最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

私の友人は3代続いた江戸っ子です。
彼女自身は「ひ」と「し」の発音は区別できるのですが、
彼女のお父さんは区別ができません。
「ひがし」が「しがし」となってしまうのです。
話を聞くと、その上の代、つまり彼女のおじいさんの世代も
「ひ」と「し」の発音が区別できなかったそうです。
世代(時代)の問題なのか、はたまた遺伝の問題なのか?

言語学的にどうなのか、また江戸っ子の生態に詳しい方、
ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

あまり関係ないのですが



「七」に関しては関西でも「ひち」と読むそうですので、もしかしたら江戸っ子以外にもあるかも・・・
    • good
    • 33

私は江戸っ子でなく二、三代は関東在住ですが「ひ」と「し」が混乱している言葉がありました。



布団を敷く(ひく)
人(しと)
七(ひち)

などと言っていました。
たまたま大人になって気付いたものは直しましたが、

海外旅行で知り合った関西人に「人(しと)」という言葉を使ったところ、「江戸っ子ですか?」
と聞かれたときは、人と書いて(ヒト)と振り仮名を振って(シト)と読むのは全国共通で、関西人だけ違うだろうに、まったく関西人は自分達が標準だと思っている、とさえ思いました。

その後注意して周りを聞いてみると、皆「ヒト」と発音しているではないですか。大学生の頃の出来事でした。

私の場合、「ひ」と「し」の違いは分かりますが、単語単語で混ざっています。今でも間違っているものはあるのでしょう。習慣化してしまったものは、他人が「ヒト」と発音しても「シト」と脳内変換してしまっているのです。

最近は、敷物(これはシキモノと言っていた)はひくのでなく、しくのだと強く意識するあまり、ピアノをしく、車にしかれる、とか言ってしまうこともあり、混乱している自分がおります。

大人になってから気付いたものは、毎日「布団を敷く」という言葉を発するとき、必ず意識して(どっちだっけ)と考えてからになってます。

祖母は、山形出身でしたが、いつも「お昼(おしる)」食べなさいと言っていました。

祖母も「お昼」と書いて(おひる)と振り仮名を振って(おしる)と発音する、と思っていたのではないかと推測します。
    • good
    • 11

早口で喋れば誰だって「ひ」と「し」はときに紛らわしく聞こえるものです。

おそらく、敢えて過度にそういう喋り方をする事で「自分は生粋の江戸っ子である」事をアピールしている側面が多分にあると思います。実際には「ひ」をきちんと発音しようと思えば出来ると思います。
    • good
    • 8

浅田次郎さんの本に、そんなことが良く書いてあったと思います。


たとえば、『朝日新聞』を『アサシシンブン』というのはニセモノの江戸っ子で、『シ』が重なったら、、『アサッシンブン」と、詰まって発音するのが正しいそうな。
    • good
    • 7

ずばり、ズーズー弁のなごりです。



奈良時代は関東全域でズーズーと(?)しゃべっていました。
口の開け具合がゆるゆるでしゃべることが多く、
「う」の発音も、上方ではしっかりとuの口をするのですが、
東ではw(←uを2つくっつけたような発音記号です)の口です。

標準語は上方式のuで発音するようになっていますが、
東京以外の関東では、まだまだwでしゃべっていることが多いでしょう。

「ひ」と「し」の違いも、
上方では[hi]声門摩擦音、東では[ci]硬口蓋歯茎摩擦音で、
異なっています。

奈良時代には、上方でハ行はファに近い発音でした。
現在の発音も、1000年2000年という単位で変わっているのです。
京と江戸の言葉の違いは、だいたい1000年ほど違っていると考えられます。
1000年前に京で生まれた言葉が、いまの江戸で使われているのです。
文化的に京から遠かった島根県の出雲では、
東日本と同じ「いる」「だ」「ずーずー」を話す、
山陰のズーズー弁とも言われます。


つまり、東日本の特色とも言えるしゃべり方は、
古い日本のしゃべり方なのです。
交通機関もなかった頃は、周りの人のしゃべる言葉を聞いて人は成長しますので、
方言色が強かったのでしょう。
遺伝と言うよりは、風習、文化、癖だと思います。
上方の人は、口をはっきりと開けてしゃべりますけど、
東の人はあまり開けていないでしょ?
    • good
    • 5

江戸っ子の生態に関連して


私の祖父は下町それも本当の下町=日本橋でしたので、ヒとシは混同しっぱなし、私は祖父母にそだてられましたおかげで私も大人になってもヒとシを混同していた言葉もいくつかあります(布団を敷くを布団を引くと思っていました)。また私の高校(下町の高校)時代のクラスメートにも全く区別できない男もいました。本当に区別できない人の発音を思い起こしてみると、シとヒはほぼ同じ発音であると思います。私の場合、はなす聞くともきちんと区別できますが、他の地方の人よりはシとヒの発音がにかよっているように感じます。
    • good
    • 5

No.4の回答にあるように、は行の頭子音は p >φ >hと変化したと見られています。

つまり唇の破裂音から唇の摩擦音、さらに弱くなって唇もつかわない摩擦音へと変化しています。最後のhになった段階で、ヒとフは地方によって違いがあるようです。東京方言ないし共通語ではヒはドイツ語のichのch、発音記号ではcの下に,がついたフランス語のcセディックという字であらされる発音にちかい音に東京・共通語ではなります(hiという地域もあるとおもいます)これはk(破裂音)の同じ発音位置での摩擦音(tに対するsの関係)の口蓋化(sに対する英語のshの関係が口蓋化)した音です。これとシ、ヘボン式でshiと表記されるようにこの子音はsの口蓋化した音です。この2つが近い発音であることがヒとシを混同する原因でしょう。(内容を省略していますので、必要ならメールください)
    • good
    • 2

日本人は日本語にない外国語の発音が苦手だったりしますよね。


例えばrとかthとかfとかドイツ語のウムラウトとか。
ネイティブの人の口の動きを見るとか、こうするんだよ、という
指導を受けなければできないものなのでは?と思います。

で、周囲の人が「ひ」と「し」の発音の区別をつけない環境に
いれば、自分も「ひ」と「し」の発音の区別をつけるという
発想がないので、しょうがないのでは?と思います。

まあ、下の皆さんがおっしゃっているように、今ではTVの
おかげで標準語が入ってくるとは思いますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

区別をつける環境ではその区別が身に付き、
区別をつけない環境では当然区別がつかないようになる。

やっぱり環境って大事なんですね。

英語の発音がなかなかうまくいかないのと一緒、
というのはとてもよく実感できます。

お礼日時:2001/06/28 11:26

発音は時代と共に変ってきています。

方言には昔の音が残っているわけです。そのよい証拠が五十音図です。五十音といいますが現代人は五十音は発音出来ません。区別できなくなってしまった音は:
おとを
いとゐ
えとゑ
及び現代の五十音図では文字が一緒になっているヤ行のいとえワ行のうがあり、
これらを差し引くと五十音図の音は45になってしまいます。
九州北部でサ行をシャ行として発音するのは中世の音が温存されているからです。
他にもハ行の音は400年ぐらい前まではファ行でした。さらに500年溯るとパ行の
音だったというのはよく知られる例です。

ハハ(母)→ファファ→パパ
織田信長はたぶんファファウエ(母上)といい聖徳太子はパパウエ(母上)と言っていたと思われます。

関東の一部地域とNHKが保存に努めてきた鼻濁音のガも消え去る運命にあります。
NHKのアナウンサーで常にガを鼻濁音として正しく発音している人は少なくなったような気がします。(私は発音出来ません)

江戸弁のシとヒのような例が外国にもあります。スペイン語とポルトガル語は大変似た姉妹語ですが、次のようなHとFの入れ替わりがみられます。

鉄  hierro(ス) ferro(ポ)
傷つける herir(ス)ferir(ポ)
話す  hablar(ス) falar(ポ)

日本語同様、エフ(F)が古い音です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ハ行の話は知りませんでした!
大変勉強になります。
パパウエか・・・なんだかまぬけに聞こえますね(笑)。
鼻濁音の「が」は、その昔、発音教室に通ったときに、
教えられた覚えがあります。
でも日常生活では特に気にしていませんね。

ちなみに五十音図が今の状態になったのはいつのことでしょう?
戦後でしょうか?
「いろは」から「あいうえお」になったのは、
明治以降でしょうか?

お礼日時:2001/06/28 11:23

 picklesjamさん、こんにちは。


 
 江戸っ子が「ひ」と「し」の区別を苦手とするのは、遺伝的なものとかではなくて、地域的なものです。私も5代続く江戸っ子で、私は「ひ」と「し」の区別がつきますが、わたしの父(50代後半)の世代になると、「ひるめし」が「しるめし」になったり、「ひこうき」が「しこうき」になったりします。それを周りでからかうと混乱するようで、本来「し」で発音しなければならない語を「ひ」で発音してしまうような現象も見られます。「質屋(しちや)」が「ひちや」になったり。
 これは本来日本語において「ひ」と「し」の発音が、発音の方法や音声的に極めて近いものとして認識されてきたという結果によるものです。逆に大阪や名古屋などでは「し」と発音するべきものを「ひ」と発音する傾向が年配層の方々の間で見られます。
 このような現象は様々な言語で確認できます。韓国人や広東人は「N」と「L」の区別が極めて曖昧だったりします。広東語で「あなた、君」を表わす「Nei」という語を「Lei」と発音する広東人が多くいます。
 小さな頃から慣れ親しんできた音を矯正するのは極めて困難なことです。私達が外国語を勉強しても意識せずにいるとどうしても日本語風の発音になってしまうように。日常生活に支障がない「音の入れ替わり」はひとつの文化です。
 では、失礼いたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そういえば「ひ」「し」はローマ字で書くと、
「hi」「shi」。
どちらもベースの音は同じなんですね。

