ImageJに詳しい人にお聞きします。
ImageJで作成された複数のTiff動画を一括でaviファイルに変化するプラグインなどはありますか?
または、ImageJ以外でも、Tiff動画を読み込んで、aviファイルに変換できるフリーソフトがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ホームからデジタルライフと進んで下さい。

    • good
    • 0

ImageJ単独でTiffをaviファイルに変換できます。

ImageJのファイル操作は下記が参考になりませんでしょうか。
http://www.hm6.aitai.ne.jp/~maxcat/imageJ/menus/ …
上記の「Save As~ファイル名を指定して保存」でaviで保存すれば良いのではと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
お答えいただいて申し訳ないのですが、自分が知りたいのは、"複数"の動画ファイルを一括で、aviに変換する方法です。
現在は単体のTiff動画を一つ一つaviに保存しています。Macroなどを使ってもできるとは思うのですが。

お礼日時:2016/06/16 06:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QImageJで光の強さを数値化

データ処理に困っています、どうぞ助言をよろしくお願いします。

実験で様々な菌体にGFPを結合させ、蛍光顕微鏡写真をとりました。
それぞれの菌体で結合量に差があり、それを数値化したいと考えています。

現在、ImageJを用いて試みています。
直線の選択ツールで菌体を縦に割るように線を引き、Analyze→Prot Profileをしてるのですが、Gray Valueの最大値が80になっており、二次元グラフが頭打ちして正確な値を知ることが出来ません。

そこで質問なんですが、最大値を増やす方法はありますか?
また、無い場合、他に光の強さを数値化する良い方法があったら教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

Edit/Options/Profile Plot Options...のMaximum Yが80になってるんじゃないですか? そこの数値を変えてみてはどうでしょうか。
Fixed Y-axis Scaleのチェックを外すだけでもいいかもしれません。

下のURLも参考にしてください。

参考URL:http://www.hm6.aitai.ne.jp/~maxcat/imageJ/imageJ-help.htm

QImageJを使っての濃度分布の測定

ImageJを使っての濃度分布の測定(SDSの定量)のことで質問です。
どのように濃度分布の測定を行なえばよいのですか?

Aベストアンサー

私が知らないだけかもしれませんが、ご質問の内容では、何がやりたくて(何をやって、)どういう画像があって、何を定量したいのか、さっぱり分からないです。
ImageJの使い方ならまずはヘルプを読んでみてください。

参考URL:http://www.bioarts.co.jp/~ijjp/ij/docs/index.html

QimageJで筋線維の長径・短径を知りたい

初めて質問させていただきます。
現在、マウスの骨格筋線維をimageJで測定しています。Area(面積)は測れております。各線維の「長径」と「短径」を計測したいのですが、SetParticlesのどれがその部分に当たるのでしょうか?
また、Resultsに出てくる、「XM」「YM」「BX」「BY」とはその線維のどこを計測した数値なのでしょうか?

内の研究室では教官が変わったばかりで、実験の方針など詳しい前例がなく、imageJの使用法も手探りです。
どなたかわかる方がいらっしゃったらおねがいします!!

Aベストアンサー

とりあえずマニュアルは読みましょう。参考URLからAnalyseのあた
りに計測の話が書いてあります。測定項目の設定やXM、BXの解説もね。

参考URL:http://rsb.info.nih.gov/ij/docs/

QImageJの使い方についてお教え下さい

ImageJを使ってフィルム上のウェスタンブロットのバンドを定量解析する際のご質問です(2つございます)。添付画像の上の写真のようなバンドを解析しておりますが、バンドが太く、隣のバンドとくっついています。

自分のいつものやり方では、細長い四角形で一番左側を囲んで、Analyze→Gels→Select First Laneで確定した後、隣のレーンにずらしてSelect Next Laneで確定し、すべてを確定した後、Prot Laneで表示し、出てきた山の底辺と思われるところに線を引いて、魔法の杖で山の面積を数値化したものをバンドの定量値としております。その際、図のようにバンドが隣と重なり、更にレーンの幅が異なる場合、最初に確定した四角形を隣にずらしただけでは、別のレーンのバンドにも四角形がはみ出るため、正確に数値化できません。(1)途中で四角形の幅を変更することもできないようですが、このような場合にはどのように調整をしたら宜しいでしょうか?(2)また左から5番目のように非特異なバンドが解析対象バンドのすぐそばにある場合、添付画像の下の図の通り、どこが底辺かわからないような山が出てきます。左の大きい山が解析対象の山ですが、すぐ隣の山との境目のところから真下に線を引いてアバウトな境界を作ってそこまでを解析対象の面積を見なしても宜しいでしょうか?本来ならブロットのフィルムの方をベストの解析しやすいコンディションにするべきでしょうが、今回のケースにはいつも頭を悩まされています。具体的な解決方法がございましたら、ぜひともご教示をお願い申し上げます。

ImageJを使ってフィルム上のウェスタンブロットのバンドを定量解析する際のご質問です(2つございます)。添付画像の上の写真のようなバンドを解析しておりますが、バンドが太く、隣のバンドとくっついています。

自分のいつものやり方では、細長い四角形で一番左側を囲んで、Analyze→Gels→Select First Laneで確定した後、隣のレーンにずらしてSelect Next Laneで確定し、すべてを確定した後、Prot Laneで表示し、出てきた山の底辺と思われるところに線を引いて、魔法の杖で山の面積を数値化したものをバンドの...続きを読む

Aベストアンサー

この質問は既に、ImageJの使い方というよりも、

このデータの解析の方法で正しく評価できるか?
終には、このデータは正しいか?

という内容の是非になっていると思います。
そのことについては、無責任に「それでいいと思います」とは言えません。

唯一、コメントできるとすれば、
やはり、きちんと解析できるように
サンプルを適正な量だけアプライして
ウエスタンをし直すべきかと思います。

このような結果だと、強いシグナルのところは
値が吹っ切れていて正しい定量にはならない可能性もあります。
つまり、100が上限であるとすれば
100であっても10000であっても、おなじ100で検出されて
同じシグナルになってしまうということです。

正しい結果を解析するためには、急がば回れだと思います。
差し出がましくすみません。

QImageJ を使った色の数値化

現在、試薬を与えると植物根の色が変色するという実験をおこなっています。

処理後の植物根を顕微鏡で観察し、デジカメで撮影をおこないました。
写真を見ると植物Aの根とBの根では明らかに色の強さに違いがありました。

そこで、色の違いを客観的に判断するために、色の強さを数値化したいと考えています。

今わたしのパソコンにはImageJというソフトがあるのですが、このソフトを使って、
指定した範囲の色の強さを数値化することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

範囲指定後にAnalyze>Measureで表示されるMean Gray Valueというのが指定された範囲内のシグナル強度の平均値だったと思います。RGB画像ならImage>Type>RGB StackとやればRGBそれぞれの強度も出せるはず。

ImageJのマニュアルを日本語化して下さっているサイトを載せておきますので、調べてみて下さい。

参考URL:http://www.hm6.aitai.ne.jp/~maxcat/imageJ/imageJ-help.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報