AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

九州の語尾の特徴教えてください!
イマイチわかりません
(例)熊本:~たいとか、~ばいとか
九州の地方の全部まとめて教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ばい〔終助〕


文末にあって、感情を添えたり、軽く念をおすような詠嘆を表わす。終助詞「は」または「わい」に相当する、九州地方の語。よ。だぞ。ですよ。
*吾輩は猫である〔1905〜06〕〈夏目漱石〉五「然し一番愚なのは此猫ですばい」

方言
《ばい》長崎・久留米・筑後柳川・新潟県中蒲原郡・福岡県「せんとばい(決してしない)」・佐賀県・長崎県「彦山に登ろばい」・熊本県「よかばい(よろしいです)」・大分県・宮崎県東臼杵郡・西臼杵郡「借らにゃーしょうねーばい」
《ばあい・ばあん》宮崎県西臼杵郡《ばう》熊本県玉名郡「行くばう(行くよ)」
《ばいああた〔─貴方〕》熊本県玉名郡
《ばいた》熊本県下益城郡「来らしたばいた(来ましたよ)」
《ばいたあ》熊本県八代郡
《ばんた・ばんたああ》佐賀県「いやばんた」
《ばん》佐賀県
《ばな》筑紫・長崎県・対馬(同輩以下)・熊本県・大分県日田郡「私も行くばな」
《ばない》長崎県南高来郡
《ばよ》長崎県長崎市「おら、ちっとも、しらんばよ」・壱岐島

たい 方言〔助〕
文の終わりに付けて、軽く念を押す意を添える。よ。さ。
《たい》筑後柳川・肥後・福岡県「そーですたい」「買ふて来たたい」・佐賀県「行くたい」「わからんたい」・長崎県南高来郡「どげんでんよかたい」・熊本県・大分県玖珠郡・宮崎県西臼杵郡
《だい》青森県三戸郡「それでもよござりますだい」・長野県佐久・山口県阿武郡・福岡県築上郡・長崎県東松浦郡・南高来郡「じゅーにじごろじゃったろだい」・大分県「しらんだい」・鹿児島県「買ふて来たたい」・佐賀県「行くたい」「わからんたい」・長崎県南高来郡「どげんでんよかたい」・熊本県・大分県玖珠郡・宮崎県西臼杵郡・
《だい》青森県三戸郡「それでもよござりますだい」・長野県佐久・山口県阿武郡・福岡県築上郡・長崎県東松浦郡・南高来郡「じゅーにじごろじゃったろだい」・大分県「しらんだい」・鹿児島県
      以上「日本国語大辞典」より
    • good
    • 0

スミマセン、質問勘違いしてました!



~ばい は言い切る場合に使うことが多く、~です。と使い方が近いです。
~たい は~でしょ、~でしょ?に使い方が近いです。

ただ、これですべて当てはまると言うわけではなく、~ばい、~たいの使い分けは個人差がかなりあるようです。
    • good
    • 0

長崎の田舎ですばってん。



そいぎんな、そんげん、あんげん、きゃーないた、だんこつら、ばい、たい、おいんげ、わいんげ、やっけん、とっとっと?、
等ですかねー。
なおして、は片付けると修理するが一緒になってますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(*^。^*) 九州弁の語尾の「……たい」とは、どういう意味?

 九州弁でしょうか、福岡弁でしょうか、よくわかりませんが、話し言葉の語尾がよく「……たい」で終わるようです。
 これは、どういう意味というか-----これを使うときのニュアンスとか気分を教えてください。
 標準語(東京弁?)では、どういう言葉がこれにあたりますか?
 大阪弁では、どうでしょうか?
 

Aベストアンサー

福岡市内にずっと在住です。

「山笠があるけん博多たい!」
→ 山笠という祭があるからこそ、博多なんだよ

「お前がそげなふうやけん、あげんとになめらるったい!」
→ お前がそんなふうだから、あんな奴にナメられるんだよ

という感じで、「だよ」が一番近いかな、とは思いますが、「たい」で終わる場合は、そこに「断定、決めつけ」のニュアンスが含まれる場合も、少なからずありますね。

蛇足ですが、
普通、言葉の最後に「くさ」が来る事はないです。「くさ」のあとには読点「、」がついて、あとになにかが続くのが普通です。これは「そしたらね」の「ね」くらいの意味です。
「あんたはそげんいうばってんがくさ、そら実際みとらんけん、いわるうとと思うばい」
→ あなたはそう言うけど、それは実際に見てないから言えるんだと思うよ
って感じです。

Q語尾に けんを付ける地域は?

仕事関係のどこかの人と話した時に語尾にOOOけん って言ってました どこの言い方でしょうか?知ってるかたおしえてください

Aベストアンサー

中国・四国・九州北部の広い地域です。
高知の「~きに」、広島の「~けぇ」などの派生はありますが、すべて「けん」の文化圏内です。

接続助詞の「~(だ)から」を「~(や/じゃ)けん」と言います。
#1さんの例の「そぎゃこつしたらいけん!」は本題とはずれていますね。
「私が見ていたから間違いない」→長崎「おいが見よったけん間違いば無かっさ」
愛媛「うちが見よったけん間違いないんよ」などの使用例がありますね。

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html

Q語尾に「けん」とつけるのはどこの県の人?

「わたしのお母さんがそう言ってるけん。」
「先生が勉強をしろって言ってるけん。」

など、~するけん。と語尾に「けん」をつけるのは
どこの県の出身の人ですか?

Aベストアンサー

たぶん、広島県あたりでは、ないでしょうか??
広島の友達は、よくそのような、言い方をしていました。
それで、その広島の友達は、接続詞の『それで』を『じゃけん』とよく言ってました。


人気Q&Aランキング