テラス屋根の波板に穴や亀裂があり、強風のたびにバタバタとうるさくて近所迷惑だと思い、
業者に取り換えてもらいました。

新しい波板で一安心と思いきや、今度は少しの風でバタバタといっています。
場所は前回とは違う場所のようです。

これはもうどうしようもないのでしょうか?
それとも何か方法がありますか?

自分で調べたら波板パッキンという物があると知りましたが、このような物をホームセンターで買ってきて後付けすることはできるのか、また効果があるのかなど、詳しい方どうか教えて下さい。

ご近所様の安眠や勉強を妨げているのではと思い心苦しくて、どうしたらいいのか困っております。

A 回答 (3件)

ポリカなどの樹脂製波板は、トタンより柔らかいので風でしなりやすく、音も出やすいですね。



基本的には端部と重なり部が音が出やすいです。
次いで留め具(釘やフック)同士の間。
割れていたりすれば当然片方だけ煽られたりするので破損部。

留める数を増やせば基本バタツキは収まります。

アルミエクステリア既製品の場合はプラフックという樹脂製のフックで留めます。
この数を増やして留めてない波の間隔を狭くする。

既製品ではなく現場加工だと留めているところ以外に、留めている下地同士の間隔が遠いと、波板同士の重なりに風が通り易くなりバタツキ音が出る事もある。
これは抑え方は色々ありますが、シリコンを重なりに部分注入で様子見。

業者に少しの風で音が出て仕方ないから何とかしてくれと言えば、やってくれると思います。
躯体(テラス)を作った業者に交換してもらったなら音止めは無償でやってくれそうかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございます。

波板変えたのにバタバタがおさまらないから、構造上どうしようもないのかと思い、暗く落ち込んでおりました。

留める数を増やすなど、何かしら方法があるということわかりました。
業者に言ってみます。

優しい文面に元気づけられました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/06 18:38

普通は波板の下にスポンジの丸いクッションを入れて


上にも雨よけの座を入れてビス止めしますよ。

とめる個所を増やせばいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

クッションのような物は入ってないですね。上にも何もないようです。
とめる個所を増やすとバタつきは良くなるのですね。
業者に言ってみます。

何もわからない私にいろいろ教えてくださり、本当にありがとうございます。

お礼日時:2016/06/06 18:58

端の留め方の悪い所でしょ。

業者にクレーム入れてないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございます。

普通はバタバタといわないものだと思っていいのでしょうか。
ど素人なのでよくわからなくて・・・
クレームとして言っていいレベルなんですね?

作業の最後のほうで、ここ斜めだからどうのこうのと少し手こずっているようでした。
その辺りから音がする気がします。
一度業者に言ってみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/06 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトタン屋根の雨音対策

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計のこともあり、屋根も壁もトタンで工事していただき、部屋というよりも小屋に近いですが幸い娘も喜んでくれておりホッとしていたのもつかの間…
おととい夜中に激しい雨が降りました。初めは「トン、トン、ポチョン、」だった雨音も雨が激しくなるにつれ、「ボトボトボトボト!バリバリバリッ!」というような凄ざまじい音に和室で寝ていた妻も子も飛び起きました。トタン屋根だからある程度は覚悟していたのですが、まさかこんなにうるさいとは…。
文化住宅ですのでもちろん2階部分には住人がおり、どれほどうるさいか、迷惑かを考えると心苦しく申し訳ない気持でいっぱいでした。
今、台風が接近しているということもあり何とかあの凄ざまじい雨音をなんとか少しでも軽減出来ないものかと色々調べてみましたが、瓦に変えれる資金も工事を依頼する資金もなく、自分で出来る良い対策法を探しております。人工芝のカーペットを屋根部分に敷いてみるのはどうか?と考えてみたり…
どうか皆様の知恵をお借りできないでしょうか?お恥ずかしいことにお金がありませんので何か自分で出来る方法で少しでも雨音の軽減を考えております。よろしくお願いいたします

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計の...続きを読む

Aベストアンサー

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内側より、発砲ウレタンを吹き付ける。
やはり専門職人さんに頼んだ方が良いと思います。
音をもっと減らすには、天井をはれる高さがないと無理かも知れません。

もっと安価な方法
いらなくなった毛布を何枚か重ねて屋根内側から逆打ちで止めていく(1枚貼れたら、2枚めは少しずらして、密着させて音が漏れない様)
屋根の上に何かを張るのは、固定方法に無理があると、雨漏りの原因になりかねません。くれぐれもご注意してくださいね。

参考URL:http://www.nittobo.co.jp/kw/info.html

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内...続きを読む

Qポリカ波板を綺麗に切断するには?

ポリカ波板を縦(波の山か谷部分)に綺麗に切断するにはどうすればいいのでしょうか?

