ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

家のクリスマスツリーの木?ヒバの木?の葉っぱが写真のように茶色になっています。
病気でしょうか???
どうすれば元気になりますか?

「木の葉っぱが茶色になってます。。。。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

茶色のところは早めに切り落として、


今夏は、水遣りに気を付けてください。
また、夏の夕方や夜に樹全体を冷やす意味で枝や葉に散水することもお勧めします。
  (日中ですと 葉っぱについた水がレンズの効果になったり、蒸発するまでに温度がたかくなり 葉を痛めます
      朝いちばんか、夕方に 基本的にみずやりはなさってください)

 
  ここ連日 猛暑でしたからね・・



NO2さんもいわれてますが木には それぞれ その木に害のある虫たちがいます
 また土中にも様々な雑菌があって、カビやウィルスが根に災いをもたらすことがあります

例:白絹病
表土に糸くずのような白いカビが現れ、臭いがカビ臭いのです。これにとりつかれるとかなり広範囲で木が枯れることがあります。
 大量に土を入れ替えるか土壌消毒(簡単ではありません)をしない限り、何を植えてもダメになります
    • good
    • 1

「コニファー 葉枯れ病」で画像検索してみて下さい。


この病気だと、色んな菌が原因らしく、総称して「葉枯れ病」と呼ぶようです。
ですから、どの薬剤が効くというのも明確には分からないようで、トップジンやベンレートを使用するケースが多いようです。
枯れた部分は元には戻らないようです…菌が原因のようですから、枯れた部分はきちんと切り取って、菌が他にうつらないように薬剤散布という対処をするしかないようです。

他にも、害虫による影響や胴枯れ病も考えられると思います。
高木のようですので、薬剤散布するなら、庭師さんに状態を判断してもらいつつ、処置してもらった方がよろしいのではないでしょうか。
これだけ広範囲ですし、他の樹木へも移らないとも限りませんし、何より、炎天下での作業ですから尚更危険ですし。
    • good
    • 1

水分不足じゃないかな、肥料も欲しいけど今は避けたほうがいい。


枯れたところは切り取ってしまう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。水不足ですか・・・。
梅雨だったので大丈夫と思っていました。
枯れたところは切り取ります。

お礼日時:2016/07/19 11:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下部や内側が枯れるこの木について教えて下さい

下部や内側がどんどん枯れてくる、我が家の木について教えて下さい。
1.名前は?
2.メンテナンスの方法(上部を切れば良いような気がするのですが?)
3.よその似た木で全体が黄金色に輝いている木がありますが、この木とは別種ですか。
以上です。

Aベストアンサー

>下部や内側が枯れるこの木について教えて下さい

        ↓

1.
ゴールドクレスト他の人気のコニファー類だと思います。
公園や街路樹、家庭での生垣・高速道路の分離帯とかに利用されています。
ところが、結構、土壌や気候に弱く、病害虫被害も出やすく栽培と成長に難しい木でもあります。

コニファーの育て方
コニファーは寒さに強く、暑さに弱い傾向があります。しかし、バンコクやマレーシアでもコニファー専門店もあり、品種を選べば暑い地域でも露地栽培可能です。品種によっては、冬に葉色がベージュがかったり、茶色く紅葉するものもあります。

植え付け時期
基本的に移植や植え付けが最適なのは10月~梅雨期間中までに行います。


植え付け用土
水はけの良い、花ひろば堆肥“極み”や牛糞を混ぜた肥沃な土壌に植えます。横風が苦手ですので、必ず支柱を立て、がっちり固定します。日当たりと風通しの良い場所を好みます。日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。水をよく欲しがりますので、夏の乾燥に注意です。ただし、高温多湿を嫌いますので、水やりは朝涼しい時間に行います。


剪定方法
コニファーは大きくなりやすく、樹形をコンパクトに保つためには年に数回の剪定を行います。
コニファーの多くは鋏などの金属を嫌います。剪定後は葉が茶色く痛みます。ですので、強めの剪定は一斉に新緑の出る2月後半に行うのがベストです。樹形を整える剪定の時期は覚えやすいです。3,6,9月。3の倍数、サブロッキュー♪です。剪定時は必ず枝に少し葉を残すようにします。


肥料は速効性肥料を与えると剪定後の芽吹き後が成長が良いです。他は2月ごろに寒肥として鶏糞や化成肥料を与えます。鉢植えの場合は1年を通して緩効性肥料を3月、6月、11月に少なめで与えます。


消毒
病害虫はあまり発生しません。湿度が高いとウイルス病などの病気が発生しますが、発生したら、病気の箇所を早急に取り除きます。
マツ科の仲間はシンクイムシや毛虫が発生して成長点を食害することがあるので、定期的に消毒散布をおすすめします。


2.
樹幹内部の枯れ込み
コニファーは日当たりの悪い部分の葉が茶色く枯れ込みます。どんどん枯れ込んでいくわけではなく、日当たりの悪い場所にある葉が、光合成で活躍できないので、無駄なので落ちるわけです。特に、秋~冬になる場合が多く、ご心配をおかけしてしまうのですが、自然現象ですのでご安心ください。ただ、いつまでも枯れこんだ葉をつけておくと、美観を損ねるだけでなく、蒸れてしまって病気を出すことがありますので、なるべく、手でむしりとったほうが良いです。


3.
ゴールドクレストは仲間の樹種です。


◇類似・参考となる情報

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%83S%81%5B%83%8B%83h%83N%83%8C%83X%83g&index=log



sumu0729 様に於かれましては、ご心配な事でしょうが、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、ぜひ、健康回復・丈夫に育ちますよう、心より祈念申し上げております。

>下部や内側が枯れるこの木について教えて下さい

        ↓

1.
ゴールドクレスト他の人気のコニファー類だと思います。
公園や街路樹、家庭での生垣・高速道路の分離帯とかに利用されています。
ところが、結構、土壌や気候に弱く、病害虫被害も出やすく栽培と成長に難しい木でもあります。

コニファーの育て方
コニファーは寒さに強く、暑さに弱い傾向があります。しかし、バンコクやマレーシアでもコニファー専門店もあり、品種を選べば暑い地域でも露地栽培可能です。品種によっては、冬に葉色...続きを読む

Q枯れたコニファーを復活させるには?

 表題の通り、素焼きの鉢に植えたコニファー2つが半分枯れて
困っています。・°°・(>_<)・°°・。
 元々、花をすぐ枯らす方でして、ガーデニングも全くしたことが無く、
初めて今回、春に植木を購入しました。
どちらも高さは大体1M10cmくらい、つい最近までは元気でしたが、
ここ何日か、水を上げなかったら、緑の色が心なしか褪せ、
最初は下の方がちょっとだけだったのに、ここ数日で半分位が
茶色になってしまいました。

 どなたか、原因と対処方法をご指導頂けないでしょうか?
 こちら、植木や植物は全くの素人なので、出来ましたら
分かりやすいお答えをお待ちしております。
 参考になりますかどうか、一応書いておきますと、
住んでる場所は関東で、植木の置いてある場所は玄関の外側。
日当たりはまあまあだと思います。一応、玄関の前においてますので、
勿論上には屋根があるのですが、陽は当たっています。
 素焼きの直径約30センチ、高さ28センチの大きさに
植えてあります。肥料は特にやっていません。たまに水をあげていました。
 以上、よろしくお願いします。

 表題の通り、素焼きの鉢に植えたコニファー2つが半分枯れて
困っています。・°°・(>_<)・°°・。
 元々、花をすぐ枯らす方でして、ガーデニングも全くしたことが無く、
初めて今回、春に植木を購入しました。
どちらも高さは大体1M10cmくらい、つい最近までは元気でしたが、
ここ何日か、水を上げなかったら、緑の色が心なしか褪せ、
最初は下の方がちょっとだけだったのに、ここ数日で半分位が
茶色になってしまいました。

 どなたか、原因と対処方法をご指導頂けないでしょうか?
 こちら...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
せっかく玄関を飾っていた子にファー、残念でしたね。

>ここ何日か、水を上げなかったら、緑の色が心なしか褪せ、

とご自身も書かれているように、乾燥が原因でしょう。
コニファーは、水切れ(乾燥)に弱いです。
素焼きの鉢というのはとても乾燥しやすいので、この
暑さでは、毎日朝晩の水やりが基本でしょう。
(もちろん、お天気等にもよりますけれど)

弱っている時に、余計な事をすると、更に木を痛めてしまいます。
もし移動できるなら、半日陰に移動し、土の表面が乾いたら
水やりをする、という管理(おそらく、1日1~2回)
を続けてみて下さい。水やりは、そこから流れ出るまで
たっぷりかけます。
また、鉢をコンクリート等に直接置くと熱で根が傷みますので、
できるだけスノコや鉢台等利用し、風が抜けるように
してあげてください。

枯れた葉は、見かけも悪いし取り除いた方が良いですが、
コニファーは金属ではアレルギーを起こしますので、
ハサミ等はつかわず、手でつまんで剪定します。

枯れこんだ部分を取り除いてバランスが悪くなったら、
スタンダード仕立てや、トルネード仕立てだったかな?
うずまき状のカットなどの、ちょっと代わった刈り込み方
に仕立ててみると、見栄えも良くなると思います。

参考URL:http://www.gdpweb.jp/htm/okugaijyu/conifer/contents.htm

こんにちは。
せっかく玄関を飾っていた子にファー、残念でしたね。

>ここ何日か、水を上げなかったら、緑の色が心なしか褪せ、

とご自身も書かれているように、乾燥が原因でしょう。
コニファーは、水切れ(乾燥)に弱いです。
素焼きの鉢というのはとても乾燥しやすいので、この
暑さでは、毎日朝晩の水やりが基本でしょう。
(もちろん、お天気等にもよりますけれど)

弱っている時に、余計な事をすると、更に木を痛めてしまいます。
もし移動できるなら、半日陰に移動し、土の表面が乾いたら
...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。

庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。
5年ほど前に植えてから、特に手入れもせず植えっぱなし状態です。(反省)
ヤマボウシの周りは芝生、背丈は約4m弱。
あまり水はやってませんでした。幹、枝に虫の穴はなさそうです。
根元の芝を刈りとって見ようと思ってます。
何かご指摘をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけでなく、この時期のヤマボウシとしては少し黄緑過ぎますね。これは比較的造成地に多い痩せた土・水はけの悪い土・粘土質・赤土が多めの土壌に多く見られる特徴です。(本来の葉の色が出ない)

AC7さんの土壌はどうでしょう?、たとえば表面は良さそうでも深い位置の土壌が根にとってあまり良くないのではないでしょうか。何故かと言うと定植から2~3年程度までは発生しやすい症状なのですが、普通は5年も経った樹木で新たには現れにくい症状です。このことから成長した根が良くない土壌まで達したため今年症状が現れたとも考えられます。もうひとつは芝生による水はけの阻害、空気が入らず排水性・通気性が悪くなったのでしょう。初めから芝生は茂っていましたか?

◆結論としては主に、土壌が痩せている、水はけが悪い、の2点だと思います。写真を見る限りは根腐れの心配はやや少なそうです。

◆対策としては、
 (1)前回も書きましたが、水はけ改善のため芝生を剥ぐ。半径60~80cm程度は剥ぎたいですね。
 (2)養分の多い土壌に改善する。(※土壌が良好なら5年経過のヤマボウシには本来、水やりも肥料も要らないのです)腐葉土、堆肥などをすき込んで改善します。すき込む量は葉の回復を見ながら経過観察でいいです。堆肥ですが、今は肥料を与える時期ではありませんので、回復を図る為に主に油粕を幹から30cm離した位置にすき込むといいでしょう(与えすぎないように、量は経過観察で)。本格的な追肥は秋以降にします。
 (3)弱った(赤茶けた)葉を落とす(特に下の方を中心に)。それと弱った葉の多い枝の剪定。剪定の季節ではありませんが、樹勢回復のために多少切り落とします。また細く樹勢の無い枝も剪定し樹木の根の負担を減らして下さい。
※あとは以下のURLを参考に管理してみて下さい。

<ヤマボウシの管理>
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/ya.html#yamabousi

<肥料を与える上で注意すること>&その他
http://ueshin.info/the-care-for-garden-tree-point/care-3

根http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/sosiki.html#ne
土壌http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kankyou.html#dojou
改善http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kaihuku.html#dojo
肥料の場所と方法http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/hiryou.html#houhou

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/kanrimenu.html
上記各URLの元サイトですが、各種樹木の管理のことでが色々と勉強になることが書かれていますので、時間のあるときにでも読んでみて下さい。他の庭木についても役立つ筈です。
※参考までにページによって「生長」・「成長」の両方の文字が出てしまいますが、「生長」は古い時代の名残りで使われ、現代では動物・植物共に「成長」の文字を使うのが一般的になっています。

芝生を剥ぎ取ったあと見栄えが悪くなりますよね?
そこで剥ぎ取った周り(樹木から50cm離して)に花期の長い植物を植えられてみてはいかがでしょうか?見栄えが良くなります。
ペチュニア・マリーゴールド・デージー・ビオラなどが咲く期間がとても長いです。四季折々咲かすと楽しいですよ。
http://www.hana300.com/deji001.html
http://www.hana300.com/marygo1.html
他にはローズマリーなども痩せた土でも簡単に育ち、ハーブをして利用できて一石二鳥です。

その他参考URL欄<ヤマボウシの葉が茶色に>

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/logb/200806/08060125.html

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけで...続きを読む

Q松の木の葉が茶色・・・どうすれば?

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を2週間毎にやった効果か、茶色の葉が落ちた後出てきた葉は緑色のままでした。

今年、別の松の木の葉の色が変わったのですが、
 1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?
 2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

庭木は祖父の代からあり私は興味が無く、噴霧器も昨年ホームセンターで2000円ほどのを買った素人です。剪定にくる植木屋に聞いても、樹木の病気については知らないようでした。

写真を添付しますので、アドバイスよろしくお願いします。

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を...続きを読む

Aベストアンサー

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部が茶色くならずに新しい葉は緑のまま残ります。
なんという病気かはわかりません。

害虫には殺虫剤、病気には殺菌剤を散布するのが原則です。
いろいろな薬剤を使われたようですが、
 
 この中で、   
殺虫剤は、、、、、スミチオン。
殺菌剤は、、、、、ベンレート、ボルドー、マンネブダイセン、銅水和剤、キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

ケルセン、、、、は、葉ダニ用の殺虫剤ですが現在製造中止になっていますのでこれはしかるべき方法で廃棄したほうがよいでしょう。
ドウグリン水和剤、、、は芝用の殺菌剤ですのでこれは松には使わないほうがよいでしょう。

ということでこれは何らかの病気なので殺菌剤を散布すればいでしょう。
茶色くなった葉はきれいに全部取ってしまい、焼くかゴミとして出してしまう。
近くに置くと菌が付いているので他の枝にうつってしまいます。



 >1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?

殺菌剤を散布し、1週間後にもう一度散布してください。
問題はどの殺菌剤を使うかですが、一昨年どの薬剤が効いたのかわかりません。
あるいはどの殺菌剤でも効くのかもしれません。 
なのでとりあえずは、ベンレートかマンネブダイセンを使ってみてください。
それで葉が黄色くなるのが止まればこれが効いたことになります。
薬剤が聞けば被害が広がらなくなり、来年春にはまた緑の葉が出てくるでしょう。
葉が黄色くなるのが止まらずもっと広がるようなら他の薬剤を使ってみるより方法はないと思います。

2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

上記の方法で効果のあった殺菌剤を年2~3回散布すればよいと思います。
ただ、葉が黄色くなることが、頻繁に、また広範囲にあるわけではなさそうなので、症状が出てから対応してもよいかなという気がします。

また、薬剤の散布のしすぎは環境への影響と、耐性菌といって薬に対して抵抗力を持つた菌がうまれてきますので要注意です。
散布回数や濃度に気を付けてください。

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部...続きを読む

Qレモンの木の病気治療

レモンの木の葉が黄色く変色し、触るとぽろっと落ちてしまいます。過去の質問を検索すると日照不足や窒素不足などと回答がありましたが、こんな風になってしまったレモンの葉は一度全て落ちるしかないのでしょうか?何か治療や改善する方法はありますでしょうか?ちなみに、うちのレモンは種から植えてまだ小さいのでレモンの実はならず、葉に産み付けられるアゲハ蝶の幼虫たちを旅立つまでペットとして可愛がっています。あまり幼虫たちに刺激のある対策は避けたいところなのですが・・・。

Aベストアンサー

我が家のレモンの木も、昨年半分以上の葉っぱが黄色く変色し、
(少し斑点も入っていたような・・)ほとんど裸みたいになり、
もう死んでしまうのかなぁ~と本当に心配していました。

が、今年も同じように春には、新芽がいっぱい出て、
今例年にないほど、た~~~~くさんの蕾がつき、
見事に復活しました。

私がレモンの木にしてあげたことといえば、
近くの牧場で売っていた、牛糞を加工して作った、
さらさらの肥料をあげただけです。
我が家も、毎年たくさんやってくるアゲハ蝶のために
薬は使いたくなくったので・・・
ただ、あまりにたくさんの子供たちが生まれて、
ほとんど葉っぱがなくなったことがありますが・・^^;

水も、花が咲いている間は、まめにあげていますが、
それ以外は、真夏でも全くほったらかしですが大丈夫!!
専門的なことは全く分からず、経験のみですが、
木によさそうだなぁと思われる肥料をあげて、
見守ってあげてください。

元気になると良いですね^^

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Qヒイラギの葉が茶色になって枯れる

庭にあるヒイラギ(高さ約3m、植えて20年くらい、1株)の葉が、茶色になって枯れるようになりました。枯れたところは、上から地面を背景にして見ると茶色ですが、下から空を背景にしてみると透けて空の明るい色が見えます。枯れたところの大きさは、小さいもので直径1mm程度の円~楕円状、大きいものでは葉の半分~全体にわたります。この症状は一昨年から発生し、今年は木のほぼ全部の葉に広がっています。若葉は大きさが1×2cm位に大きくなる頃までには例外なくこのようになります。虫がわいているのかとも思ったのですが、いくら見ても虫はいません。周りにはツバキ、カシ、マキ、ツツジなどありますが、周りの木は全て何ともありません。
何という病気でしょうか。直すにはどうしたらよいでしょうか。

Aベストアンサー

葉の裏を良く観察してください、
虫眼鏡でないと見えないようなナメクジのような虫が大量発生で枯れた経験があります。
2年連続の寄生で回復できなくなりました。
日当たりが良く元気な木には寄生しないようです。
葉の裏側にスミチオンなどの防御を2.3回で止まることもありと思います。
寄生虫の名前は知りません、気づいた時には手遅れでした。

Qコノテヒバの手入れ

玄関に針葉樹のコノテヒバが植えてあります。 それが大きく育ち今は、高さが3m以上で巨大トトロの様な形で、横を通るのにも邪魔になってきました。 整えようにも、葉は立て向きで中は、枯れたような・・・で、センテイのしようが判りません。

 コノテヒバを小さく整えたり、手入れする方法を教えてください。

Aベストアンサー

 コノテヒバは、色がきれいなので気に入っています。
数年前に、植木屋に剪定を頼んだことがあります。おっしゃるとおり、
中はすかすかで、枯れ色なので、ばさばさ切ると見た目が悪くなるから、表面はさわらず、葉(枝)をまんべんなく手で摘み、全体をすくのだと説明していました。手間がかかりますが、きれいな仕上がりでした。
縦方向には、のこぎりで切って短くし、円柱形だった樹形が上が平らな形になりましたが、数年でまた円柱形の形に整いました。
 幅を狭くしたいとのことであれば、ある程度刈り込まなければならず、はげ坊主のような見た目になることは避けられないでしょう。自分でやったことはないですが、ミノムシが大発生して無残に食い荒らされた木がありましたが、翌年に新芽が出て見事に再生しましたので、しばらくの間は格好が悪いかもしれませんが、大丈夫かと思います。

Qシャラの木が元気ありません。

庭のシャラの木が夏頃から元気ありません。

建売住宅購入と同時に付いて来た物で、今年の春に業者が植えたものです。庭木ということで最初は何も水遣りしていませんでしたが、南側の葉っぱのふちが茶色になり始めたことと、ネットで、庭木でもしっかり根付くまでは水遣り必要と書いてあったことから、7月終わり頃より週に1回、30秒位シャワー出しっ放しで水をあげています。

しかし状況は悪くなる一方で、最初は南側だけだった葉の茶色化も、今は木全体になってしまっています。根本には低木が生い茂っているため、根本の乾燥はないのですが、今後どのように対処したら良いでしょうか? 写真は右側が南側となります。

Aベストアンサー

水不足の症状と思われます。
ナツツバキは根の張りが浅く、植えつけ初年は降雨にまかせず水やりをしないとちゃんと成長しません。そして写真にあるように葉っぱの周りから焼けたような枯れ込みが始まります。
枝葉の展開は6月ごろには終わり、今は落葉の準備の時期になりますので、いまから手を打つことはありません。残念ながらこのまま早めの落葉を迎えることになります。

実は私ごとですが、自分の家を建てたときナツツバキをシンボルツリーに植えました。やはり同じ春でしたが、全く同じ症状になりました。私も水やりをせず自然に任せていたのでした。しかし、翌年春からは見事に復活し、初夏に清楚な花を咲かせました。根が張って安定すれば元気に育つのです。
質問者様も今年は仕方ないですが、来年にはきっと元気になってくれるものと信じて春を待ちましょう。ちなみにナツツバキは「幹物」といって、冬の落葉時期には美しい幹肌を観賞するのも楽しみの一つですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング