6dBオクターブカットについて教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

オクターブが、周波数で2倍又は2分の1倍の意味であることは、ご存知のことと思います。

dbは、電子工学、通信工学、自動制御で主に使用される、信号レベルを比較する単位です。従って、ご質問の答えは、周波数の、2倍又は2分の1倍の変化に対して、信号レベルを、6db減衰(カット)するということになります。ちなみに、6dbは、2倍、-6dbは2分の1倍になります。なお、dbは、電力では、又計算式が違いますし、騒音や信号の比較ではなく絶対値を示すときは、別な使い方をします。dbについて、詳しくお知りになりたいときは、下記URLが、お役に立つでしょう。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~cadeau/audio43.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普通の人は何オクターブ出るの?

マライア・キャリーは7オクターブ(実際は5オクターブ?)とか、MISIAは5オクターブと聞いたことがあるのですが、普通の人は何オクターブくらいなんでしょうか。

先日、初めて自分の声域をチェックしたところ「2オクターブ+3音」という結果でした。
普通は3オクターブくらいかな?と思っていたので、自分の声域は狭いのかとちょっとがっかりです(;_;)。

Aベストアンサー

専門的なトレーニングを受けない人であれば、2オクターブ前後が普通です。音域は生まれながらのものもありますが、発声方法を専門家について習得することによってある程度は広げることができます。
私も音楽家の端くれですが、一般人で2オクターブ+3音であれば立派な方ではないでしょうか。3オクターブもあったらそれだけでプロの入り口に到達です(笑)。
プロのオペラ歌手も高音になると発声法を巧みに(素人や聴衆には殆どわかりませんが)変えるのですよ。

Qフィルターの減衰率は、なぜ6dBきざみなの?

文系でスピーカーの自作を趣味にしているものです。
フィルターの原理について、以下の点に回答をおねがいします。

[1]なぜ1次のLPFにCを並列接続すると、減衰率が急峻になるのですか?
[2]またそれはなぜ6dBきざみなのですか?(なぜ最少減衰率が-6DB/Octなのですか?)

私のフィルターに対する理解は以下のとおりです。

・Lは直流電流を通し、交流電流を通しにくい性質をもち、この性質を利用しLPFが作られている
・CはLと逆の性質をもち、HPFはこれを利用している
・L1つを直列接続したものが、1次のLPFで、減衰率は-6dB/Oct
・L1つを直列、Cを並列接続したものは、2次で、-12dB/Oct
・次数が増えるにつれ、減衰率は6dBごとに急峻になる

趣味の範囲でしか電気回路の知識がなく、自力ではうまく答えを探せませんでした。
数式による回答も歓迎ですが、その感覚的な解釈を添えていただけるとありがたいです。
回答をよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、フィルターの種類は、1次、2次、3次といいます。

1次フィルターは、電圧比が周波数比に比例(反比例)します。
2次フィルターは、電圧比が周波数比の2乗に比例(反比例)します。
3次フィルターは、電圧比が周波数比の3乗に比例(反比例)します。

つまりフィルターの次数は周波数比の乗数を言います。
それで、なんで6dBきざみかというと、oct. (オクターブ)は周波数比で2倍だからです。
20*log 2 = 6.0206・・・・・・ [dB]
20*log 2^2 = 12.0411・・・・・・ [dB]
20*log 2^3 = 18.0617・・・・・・ [dB]
ということです。

ちなみに、dec. (ディケード)という周波数比10倍で表すこともあります。
20*log 10 = 20 [dB]
20*log 10^2 = 40 [dB]
20*log 10^3 = 60 [dB]
ディケード単位だと20dB刻みになります。

つまり、1次フィルターは、-6dB/oct. と -20dB/dec. で、単位が違っても同じ特性を表します。
オーディオ屋は音の高さをオクターブ単位で考えたほうが分かりやすいので、[dB/oct.] を使いますが、科学屋は、常用対数の底は10だから、10倍単位のほうが正確なので、[dB/dec.] を使います。

>なぜ1次のLPFにCを並列接続すると、減衰率が急峻になるのですか?

これはリアクタンスを抵抗と考えて直流的に分圧比を考えれば感覚的にも分かるはず。
文系の方でも並列抵抗の計算くらいは知っているはずですよね?

例えば、2次のLPFなら
コイルのリアクタンス : Xi = 2πfL
コンデンサのリアクタンス : Xc = 1/(2πfC)
スピーカーの抵抗 : R
とすれば、Xi >> R 且つ Xc << R となる周波数帯域で -12dB/oct. の減衰特性を示します。(逆なら 0dB/oct. でフラットな通過帯域となります。)
だからカットオフ周波数から遠く離れればリアクタンスを抵抗と考えてもいいんですね。
(カットオフ周波数とは、1次なら X = R となる周波数です)

まあこんなところでしょうか。
といっても。文系がオーディオを楽しむのに電気回路を理解する必要は無いと思います。
便利なツールが幾らでもありますからね。
楽譜が読めなくても音楽は楽しめるし、歌を歌う事ができるのと同じです。
特にスピーカー工作を楽しんでる方は意外と文系が多いんじゃないでしょうか。

まず、フィルターの種類は、1次、2次、3次といいます。

1次フィルターは、電圧比が周波数比に比例(反比例)します。
2次フィルターは、電圧比が周波数比の2乗に比例(反比例)します。
3次フィルターは、電圧比が周波数比の3乗に比例(反比例)します。

つまりフィルターの次数は周波数比の乗数を言います。
それで、なんで6dBきざみかというと、oct. (オクターブ)は周波数比で2倍だからです。
20*log 2 = 6.0206・・・・・・ [dB]
20*log 2^2 = 12.0411・・・・・・ [dB]
20*log 2^3 = 18.0617・・...続きを読む

Qキーの上げ下げの使い方。高いオクターブと低いオクターブ、どとらで歌うのがいいのでしょう?

16歳の男です。声変わりはしてます。

GARNETCROWが好きなんですが、
キーを3上げて、低いオクターブで歌っています。
男性が女性の歌を歌うときは、キーを上げるのですよね?

けれども、GARNETCROWの曲のキーを6下げて、
高いオクターブで歌うこともできます。
結構辛いのですが。

どっちがいいのでしょうか?
低いオクターブだと、AメロBが聞こえにくいかな?なんて思います。
高いオクターブだと、サビがきつい。でもテンションはあがります。

男性の歌だとTMRを歌うのですが、
キーを3下げて、低いオクターブで歌います。
キーを6下げて、高いオクターブで歌うと、
きついですが乗れます。


まあつまりは、
高いオクターブと低いオクターブ、どとらで歌うのがいいのでしょう?

Aベストアンサー

6時は、上に6ヶ高くなったとして、高いオクターブで歌うか、逆に6ヶ低くなったと思って低いオクターブで歌うかで、キーの高さはまったく同じ6時です。6時だけは左回りでも右回りでもどちらからでも行けます。どちらから行っても6時は6時で同です。
5時は、5ヶ高くなったと思うか、7ヶ低くなったと思うかです。5ヶ高くして低いオクターブで歌うと、7ヶ低くなったということです。カラオケの機械は7ヶは低くならないので、7ヶ低くしたいときは逆から廻って5ヶ上げるということです。
7時は5ヶ低くなったと思うか、7ヶ高くなったと思うかです。
よくお解かりのとおり、歌うときは、同じキー(時刻)でも「低いオクターブ」と「高いオクターブ」があるので、同じキー設定でも、高いオクターブを選択して歌おうとすると、「キーが上がって、高い声になった。」ということですし、逆に低いオクターブを選択すると「キーが下がって、低すぎて歌いにくい。」ということになります。また、ある曲で、低いオクターブでは、低い場所で声が出ない、高いオクターブに切り替えると上のほうの音が出ないということがありますが、(サビで、突然、低いオクターブに切り替えて歌う人がいますね。あの現象のことです。)その場合は、時刻を6時間進める(または遅らせる=同じ意味)とうまく歌えます。例えば、現在3時(+3)で歌っていてその現象が起きたとすると、9時で歌えば良い。すなわち-3にすれば良いのです。これで気持ちよく歌えます。カラオケ機械のキー設定の仕組みが時計になっていることを知らなければ、このことに気が付きません。11時(-1)で歌ってその現象が出たら、5時(+5)にすれば良いということです。女声の歌を原曲キーで男声が歌ったときによく起こります。
よく-6に設定して「まだ高いよ、もっと低くならないの?」「いやもう-6だからいっぱいです、これ以上低くはなりません。」という会話を耳にしますが、質問者さんなら、こんなときはどうするかはもうお分かりですね。逆に廻って+5に上げて低いオクターブで歌えば良いのです。これで7ヶ下げたことになります。

6時は、上に6ヶ高くなったとして、高いオクターブで歌うか、逆に6ヶ低くなったと思って低いオクターブで歌うかで、キーの高さはまったく同じ6時です。6時だけは左回りでも右回りでもどちらからでも行けます。どちらから行っても6時は6時で同です。
5時は、5ヶ高くなったと思うか、7ヶ低くなったと思うかです。5ヶ高くして低いオクターブで歌うと、7ヶ低くなったということです。カラオケの機械は7ヶは低くならないので、7ヶ低くしたいときは逆から廻って5ヶ上げるということです。
7時は5ヶ低くなったと思う...続きを読む

Qオーディオインターフェイスの選定に係るUSB規格による影響ついて

オーディオインターフェイスの購入をしようかと考えているのですが、低価格品を見ていると対応するUSBの規格が1.1のものが多い気がします。USB1.1と2.0だと結構通信速度が違うようなのですが、この違いはどれほどの影響があるものなのでしょうか?
ちなみに当方の使用目的は、レコードからパソコンに音を取り込むことです。つまりDJです。
※デジタル関係の知識に疎いため、表現等でわかりづらい点等ありました際には申し訳ありません。もし不明な点等ありました際にはご指摘くださるようお願い致します。

Aベストアンサー

入出力2CH(計、往復で4CH)で、24bit48KHz程度のサンプリングレートのデータ転送であれば、USB1.1規格でも転送速度は楽にお釣りが来ます。

で、まぁさすがに今ではそういうことも滅多に聞かなくなりましたが、ほんの3~4年前までは、USB1.1とUSB2.0では、ほとんどのPCでは圧倒的にUSB1.1の方が安定性が良かったものなのです。

なので、USB2.0規格の製品が世に出回りだしたころ~今に至るまで、入力4CH出力2CH程度までのインターフェースでは、頑なにUSB1.1規格品を作り続けているメーカーが多いのです。
だいたい、プロ仕様機器を作っているメーカーは、その点で保守的なところが多い感じしますね。

チャンネル数とサンプリングレートが上記の程度で問題ないなら、USB1.1規格の機器だからといって転送速度が性能的にギリギリ…なんてことは一切ありませんから、そんなに気にするポイントにはならないですよ。

Qオクターブ

歌の音域について質問です。
時々「私は3オクターブ半出る」「4オクターブ」などとお聞きしたり、あるサイトで『合唱団なら1.5~2オクターブ、著名なソリストで3~3.5オクターブ』だと書いてあったと思ったら別のサイトで『普通の人なら2.5~3オクターブは持っている』だったり…といまいちよく分かりません。オクターブの数え方が違う(基準音の数を数えるのか、8度の回数を数えるのか…)のか?と考えてみたりもするのですが。

きちんとした発声が出来ている上で、8度音程の回数を数える方法で数えるという条件付きならどうなるのでしょう?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応すちゃらか元合唱部ですが、
発生練習を見る限り、だいたい訓練をうけていない初心者で、健康な人であれば、
下のソから上のミは普通は出るようです。約1.6オクターブということでしょうか。
カラオケでゆずの歌をオリジナルキーで歌うには高域が足りない発生音域でしょう。
多少の訓練をした人では、下のミから上のソの2.1オクターブは可能のようです。
3.5オクターブという人には、会ったことがありません。音大の声楽科などの方で、かなりのものかと。。
ちょっと専門ではないですが、オペラや独唱などではそのくらい必要なのかもしれません。
マライヤキャリーの「7オクターブの歌声」は、尋常では無いかと思います。。
ご参考まで。

Q音楽CDから取り込んだ音楽を編集(カット)してCD-Rに焼きたい

音楽CDから取り込んだ音楽を編集(カット)してCD-Rに焼きたい

音楽CDをWindowsMediaPlayerで取り込みました。

音楽CDをPCに取り込み、曲の中から不要な部分をカットして、
最終的に好きな部分だけに編集された曲をCD-Rに焼きたいです。

過去の質問
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2976127.html
を参考にしてソフトをインストールして編集しようとしましたが、

ソニーのSonicStage→編集できない形式と表示される
Audacity→なぜか0.3秒しか編集画面にとりこめない

と行き詰っています。
やっぱり有料ソフトでやるしかないでしょうか?
至急でお願いします。

Aベストアンサー

書き込み可能なドライブがなくて、ポータブルプレーヤーをおもちなら、編集後のファイルをMP3に変換すれば、聞くことができます。
その場合のお勧めはやはりフリーソフトの「午後のこーだ」です。
無料ソフトですが、これも定番ソフトのひとつで、お勧めです。

Qオクターブピッチって何ですか。

エレキベースを初めて半年の初心者です。
教えてください。
ギターやベース弦を張り替えたとき、よくオクターブピッチ(オクターブチューニング)が狂ったとか言うことを耳にしますが、そもそもオクターブピッチ(オクターブチューニング)って何ですか。
狂うとどのような症状になるのでしょうか。
狂ったかどうかはどのように判断するのでしょうか。
また、狂ったときはどのように直せばよいのでしょうか。
暇なときで構わないので教えてください。

Aベストアンサー

オクターブチューニング事態の説明は前の方の通りです。
実音とハーモニクスのずれについては、
耳でも出来ますが、チューナーでも可能です。
12フレットでは1オクターブ高くなるのですが、
1オクターブ上はギターと同じチューニングになります。
ベースの4弦の1オクターブ上がギターの6弦、ベースの3弦の1オクターブ上がギターの5弦と同じ高さなので、
ギターのチューニングモードで行えます。(この場合ハーモニクスはなくても良くて、実音だけでも可能です。)
実音が高い場合はブリッジの駒を右に、低い場合は左に回して下さい。

Q100dB以上の大音量再生

今,実際に収録した打ち上げ花火の音を実際に花火大会で聞くような大音量で(ヘッドホン+ウーハー)で再生したいと考えています.実際の花火の音量は,700m付近で110dBというものが観測されています.これほどの大音量をオーディオ機器で音質を保ったまま再生というのは可能なのでしょうか?また,110dBという音量をヘッドホンを通して人に聞かせていいものなのでしょうか?ちなみに私は最高で95dBまで再生してみましたが,正直これくらいでも耳はツライです.

Aベストアンサー

オーディオ再生の大音量で、最も難しいのは超低域の大音量再生です。なぜならば、大口径であっても過酷な振幅変位量が要求されるためです。

花火の超低音をリアルに再生するために。10Hzを-3dB落ちで再生できるという性能を前提条件として、振幅変位量と音量の試算をしてみました。

> これほどの大音量をオーディオ機器で音質を保ったまま再生というのは可能なのでしょうか?

可能です(上記試算の結果)。ただしどんなオーディオでも可能なわけではなく、非常に高性能なオーディオが必要で、装置の性能を選びます。
ちなみにウチは10Hz -2dBという実測で大変ワイドレンジな再生はできていますが、残念ながら110dBはとても無理。104dB内外で振幅変位が許容限界に達するという試算になりました。

ちなみに、RMS 110dBは難聴寸前の大音量ですが、パルス性の瞬間的なピーク110dBはどうってことのない音量です(というか、質問者様が実際にナマでお聞きになっている花火の音そのものです)。

瞬間的ピークだけが凄いレベルなのであって、平均レベルという見方をすれば、大した音量ではありませんよ。もちろんヒト聴覚は、ピークレベルではなくて平均音量に比例するような聴覚刺激を受けます。現代音楽フルオケでのピークも平気でそのくらい行きますし、むしろ耳にはオーケストラの方がずっと、辛いかも。
ショスタコビッチやストラヴィンスキの本ナマは、耳から血が出そうなほどの大音量ですよ。

POPS系のように、常時平均音量の高い(しかもピークのつぶれている))音楽を110dBなどという大音量で聴きつづけると音質の悪さともあいまって確実に難聴になりますが、花火のピーク110dBならば大丈夫です。

オーディオ再生の大音量で、最も難しいのは超低域の大音量再生です。なぜならば、大口径であっても過酷な振幅変位量が要求されるためです。

花火の超低音をリアルに再生するために。10Hzを-3dB落ちで再生できるという性能を前提条件として、振幅変位量と音量の試算をしてみました。

> これほどの大音量をオーディオ機器で音質を保ったまま再生というのは可能なのでしょうか?

可能です(上記試算の結果)。ただしどんなオーディオでも可能なわけではなく、非常に高性能なオーディオが必要で、装置の性能...続きを読む

Qサッカーのtotoができるにあたって、水まわり商品のTOTOは何も言わ

サッカーのtotoができるにあたって、水まわり商品のTOTOは何も言わなかったのですか?

Aベストアンサー

使用許諾は関係ないと思います。

もともと、トトカルチョから取ったものですし
totoが賭博や籤、calcioが サッカーの意味を持っています。

表記も小文字ですし、発音もトトですから。
TOTOとしても文句は言えなかったのでは?

TOTOと社名変更したのは2007年です。
それまでは東洋陶器株式会社です。

Q26 dB(A) re. 20 µPa の意味

よくオーディオ機器の仕様で,
たとえばノイズフロアなどをあらわすときに
26 dB(A) re. 20 &micro;Pa
などと書いてありますが,この
(A) re. 20 &micro;Pa
とは何でしょうか?

Aベストアンサー

(A)はA特性の事で、騒音を測定する場合、人間の聴感に合わせて周波数特性を補正したものという意味です
これに対しC特性と言うものが有り、これは機械的にフラットな特性で測定する場合です(BはAとCの中間)

>20 &micro;Pa

文字化けしているのでしょうか?
意味不明です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報