カッターで何度か往復させるにしてもあれだけ長いと・・・・

Aベストアンサー

谷の部分をカッターで、ポリカの厚みの半分くらいを切るようなつもりで傷(筋)を付けます。その後、傷を付けたところを反対側へ折る、戻すを1~2回すれば切れます。

Qポリカの波板の水漏れ

自分で波板を交換したんですが、雨漏りして困っています。
波板の横の継ぎ目は大丈夫なんですが、縦の継ぎ目から雨漏りします。
重ねる長さを長くしても隙間に水が入って雨漏りします。
たぶん傾斜が緩いのが原因だと思うのですが、父がDIYで作った物置でそれまでは雨漏りはしてませんでした。父に聞けばいいのでしょうが今はこの世にいません。
うまく張るコツがあったら教えてください。
垂木に傘釘で固定しています。

Aベストアンサー

NO2です。返信遅くなりました。
>縦方向の重ね合わせは、何cmくらい重ねればいいでしょうか。に付いて=波板の下に全面に板張りに成っているか、何うか、傾斜勾配がゆるいか何うかに依って違います。お父上の作られた物ですので勾配は常識的な範囲の勾配とおもえます。

私宅のはカンナ掛けの檜板を全面に張り、先述の横さんを1M置きに付けて、1M幅の発泡スチロール24ミリ厚を(断熱のため)の上に波トタンと、一部渡り廊下は採光のため透明塩ビ?を張っています。(勾配は他の部分で本職が平トタン作りよりもはゆるいです)
これで重ね目は30センチですが漏れは有りません。自作のは発泡スチロールのため風雨時に空気の吹き込みや吸出しが防がれている可能性があるかもです。

本題です=全面板張りに越した事はありませんが、仮に横さんで済ます時波トタンですと間隔は四五十センチで良いかもですが→塩ビ波板ですと三十センチ間隔は必要で=重ね部分は多いほど良いですが、少なくても50センチ位は必要でしょう。

注●下の上端と上から来た端の部分には垂木の上に横さん又は横板が絶対必要です。其の上本来は足場板(板を渡して上に上がり作業する)と云う分厚い幅広の長い板の上で傘釘打ちをする必要があります。
これは転落回避が一番ですが、最低でも1,5センチ厚保で15センチ幅以上の板の上に上がる事で波板の広がりを防ぐためです。

其の上で合わせ目の上下とも端から10センチ位の位置に○山3~4個置き位に山の上に傘釘を打つ事が必要です。打ち方は山が変形してもいけません=親指で押して傘に隙間が無い程度に=(経験則ですので合っているか分かりませんが) 

○2先にも言いましたように上のと下の合わせ目の波が直線に成るように合わす必要は必須です。

くれぐれも転落には十分注意して行われる事重ねて言っておきます。

NO2です。返信遅くなりました。
>縦方向の重ね合わせは、何cmくらい重ねればいいでしょうか。に付いて=波板の下に全面に板張りに成っているか、何うか、傾斜勾配がゆるいか何うかに依って違います。お父上の作られた物ですので勾配は常識的な範囲の勾配とおもえます。

私宅のはカンナ掛けの檜板を全面に張り、先述の横さんを1M置きに付けて、1M幅の発泡スチロール24ミリ厚を(断熱のため)の上に波トタンと、一部渡り廊下は採光のため透明塩ビ?を張っています。(勾配は他の部分で本職が平トタン...続きを読む

Qポリカ波板が施工後5年くらいで 波打ってきました。

ポリカーボネイトのクロスが入った波板を張りましたが、凹凸が出来たり、切り口が跳ね上がって変形がひどくなりました。直射日光の当たるカーポートですが、通常の寿命はどれくらいと考えたらよいでしょうか。また材料を使用するにあたり、裏表はあるのでしょうか。詳しいお方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!

>クロスが入った波板を張りましたが・・・

とありますが、ガラス繊維入りの波板ではなく、ちゃんとしたポリカーボネート樹脂の波板ですよね?

通常5年程度で波打ったりすることはありません。
当方も以前は(20年以上前)ガラス繊維入り波板を使用していましたが、これはポリカではないので
長持ちはしません。
質問にあるように5年からよくもって10年といった感じだったと思います。
単に波打つだけでなく、劣化して屋根の上に上がるのも怖いくらいです。
(手で押さえただけで「バリバリ」と言って穴があきます)

※ ポリカをお使いであれば5年程度で朽ちることはまず考えられません。
ポリカ波板には表裏があります。小さなシールに小さな文字でちゃんと書いてあります。
メーカーによって書き方がまちまちなのですが
「この面を太陽が当たる面にして使用してください」
とか全く逆に
「この面を太陽の当たらない面で使用してください」
とかなり小さい字で書いてありますので、施工時はよく注意して裏表を間違えないようにします。

実際にポリカで施工し始めて20年以上経過しますが、波板を張り替えた現場はいままで1件もありません。
DIYで売っている若干価格が安いものはどうか判りませんが・・・m(_ _)m

こんばんは!

>クロスが入った波板を張りましたが・・・

とありますが、ガラス繊維入りの波板ではなく、ちゃんとしたポリカーボネート樹脂の波板ですよね?

通常5年程度で波打ったりすることはありません。
当方も以前は(20年以上前)ガラス繊維入り波板を使用していましたが、これはポリカではないので
長持ちはしません。
質問にあるように5年からよくもって10年といった感じだったと思います。
単に波打つだけでなく、劣化して屋根の上に上がるのも怖いくらいです。
(手で押さえただけで「バリバリ」と言...続きを読む

Qプラスチックの波板トタン?に穴をあける方法は

波板トタンというのかどうかわかりませんが、要するにプラスチック製のものに
穴をあける簡単な方法はありますか。専用の穴あけ道具でもあるのでしょうか。
穴があいたら針金で枠木に縛り付けるか、出来ればクギ打ちして枠木に取り付
けたいと思っています。クギ打ちする時にトタンが割れる?ので無理でしょうか。
一般的には曲がった長いネジのような金具で取り付けてあるようですが…。

Aベストアンサー

極普通のキリや(電動)ドリルで釘よりも少しだけ大きめに穴を開けます。

木に取り付けるなら傘釘で打ち付ければいいです。
フックボルト(先の曲がったネジのようなのは)は鉄骨とかに取り付ける場合に使います。

http://www.royal-hc.co.jp/diy/mainte/namiita/index.html
http://www.kahma.co.jp/article/diy/2004/05.htm

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む

Q波板をばたつかせない方法を教えてください

波板をばたつかせない方法を教えてください
屋根を波板でその下のとこに波板をバタつかせない様に
ベニヤ板で固定したいのです
例えば垂木の場合は通常釘でOKなのですがベニヤの場合は波板→ベニヤで釘を打つと
貫通して釘の先がベニヤを突き抜けて危ないのです
ベニヤを突き抜けないように釘を選ぶと波板で釘が曲がりうまく打てません
ちなみにベニヤは9ミリです
何かいい方法があれば教えてください

Aベストアンサー

波板の下地にコンパネを使うと考えたらいいのでしょうか
コンパネに釘を突き抜けないようにするには コンパネを支持するための垂木があるので その位置で
傘釘を打てば釘が垂木に効き 貫通はしません。
それだけでは保持力が足らないようなら ドリルで波板側の波の山上で6mm程度の穴を貫通させ 下から
M6 L=25程度のビスをワッシャーをかまして突き出し 波板側はパッキン 波ワッシャー ビスで固定します。
上下作業になるので 下からもう1人の人にビスを出してもらうか 1人作業なら 先に波板を動かないように固定し 穴を開けて ビスを通して養生テープなど貼って固定するといいです。

Qカーポートの波板をポリカの平板にできる?

波板仕様のカーポートを使用しております。
かなりが頑丈なので使用上は全く問題ないのですが、見た目が古めかしいのでポリカの平板したいと思ってますが、変更できないのでしょうか? 
ネットで探してもよくわからないので、どなたか的確なアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

交換できると思います。

ただし、平板は、雨漏り対策を十分にしないといけませんので注意してください。

この点、波板は端を重ねておけばいいので雨漏り対策には優れています。

5ミリくらいの平板を買ってくればいいでしょう。あとはあなたの工夫次第です。

Qひさし(屋根)の雨音対策

家のひさし部分の雨音(雨だれ音)で困ってます。
夜中雨が降ると、雨だれの音が柱を伝ってかなり大きく響き、目が覚めてしまうこともあります。
ひさしの屋根部はトタンでできていて、直射日光などがあたる部分もあります。
一応、トタン部に制振材(レジェトレックス等)を貼りつけたり、人工芝などのクッションになるものを置いたりしようと考えているのですが、効果がわからなかったり、見栄えが悪くなったりしそうなので、何か良い対策方法をご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

わかります!経験者ですから!
反響音は素材と勾配で決まるそうです。
その観点から、トタンは、とたんに?(何のこっちゃ?)
致命的です。
反響音が直線的なトタンは制振材の効果も
期待出来ません。
かく云う私は、DIYで木製のひさしを手造りしました。
勾配と素材の保護(木製ですから)も万全にして
「ペンペン」という雨音を楽しんでいます。
キッチンのひさしですから、雨を察知して洗濯物も濡れずに済むと
カミサンもよろこんでますが・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング