グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

ヤマト運輸に勤めていたいた夫と離婚し、扶養に入っていたため、健康保険や、自動車保険もヤマトグループから脱会しましたが、私が健康保険の問合せ先や自動車保険の問合せ先へ事情を説明して手続きしました。
電話の最初に「電話の内容を録音させていただいています」という案内が流れましたが、私がやり取りした内容は録音されて、前夫も聞いたりするのでしょうか...?
わかる方がいたら教えてください。
前夫とは裁判で離婚したのに、離婚したことは保険グループには報告していなかったそうで、こちらの動きや、話した内容などを、聞かれたくないと思っています...
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ヤマト運輸とか、関係ないと思いますが?



そちらに勤務しているのはあなたではなく、夫なんですよね。
手続きは夫がすべきことであり、妻からの申し出によく対応してくれましたね。
妻と名乗る他人からの申し出ってことも可能性としてはあるわけです。

離婚した事情や会社に話していないなど、あなた方の個人的な争いに巻き込まれたくないからです。
あなたの元夫が会社に対して騒ぎたてることをしなければ、そんな録音再生することもないのです。

会社や社会を巻き込まないでもらえますか?
    • good
    • 1

警察沙汰になれば、聞くでしょう…

    • good
    • 0

前夫が聞いたりすることは絶対ありません。


そんな個人の電話を元の夫とはいえ他人に聞かせたら、個人情報の流出で大問題です。
    • good
    • 1

基本的に通話録音を再生確認はしていません。


コールセンターの通話量は多いので聴いてる時間も無いでしょう。

録音は、万一トラブルになった時に言った言わないとかで話が揉めた時の証拠として使うので問題のない録音は再生しませんし、第三者が聴くことも無いと思います。
    • good
    • 0

その録音は、今後言った言わないのトラブルになったときのために録音しているものです


ちょうど防犯ビデオみたいなものです
トラブルにならなければ聞き直すことはありません
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコールセンター業務をやるときの心構え

コールセンター(受信)で短時間(夜)アルバイトしています。
そろそろ3か月たちますが毎回行くのが苦痛に感じます。
原因の一つとしては仕事を覚えていないから、ということもあるかもしれません。
業務の範囲が広く、マニュアルを覚えればできるような内容ではありません。

コールセンター業務は続く人は長いけど、続かない人はすぐに辞めると面接でも聞きました。
続けられる秘訣はなんでしょうか?
性格的なものも多少関係しますか?
もしそうならどんなタイプが向いていますか?

もし向いてないとか、適性がないのであればすぐにでも辞めたいです。
この時期を乗り越えればラクになる可能性があれば、
せっかく見つけた仕事ですのでがんばりたいです。

40代ですのでなかなかいい仕事がないのも事実です。
こうして働ける環境があることには感謝していますが、ユーウツです。

今日もシフトが入っており、気が重いです・・・・

コールセンター経験者の方、続いている方はその理由、
すぐに辞めた方はその理由をおしえていただければありがたいです。
アドバイスお待ちしております。

Aベストアンサー

コールセンターは事務職経験があれば、誰でもチャレンジできる職場だと思います。

しかしながら、コールセンターにも様々な職場があり、十人十色というように、場所によって雰囲気が全く違います。ずっと募集しているところは、不動産の売れ残り物件と同じで、あまり良い職場ではないと予測して転職しましょう。

マニュアルを見ないで案内できるようになるためには、聞かれる頻度が高い事から、順番に暗記していけば良いでしょう。インターネット関係、特定のホームページ、特定の商品、役所関係などの中から、自分が好きな分野、得意分野、勉強したいことを選んで、面接に行きましょう。基本的には、面接で雰囲気が良い会社が、働きやすい傾向があると言えると思います。

面接に合格したら、研修が勝負期間です。
研修で真面目に勉強すれば、あとの業務がとても楽になります。
私は、実際に電話を受けているときに、そういえば、あのときに案内の仕方を教わったなと思うことが多々ありました。繁盛期には、待っているお客様もいる状態になるので、いちいちマニュアルを見ている時間はなくなります。お客様は早く答えが欲しいわけですから、怒らせないためにも、できるだけ聞かれそうなことは覚えておくことをお勧めします。
そういうことが苦手というのであれば、工場のラインの仕事でもしたほうがいいと思います。

コールセンターは事務職経験があれば、誰でもチャレンジできる職場だと思います。

しかしながら、コールセンターにも様々な職場があり、十人十色というように、場所によって雰囲気が全く違います。ずっと募集しているところは、不動産の売れ残り物件と同じで、あまり良い職場ではないと予測して転職しましょう。

マニュアルを見ないで案内できるようになるためには、聞かれる頻度が高い事から、順番に暗記していけば良いでしょう。インターネット関係、特定のホームページ、特定の商品、役所関係などの中から、...続きを読む

Qコールセンターへの会話の録音の公開要求

コールセンターに電話をすると、
よく「最初にサービス向上のため会話を録音します」とあります。
そこで伺いたいのですが・・・

日本生命保険相互会社に立替金の振り込みについてコールセンターに電話したところ、
以前電話した内容と異なる話をされるので、
「私が話を聞き間違えた可能性もあるので、前回録音されている内容を公開してください。」
と頼んだところ
「公開できない」と断られました。
「前回の担当者に、会話の内容を確認するので、しばらくお待ちください。」
とあったきり、電話がかかってきません。

こういう場合、以前の会話の録音を公開してもらえないのでしょうか?
私が聞き間違えたとすれば、私の責任と思うのですが、
こういう答えだと、日本生命保険相互会社が、嘘を言っているようにしか思えません。

Aベストアンサー

あくまで、企業が 自社のサービス向上のため会話を録音して後の参考にするための物
それを 公開(公衆に開放すること。特定の人に限定せず、広く一般の人々に入場・観覧・使用などを許すこと。)することは決してありえません。
要求するなら、公開ではなく 内容を私にも聞かせてください。です。
しかし、これも企業の自由。企業が断れば強制出来ない。

私なら、再度電話して 『至急この場で 上長から その経緯と結果を教えて下さい』と求めます。
(コールセンターの担当者じゃなく、その上司と話をするのです)

先方が嘘を言っているのを疑うならば、こちらもハッタリを言うしかありません
『こちらも、その時の会話を録音しておりましたが、間違いありません』とね。

後々 言った・言わないで問題になるので、今後 録音するか
若しくは、その内容を 書面にて 出してもらう。これを断るようなら
相手が嘘を 教えている事になりますから。


人気Q&Aランキング