私は学部学生で初期マルクスを研究しているものです。将来は、大学教員を目指しています。そこで質問なのですが、現在の学史学会で、マル経の方はどのくらいの割合なのでしょうか。それと、大学院でマル経の強いところをいくつか教えてください。宜しくお願いします。できたら、関東、九州、北海道のいずれかの地方の大学院に行きたいとかんがえています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

6月からだれも回答が無いようなので、ちょっと書きます。


但し、学会でのマルクス経済学者の比率はちょっと分かりません。

マス経のつよい大学というより、先生としてはご存知かもしれませんが、神奈川大学の的場教授は著書が多数で、しかも博識でかつ人柄もいい先生でお勧めです。院生は1人しかいません。
他には金沢大学の伍賀教授でしょうか。

もう院の試験が終わってるかもしれませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済史、特に社会経済史が充実している大学

首都圏内でおねがいします。
それから、いわゆる大学案内などではわからない、経済史の経済学部内での位置付けや、学会ごとの?立場の違いのようなものなどもできれば知りたいです。

Aベストアンサー

 またまた♯1です。

 「戦後歴史学」なるものをキーワードにネット検索してみたところ、どうやらこれはマルクス主義歴史学とほぼ同義のようですね。そして、これが日本資本主義論争に発展するわけです。

 これはどういうことかというと、現代の日本主義の位置づけに対する評価の違いに基づくものです。つまるところ、明治維新をどう評価するか、ということです。明治維新を「資本主義革命」と位置づけたら、次に来るのは「社会主義革命」ということになります。しかし、いまだ封建制の名残を多く残していた日本の初期資本主義を「資本主義」と評価しなかったら…まずは、経済を成熟させて、きっちりと資本主義革命を達成させることが必要となります。この違いが、後々のイデオロギー闘争にまで発展するわけです。

 しかし…これは、いずれも「次に来るのは社会主義であり、理想とする共産主義だ」という大前提があるからこそです。しかし、現代では、もはやこの大前提は根底から揺らいでいます。となると、このような論争を現在行うことに、何の意味があるのか…ということになります。マルキスト全体の凋落に見られるように、戦後歴史学が衰退した、というのは、こういうことではないでしょうか。

 となると、唯物史観にとらわれることのない、歴史を斬っていく上での新たな視点が求められるでしょう。しかし、新たな視点を求めるにしても、こうした「戦後歴史学」を知らなければ、その反証もあり得ないわけで、やはり経済史を学ぶ上で避けて通ることはできないでしょう。

 また、「歴史を知らなければ理解できない現象もある」と書きましたが、やはり歴史は現状分析の基礎たる位置にあるといえるでしょう。例えば、「政・官・財の癒着」などとよくマスコミで言われますが、これは非常に歴史が長く、根が深い。これは、明治維新後、お金のない維新政府が、幕末に大もうけした商人(後に「政商」と呼ばれます)から金を借り、いち早く欧米に追いつくため、官僚主導による「殖産興業政策」で強力な資本主義化を推進してきたことに始まります。つまり、この癒着の問題は、明治維新後100年以上の「歴史」があるわけです。これを否定することは、100年の歴史を否定することになるわけですから、マスコミが安易に「癒着」を弾劾できるような性質のものではないのです。

 何か、全然質問者さんへの回答になっていませんが(笑)、経済史に興味がおありなら、ぜひ自分のものにしていただきたいですね。それも、限られた目線ではなく…。かつて歴史の教授が「マルクスは、ほんと歴史をつまらなくするんだよなぁ…」と言っていたことを思い出しました。唯物史観は、(経済学に限らず)常に経済を土台に置いて歴史を分析しますから、歴史家にとって一番面白い部分(いわゆる人間ドラマ)は付属的なものとして片隅に追いやられてしまうのです。しかし、今後は経済以外の出来事も十分考慮して歴史分析する必要があるかもしれません。

参考URL:http://www.geocities.co.jp

 またまた♯1です。

 「戦後歴史学」なるものをキーワードにネット検索してみたところ、どうやらこれはマルクス主義歴史学とほぼ同義のようですね。そして、これが日本資本主義論争に発展するわけです。

 これはどういうことかというと、現代の日本主義の位置づけに対する評価の違いに基づくものです。つまるところ、明治維新をどう評価するか、ということです。明治維新を「資本主義革命」と位置づけたら、次に来るのは「社会主義革命」ということになります。しかし、いまだ封建制の名残を多く残してい...続きを読む

Q神戸大学大学院に入れるか?

現在地方の国立大学の経済学部に(偏差値57くらい?)
神戸大学の院、経済学研究科に入りたいのですが、
難易度的にはどうでしょうか?
ちなみに大学での授業は出てますが、
成績は普通レベルかと思います。
英語はTOEIC530くらいだったかと(1年以上前に受けたきり。)

ちなみに現在通っている大学の院への進学は
考えておりません。

Aベストアンサー

一般に大学院の定員はあってないようなものです。

大学と違って、定員の3倍近く取るところもあるし、定員を割っても放置しているところもあります。したがって、難易度というものがそもそも存在しません(東大の理工系などではガチンコ勝負のようで例外です)。

それより、大学院の入試とは「研究科」に入るのではなく「研究室」に入ることであるのを理解して下さい。どういうことかというと、入りたい研究室の教授にあらかじめ面談して、院試に合格したら研究室に入れてくれるか確約を取ることです。教授が取らないといったら、その研究室には入れません。取らない理由はいろいろありますが、内部進学生で教授の必要とする人数が充足していれば、外からは取りません。

多くの院試では指導希望教授を書く欄があり、ここが空欄だったり、その教授が了承していなかったりすると、「研究計画不良」で落ちます。

院試の筆記試験はそんなに難しいものではなく、過去問も教授訪問の際に研究室の学生などから入手が可能でしょう。そして、競争試験ではなく、資格試験ですから教授が了承していて試験で基準以上取れれば倍率には関係なく合格できます。

一般に大学院の定員はあってないようなものです。

大学と違って、定員の3倍近く取るところもあるし、定員を割っても放置しているところもあります。したがって、難易度というものがそもそも存在しません(東大の理工系などではガチンコ勝負のようで例外です)。

それより、大学院の入試とは「研究科」に入るのではなく「研究室」に入ることであるのを理解して下さい。どういうことかというと、入りたい研究室の教授にあらかじめ面談して、院試に合格したら研究室に入れてくれるか確約を取ることです。教授...続きを読む

Q大学の学部について

私は現在高校1年生です。

学校の文理選択で理系を志望していましたが、最近経営コンサルティングに興味がわき、公認会計士になりたい、と思い始めるようになりました。

大学は名古屋大学の工学部に進学希望ですが、工学部から公認会計士になることは難しいのでしょうか?
経済学部に進路希望を変更するべきなのでしょうか?
できれば在学中に資格を取りたいと思っています。

是非回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

公認会計士の資格を在学中に取るって事だけでもかなり難しいと思います。

私は大学は経営学部でしたが、選択できる授業に簿記や会計学、税法など会計士になろうと思った時に役立つであろう講義が多くありました。
なので、学校の勉強と並行して会計士の勉強をしやすいです。
同じ目標を持つ学生もいるでしょうし情報収集もしやすいですね。
学校によっては、会計士になりたい人向けの講義を開くなどサポートしてくれる学校もあります。

逆に工学部となると会計士の勉強と重なる部分が少ないので大変だと思います。学校で授業やレポートに追われるでしょうし、独学では難しいので専門学校に通いながらとなると余裕が少なくなってしまうんじゃないでしょうか。

公認会計士を本気で目指すなら断然経営学部か経済学部をおすすめします。

Q九州大学経済学部経済工学科

九州に住む理系の高2です。4月から高3になります。

今進路に悩んでいてどの学部にしようか考えています。
エネルギーに関心はあるのですが、工学部は実験が多く忙しいと聞きます。

九州大学経済学部経済工学科はどうかなと最近考え始めました。
経済工学科について質問です。

(1)経済工学科ではどのようなことを学ぶのか
(2)どんな人が向いているか
(3)学部卒での就職はどこか
(4)経済学を学ぶうえでのメリット・面白さ
(5)その他アドバイス


全てでなくても良いので回答お願いします。

Aベストアンサー

回答がないようなので、部外者の想像としてコメントさせてもらいます。

九大経済工学科のサイトを見ると2年までに基本科目として計量経済学を学ぶことになっています。入試で数学に強い学生を選抜し、鍛えてやろうという教授たちの意思の表れのように思います。ちなみに私が昔学んだ大学の経済学部では計量経済学は3・4年生の選択科目でした。

経済学は、統計データを扱うというだけでなく、その根幹となる理論が数式で表さるような学問ですから、理数系に強い学生を集めるというのは理にかなっています。数学のセンスがあり、同時に経済や社会のことに関心を持つ人に向いているでしょう。

ただし学部卒で就職しようとすると、一般の企業では「事務系」として扱われるでしょうから、面接中心、かなりの可能性で成績不問、専門知識よりも人物本位で採用・不採用が決まる、ということになると思います。

なお、「経済工学科」で検索すると、私の答より参考になる過去のQAが見つかりますよ。

Q京都大学経済学部で経済史を教えている教授は?

京都大学で経済史(またはそれに近い学問)を教えている教授は
どなたでしょうか?
経済史を勉強する上で必要な情報なので、調べていたのですが、
京大のHPを参照してもこれに関する情報が見当たりませんでした。

京大生の方、回答の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

経済史の授業をとらなかったので使用テキストは分かりません。
ただ、たぶんテキストは使わなかったと思います。
あの人は板書としゃべる内容で、ほとんど全部だと思います。
去年の経済学(2)Bではそうでした。今年もそんな感じだと受講者がいっていたような気がします。
参考までにシラバスに書いてある参考文献を書いておきます。
(ちなみに、テキスト、教科書と書いてないことからしてもテキストが用いられた可能性は極めて低い)

堀江英一『経済史入門』有斐閣
石井寛治『日本経済史』第2版 東京大学出版会
中村哲『近代世界史像の再構成』青木書店
長岡新吉ほか『世界経済史入門』ミネルヴァ書房
長岡新吉ほか『一般経済史』ミネルヴァ書房
入江節次郎『世界経済史』ミネルヴァ書房

です。
ひょっとして、京大の大学院を考えているのかな?
では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報