テラス屋根の波板に穴や亀裂があり、強風のたびにバタバタとうるさくて近所迷惑だと思い、
業者に取り換えてもらいました。

新しい波板で一安心と思いきや、今度は少しの風でバタバタといっています。
場所は前回とは違う場所のようです。

これはもうどうしようもないのでしょうか?
それとも何か方法がありますか?

自分で調べたら波板パッキンという物があると知りましたが、このような物をホームセンターで買ってきて後付けすることはできるのか、また効果があるのかなど、詳しい方どうか教えて下さい。

ご近所様の安眠や勉強を妨げているのではと思い心苦しくて、どうしたらいいのか困っております。

A 回答 (3件)

ポリカなどの樹脂製波板は、トタンより柔らかいので風でしなりやすく、音も出やすいですね。



基本的には端部と重なり部が音が出やすいです。
次いで留め具(釘やフック)同士の間。
割れていたりすれば当然片方だけ煽られたりするので破損部。

留める数を増やせば基本バタツキは収まります。

アルミエクステリア既製品の場合はプラフックという樹脂製のフックで留めます。
この数を増やして留めてない波の間隔を狭くする。

既製品ではなく現場加工だと留めているところ以外に、留めている下地同士の間隔が遠いと、波板同士の重なりに風が通り易くなりバタツキ音が出る事もある。
これは抑え方は色々ありますが、シリコンを重なりに部分注入で様子見。

業者に少しの風で音が出て仕方ないから何とかしてくれと言えば、やってくれると思います。
躯体(テラス)を作った業者に交換してもらったなら音止めは無償でやってくれそうかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございます。

波板変えたのにバタバタがおさまらないから、構造上どうしようもないのかと思い、暗く落ち込んでおりました。

留める数を増やすなど、何かしら方法があるということわかりました。
業者に言ってみます。

優しい文面に元気づけられました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/06 18:38

普通は波板の下にスポンジの丸いクッションを入れて


上にも雨よけの座を入れてビス止めしますよ。

とめる個所を増やせばいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

クッションのような物は入ってないですね。上にも何もないようです。
とめる個所を増やすとバタつきは良くなるのですね。
業者に言ってみます。

何もわからない私にいろいろ教えてくださり、本当にありがとうございます。

お礼日時:2016/06/06 18:58

端の留め方の悪い所でしょ。

業者にクレーム入れてないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございます。

普通はバタバタといわないものだと思っていいのでしょうか。
ど素人なのでよくわからなくて・・・
クレームとして言っていいレベルなんですね?

作業の最後のほうで、ここ斜めだからどうのこうのと少し手こずっているようでした。
その辺りから音がする気がします。
一度業者に言ってみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/06 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の成り立ちについて

漢字の成り立ちについて

漢字の成り立ちを調べたいのですが、いい本やサイトを教えてください。

Aベストアンサー

白川静「字統」でしょう。
中高(大)生の方でしたら同じく白川静の「常用字解」と思います。
白川静の本はいままでの一般的な解釈とは違うのも多いのですが、賛否は別としても漢字の成り立ちを調べるなら読んでおかないわけにはいかないと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%B8%E7%94%A8%E5%AD%97%E8%A7%A3-%E7%99%BD%E5%B7%9D-%E9%9D%99/dp/458212805X/ref=pd_sim_b_3

Qトタン波板とポリカ波板

屋根に明かり取りにポリカを使用したいのですが・・・ホームセンターなどで市販されているトタン波板とポリカ波板は重ねると波のピッチが合いません。すべてそうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私がホームセンターで見たPOP(説明表示の紙)には、確かメーカーによっては違うことがあるので注意と書いてありました。
補足資料は見つかりませんでしたが、参考までに。

Q漢字の成り立ちを探しています

漢字の成り立ちを探しています

声という漢字の成り立ちを教えてくれませんか?

Aベストアンサー

「~探しています」とのご質問から推測するに、解説もともかく出典/文献が必要なのではないかと思い、材料を提供します。
中国語が出来ればURL一行で済むのですが、単純作業なので念の為訳しておきます。
【声】-漢典参照
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE5ZdicA3ZdicB0.htm
  注:文中の●は[声+ル又]=聲の耳の無い漢字
A.[詳細字義]タブ
【声】は 聲
品詞=名詞
(1)文字の成り立ち=耳と●(qing4)の形声文字(六書りくしょ)。
  ●は古代の楽器"磬"の本字。"耳"は聴くを表す。
  字の本義は、声音および声の響き。
(2)以下略。
B.[説文解字]タブ
  音 なり。
  ●は[竹冠+手偏+留]文(字体の一種、大篆)では磬のこと。
C.[康煕字典]タブ
 沢山あって繁雑なので、同じ辞典で●の項を見ます。
  http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE6ZdicAEZdicB8.htm
  ●には3つの意味と発音があることが分かります。
  1st.発音qing4・・・磬(打楽器の一種)
  2hd.発音keng1・・・適(変な字は簡体字の敵です)
  3rd.発音sheng1・・・声  、姓名の姓にも用う。
  →同じ頁のタグ[康煕字典]をクリック
  1st.『説文解字』磬は[竹冠+手偏+留]文(字体の一種、大篆)    では●と書いた。
  2nd.『廣音』敵なり
  3rd.『集韻』聲は古くは●と書いた
D.[字形字源]タブ
  甲骨文→小篆→楷書 と字形が変化しました。
  楷書の時代になると現在の字形になっています。
*こうしてみると、A.-(1)にあるように、楽器の●と"耳"の形声文字であること、字形は楷書になった時期から"声"になったこと、
 ●が大変重要な位置を占めていることが分かります。

参考:
『字統』白川静によると、
聲 声・聲、会意文字、旧字"聲"。 ●は磬を鼓つ形。 
耳にその音を聴く意味で声を示した。略字"声"は"磬"の象形であり、"磬"の初文(そもそもの象形、発祥)。声義ともに"聲"とは異なる。●qing4は磬qing4と同声でありそれに耳をそえたものであるから会意文字とすべきである。
注:磬 写真
  http://image.baidu.com/i?ct=503316480&z=0&tn=baiduimagedetail&word=%ED%E0&in=27427&cl=2&lm=-1&pn=3&rn=1&di=15718857405&ln=1&fr=&ic=0&s=0&se=1&sme=0
注:漢字の整理の初めは秦の小篆、役人向けの標準字体隷書、...と変化しますが、字書編纂は由緒正しい小篆準拠でした。整理が進むと、字書の利用のしやすさに眼が向き、楷書準拠の流れが出来ました。現在は中国、日本とも、清朝に完成した『康煕字典』に準拠しています。
注:"声"字自体の象形的解字については先行回答の範囲と理解していますが、提示できる出典が手元にないので、さて措きます。
■白川静氏の見解も併せて材料を提供しますので、図書館の利用も含めて、見解をまとめてください。

「~探しています」とのご質問から推測するに、解説もともかく出典/文献が必要なのではないかと思い、材料を提供します。
中国語が出来ればURL一行で済むのですが、単純作業なので念の為訳しておきます。
【声】-漢典参照
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE5ZdicA3ZdicB0.htm
  注:文中の●は[声+ル又]=聲の耳の無い漢字
A.[詳細字義]タブ
【声】は 聲
品詞=名詞
(1)文字の成り立ち=耳と●(qing4)の形声文字(六書りくしょ)。
  ●は古代の楽器"磬"の本字。"耳"は聴くを表す。
  字の本義は、声音および...続きを読む

Qテラスの屋根に樹脂製の波板の交換が必要です。

屋外に14畳程度の屋根があります。
7年前に製作したもので、木造の構造体は問題ないのですが、合板の上に樹脂製の波板の劣化が始まり雨漏りを始めました。
恐らく、合板の張替えも必要です。
今後、自分で波板を張り替えるに当たり、強度、材質、どのような選択肢が考えられますか?
素人が建材を購入するにあたり、注意する点、価格比較はどのように行えばよいでしょうか?

Aベストアンサー

樹脂製や塩ビ製のものはやはり紫外線には弱いので、長年の使用を経ると劣化してしまいます。
この際ガルバリウム鋼板の波板がいいでしょう。ガルバリウムは鉄板にアルミと亜鉛のメッキを施したもので、耐候性に優れています。
http://www.joyfulhonda.com/homecenter/k-shizai/slate/index.htm

Q子供に漢字の成り立ちを教えられるような参考書

 中学生や小学校上級生に漢字を習得させたいと思いますが、ただ単に何度も書き写して覚えさせるのではなく、漢字の成り立ちを知って覚えると理解が深まり、覚えやすくなると思うのです。子供にも分かる漢字の成り立ちを記した参考書を教えてください。できれば当用漢字1945文字すべてに関して成り立ちがわかれば最高です。中学生や小学校上級生が理解できる程度の内容のものをお願いします。

Aベストアンサー

それはっ! もうっ! まさにっ! 白川静「常用字解」(平凡社 2940円)! これにつきます!
大人が読んでも目からウロコが落ちまくりです。
ついでに、といってはなんですが、「白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい」「白川静さんに学ぶ 漢字は怖い」もおススめです。

Qカーポートの波板をポリカの平板にできる?

波板仕様のカーポートを使用しております。
かなりが頑丈なので使用上は全く問題ないのですが、見た目が古めかしいのでポリカの平板したいと思ってますが、変更できないのでしょうか? 
ネットで探してもよくわからないので、どなたか的確なアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

交換できると思います。

ただし、平板は、雨漏り対策を十分にしないといけませんので注意してください。

この点、波板は端を重ねておけばいいので雨漏り対策には優れています。

5ミリくらいの平板を買ってくればいいでしょう。あとはあなたの工夫次第です。

Q漢字の成り立ち

怖い漢字の成り立ちが知れるサイトがありましたら教えてください。

なるべくいっぱい書いてあるのがいいです。お願いします。

Aベストアンサー

47NEWS > 47スクール > 漢字物語

参考URL:http://www.47news.jp/feature/47school/kanji/index.php

Q塩ビやポリカの波無し波板が安く欲しい

ホームセンターへ行くと塩ビやポリカーボネイト、ブリキの波板が6尺600円くらいからあります。そこで、この波の無い、塩ビやポリカーボネイトの板が欲しいのですが、波板より安く、もしくは同じくらいの価格で入手することは出来ないのでしょうか?

とりあえず、検索すると
http://www.komeri.com/disp/CKmSfGoodsPageMain_001.jsp?GOODS_NO=332271&dispNo=001022001008
サンデーシート100透明 910×600×0.5mm 塩ビ板 1182円
と非常に割高で驚いています。

加工する必要もなく同じ面積であれば安くなりそうな気がしますが恐ろしく割高な気がしています。
探し方が悪いのでしょうか?それとも、需要がほとんど無く高いのでしょうか?

Aベストアンサー

>それとも、需要がほとんど無く高いのでしょうか?
 が最も近いです。すくなくともアクリサンデーはそう。
 ただ、いずれにしろ仕入れるときは、10枚単位が多いのですが、その時点ではそんなに大きな価格差はありません。(倍程度)
 製造コストは並み板も平板も大差ありません。最後のローラーが波か平かの違い。

 なお、平板は輸送コストがかかります。波板はしなりませんが平板は梱包が難しくなります。0.5mmだと、多くのメーカーで1,000×2,000で24枚が出荷単位ですかね。

 高い高いといわれても、運賃のほうが高いのではないかと・・
アクリル板、アクリルケース、アクリル加工専門販売アクリルショップ「はざい屋」( http://www.hazaiya.co.jp/index.html )

Q『九』という漢字の成り立ちについて

『九』という漢字の成り立ちについて、小1の子どもの漢字ドリルにひじを曲げた(力こぶを作っているような)絵が載っていましたが説明がよくわかりません。どういった成り立ちなのかをうまく子どもに説明したいのですがどのように言えばよいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『学研新漢和大字典』による解説を引用します。

漢字の成り立ちとしては、
「手を曲げて引き締める姿を描いたもので、つかえて曲がる意を示す。
転じて、一から九までの基数のうち、最後の引き締めにあたる九の数、また指折り数えて、両手で指を全部引き締めようとするときに出てくる九の数を示す。」
と説明されています。

『旺文社漢和辞典』(昭和39年発行)では、
「肘の曲がった形をかたどる。“ここのつ”は一位の数のきわまる(究;キュウ)ところであるからキュウといい、同音の九字を借りてその字とした。」
とあります。

Qポリカの波板の水漏れ

自分で波板を交換したんですが、雨漏りして困っています。
波板の横の継ぎ目は大丈夫なんですが、縦の継ぎ目から雨漏りします。
重ねる長さを長くしても隙間に水が入って雨漏りします。
たぶん傾斜が緩いのが原因だと思うのですが、父がDIYで作った物置でそれまでは雨漏りはしてませんでした。父に聞けばいいのでしょうが今はこの世にいません。
うまく張るコツがあったら教えてください。
垂木に傘釘で固定しています。

Aベストアンサー

NO2です。返信遅くなりました。
>縦方向の重ね合わせは、何cmくらい重ねればいいでしょうか。に付いて=波板の下に全面に板張りに成っているか、何うか、傾斜勾配がゆるいか何うかに依って違います。お父上の作られた物ですので勾配は常識的な範囲の勾配とおもえます。

私宅のはカンナ掛けの檜板を全面に張り、先述の横さんを1M置きに付けて、1M幅の発泡スチロール24ミリ厚を(断熱のため)の上に波トタンと、一部渡り廊下は採光のため透明塩ビ?を張っています。(勾配は他の部分で本職が平トタン作りよりもはゆるいです)
これで重ね目は30センチですが漏れは有りません。自作のは発泡スチロールのため風雨時に空気の吹き込みや吸出しが防がれている可能性があるかもです。

本題です=全面板張りに越した事はありませんが、仮に横さんで済ます時波トタンですと間隔は四五十センチで良いかもですが→塩ビ波板ですと三十センチ間隔は必要で=重ね部分は多いほど良いですが、少なくても50センチ位は必要でしょう。

注●下の上端と上から来た端の部分には垂木の上に横さん又は横板が絶対必要です。其の上本来は足場板(板を渡して上に上がり作業する)と云う分厚い幅広の長い板の上で傘釘打ちをする必要があります。
これは転落回避が一番ですが、最低でも1,5センチ厚保で15センチ幅以上の板の上に上がる事で波板の広がりを防ぐためです。

其の上で合わせ目の上下とも端から10センチ位の位置に○山3~4個置き位に山の上に傘釘を打つ事が必要です。打ち方は山が変形してもいけません=親指で押して傘に隙間が無い程度に=(経験則ですので合っているか分かりませんが) 

○2先にも言いましたように上のと下の合わせ目の波が直線に成るように合わす必要は必須です。

くれぐれも転落には十分注意して行われる事重ねて言っておきます。

NO2です。返信遅くなりました。
>縦方向の重ね合わせは、何cmくらい重ねればいいでしょうか。に付いて=波板の下に全面に板張りに成っているか、何うか、傾斜勾配がゆるいか何うかに依って違います。お父上の作られた物ですので勾配は常識的な範囲の勾配とおもえます。

私宅のはカンナ掛けの檜板を全面に張り、先述の横さんを1M置きに付けて、1M幅の発泡スチロール24ミリ厚を(断熱のため)の上に波トタンと、一部渡り廊下は採光のため透明塩ビ?を張っています。(勾配は他の部分で本職が平トタン...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング