようにやってます。

そんな経験から、不可能ではない、、、というか可能だと思います。

生業とするなら、大事なのは食っていけること、、金を稼ぐってことでしょうね。
そうじゃなかったらただの趣味。それはそれでいいと思いますけど。

兼業の話が出てきていますが、それも選択の一つだと思います。
あなたの中に会社があって、サラリーマンという部門と、イラストレーター部門がありますと。
トータルで稼ぎ出せていればそれでいいと。
イラストレーター部門は採算に合っていないけれど、存続する価値があるから残している。
その価値がなくなったら部門を閉鎖する。

そう考えると楽しくないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の実力が将来的に仕事と直結できるか悩むところではありますが、他の方から頼まれるような存在になるまで成長したいとも考えています。
その為にどうすれば効率よく自分を売り込めるかが大切だと感じています。頑張ります。

お礼日時:2016/02/19 11:34

…まあ、先は長いから。



とりあえずは一歩を踏み出せばいいです。
それに一般企業…会社は案外とそんなものだと思いますが、面白味というのもどこかにはあるものですよ。
イラストも本気でやって、会社もちゃんとこなしていく。
なんとかなりますよ、若いんだもの。
好きなことは無理しても出来る年齢ですから。

これから何度も分岐点はあって、その度に悩みも出るでしょう。
ただ、その時々での自分は、それまでの自分じゃないですから。
自分自身も変化しているし…恋人とかの存在もすごく大きいものがありますよね?。
恋愛は人を変えますからね。

いろいろありますよ。
だから今、悩み続けていても仕方ないです。
一歩を踏み出してみることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ絵を描けるようになってこれから先がどうなるのか不安な気持ちはありますが、楽しいと思いながらやっていきたいです。

お礼日時:2016/02/19 11:30

小椋佳さんを思い起こした。

本人次第、がんばれ。
あと最近のニュースで声優の方
http://www.j-cast.com/2013/12/18192098.html?p=all
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本業、兼業問わず仕事としてできるかどうかまだ分からないですが頑張ってやってみます。

お礼日時:2016/02/19 11:28

いつ始めるにしても遅すぎることはありませんし、夢はあきらめないほうがいいです!



不思議なことに思った通りのことが叶ってしまいます。

できないと思っている人は、
思ったとおりのことが叶ってしまっているんです。

またできると思っている人は、
それが叶ってしまうんです。

プロスポーツ選手や起業家など、ある分野で成功している人たちは、
イメージを現実に近づけていく能力がすごく長けているので、
強い想いを持ち、それを具体的な目標に落とし込んでいくのがうまいです!

この夢を実現することにおいてのノウハウを体系化した本が
ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」なので、
参考までに一度読んでみることをおすすめします!

がんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し始めるのが遅かったと感じていますが、仕事としてできるようにイメージすることも大事だと思ってます。
とにかくやりたいことに向けて頑張っていきます。

お礼日時:2016/02/19 11:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング