ベタちゃんの尾腐れ…
尾が溶け始めてから、塩水浴一週間立ち進行は止まった模様。
そこから、一回り大きい約2リットル入る水槽を購入し、砂をひき毎日スポイトで水を少量足して水量を上げていってます。
溶けるのが止まったとは思うんですが、、さらに薬を使って治療させるか悩んでおります、、溶けた時と状態は変わってないのですが、自然治療でもいいのか…よくわからなくてなってきました。始めてべたを買って大事にしているのでアドバイス下さい

「ベタちゃんの尾腐れ… 尾が溶け始めてから」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 尾びれが➰

    「ベタちゃんの尾腐れ… 尾が溶け始めてから」の補足画像1
      補足日時:2016/03/19 01:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

水の交換以外ではPHを測定し、次に硝酸塩、硫酸塩等を測定する事で原因を追究しないと駄目です。

これはアンモニアが影響する腐敗症ですので改善をしないと悪化させますし、それに応じて塩基(アルカリ性)の場合はサンゴ、貝殻等で調整し、酸基(酸性)の場合は活性炭、濾過砂を入れて調整します。

 その後に私は水槽の水量に合わせてアクアセイフ、コントラコロラインを適量調合しており、回復をさせています。この時にバイタルを処方する場合は個体が過去に大きな疾患に罹患した場合にはリスクがあり、処方できません。イージーバランスは一旦処方をすると継続して処方しないと効果がありませんし、忘れたりして中断すると意味がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!明日さっそく、水質調べて悪いようであれば水質改善に進もうと思います!

お礼日時:2016/03/21 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベタの元気が全然ない

ベタのオス一年を、4リットルの小水槽で飼っています。一週間半前までは、とても元気だったのですが急に元気がなくなりました。一日中、寝ていて餌にはまったく見向きもしません。寝るときは、なぜか立って寝ています。こんなことは、前まで一回もありませんでしたし、病気のサインも、見つからず途方にくれています。特にこのままだと、飢え死になってしまうので、心配です。
ベタは、なぜこうなってしまったのでしょうか?わたしに、できることは、ありますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10Lくらいのバケツに今の飼育水(4L)とヒーターとベタを移してください。
そして水温を合わせた新水4L分をカルキ抜きし、これに塩40gを溶かして徐々にバ
ケツに入れていってあげてください。

この状態で様子を見てください。
2、3日経っても変化が無いようでしたら病気の可能性が高いので、半分水換えと併せ
て、「グリーンFゴールド顆粒」〔対エロモナス(Aeromonas)菌感染症薬剤〕を水8Lに
対して規定量となるように溶かした水を徐々に入れていってください。

ここから1週間の薬浴です。
元気になるまでは基本絶食です。ただ、食べれるようでしたら、ほんの少しだけ与えて
ください。(食べずに残ったら必ず取り出してください。)
そして、しっかり元気になるまでは、週一で1/2水換え、投薬の繰り返しになります。

ところで、ここで聞くのもなんですが、フィルターとヒーターは付けられていますよね?
→長期飼育には必須ですよ。

フィルターが無ければ、水を浄化する亜硝酸酸化細菌が繁殖しませんので、水換えして
も1日も経たずに亜硝酸が蓄積し、いつまでも魚にとっては辛い状態が続きます。
亜硝酸が多い水では、食欲も無くなりますし、酸欠にもなります。ベタの場合、直接空
気呼吸できますから縦泳ぎで呼吸しているということではないですか?

もし、フィルターが無いのであれば付けてあげましょう。あと底砂利も。
本当は、ベタ1匹と言っても、より大きな水槽と能力の高い濾過器を付けてあげて、
いつも綺麗な水を維持したいところです。

10Lくらいのバケツに今の飼育水(4L)とヒーターとベタを移してください。
そして水温を合わせた新水4L分をカルキ抜きし、これに塩40gを溶かして徐々にバ
ケツに入れていってあげてください。

この状態で様子を見てください。
2、3日経っても変化が無いようでしたら病気の可能性が高いので、半分水換えと併せ
て、「グリーンFゴールド顆粒」〔対エロモナス(Aeromonas)菌感染症薬剤〕を水8Lに
対して規定量となるように溶かした水を徐々に入れていってください。

ここから1週間の薬浴...続きを読む

Q尾腐れ病のベタについてアドバイスをください。

尾腐れ病のベタについてアドバイスをください。
5月半ばより飼い始めたオスのトラディショナルベタが尾ぐされ病になりました。
経過は以下の通りです。
7/23尾腐れ病に気付きメチレンブルーで薬浴を開始
7/24塩をプラスすると良いという情報をネットで得た為、半分の水替えの際にメチレンブルーに加えて塩が5%になるように入れました。
7/25現在、水面近くで体を斜めにし、ほとんど動いていません。
エラを見ているといつもよりかなり呼吸が荒いように思われます。

飼育環境はガラスの器に1リットルの水量で水温が27-32℃くらい。
連日の暑さと自分の知識不足でうまく安定させられなかった事が病気の原因だと反省しています。

治療方法はこれで大丈夫でしょうか?
薬浴中の水替えはどのくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

飼育初心者の為、どうか助けてください。

※うちのベタは飼育を始めて3週間くらいでフレアリングを一切しなくなりヒレが完全に癒着しています。

Aベストアンサー

No.1です。
尾ぐされ病(ヒレ病、口腐れ病)は、フレキシバクター・カラムナリス(Flexibacter columnaris)グラム陰性菌により引き起こされます。

メチレンブルーは水中浮遊菌の殺菌剤。
魚体に寄生する前のカラムナリス菌には効果がありますが、魚体に寄生後のカラムナリス菌には効果の薄い薬です。

尾ぐされ病の治療薬
・グリーンFゴールドリキッド
・パラザンD
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース

尾ぐされ病の治療方法
1・水換え
2・エアポンプによるエアリング
エアが強すぎるようならば、エアストーンの設置場所を水面近くでブクブクを行う。
3・規定量の薬浴と同時に0.5%塩浴
4・治療期間は5日間~7日間
5・病魚に食欲がある場合のみ、少量の餌を与えても良い。
餌を与える場合は、3日目~4日目に水替えと追薬。
6・治療完了後に再度の水換え

尾ぐされ病は飼育水の富栄養化(汚れ)により発生率が高まります。
今後は、少し、水替えの頻度を増やして、飼育水の貧栄養化(清水化)に努めることをオススメします。
尾ぐされ病の発生したベタの飼育水槽は、出来ればリセット(塩素消毒や完全乾燥)した方が良い。

No.1です。
尾ぐされ病(ヒレ病、口腐れ病)は、フレキシバクター・カラムナリス(Flexibacter columnaris)グラム陰性菌により引き起こされます。

メチレンブルーは水中浮遊菌の殺菌剤。
魚体に寄生する前のカラムナリス菌には効果がありますが、魚体に寄生後のカラムナリス菌には効果の薄い薬です。

尾ぐされ病の治療薬
・グリーンFゴールドリキッド
・パラザンD
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース

尾ぐされ病の治療方法
1・水換え
2・エアポンプによるエアリング
エアが強すぎるようならば...続きを読む

Qベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良

ベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良いのでしょうか?それともあらじおが良いのでしょうか?入れる量も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています。なので掛かり付けの医者やペット屋から聞いた知識となりますので、#1さんほど詳しくはありませんから、#1さんの回答も参考にして下さい。

では私なりの回答をしておきます。ベタは元々泳ぎが下手なので、じっとしている方が得意な魚の種類ですから、よく体を見てウロコやおびれ・背びれなどに異常がないか確認してみて下さい。

ちなみにベタの病気は、エルバージュと塩(精製塩)を用意してください。この2種類でベタの病気はほとんど治ります。(と教えて貰い、以来ずっと実践してます)

ベタの一番かかりやすい病気はコショウ病です。水温の変化でなりやすいです。治療は飼育水を交換してエルバージュを色の付く程度ほんの少量溶かし、1リットルに対して5gの塩を入れてください。水温は高目に設定してください。2日ほどで直ります。

*コショウ病とは
コショウを振りかけたように薄いオウド色の細かい点々が体中に付着する。ベタが一番かかりやすい病気でベタの元気が無くなったら注意してよく見ること。

エルバージュエースは1袋0.5gなので、約10分の1で良いです。

「鰭が溶けている」場合。水質が合っていないか、ベタのストレスによりヒレが溶ける場合があります。治療は水替えをしてから水1Lに対してエルバージュ約0.05g入れよく溶かしてから塩を5g入れて下さい。ヒレが溶ける進行は止まります。

後はヒレが伸びるのを待ちましょう。またこの方法はウロコが固まった時にも有効です。

他にもおびれの「ささくれ病」など病気は沢山あります。もしそのような感じでしたら、申し訳ないですが私はウチのベタでは経験してないので、回答が出来ません。(金魚やメダカでは経験ありますが)

なのでネットで検索してみるか、また良回答があるのを待ってみて下さい。もし金魚やメダカと同じ対象なら、私なりの回答も出来ます

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報