『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

前に楽器店で正月の福袋として、ギターの本や、ピックや音を調節するやつなど、ギター込みで合わせて1万円くらいでした。(アコギ)

その時は、初めてギターを買ったので特に気にしてはいませんでしたが、普通のアコギより小さめで、音が悪いと思います。

これは値段に関係なく、弦を変えればいいだけの話ですか?

それとも、別にちゃんとした新しいのを買ってみてもいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

福袋に入る→在庫処分用の安価な物~と考えるのが妥当だと思いますので元々は入門用の安いギターだったと思われます


弦を張り替えることでも効果の改善はある程度出来ますがやはりしっかりした物に比べて鳴りは断然に違うでしょう
特にアコギはアンプ等を通さない生音が売りですので素材や作り込みで音量や音色の違いがハッキリ出やすかったりします

そのギターで練習をしギターの仕組みや奏法、ギターを弾く楽しさを学べたのならしっかりと役目は果たしたと思います
そこから更にステップUPを目指すのであれば新しいギターを購入するのも楽しみ方の一つです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!回答を聞いてスッキリしました!ありがとうございます。
他にいろんなギターを見て見たいと思います!

お礼日時:2016/08/15 08:47

それだけ耳が肥えた、という事です。

入門用のギターの役目は果たしたも同然なので、次機はもう少し奮発しては?

ただ、買った時から張りっぱなしの弦を今でも使っている場合はその限りではありません。プロのミュージシャンはコンサートで一回使えば弦は張り替えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
弦を変えるだけでも、変わりますよね!
ありがとうございます

お礼日時:2016/08/15 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング