最新閲覧日:

この世に幽霊って存在するのでしょうか?自分はないと思っていますが、テレビとか心霊写真とかよくみますが、ありえるのでしょうか?

辛い思いで死んで、さらにこの世をさまようなんてことが、本当にあるとしたら、不平等すぎますよね。
皆さんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

死んで無になることが恐ろしくて、小学生のころ眠れぬ夜をすごした記憶が懐かしいです。


自分の意識・思考が完全に途絶えるという恐怖は拭いきれないものですが、
今は死んだあと幽霊になって現世に残れたらめっけもん!ぐらいに考えてます。
まぁ、無が正解だと僕も思ってはいるんですが。
テレビで特集される心霊現象や心霊写真は十中八九偽物とおもっています。でも見てて怖いです。
    • good
    • 1

見たことがないので否定します!見られた方はなぜ見れるのか知りたいですし、そこらにたくさんいるようにも言われていますが、私の視野には

とんと!UFOも同じです!
    • good
    • 0

ありますよ!(๑•̀ㅁ•́ฅ✧絶対にありますよ!見た事あるので!でも……僕は怖いので✋ムリムリ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。見たことあるなんて、特別に選ばれた人かもしれませんね❗

お礼日時:2016/10/27 22:49

幽霊はわかりませんが心霊写真は 実在します



 小学校のとき自由研究で近所のおてらの歴史を回るテーマで写真をパシャパシャしてたのですが
  その中で、追悼碑の横でメモをとるお友達を 撮らないでという規約をやぶり(怖いから)撮影したところ
    石碑のうえのところに 手が写っていました

 あと北海道の人で 支笏湖という湖で写真を撮り もろに顔が写っていて
   幽霊は信じたくないけど、もろに写真に写ってたし、なんかそういう存在はある ・・と言ってる知人がいます
  ふだん全くオカルト的な話をしない普通の方で、信憑性のたかい信頼出来る人だし
   わたし自身の経験もふまえると、そうだろうな~ とおもえますね

科学的に死後を検証するなんてできませんし・・と思いましたが、
                                 オカルト要素はない 科学的な例が”2つ”あります

 ひとつは 人間と手話で意思疎通できるゴリラのココです。
   ”彼女”にある日子猫がプレゼントされたのですが、その猫がしんでしまう出来事がおこりました(ココが死なせたとかではありません)
  ・・そのとき、 悲しみに浸るココに 死の概念と聞いてみたところ・・ というエピソードがあります
             http://matome.naver.jp/odai/2137259098782751501  
              嘘偽りなく、本能・直感力をもつ動物の死の概念は大きなヒントになる気がします。

 もう一つ、
前世療法・退行催眠 という催眠療法があるのですが
 この催眠をうけると 前世のじぶんを知れる体感できたりします
   前世といっても 
   深層意識の奥のじぶん、被験者のみてきた記憶がつなぎ合わされて構成された人格がでてくるものとして考えられていました

 しかし、一人の女性被験者からでた その人格の発言はあまりにも現実的であり、描写も細かく
    過去の日本人女性であり、しかも年代も比較的 現代に近いということもあり 
        検証してみると 驚きの事実がたくさんでた・・・というものです
   
https://www.youtube.com/watch?v=E-VsBfgJH5A ←こちらは稲垣勝巳さんのオリジナル動画です
 地上波のほうでは、 前世人格のタエが 人身御供として川に身を投げたという話でおわってしまうのですが
  オリジナル動画では続きがあるのです
  川で溺れ死んだタエの意識はつづき、質問をつづけていくと、なんと死後の世界の情景などについて情報を引き出せていきます

   この稲垣勝巳の偶然でた 前世療法が
    死後の世界を科学的に検証できた  唯一の例 です。
   

 またもう一人の人格でも ・・たしかベトナム人の人格なのですが、言語もさながら
    そのベトナムの地元民でもしりえない、・・ネットで調べるのもムズカシイ 昔のベトナム人あるあるの文化を
       基軸に 受け答えしていたり、凡そまえもって調べ演技をできるものではない というものでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。不思議なことはやはりありますね。自分は死んだらさっさと次に生まれ変わりたいと思っていますが(>_<)

お礼日時:2016/10/24 22:36

もちろん、信じるか・信じないかの世界ですが・・・



一般的に霊感がある事は、あまりいい事ではなく、どちらかといえば、何らかの罰的な要素の方が強いのではないでしようか・・・

それを、どう捉えるのかは、本人次第ですが・・・とにかく、霊感がある人は、普通の人生を送りにくい様です

本人が望む・望まずに関わらず、霊的な事で悩む人に、手助けしなければならない状況に、おちいる様です

だから、生まれながらに、人の為にならなければならない状況に追い込まれる方が多い様です

それは、何らかの、罪滅ぼし的な要素がある様に思います

何の根拠もない、私の私見ですが、世の中の人々を、良い方向へ導く、考え方があるとすれば・・・

人々の先頭に立って、導く人が指導者ならば、人々の最後尾で、落ちこぼれた人達を、自ら肩を貸して、人々の中へ、戻してあげる人も必要だと思います

霊感がある人々も、そんな使命を生まれながらに、もっているのではないか・・・と思います

で、最初に戻って、知っているか?・・・という質問ですが・・・残念ながら、私も凡人ですので、その様な知り合いはいません・・・すみません!
    • good
    • 0

初めまして



霊がいるか、いないか科学的に証明されているのなら、今よりももっと、進んだ科学技術が存在しているはずです

今の時点で、科学的に証明できる事は、我々が認識できる環境のほんの一部にすぎません

しかし、世間では、色んな事を、科学的に証明されているような言い方をします

ほとんどが推測にすぎません!

霊に関する事も、現状では推測する事しか出来ません

現状では、霊の事を感じる事ができるのは、特殊な人だけです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。その特殊な人をしっていますか?
私はテレビでしかみたことないんですけど。なんか信じることができません。なぜ特殊なのかも!

お礼日時:2016/10/22 20:29

いるんだとは思いますが、いるのかいないのかはっきりしない希薄な力なき存在。



テレビとか心霊写真のは、全部ウソです。
幽霊の身になって考えてみてくださいよ。
あなたの家を心霊スポットだと宣伝され、ズカズカ部屋に中に入ってきて記録写真撮られたら、警察に通報もんだし、祟り殺すと思うよ。
ホームレスにカメラ向けてみなよ。辛い思いして死ぬような思いで、さらにこの世をさまよっている存在ってそれよ。確実に殴られるね。

一緒に写真に映ったりラップ音鳴らす程度で済んでるのは、その程度しか物理干渉できないからだし、
辛い思いで死んで、さらにこの世をさまような存在は、わざわざ物好きにそんな生易しいことしないっしょ。
心霊写真を撮ったり報道する人は、すこしは辛い思いをして死んでる人の気持ちを考えて欲しいし、怨念でさまよう存在はそんな無神経な人だけに干渉してくるわけ無いです。
そのくらいいるんだかいないんだかの全く触れ合わない隣人は、無視して生活しても人生には関係ないし、死後にも関係ないでしょうね。
みんなあの世で達者に死んでるよ。
    • good
    • 1

人間死んだら、終わりがいいですよね

    • good
    • 0

霊・幽霊と言う現象は、存在していますよね。


今はそれがなんなのかは、わかりません。

「わからない」が、
現時点での、答えだと思います。
 
そして、幽霊の正体は人間の脳機能と言う、
証拠はどこにもありません。
これ実は、否定の根拠にならないんです。

脳の錯覚や補正機能などによっての思い込みをいくら主張しても、
脳の錯覚や補正機能などによっての思い込みが全てである立証は、
出来ないからです。

見えるものがあてにならない、錯覚など、
脳の錯覚や補正機能などによっての思い込みを主張すればするほど、
幽霊はいない、見ていないという判断の方が、
脳の錯覚や補正機能などによっての思い込みである可能性が同時に生じます。
実在の否定は出来ないわけです。

もちろん、脳の錯覚や補正機能による事象を医学的にも科学的にも説明出来ても、
幽霊がいない立証には全くなりません。
説明が出来る事と、証明や立証は、別の事だからです。

よほど科学を、知らない方でもない限り、
「説明が出来る=いない証拠」とは考えません。

一方で、霊を否定する根拠は、全て否定出来てしまいます。
これもまた、説明です。

例えば、
「仮に存在すると場合、人類が誕生して今日までどれ位の人が亡くなったのでしょう。
 また、犬や猫、はたまたアメーバ等も人間と同じ生命体ですので、
 それらを含めると天文学的な数字となります。」
と言う疑問は、
「人間から、犬、猫、アメーバまでが、すべて同じように霊になり、
 一度、霊になったら、以後は恒久不変で、たまる一方である。」
と言う前提が、元になるはずですが、
まずこの前提は、どこから出てきたのでしょう?
 
古今東西で、繰り返し目撃や報告され続けているのが霊です。
世の中にはいくらでも、錯覚はあるのに、
霊の形の錯覚だけが、いつまでも続くのは不自然ですよね。

まして、霊がいない理由が、錯覚や脳の補正機能なら、
「原因がすべて、解明されているにも関わらず、
 信じない、納得しない人が多々いる。」事になります。
が、この時点で既に、科学ではありません。
 
「私は脳機能だと確信している」
「私は霊がいない説に説得力を感じている」
と思うのは、
個人の自由です。
何に説得力を感じるのかは、個人の主観だからです。
 
が、科学的に考えるのなら、
「すべての人が、同じように確信でき、
 説得力を感じられない限り」
科学的には、
「わからない」
なんです。
 
信じる人も信じない人も、判断のつかない人もいる時点で、
それがそのまま、厳然たる事実です。
 
結局、今、挙げられてる説明、論拠では、
どこまでいっても幽霊がいない、証明や断言は出来ません。
だからと言ってもちろん、いる事にはなりません。
霊がいるというより、霊現象の大元になった原因は、
錯覚以外で、まだ何かあるかも知れない?
としか、
今の時点では、言いようがないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな意見ありがとうございます❗

お礼日時:2016/10/15 22:57

幽霊とは死んだ後に霊界(天国とは別)へ行けずに幽界(この世の次の次元)に留まった霊魂の


ことを言います。人間が死ぬ時にこの世に強い怨みを残すと霊界に行けずに幽界に
不成仏霊として残り、時たまこの世に出現した時に幽霊として見えるのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/10/15 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報