日常的にウイルスとか細菌とかいう言葉を聞くのですが、そもそも基本的な意味が分からずどんどん疑問点がふくらんでしまいました。
(1)細菌は単細胞生物と言いますが、ではゾウリムシは細菌なのでしょうか?
(2)ウイルスは生物の細胞に入り込みコピーを作り増殖するとはどういう意味ですか?自分のDNAを複製するとありましたが、どうやって複製するんでしょう?
(有性生殖のDNA複製なら分かるんです)
(3)『ウイルスだから抗生物質は効かない』と言われるのは何故?
(4)O157、サルモネラ等、食中毒の原因菌は細菌ですよね?
あれは菌が食物を餌に繁殖し、その食物を食べることで菌の毒性が体に害をおよぼすという理解で正しい?
(5)菌が繁殖して毒性が多くなった状態を腐敗という理解で正しい?
(6)酵母、乳酸菌も細菌で、腐敗も発酵も原理は同じ、ただ細菌が繁殖した結果できたものが毒性物質なら腐敗、おいしい物質(?)なら発酵、という理解で正しい?
(7)腐った食物を食べた場合、原因菌は人間の身体内で繁殖を繰り返すのでしょうか?それとも食べた時に取り込んだ毒性物質で体をこわすのでしょうか?
(8)コンピュータウイルスはプログラムを破壊するプログラムであって、別にウイルス(=微生物)ではないと思うのですが、何故ウイルスなんでしょう?
(9)ウイルスは細胞内でしか生きられない、ウイルスは細胞から細胞に感染するとありましたが、HIV感染なら分かりますけどインフルエンザやSARSは空気感染しますよね?矛盾するように思うのですが…
ずっと文系でしたので、系統だてて習った事がないんです。
よろしくお願いします。

A 回答 (13件中1~10件)

こんにちは。

私は獣医師で、微生物学、感染症学のほか、広く生物学を修得している、という意味で専門家にさせて頂きましたが、純粋なmicro biologistではありません。もし語弊があったならごめんなさい!
 さて、発酵に関しては、もしかすると人によってコトバの定義は色々かもしれませんが、基本的には人間にとって有益な反応を差すので良いと思いますが。アルコールだって酢酸だって、使い方によっては毒ですよね?
 「ウィルスは生物ではない」のくだりは、「生物」をどう定義するかにもよるので、「そういう考え方が一般的」というくらいに理解していただければと思います。実際には、おっしゃるとおり、ウィルスは微生物学の範疇です。一般に、微生物学とか、解剖学、薬理学、生理学・・なんかを基礎科目といって、内科、外科、感染症、公衆衛生、病理・・・なんかは応用といいます。ウィルス自体は、実際にはどの応用科目とも関係があります。基礎科目ではその分野を縦に勉強し、応用ではあらゆる分野を横に、網の目上に繋いだかたちの学問になります。
 なお、細胞内小器官であるミトコンドリアなんかも、独自の遺伝子を持っています。それ自体一つ取った場合には、ミトコンドリアを「生物」とは呼びませんが。生物の世界にはびっくりするような多様性が色々あります。あんまり、「生物=遺伝子」とか、「単細胞=細菌」みたいな、型にはめた図式はなじまないと思います。いろんな意外性を楽しめるのも生物学の魅力ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

獣医師さんでしたか!!
動物のお医者さんですね!
(↑獣医師というとつい連想します)

ミトコンドリアに遺伝子があるんですか…
あなどれない…

>型にはめた図式はなじまないと思います。いろんな意外性を楽しめるのも生物学の魅力ではないでしょうか。

そうですね。
図式は人間が付け加えた分類ですけど、生物は人間が作ったもんじゃないんですから、その分類の枠におさまらない存在もあるのは当然ですね、考えてみれば。

生物学も、修めたら面白かったかもしれません。
私は美大進学だったので、受験勉強は実技対策メインで、内申は点の取りやすい科目で固めてしまってたから、理系の科目は縁が遠かったです。
自分の興味のある科目を専攻したんで、後悔はないんですけどすっかり専門バカになってしまいました(汗)

趣味の範囲で馴染んでみるのも面白そうです。
(^^)

お礼日時:2004/08/06 00:48

新たな疑問が出たようなので。


抗体を複製してっていうのは、免疫グロブリン製剤として
もうすでに発売されています。しかしこれは、人体内で
の使用に限られています。
なぜ、空中散布をしないのかってのは、
特定の抗体は、特定の抗原にしか反応しないってのもあるし
べつに外にまいて、殺菌なり不活化なりをねらうのなら、
もっと強い薬物を利用できる(人体への為害性を無視できる
から)し、そのほうが断然安価であるし、確実なので、
体外で利用することはまずありません。
それに、抗体はタンパクなので、おそらく空中散布しても、
すぐ活性がなくなるだろうし、抗体だけでの免疫の作用は
弱く(こういう表現でいいのかよくわかりませんが)、
リンパ球やら、マクロファージやら、補体などなどの、相互
作用で、やっと一人前の免疫反応を起こします。
まーうだうだ書きましたが、そういうわけで、空中散布
は意味ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

まあ散布は何らかの理由で無理なんだろーと思ってましたが、納得しました。
抗体は消毒薬とは訳がちがうし、ウイルスと細菌も訳が違いますものね。

お礼日時:2004/08/06 00:39

こんにちは。

だいたい回答が出そろってる見たいですが、気になる点だけ少し。
 「細菌は単細胞生物」これは正しいですが、「単細胞生物は細菌」これはマチガイです。逆の矢印は、マチガイです。
 細菌の一番の特徴は、「原核生物」であるという点です。原核生物は核膜という構造物を持っていません。これに対し核膜を持っているのを「真核生物」といい、細菌類以外のほとんど全てがこれに当てはまります。
 ですから、細菌とゾウリムシの違いは体の形とか機能とかそういうことではなくて、「核膜が有るか無いか」これが生物学的には一番の相違点であり、だからこそ全く違うグループに分類されるのです。

 食中毒の原因としては、アニサキスなど、細菌以外の病原体によるものも、たくさんありますよ。

 ウィルスは自分ひとりでは増えもしないし、生殖もできないので、厳密には「生物」ではないとする考え方が一般的だと思います。生物ではないので、厳密には「殺す」という言い方はせず、「不活化」というのが生物学的には正しい用語です。なお、ウィルスが持っている遺伝子としては、DNA、RNA両方有ります。ちなみにHIVはRNAウィルスです。
 ウィルスは細胞に感染した状態でないと増えませんが、細胞の外であっても、非常に小さな粒子のような構造を保って、再び感染できる状態で待機しています。

 No.9さんのワクチンに関する記述はなんかおかしいです。大分勘違いされている部分があるのでは?
 また、N0.5の「腐敗」に関する回答もマチガイです。人間にとって不利益な微生物活動を「腐敗」といいます。逆に、人間にとって役に立つ、微生物の活動を「発酵」といいます。味や毒性は関係有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

細菌、単細胞については了解しました。ありがとうございます。

専門家!!でらっしゃいますか!!
その肩書きに甘えて新たに質問させていただいてよろしいでしょうか?

■ウイルスが生物でないなら、なぜウイルスには遺伝子があるのでしょうか?
■ウイルスが生物でないなら、ウイルスについて学ぶ学問分野は何になるんですか?
微生物学ではないですよね?
感染症学?(でも感染症学って微生物・細菌も含みますよね??)

>味や毒性は関係有りません。
確かに…肥料の場合も発酵と言いますから食べ物とは限らないですね。
じゃあこれは仮定ですが、ある細菌が繁殖過程で毒性物質を作るとします。この毒性物質が人体に入ると有害(不利益)ですが、この物質を利用して殺虫剤や農薬など人間にとって役立つものが製造可能であれば、これは発酵でしょうか腐敗でしょうか?

よろしければ再回答をお願いします。
<(_ _)>ペコリ

お礼日時:2004/08/03 00:25

質問の回答ではないんですが、なんかワクチンについての


記述に誤解があるようなので、アドバイスを。

ワクチンとは特定の微生物の毒性を無くした、あるいは
かなり弱まらせたものを、あらかじめ接種することにより
その人が、その微生物に関して免疫を獲得することを、
主な機序としています。

免疫を獲得した人は、その菌に関して抗体やらなんやらで
その微生物(ウイルスも含む)を殺すことができるので、
その病気にはかかりにくい状態になります。

付け足しで、抗ウイルス薬とは、主にウイルスの増殖を
防ぐことが主な作用です。ウイルスなんて、外からもらう
量なんか微々たるもんですから、増えなきゃ悪さはでき
ません。(ウイルスの場合増えること=悪さをすること
なんですが)体内に入ったものも、後々に殺されていきま
す。(まーうまいこと逃れるやつらとかいるんで、一概に
こうだ、とは言い切れませんが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なんだかこんどはワクチンの仕組みが疑問になってきました。
抗体を作って、その抗体が体内でウイルスを殺すのであれば、素人考えですがその抗体を体外に取り出して複製すれば、空気中のウイルスも駆除できる…という訳にはいかないのでしょうか?
(できるなら世間の研究者がとっくにやっていると思いますが…)

お礼日時:2004/08/03 00:09

#5です。



すみません。大嘘をこいていました。
ゾウリムシはおっしゃるとおり単細胞生物でした。
ただ、ゾウリムシはその細胞内に「細胞器官」と呼ばれる消化器官などを備え、多細胞でないにもかかわらず多細胞生物と同じようなことができるようです。最強の単細胞生物ですね。(^^;

あとウィルスが「殺せない」と言ったのは「体内で」の話です。休眠状態のウィルスは熱や酸などで破壊されます。と言うか、動物の体内などのDNAが安定供給される場所でなければウィルスはそもそも安定に存続できないのですね。
天然痘の場合は、天然痘ウィルス(ワクチニアウィルス)を接種することによりあらかじめ細胞内に(無害の)天然痘ウィルスを組み込みます。これを多くの人類に対して行ったわけです。そうすると、天然痘ウィルスの居場所がなくなります。天然痘ウィルスを人体の中から「締め出した」だけであり「殺した」わけではないのです。
体の中にある「天然痘ウィルス」と書いた席に、あらかじめ別の人(ワクチン)を座らせておいたわけです。そうなったら、天然痘ウィルスは出て行かざるをえません。

締め出されたウィルスは、空間では安定存続できませんから壊れたり形を変えたりし、天然痘ウィルスはいなくなったものと思われます。
もっとも、地球上のどこにもいないと言うことはないと思います。人類が感染しやすいエリアに存在しなくなったと言うだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やっぱり単細胞でしたか(笑)

天然痘の撲滅って、結局ワクチンを先回りして打ったっていうことなんですね。
インフルエンザみたいにA型だの何型だのってバリエーションの多いやつでなくてよかったです。

お礼日時:2004/08/03 00:02

(8)


広義には、コンピュータに侵入するプログラム全般を指しますが、狭義には他のコンピュータファイルに感染して増殖するプログラムの事を言います。
他のファイルに感染するという箇所が似ているのでそういう名前がついています。
他のコンピュータファイルに感染せずに、自分自身で増殖するプログラムを、狭義のコンピュータウイルスと区別してワームと言う事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ワーム、ってそういう意味だったんですか。
I Love Youとかいうのと同じで、ウイルスの名称かと思ってました。。。。

お礼日時:2004/08/02 23:58

ほんとになんどもすいません。


もう書きません。
No.5の方のコメントが気になったもので。。。
(1)ゾウリムシは「単細胞生物」って、大辞林には書いてありました。
(2)DNAのみを持つウイルスも存在します。

・・・私の記載に間違いがあったら、補足をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんどもありがとうございます。
混乱だなんて、とんでもないです。

>(1)ゾウリムシは「単細胞生物」
私も理科でそう習ったんです。なのでNo.5さんのコメントでビックリしました。
行動がワンパターンな子を『単細胞!!』ってからかってたのが理科でゾウリムシを習った後では『ゾウリムシ!!』に変わった覚えがあります(笑)

お礼日時:2004/08/01 16:11

なんどもすみません。


また、間違えた回答で混乱させてしまって、重ね重ねすみません。
DNA,RNAについては、下記HPが参考になると思います。
よんでみてください。

参考URL:http://www.afftis.or.jp/QandA/yougo/yougo.html
    • good
    • 0

(1)細菌は生物学的には真性細菌のことで、核と細胞壁を持った単一の細胞であることが特徴です(参考URLを参照ください)。

ゾウリムシは多細胞であり、生物学的分類で言うと「繊毛虫門」で、細菌ではありません。
(2)ウィルスはDNAを持っていません。RNA(DNAは二重らせん構造ですが、RNAは単一らせん構造)しか持ってません。二重らせんでないため、単体では自身の複製を作ることができません。DNAは二重らせんをほどき、そのほどいた部分に対応する塩基をくっつけていくことでコピーできるのですが、RNAは一重なのでそれができないのです。
だから、別の細胞に入り込みそのDNAを「材料」にして自分のコピーを作成します。
(3)抗生物質は細菌を殺す薬です。したがってウィルスにはまったく利きません。よく風邪で抗生剤を売ってくれという人がいるようですが、無意味などころか耐性菌を作り出しかねない危険な行為です。
ちなみに、ウィルスを殺す薬は現状存在しません。ウィルスを無効化する薬ならありますが。たとえば水疱瘡の原因であるヘルペスウィルスは、治った後も体に残り続けます。何らかの原因で免疫機能が低下したとき、ヘルペスウィルスが再活動しだして帯状ヘルペスという病気が発祥することがあります。
(4)そうです。細菌そのものはウィルスと異なり人間の細胞を破壊することはありません。細菌が体内で代謝を行った際、老廃物を排出します。それが「毒素」と呼ばれる物質である場合、人体に悪影響を及ぼします。この老廃物が人体にいいものである場合もあります(乳酸菌など、善玉菌と呼ばれるもの)。
(5)そのとおりです。正確には、菌の活動により毒素だらけになってしまった状態といえます。
(6)おいしいというか、体に害がないものが細菌の老廃物である場合を「発酵」、毒素の場合を「腐敗」といいます。そう考えると、お酒の醸造などは微妙ですね(アルコールはある意味毒素ですからね・・・(^^;)
(7)経口摂取の場合、たいていの細菌は胃酸で死にます。この場合問題になるのは毒素のほうです。
(8)単純に、もののたとえです。体内に入り込んで細胞を破壊するウィルスに、コンピュータないに入り込んでシステムを破壊するプログラムをなぞらえただけでしょう。
(9)ウィルスの細胞間の移動はウィルス単体で行われますよ。HIVが空気感染しないのは、HIVウィルスが空気中では生きられないというだけの理由です。HIVが空気中でも死なない特性を身につけたら脅威ですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E6%AD%A3% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ゾウリムシは多細胞であり、生物学的分類で言うと「繊毛虫門」で、細菌ではありません。

細菌でないのは納得しましたが、多細胞なんですか??私は単細胞だと習ったのですが…
(??)
なんで昆虫じゃないくせにムシというのかも不思議でしたが、「繊毛虫門」ですね。

>DNAを「材料」にして自分のコピーを作成します。

あ!!これって、PCのプログラムを材料にして自分のプログラムを植え付ける、コンピューターウイルスに似てますよね!!

>風邪で抗生剤を売ってくれという人がいるようですが、無意味などころか耐性菌を作り出しかねない危険な行為です。

う…売ってくれと言ったことがあります。
薬剤師さんに、ダメって言われました。
こういうことは分からないので、なるべく薬は、薬剤師さんとお話しして買うことにしてますが、激安を誇る大型ドラッグストアでは薬剤師さんがいても薬持っていってレジ打ってもらったら手に入りますもんね。
あれはちょっと怖いと思います。

>ウィルスを殺す薬は現状存在しません。

え?天然痘って撲滅されたんじゃなかったのですか?
あれも無効化しただけなんでしょうか?
ヘルペスの無効化はよく分かります。うちの父が帯状疱疹にかかりましたので。

>お酒の醸造などは微妙ですね(アルコールはある意味毒素ですからね・・・(^^;)

おいしい毒素と言ってはいけませんでしょうか?
大好きなんです(^^;
ほどほどにしてますが。

>HIVが空気中でも死なない特性を身につけたら脅威ですね。

ああ…ウイルスってどんどん進化していくんでしたっけ。RNAもDNAも遺伝子プログラムだから書き換えがききますもんね。
う、確かにコンピューターウイルスにそっくりです。
この名前つけた人、誰なんでしょうね(笑)

参考になりました。

お礼日時:2004/08/01 16:31

個々について、述べます。

若干うろ覚えのところもあると思いますので、正しくは書物でご確認下さい。
(1)ぞうりむしは原生動物ですので、細菌ではないと思います。
(2)簡単に言うと、ウイルスが宿主の細胞内に自身のDNA(RNAウイルスの場合はRNA)を注入し、宿主の細胞の構成成分を用いて、ウイルスが増殖します。
(3)ウイルスと細菌では増殖の仕組みが違うので、抗生物質はウイルスに効きません。(簡単に言ってしまうと、抗生物質は、細菌が増殖する過程の一部を阻害する等により、効果を発揮します)
(4)細菌性食中毒については、下記HPが参考になるかと思います。あなたが記載されたのは、毒素型の食中毒の機序です。このほかに、感染型の食中毒があるそうです。
(5)腐敗は、有機物質が微生物の作用によって分解され、悪臭を放つようになったり有毒物質を生じたりすることです(大辞林 第二版より)
(6)そのような認識でよろしいかと思います。ちなみに大辞林では、「酵母や細菌などの微生物がエネルギーを得るために有機化合物を分解して、アルコール類・有機酸類・二酸化炭素などを生成していく過程。狭義には、微生物が酸素の存在しない状態で、糖類を分解してエネルギーを得る過程。酒・味噌・醤油・チーズなどの製造などに古来利用されてきた。」とのこと。
(7)両方の場合があると思います。
(8)プログラムをパソコンに忍び込ませて悪さをするのが、ウイルスの増殖過程と似てるからじゃないかと思います。たぶん。
(9)細胞内でしか生きられない、というのは正確ではありません。細胞内に感染できなければ、増殖することが出来ないということです。そう考えると、矛盾しないと思うのですが、いかがでしょうか?

参考URL:http://fukuroi.cup.com/fukami-13-8-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

(4)なるほどです。食中毒ってそのまま意味を考えれば食べたことで毒にあたるのですから、色々種類があるのは当然ですね。
フグだのキノコだのにあたるのも食中毒でしょうけど、あれは別に腐ってあたるものではないですしね。

(9)すっきり納得しました。HIV知識で調べたら『ウイルスは細胞内でしか生きられない』ってあったんですよ。

参考になりました。

お礼日時:2004/08/01 16:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキュッと引き締まった歯茎にするためには

キュッと引き締まった歯茎にするためには
どんなことをすれば良いでしょうか?

歯と歯茎の間に隙間ができると
細菌などの影響で口腔内を
健康に保つことができませんよね…

なので いつまでも健康な
歯茎にするために何か効果的な方法があれば
ぜひ教えてほしいです

Aベストアンサー

塩で歯磨きしてください。
塩は歯茎を引き締めます。
ソルト〇〇のような歯磨き剤もありますが、塩100%の効果は絶大です。

昔の人は塩で歯磨きしてたそうですから、歯周病が少なかったそうです。

Q食物や細菌、ウイルスや病気により、人の遺伝子は長い時間を経て変化してい

食物や細菌、ウイルスや病気により、人の遺伝子は長い時間を経て変化していくのだろうか?

Aベストアンサー

食物や細菌、ウイルスや病気が、自然選択の一因になっているのは確かなことです。

Q歯茎ににきび(膿)のようなものが

歯から5~10ミリほど下の歯茎に膿をもった
にきびのようなものが出来ています。
今まで口内炎になったことはありません。

ついついつぶしてしまうのですが、数日するとまた復活(膿入り)しています。
ひとつだけで大きくなる気配はありません。
膿があふれてくるような事もありません。

質問を検索すると歯の根っこが腐って膿が出てくる、という
事があるようだったので、歯茎を強く押してみましたが
特別痛いと言う事は無く、他と比べるとちょっと圧迫感が強いかな?
という程度でした。

つぶしたことで細菌が入って復活しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんちくは。

>>つぶしたことで細菌が入って復活しているのでしょうか?

正直分からんす。
歯科医じゃないもんで・w・;


>>歯から5~10ミリほど下の歯茎に膿をもった
>>にきびのようなものが出来ています。

以下、あくまで体験談。

数年前に治療してもらって、「神経を抜いた」歯がありました。
何だけど、その付近が数ヶ月に一度ぐらい痛くなる。
で、ついでに、その付近の歯茎部分に膿らしきふくらみが出来る。

おかしいな~。。。と思いつつも、2~3日で痛みも消えるもんで、直ぐに忘れてソレの繰り返し。

数年後、引っ越すことになってそれを期に歯医者を変えました。
で、たまたま「気になるところありますか?」と聞かれたので答えてみたところ、調べてくれて、抜いた神経のとこの処置が
完璧でなかったので、ソコが原因だった。ってことがありました。


結局、そこの歯医者で、かぶせてあった銀歯ぶちとってもらって、再度処置してもらって、数年に渡る微妙な痛みが即解消されたわけですが。。。



まぁ、何をいいたいかというと。。。

気になるなら歯医者へ。
自分自身の身体ではありますが、プロに任せないと判断できないことも多いでしょう。

こんちくは。

>>つぶしたことで細菌が入って復活しているのでしょうか?

正直分からんす。
歯科医じゃないもんで・w・;


>>歯から5~10ミリほど下の歯茎に膿をもった
>>にきびのようなものが出来ています。

以下、あくまで体験談。

数年前に治療してもらって、「神経を抜いた」歯がありました。
何だけど、その付近が数ヶ月に一度ぐらい痛くなる。
で、ついでに、その付近の歯茎部分に膿らしきふくらみが出来る。

おかしいな~。。。と思いつつも、2~3日で痛みも消えるもんで、直ぐに忘れてソレの繰り...続きを読む

Q腐敗菌がいる環境で食中毒菌も増えるのは?

腐敗菌が増えている環境では、食中毒菌も増えているといわれますが、この場合、ある種の菌がいる環境に、別の菌が繁殖した場合、勢力?の強いものが優勢に増殖するということに反するのではないでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、ある程度は、競合関係にある場合が多いでしょう。
といって、ゼロか100かという話になるよりは、初発の菌数や増殖速度、pHへの適合性などによって、優劣がつくということになると思います。

たとえば、大腸の中では、大腸菌、ビフィズス菌、クロストリジウムなどが、お互いに共存したり競争したりしながら成育しています。これらのうちの、どれが優勢かということで、健康に影響があるというようなことは言われていますが、どれかが生育したから、他は全て全く生育しないというわけではなく、あくまでも割合の問題なのです。

従って、腐敗菌が増えるような環境は、菌が増えるような状況ということですから、食中毒菌の中で、同じ環境で増えられるような菌がいれば、やはり程度の問題はあっても、増えてしまうことになります。もちろん、同じ環境で食中毒菌だけがあった場合よりは、多少増え方が鈍い可能性は大きいですが。

一方、乳酸菌のように、先に増えてしまえば、回りのpHを酸性にすることによって、他の細菌がほとんど増えられないようにしてしまう奴もいます。(ヨーグルトが、まず腐らないのはこのため。)

もちろん、ある程度は、競合関係にある場合が多いでしょう。
といって、ゼロか100かという話になるよりは、初発の菌数や増殖速度、pHへの適合性などによって、優劣がつくということになると思います。

たとえば、大腸の中では、大腸菌、ビフィズス菌、クロストリジウムなどが、お互いに共存したり競争したりしながら成育しています。これらのうちの、どれが優勢かということで、健康に影響があるというようなことは言われていますが、どれかが生育したから、他は全て全く生育しないというわけではなく、あ...続きを読む

Q歯根が割れて細菌が繁殖、抜歯すべきですか?

歯茎に白い吹き出ものができて、頬っぺたとの間に
何か挟まった感じがして、口腔外科を受診しました。
レントゲンと撮ったところ、第2永久歯の歯根の
片方が、2つに割れており、歯根の周りが黒く
なっていま。そこには、細菌が入り、膿がたまり
歯茎に吹き出てきているとの診断です。
治療としては、歯を抜くしかないとことですが
それ以外に対応はありませんか?
まだ、40代前半なので、歯を抜くのは
抵抗があるのですが?
お教えください。

Aベストアンサー

私は悲しいことに18歳で歯を抜く羽目になりました。60代ですが、その間、何本もはを抜きもう永久歯なんて20代初めでなくなっていました。40台の頃今の先生にめぐり合い、その後は歯はかなり良い状態です。5年くらい前にやはり歯の根が割れて、即抜歯しました。悪いものは取ってしまわないと後で後悔しますよ。歯槽膿漏の予防だけはこれからしっかりなさってください!私の場合、歯は弱かったけれど先生の指導の下、歯槽膿漏とは無縁です。

Qウイルス、細菌、バクテリア、抗生物質って??

表題の通りなのですがウイルス、細菌、バクテリア
、抗生物質それぞれどんな特徴ががあって大きさは
どのくらいのものなんでしょうか?
抗生物質とはウイルス、細菌どちらにもきくんでしょうか?抗生物質はどんな種類があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウイルスは十nmから百nmの多きさの遺伝子をもつ物質で、タンパク質も代謝もせず、細胞に寄生しなければ、自らの複製も作れない非生物です。細胞に複製を作らせますので一度に大量に増加できます。

細菌(バクテリア)は原核生物の一種で、マイコプラズマを除いて細胞壁を持つ点では植物に似ています。多きさは数百nmから数十μmぐらいです。
細菌は自ら子孫も作り、タンパク質合成や代謝もする生物です。自らを2つに分割して増殖します。

タンパク質合成や代謝のどちらかをせず、他の細胞に寄生しなくては子孫を作れない半生物にクラミジアとリケッチアがあります。多きさも数百nm程度です。

細菌より少し高等なものに、真菌があります。これは人間のように真核生物です。カビやきのこがこれに該当します。

抗生物質とは、この真菌の作り出す毒素(マイコトキシン)の内、細菌を殺すもののことですが、現在では化学的に手を加えているようです。細菌の代謝をとめたり、成長を阻害します。したがって生き物である細菌には有効な場合が多いのですが、ウイルスは初めから生きていないので、殺す事ができません。

ウイルスは十nmから百nmの多きさの遺伝子をもつ物質で、タンパク質も代謝もせず、細胞に寄生しなければ、自らの複製も作れない非生物です。細胞に複製を作らせますので一度に大量に増加できます。

細菌(バクテリア)は原核生物の一種で、マイコプラズマを除いて細胞壁を持つ点では植物に似ています。多きさは数百nmから数十μmぐらいです。
細菌は自ら子孫も作り、タンパク質合成や代謝もする生物です。自らを2つに分割して増殖します。

タンパク質合成や代謝のどちらかをせず、他の細胞に寄生しな...続きを読む

Q犬の歯茎の腫れについて

家の犬が今日になって、口の横の部分が腫れていて、
何か、中の歯茎がしこりになったようなものが
横に飛び出しているようなんです・・・。
私は怖くてまだ見てないのですが、
どのような病気が考えられますか。
自分の便を頻繁に食べるので、
その細菌が中に入ったのかなぁとも思うのですが、
そのせいもあるのでしょうか・・・。
こんなことは初めてなので、ちょっと困ってます。
宜しくお願いします。
(雑種 飼い始めて12年ほど メスです。)

Aベストアンサー

専門的な知識・技術はありませんが、つい最近、私自身が経験した事実だけを簡明にお伝えしたいと思います。お役に立てば幸いです。

私の犬は、16歳のゴールデンリトリーバー♂。つい2週間ほど前、ガンで死にました。

人間なら110歳超の高齢犬でしたが、この1月上旬までは食欲も衰えず、いつもながら何でもよく食べていました。年のせいで足腰こそ弱ってきてはいましたが、朝夕2回の散歩も欠かさず、老犬なりに元気にしていました。
結果的に、最後の2ヶ月ほどは寝たきりだったのですが、そうなるまでの時間は驚くほど短く、1週間そこそこだったと思います。直接の原因は歯茎の悪性腫瘍(ガン)でした。1月10日過ぎ、左の下側の歯茎が口からはみ出しているように見えてから、3日経つか経たないかの内に腫瘍は急速に進行しました。口は変形し、歯も抜け落ち、流動食以外喉に通らなくなってしまいました。

超高齢のため麻酔が使えず、手術は不可能。私たちも覚悟を決めて介護に専念しましたが、そこから約2ヶ月、彼はよく頑張ったと思います。

仮に腫瘍だったとしても、pptomoさんの愛犬はまだお若いですし、早期に切除することもできます。単なる細菌性の炎症なら抗生剤で回復します。いずれにせよ、可及的速やかに病院で詳細にチェックされるようお薦めします。決して後手を引かないでください。くれぐれもお大事に。

専門的な知識・技術はありませんが、つい最近、私自身が経験した事実だけを簡明にお伝えしたいと思います。お役に立てば幸いです。

私の犬は、16歳のゴールデンリトリーバー♂。つい2週間ほど前、ガンで死にました。

人間なら110歳超の高齢犬でしたが、この1月上旬までは食欲も衰えず、いつもながら何でもよく食べていました。年のせいで足腰こそ弱ってきてはいましたが、朝夕2回の散歩も欠かさず、老犬なりに元気にしていました。
結果的に、最後の2ヶ月ほどは寝たきりだったのですが、そうなるまでの時間...続きを読む

Q大腸菌が細胞分裂した際の細胞壁密度について

アンピシリンの作用について調べていたところ、以下ような説明がありました。

アンピシリンによって細菌細胞壁のペプチドグリカンの架橋合成が阻害される。架橋形成の阻害自体は細菌にとって毒性がないが、ペプチドグリカンの架橋阻害
により{細胞増殖の度にペプチドグリカンが薄くなる。}

ここで述べられている増殖は分裂ですよね。分裂したら、分裂まえのものと全く同じものができると思っていました。ですので、{ }内が理解できません。
基本的なことから教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

細胞が大きくなって分裂しようとしても、新たなペプチドグリカンが合成できないため(薄くなるかどうかは不明。たぶん、硬い構造のため薄くはならない。必要な部分の壁が不足する)、溶菌します。

Q喉や歯茎の痛み 数日前から、右側だけ奥の歯茎から喉にかけて痛みがでてきました。赤くなっているわけでは

喉や歯茎の痛み
数日前から、右側だけ奥の歯茎から喉にかけて痛みがでてきました。赤くなっているわけではありませんが、飲み込んだりするときが特に痛いです。口も大きく開けることができなく、困っています。

ネットで検索してみると、親知らずが原因だという結果や意見が多かったのですが、私の場合 歯の矯正のため両側の親知らずを数ヵ月前に抜きました。後からでも腫れたりするのですか?それとも細菌が原因なのでしょうか?

前にも、矯正の器具が当たり腫れた事はありました。ですが、喉にまで影響はでませんでした。矯正で喉にまで影響が出るケースもあるんでしょうか?
自然になおったり、家で治療ができるたりするものですか?病院に行くにも、どこに行けばいいのか悩んでいます。

ご存知の方がいらっしゃった、原因や治療法など、教えて頂きたいです

Aベストアンサー

私は左上の歯茎が痛くて歯医者でレントゲンを撮ってもらったら、急性副鼻腔炎(急性の蓄膿症)だった、ということがありました。
1さんもおっしゃっていますが、先ずは掛かりつけの歯医者さんで診てもらうのが良いと思います。

Q細菌の繁殖ですが。。。

にんにくと、タマネギが入った塩分が若干薄い肉エキスの液体培地(にんにく入りオニオンスープとも言います)を一回沸騰させて、水筒に入れて、時々飲もうと思います(本当はオニオンスープですから)。

全部で、9時間ぐらいかけて飲もうと思いますが、飲むときは、煮沸ナシで、ふたを全快にして飲むので、あけるたびに細菌が入っていきます。

ここで質問です、要するにピクニックに、オニオンスープを持っていって、昼食時以外にも飲むとして、大丈夫でしょうか?

もし、駄目でしたら、うまく持っていけそうな方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

高温でホットパックされているので、封を開けるまでは問題ないですね。但しキャップにも雑菌が付着しているので、充填直後に10分以上水筒を逆さまにして下さい。このレシピだと静菌性(菌を繁殖させない)殺菌性(菌を死滅させる)機能は共に期待出来ないので、液温が常温として、夏場だったら開封後数時間で風味に異常が出てくる可能性があります。開栓後はなるべく小出しにしないで飲みきりましょう。


人気Q&Aランキング