ゴルフの楽しみ方のひとつに「オリンピック」があると聞きました。グリーン上に全員が乗った後、一番遠い人から金・銀・銅としてワンパットで入れればそれぞれに応じた得点がもらえるというものですよね。たとえば、合計得点に応じてビール1杯をごちそうするとしたとき、4人の合計点がそれぞれ3、7、10、16点だった場合、それぞれ何杯ずつ飲めることになるか、あるいごちそうすることになるか、どのように計算すればよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

簡単な計算方法をお教えします。



Aさん:3点
Bさん:7点
Cさん:10点
Dさん:16点
の場合は、以下のようになります。

Aさん:3点×3-(7+10+16)= -24点
Bさん:7点×3-(3+10+16)= -8点
Cさん:10点×3-(3+7+16)= +4点
Dさん:16点×3-(3+7+10)= +28点

まとめますと、

(本人の点数×他人の数)-(他人の点数合計)
となります。

今回の例では、
AさんはDさんに24杯おごる。
BさんはCさんに4杯、Dさんに4杯おごる、
てな感じでしょうか。
    • good
    • 36
この回答へのお礼

たいへんわかりやすい数式を教えていただき、ありがとうございます。もし3人でラウンドした場合は×2にすればよいのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/14 13:00

No.3のprimaniさんの方法の変形です。



Aさん:3点
Bさん:7点
Cさん:10点
Dさん:16点
の場合は、以下のようになります。

Aさん:3点×4-(3+7+10+16)= -24点
Bさん:7点×4-(3+7+10+16)= -8点
Cさん:10点×4-(3+7+10+16)= +4点
Dさん:16点×4-(3+7+10+16)= +28点

まとめると
(本人の点数×参加者数)-(全員の点数合計)
となります。
    • good
    • 40

#2です、追加質問に対しての答えです、グランドスラムというものはあまり聞いたことはありませんが、もともとオリンピック自体がオーケー

パットを無くしてパットを真剣に打たせる為に思いついた遊びだと思いますので、ちょうどオリンピックの時期ですし特別ルールということでもいいのでは?ゴルフとはとても人間性が出るスポーツですので確かに汚い人間もいると思います、賭けをしておもしろければまたやればいいしつまらなければやらなければいいだけのことです、エンジョイゴルフでいいじゃないですか・・・
    • good
    • 13
この回答へのお礼

なるほど、オリンピックにはそういう意味合いがあったのですね。計算方法もみなさんに教えて頂きましたので、次回は是非楽しんでこようと思います。

お礼日時:2004/08/14 13:09

marinetさん、今晩は。



>たとえば、合計得点に応じてビール1杯をごちそうするとしたとき、4人の合計点がそれぞれ3、7、10、16点だった場合、それぞれ何杯ずつ飲めることになるか、あるいごちそうすることになるか、どのように計算すればよいのでしょうか。

計算方法は#3さんのおっしゃるとおりです。「自分の獲得点数×3-(他の人の獲得点数合計)」で、自分の純粋なプラスマイナスの点数が分かります。ですからご質問の例の場合、16点を取った人は(16×3-(3+7+10)=28)となり、ビール28杯をただでゴチソウになれる訳です(ちょっと現実味がありませんよね)。

>ゴルフの楽しみ方のひとつに「オリンピック」があると聞きました。

余談になりますが良いですか?確かに「楽しみ」といえば間違いではないのかも知れませんが、小生はあまり好みません。というのは、というのは、ゴルフ本来の目標である「いかぬい少ない打数でラウンドするか」がどこか行ってしまうような気がするからです。
実際、小生も会社の上司たちとプライベートでラウンドした際にオリンピックをした事があります。でも、はっきり言ってつまらなかったです。偶然か実力か、はたまた狙ったのか分かりませんが、ある人は殆どのホールでグリーンそばからのアプローチが残っていました。穿った見方かも知れませんが、「わざと」グリーンオンを外したとも考えられます(実際、「何で?」と思うようなアプローチもありました)。
そこまでしてオリンピックで勝とうとする人とは、一緒にゴルフをしたいと思えません。marinetさんはどう思いますか?

小生の書き込みが何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

オリンピックをすることで、ゴルフでいいスコアを出すという本来の目的が失われるのであればそれはやめたほうがいいと思います。でも、もともとゴルフとはすべてスコアを自己申告する、お互いの信頼のもとに成立しているスポーツマンシップに基づいたスポーツですから、そのような人はほとんどいないと思いますし、逆にもしいたら、そんな人たちとはゴルフ自体一緒にできないと思います。私はまだ経験が浅いので、少しやってみて、他の人たちのやり方を勉強するつもりです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/14 13:07

計算では#1さんと同じですが私のところではノーズロがダイヤモンドで5点・金4点・銀3点・銅2点・鉄1点で計算します、全員にポイントのチャンスがあるほかエッジから大逆転のチャンスありという方法です、そして、最終合計ではなく得点できた人と出来なかった人を各ホールでプラスマイナスします。

(そのホールで銀の人一人だったら銀+3点で後はマイナス3点ずつ)そうしてつけていけば自分がどれくらいマイナスか分かりやすいのでマイナスがかさんでいる人がダイヤモンド狙いに回ったりして逆転を狙ったりして遊んでいます。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。今度ラウンドするときも、ノーズロでダイヤモンドという設定があるのだそうです。追加で質問なのですが、18ホールで金・銀・銅・鉄のすべてをゲットすると、グランドスラムなんてことになるのですか?その場合得点はどうなるのでしょう。

お礼日時:2004/08/13 22:38

御質問のオリンピックのスタイルが、私たちと少し違うので、こんな方法もあるのか、と思って頂ければ幸いです。



すなわち、自分の総得点だけをメモしておいて、他のプレーヤーとの差額だけを精算する形です。

たとえば、一点につき、チョコレート1枚とした時は、3点の人は、7点の人に対して4枚、10枚の人には7枚 ・・・ 全て 「払い」 ですね。

また、7点の人は3点の人から4枚もらいますが、逆に10点の人に3枚払い、16点の人に9枚払うわけです。

私たちは、こういう方法で楽しんでいます。 

ただ、得点に応じてビールをごちそうするという方法であれば、何点につきビールを一杯、という最初の決め事の内容によると思います。

たとえば、一点につきビール一杯、という決め事にした場合は、16点獲得した人は、合計28杯のビールを飲む事になりますので、ちょっと無理でしょうね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。実は一般的に言う「チョコレート」という言葉が思い浮かばなかったので、ビール1杯と例えたのですが、実際にはビールなんて賭けないと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/13 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそ

【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそうですか?】

昭和の東京オリンピックのときと平成の東京オリンピックで違うところってどんなところですか?

東京の地価も上がってるそうですしまた昭和バブルのようになりますかね?

みなさん否定的だとは思いますけど平成の東京オリンピックを契機にバブルに突入すると良いですね。

Aベストアンサー

甘すぎデス。
バブルに突入する訳がありません。
我が国の経済の現実、政府の「小手先政策」を真面目に見据えれば、一目瞭然。
ナナミさんも、目を覚まして平成の東京オリンピックの浅はかさを見つめて下さい。
『フクシマ』の、現状を胸を張って全世界に見せることが出来ますか・・・・・・・・!?

QパットのOKは、スコアに1パット打数を含めますか。

ゴルフをはじめて約1年の初心者です。

1つ疑問があります。
パットで、カップのワングリップ近くまで寄るとOKになりますが(カップイン)
この場合は、スコアは、一打含めるのでしょうか。
又、パット数も含めますか。いつも疑問です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば、Par3のホールでティーショットがホールの30cmに寄りました。
そのとき、OKといわれたときにOKパットを計算に入れなかった場合は
ホールインワンということになります。

おかしいですよね?

プライベートのコンペなどではOKパットはありですが
競技会などではありえませんので充分お気を付けください。

一応参考までに、

ゴルフ規則3-2 ホールアウトの不履行
 ホールアウトしなかったホールがあり、その誤りを競技者が次のティーインググラウンドから
ストロークをする前に(ラウンドの最終ホールでは、そのパッティンググリーンを離れる前に)訂正しなかったときは、
その競技者は競技失格となる。
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch300/ch300_rule03.html#3-2
です。

参考URL:http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch300/ch300_rule03.html#3-2

Q映画「東京オリンピック」はなぜヒットしたのでしょうか

映画「東京オリンピック」はなぜヒットしたのでしょうか

市川崑監督の「東京オリンピック」という映画は、東京オリンピックが開催された翌年(1965年)に公開されて、なぜ大ヒットしたのでしょうか。

Aベストアンサー

観客動員数が多かったのは,
映画館のみならず,
全国の学校や公民館などで上映会が行なわれたことが
大きな要因となっていることは確かでしょう。
ただ,それ以外にも人々を引きつけた理由があると思います。

私の記憶の中の東京オリンピックでは
真っ赤なブレザーを着た日本選手団が
大歓声に迎えられて国立競技場を行進していました。
ところがよく考えると,
小学生の私がオリンピックの放映を観ていたとき,
家のテレビはまだ白黒でした。
真っ赤なブレザーの記憶がリアルタイムのものではなく,
映画『東京オリンピック』に由来するものであると
気づいたのは大人になってからのことです。

1964年当時,
テレビの世帯普及率は90%近くにまで達しており,
国民は自宅の茶の間で手に汗握って観戦したのですが,
その大半は白黒テレビだったのです。
カラー放送は行なわれましたが,
カラーテレビの世帯普及率は1%未満で,
リアルタイムでそれを楽しむことができたのは
ひと握りの人たちでした。

そんな背景の下,
まだ大衆娯楽の殿堂だった映画館で,
あるいは近所の学校や公民館の講堂で,
天然色(!)のワイドスクリーンを前にして
前年の熱狂を思い起こしながら観客は手に汗握ったのです。

超望遠レンズやハイスピードカメラを駆使し,
説明を極力排した演出は記録映画の概念を超越していました。
その後のスポーツドキュメンタリーに
大きな影響を与えたとも言われています。
ただ,当時の観客がその芸術的価値を認めたから
ヒットしたというのは事実ではないと思います。

観客動員数が多かったのは,
映画館のみならず,
全国の学校や公民館などで上映会が行なわれたことが
大きな要因となっていることは確かでしょう。
ただ,それ以外にも人々を引きつけた理由があると思います。

私の記憶の中の東京オリンピックでは
真っ赤なブレザーを着た日本選手団が
大歓声に迎えられて国立競技場を行進していました。
ところがよく考えると,
小学生の私がオリンピックの放映を観ていたとき,
家のテレビはまだ白黒でした。
真っ赤なブレザーの記憶がリアルタイムのものではなく,
映画『東京...続きを読む

Qパットのスタンス

お先に でパットをする場合、他の人のラインを跨いでスタンスしても良いのでしょうか?
ゴルフ規則では、罰はないが踏んだり跨いではいけないとありますが、プロのトーナメントでは
時々見かけます。

Aベストアンサー

規則そのままかと。

16-1 e パットの線を跨いだり踏んで立つ
パッティンググリーン上では、プレーヤーはパットの線やその後方延長線を跨いだり踏むようなスタンスでストロークをしてはならない。

のことですね。加えて例外が、規定されています。

例外:パットの線(またはその後方延長線)の上やそれを跨いでのスタンスが不注意によりとられた場合や、他のプレーヤーのパットの線、あるいは予想されるパットの線上に立つことを避けるためにとられた場合は罰はない。

ですから、プロのトーナメントにかぎらず、アマチュアの試合でも、公式戦でも同じ。通常にスタンスをとるとラインを踏んでしまう。そこでラインを踏まないようにするために、跨ぐ場合は例外になり、問題ありません。

Q東京オリンピックの反対意見とその他

東京オリンピックは反対です。
人が溢れかえっていて、そんなところでオリンピックなんてされては社会生活が余計苦しくなるからです。

その話をしたのですが、自分が東京オリンピックを嫌がる理由はそれ一点だけだということが分かりました。

皆さんは東京オリンピック反対ですか?賛成ですか?
理由つきで色々な参考意見を教えてください。

Aベストアンサー

東京オリンピックに反対です

地方住みな私が東京に対して意見しますが最大の理由としては、石原都知事の単なる人気取り政策が見え見えだから
余りに莫大な費用に対して経済効果が見合いません
既に投入されてる費用も莫大です
都負担の赤字は出ないと都知事は言いますが、これ実は国に穴埋めさせるからなんです
何故東京の費用を国が埋めなければならないのか理解に苦しみますし、東京オリンピックは日本全体に対する効用はありません
昔の東京オリンピックに際して高速道路や新幹線の優先整備を受けながら、いざ今の時代に地方が交通インフラの整備を唱えると「鹿や猿が通る道はいらない」なんていう都知事です
また同じ事を繰り返すのか?
日本は東京だけで成立しているわけではありません
今改めて東京オリンピックをやらねばならない国家的理由はありません(だから日本国としての誘致はしていません)し、費用を国に泣きついて地方の納税者が納税した国費を東京の為に使用する理由は?オリンピック観光客が地方にもガンガン来てくれるなんて譫言は通じません

他にも設備問題や各国首脳の保安問題や選手村へのテロ対策などもまともにクリアはできません
質問者さんの言うように社会生活を制限せねばならない状況は容易に想像がつきます

多少脱線しますが、石原都知事は新都銀問題やディーゼル車問題など政治家として資質を疑わねばならぬ人材にも関わらず、何故東京都民は彼を都知事に選ぶのか不思議でなりません

東京オリンピックに反対です

地方住みな私が東京に対して意見しますが最大の理由としては、石原都知事の単なる人気取り政策が見え見えだから
余りに莫大な費用に対して経済効果が見合いません
既に投入されてる費用も莫大です
都負担の赤字は出ないと都知事は言いますが、これ実は国に穴埋めさせるからなんです
何故東京の費用を国が埋めなければならないのか理解に苦しみますし、東京オリンピックは日本全体に対する効用はありません
昔の東京オリンピックに際して高速道路や新幹線の優先整備を受けながら、いざ...続きを読む

Qパット練習

家の中でパット練習している方、多いと思いますが、家庭で「長い距離(できれば10Yは)」克服するための良い練習方法はありますか?コースに出る機会も少なく、グリーンのある練習場も近くになく苦戦してます。パットの課題は山積みですが、せめて距離感でもと思ってます。ご意見いただければ幸いです。

Aベストアンサー

「大きい家に住んで長いパターマット買う」では答えにならないと思いますので、私自身のおすすめ練習を紹介します。 (1)カップのところが盛り上がってない、まっ平らなパターマットを用意する。長さは2mくらいで十分。(2)弱めにパットして最後の1転がりで「コトン」と入るように打つ。(3) これを10球連続して入るまで続ける。
全然、ロングパットの距離感の練習になってない!と思われるかもしれません。ですが、実はコースに出ると「2mのまっすぐなラインを確実に沈められる」ことが一番スコアに直結するのです。そしてロングパットは実践中に他人が打っているのを今までより集中して観察して下さい。「他人の振りの強さ」「ライン」「芝目」「傾斜」などの情報をできるだけ読み取って自分のパットに反映させます。先ほどの練習を積んだ後であれば、不思議と距離感が合ってくるはずです。試してみてください。
あとパターによってフェース面が硬いもの(ピンなど)と柔らかいもの(オデッセイなど)があるので、これはお店で試打して好きな方を選んだほうが良いでしょう。

Q東京オリンピック誘致のメリットは何?

関西在住です。

東京オリンピック誘致をするくらいなら、そのお金とエネルギーを東北復興に使うべきだと思うのですが、国会等ではあまり東京オリンピック誘致反対の意見を聞きません。

どうしてもオリンピック誘致をするなら、東北地方でやって、公共施設整備とリンクさせるべきだと思います。

そこで素朴な疑問なのですが、どうしてこの時期に東京にオリンピック誘致をするのか、またその狙いとメリットは何なのでしょうか。

Aベストアンサー

> 国力とエネルギーの無駄遣いだという立場です。

「費用 対 効果」でマイナスの場合は「無駄使い」で、開催国にとっては大失敗オリンピックになってしまいますが・・実際はプラスです。


> 今さら海外に「一流国の証」を立てて、何の意味があるのでしょうか。

アジア経済が発展する中、これまでアジアの雄であった日本経済は停滞し、取り残されています。
即ち、世界の投資・投棄は「目指せアジア」であっても、「脱日本」です。

そう言うトレンドの中では、「今さら」と言うよりは、「今こそ」と言う捉え方も可能で、日本を世界に再アピールするには、オリンピックと言う舞台は非常に有効な手段の一つと言えるとは思います。


> 一時的な経済効果より、インフラ整備などもっと堅実に内側の整備をはかるべきだと思います。

オリンピックに向けたインフラ整備は、そのまま国内資産となりますよ。
先の東京オリンピックにおける新幹線や首都高などが、その例です。

首都高の老朽化等が深刻化していますが、日本の首都が刷新する大チャンスでもあります。


> 東北復興もその一環です。

東北については、震災の爪痕が残る中、復興が優先される状況です。
架設住宅や避難世帯が存在する状況で、オリンピック開催など、まあ有り得ないでしょう。

数年後に冬季五輪開催を目指すくらいが現実的では?と思われますが・・。


> 周辺国を見た安全保障面の充実(海保・自衛隊・情報機関の整備など)や科学技術の研究費(特に新エネルギー技術)・少子高齢化対策に予算等を充てるべきだと思います。

世界の注目を日本に集めることで、安全保障面にもプラス影響は生じます。

また五輪開催の効果は、基本的には国威発揚ですから、少子化等への多少の寄与も期待されるのでは?と思います。

五輪開催に向けた準備や、五輪の経済効果で、科学技術への寄与もあるでしょうし、部分的には「五輪開催まで」と言う期限付きで、飛躍的に進む部分もあるかと。

既述のインフラが進む部分などと併せ、一つの行事で、多数の副次的な効果が期待されるものは、そうそうはありません。

各国が五輪を招致するのは、政策としてもメリットが大であるからに他ならず、さもなきゃ五輪など招致したがる国など存在しませんので・・・疾くの昔に廃れていますよ。

メディアなどが、五輪開催後に廃れた部分などを拾い上げ、面白おかしく報道しているだけで、総論的にはメリットが大であり、上手くやれば絶大にも出来ますよ。

> 国力とエネルギーの無駄遣いだという立場です。

「費用 対 効果」でマイナスの場合は「無駄使い」で、開催国にとっては大失敗オリンピックになってしまいますが・・実際はプラスです。


> 今さら海外に「一流国の証」を立てて、何の意味があるのでしょうか。

アジア経済が発展する中、これまでアジアの雄であった日本経済は停滞し、取り残されています。
即ち、世界の投資・投棄は「目指せアジア」であっても、「脱日本」です。

そう言うトレンドの中では、「今さら」と言うよりは、「今こそ」と言う捉え方...続きを読む

Qアプローチもパットも常にショート

アプローチもパットも大抵ショートします。
手前から、と言う意識が強いのかどうか。
思いきって打つと、すごくオーバーしそうです。

打開のためのヒントがあれば教えてください。

Aベストアンサー

アプローチのショートとパターのショートは根本的に違います。
アプローチのショートを直すの簡単です。

ひょっとしてピンまでを見て、「このくらい!!」って打ってませんか?
パターもアプローチも同じような感覚で打ってるでしょ?

アプローチのチョーとは単純に落としどころをピンに近づければいいだけです。
そもそもピンまでの距離を打とうと思ってるプロなんかいませんよ!
ほとんどのプロは落としどころしか見ていません。

もちろん、その落としどころはピンとボールまでの間隔を見て判断します。
まず、トータルでどのくらいあるのか、ボールからグリーンエッジまで
エッジからピンまでを見ます。
グリーンは上りなのか下りなのか、曲がるのかを次に見ます。
そして、ボールのライはどうなのか、逆目のきつい長いラフとフェアウェーでは
全然違いますからその辺を見ます。
スタンスは?左上がり、左下がり、前上がり前下がり、その辺も考慮します。

そして、
ボールのあるところから52でここに落とせばよい!
あるいはPであそこに落とせば入る!
などと答えが出ます。
そしてそこに落とすように打てばいいだけです。
これは練習すれば体得できます。
そこに落とせば自動的にピンに寄るか入るかします。

月1ゴルファーだとなかなか落としどころを決めるのに不安や
勘違いがあるでしょうけどそれは仕方ありません。
この落としどころ見つけるのは
経験しかありません。
落としどころを間違ってもいいからここ!という場所を見つけて
そこに打っていくことをして見ましょう。
それでショートするなら落としどころが間違っていたというだけの話です。

落としどころにショートしてしまうのなら
あなたの感覚とボールの飛びが合ってませんから
練習でつかむようにすればいいはずです。

この感覚をつかむのは結構簡単で
右手一本でウェッジを持ってフェースを上に向け
ボールをとんとんその上で弾ませると
手元ではじく時の感覚を覚えますから
わずか10cmくらいしかボールが上がらずトントンつくだけですが
これを暇な時やるようにしていると
少なくとも30ヤードくらいは
このくらい打ったらあそこに行く!というのが感覚として備わります。

野球やったことありますかね?
ノック練習がありますよね。
あれって
ノッカーがたとえばサード!とか言ってサードに軽いゴロ打つでしょ?
思いっきりゴロ打ったんじゃサードは近く守っているから
取れなかったり、実戦でもサードはボテボテが多いので
そういうノックをします。

ショートだと強めのゴロ出して、しかもショートを横に走らせてぎりぎり取れるくらいの
ゴロを打ちます。
ショートが横に走って取れるくらいの強さと方向性が必要です。
走らせてぎりぎり、という「強さ」で打っていきます。

そして「おーいセンター!!」といって
ちゃーんとセンターが捕れるくらいのフライを打ちます。
これも強さは感というかバットとボールの反発を体が覚えていて
ぱっと見るだけでそこまで打っていきます。

センターを走らせて取らせる時もぎりぎり取れるくらいの球を打っていきます。
なんの計算もしないけどあの辺にこのくらいの高さで強さはこのくらいで打てば
いい、と直感で打ちます。

あの人たち(私主もできますが)はどのくらいの強さでで振るとボールはどこまで飛ぶんだろう?
なんて練習なんかしたことありません。
野球の実戦の中からつかんで体得したものです。

ピッチャーにライナーでポーンと返せますし
軽いフライを打ち上げてピッチャーにも返せます。

バットでできるものがゴルフクラブでできないわけがありません。
いつもウェッジを持ってボールをこんこんやってると自然と
身についてしまいます。

私はもう年齢もいってますし、ドライバーの飛距離など220がやっとです。
超ナイスショットしても230行きません。
バックティーなどでやるとパーオンできるのはショートで一つか二つ
ロングで二つくらいです。
ミドルホールは皆無といっていいほどパーオンしません。
でも! オフィシャルハンディは片手3本でたります。

これはアプローチのおかげです。
400ヤード越えるミドルホールなど最初からドライバーなどで打ちません。4ユーティリティー
あたりでとりあえずフェアウェーに、そして2打めも欲張らず同じクラブで
ぱっこーんとグリーン手前数十ヤードのフェアウェーに落としておきます。
さーそこから30~70のアプローチ!
ここがゴルフの醍醐味!
ここまでくれば入れにかかります。
落としどころを探して、サンドウェッジ(58度)でべたピンに!
はい、パー!
たまたまよらず入らずでもボギーです。

素人ですから一日5個や6個のボギーは仕方ありません。

410としても180、180 50で3オンします。
50ヤードをピン半分につければパーのチャンスは激増します。

では380ヤード、
ドライバーで210、170をシングルとはいえそう簡単には乗りません。
一応5アイアンで狙っていきますがほぼ確実に外れます。
でももうグリーン周りまで着てますから
そこまでくれば1m以内に寄せられる腕はあります。
ましてそこまで近くなれば一日一回は外からガシャン!があります。

私もアプローチの練習は落としどころに打つ!ということしかしません。
10ヤードはグリップがここ、30ヤードはここ。50ヤードは・・・。
などという数字とふり幅を練習したこともありません。
あくまで
見た目であそこならこんなもん!で打っていきますし
そういう練習だけです。

練習場でウェッジ(52でも58でもPでもいいですから)で
あそこ!と思ったらそこに打つ練習をします。
ボールがいっぱい転がっていますからそのボールを目標にして打つのもいいでしょう。

数字とふり幅を練習している人でアプローチがうまい人を私は見たことがありません。
(でもまぁグリーンには乗るくらいまでは上達してるようですが)

とにかく落としどころを見つけるのが先決、
そこに打てさえすれば確実によりますから大きくショートすることはありません。

またアップローチのショートは許せる範囲です。
万度オーバーする人よりショートする人のほうがスコアはいいはずです。
たいてい下からアプローチすることになりますので
上りラインを残すという意味ではショートも得策です。

さて、パットのショートはいただけません。
パットのショートの原因は只一つ!
「大事にいきすぎ!」それだけです。
第一パットなんて適当に打てば寄っちゃうのに
大事にいくからショートするんです。

第一パット(ロングパット)をきっちりラインにフェースをあわせて、このラインに打ち出す!
入ってくれ!
なんてボールを凝視してるからショートします。

わたしもちろんフェースをラインには合わせますが
なんとなくざっくりあわせるだけです。
3mを越えたらどんなにまっすぐなラインでも
プロのトーナメントでもない限りたいていのゴルフ場は
まっすぐがまっすぐ転がらなかったり、
そもそもそう簡単にまっすぐなんて打てません。

フェースをきっちりあわせて打っての入る確率と
ザックリ構えて打って入る確率とほぼ同じです。
どの道右に左にぶれますから
ざっくりだとそのブレが功を奏します。
きっちり構えるとそのきっちり通り打ってはじめて入ります。
同じでしょ?
ましてきっちり神経質に構えて打つとほぼ確実にショートします。
打つことを忘れてしまいますからね。

しかもボールなんか見ていません。
ボールを見ようとするから打ったあとまで見ようとして頭が
カップのほう見ちゃうんですよするとかたや上体までカップ方向に向いちゃう。
ボールは目にははいていますが意識しては見ていません。
なんとなくボーっとボールが視界に入っている、という状態です。
打ったあともボールがそこからなくなったのを確認してから
顔をカップ方向に回します。

そしてショートパット、
これは強めに!という人がいますが明らかに間違いです。
ショートパットはジャストタッチで!が正解。
もちろんショートはいけませんが基本的には10cmオーバーで
打ちます。

強めに打ちたいとお思いになってらっしゃるようですが
強めにむこうの壁にぶつけて、なんて絶対やっちゃダメです。

ジャストタッチならカップの幅を100パーセント使えます。
カップの幅108ミリですからその108ミリの中にボールの中心線を入れれば
入ります。
強めになるにしたがってそれが90パーセントになり
80パーセントになります。
向こうの壁にぶつけて、なんていうと40パーセントを切ります。
カップの幅が108ミリですから
ボールの中心を43ミリの中に入れなければ入りません。

間違いなく難しくなるわけです。
当然カップインの確率は下がります。
なのでショートパットはショートしないジャストタッチが正解です。


なので、ロングパットはいい加減に、
ショートパットはジャストタッチで。

ロングパトの距離感は朝の練習で適当に。
ショートパットは短いのですから距離感は朝の練習で割りと簡単に
覚えられます。

それからショートパットは目よりも手の感覚で方向を合わせたほうが正確です。
目で1mのショートパットでのフェースの向きをあわせると
神経が目にいってますから、打つ瞬間思わぬ力(微妙ですが、人差し指にちょっと力が入って引っ掛けたり)がはいって失敗します。
手で方向を感じているとそのままきれいに打ち出せます。

アプローチのショートとパターのショートは根本的に違います。
アプローチのショートを直すの簡単です。

ひょっとしてピンまでを見て、「このくらい!!」って打ってませんか?
パターもアプローチも同じような感覚で打ってるでしょ?

アプローチのチョーとは単純に落としどころをピンに近づければいいだけです。
そもそもピンまでの距離を打とうと思ってるプロなんかいませんよ!
ほとんどのプロは落としどころしか見ていません。

もちろん、その落としどころはピンとボールまでの間隔を見て判断します。
まず...続きを読む

Q東京オリンピックではゆるキャラがパレードするのか

2020年のオリンピックに東京が当選した場合は、
その東京オリンピックの開会式では全国のゆるキャラがパレードするのでしょうか。

Aベストアンサー

東京開催がまだ決定もしていない中、開会式の青写真さえ決まっていないでしょう。
もし、東京開催が決まったとしてもゆるキャラのパレードは無いでしょうね。
昨今の開会式はエンターテイメント性や芸術性が大きいですから、脱力感のあるゆるキャラは逆に面白いかも知れませんが、オリンピックの威厳と言う意味で世界は苦笑し、場合によっては批判されるかも知れません。
そうなれば、そこだけがクローズアップされて東京大会は恥曝し大会と言うレッテルを貼られるかも知れませんし。
それに批判したいだろう国々が直ぐ近くにありますしね。

Qロングパット

ゴルフを始めて10年ちょっと、(31歳男・HC8)少しづつ上達してきたかなと思います。
しかしパター(パッティング)が余りにも下手なのです。特にロングパットが・・・。5~6mもあれば大体は3パット、10m近くあれば100%と言っていいほど3パット以上してしまい、1ラウンドで6~7回は3パットしてしまいます。
特にここ最近はひどく、ショット数よりパット数の方が多いほど重症なのです。ゴルフを始めた時からあまりパター(パッティング)の練習をしてこなかったからとは思うのですが・・・。
そこでゴルフに自信のある方、パター(パッティング)に自信のある方、是非ロングパットの距離の合わせ方を教えてください!
(ちなみに自身のパッティングの癖でスムーズなストロークができず、インパクトの瞬間にパンチを入れてしまいます)

Aベストアンサー

まず、距離感の問題ですね
>インパクトの瞬間にパンチを入れてしまう
のが最悪の原因かと思います
なぜパンチを入れるようになったのでしょうか?
多分、パットがショートばかりしていたからではないかと推測するのですが
パターマットを購入して(すでにあるのかな?)
1.5-2メートルの距離をボールを転がす感じで
20センチ以内に止められるよう必死に練習して下し
距離感は自分で作る他ありません
私が実践した練習法は上記のパターマットによる距離訓練と
転がしを感覚的に掴む為にわざとフェースをオープンにして
ボールを上から包み込むようにしてフェースを返し
ボールが転がる感じを出す事に慣れました
(絶対にしたから打ち上げるようにしないで下さいね)
パターフェイスの動きが変わればしめたものです

あと、時間があればパットの練習に使ってボールの感覚に
親しんでください
ボールはそれだけ付き合えばあなたを見捨てないと思います

頑張ってくださいね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報