曖昧な発音もひとつの文化、と考えると、
言葉って奥深いものだな~と実感。
標準語の「標準」ってどういう意味なんだろう?
とも思います。

お礼日時:2001/06/28 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「き」と「ち」 「し」と「ひ」の発音の違い

この言葉の発音の違いが分からないのです。
何度「き」と「ち」は違うよ、「し」と「ひ」の発音もごっちゃになってるよ、と注意されてもどれだけ聞いても違いが分からないのです。
違いが分からないのだからもちろん正しく発音できるわけもなく陰で笑われて恥ずかしい思いをしています。
私の聴力は正常、とは言えないのですが高音が聞こえづらいだけで普通の高さの音は正常な人と同じに聞こえてます。日常生活にはほとんど影響はありません。

また、今は矯正して直したのですが小学5年生の頃まで歯のかみ合わせが上下逆になっていてこのため、他の言葉も含めて全体的に発音がおかしかったようです。

何が原因なのかわからないのですがとにかく発音の違いが聞きとれないのです。
一般に人から聞いても「き」と「ち」、「ひ」と「し」の違いは分かりにくいものなのでしょうか?
人の反応からして「き」と「し」は何とか正しく発音できているようです。

このような問題を抱えている人は他にもいらっしゃるのでしょうか?
正しく発音できる方法などがあれば教えてください。
人前で話すのがとても苦痛なのです。

この言葉の発音の違いが分からないのです。
何度「き」と「ち」は違うよ、「し」と「ひ」の発音もごっちゃになってるよ、と注意されてもどれだけ聞いても違いが分からないのです。
違いが分からないのだからもちろん正しく発音できるわけもなく陰で笑われて恥ずかしい思いをしています。
私の聴力は正常、とは言えないのですが高音が聞こえづらいだけで普通の高さの音は正常な人と同じに聞こえてます。日常生活にはほとんど影響はありません。

また、今は矯正して直したのですが小学5年生の頃まで歯のかみ合...続きを読む

Aベストアンサー

確かに高音部が聴きづらいと,「き・ち」「し・ひ」の違いは判りづらいですね。
普通の聴力をお持ちの方でしたら両耳を塞いだ状態でそれぞれを発音すると,
menuetoさんの気持ちが(少しは)わかるかと思います。

さて,「ひ・し」をそれぞれローマ字になおせば,
「hi・si」になります。menuetoさんの場合,
(あくまでも仮定ですが)歯のかみ合わせの強制を受けていたことを考慮に入れると,
「h」の音と「s」の音が同じように聞こえる原因としては,
「h」の音を出すために必要な,のどから音ではなく,下の方の指摘のとおり,
「s」の音を出すために必要な,舌を歯につけて音を消すことが難しいかと思います。
同様に,「き・ち」(ki・ti)の場合も,
「t」の音を出すのに必要な舌を歯につけて音を消すことが難しいかと思われます。

k,sは「歯音・歯茎音」と呼ばれ,歯・歯茎と舌を擦らせて音を出します。
k,sの音を発音するときは,意識的に歯・歯茎を舌と擦らせて発音する練習をすれば,
ある程度は向上するかと思います。

また,「きちゅう(忌中)」と「ちきゅう(地球)」など,
アクセントの違いで意味が違う単語の場合は,
そのアクセントの位置を明確にわかる発音方をすれば,
より聞き取りやすくなります。

いずれにしろ,menuetoさんの口の中の様子や,
実際の発音を聴いて見ないと確かなことは何ともいえないのですんで,
一度話し方教室の先生に見てもらうのはいかがでしょうかな?

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/ISOP/onsou/hononsou.htm

確かに高音部が聴きづらいと,「き・ち」「し・ひ」の違いは判りづらいですね。
普通の聴力をお持ちの方でしたら両耳を塞いだ状態でそれぞれを発音すると,
menuetoさんの気持ちが(少しは)わかるかと思います。

さて,「ひ・し」をそれぞれローマ字になおせば,
「hi・si」になります。menuetoさんの場合,
(あくまでも仮定ですが)歯のかみ合わせの強制を受けていたことを考慮に入れると,
「h」の音と「s」の音が同じように聞こえる原因としては,
「h」の音を出すために必要...続きを読む

Qあなたの嫌いな東京弁は?

友人(香川県出身)が言うには、

1.~~じゃん?!(半疑問のアクセント) 
2.~~でさー、 (語尾をのばす)
3.~~ちゃう  (~~てしまう、の省略形?)

の3つは、東京弁圏以外の人に受けが良くない!とのことで、例えば、
「北海道ってさー、寒いじゃん?!凍死しちゃうよね」などという文章は
最悪らしいのですが、あなたはどんな東京弁がお嫌いですか?
できれば、どの地域の方かも教えていただけると嬉しいです。 

Aベストアンサー

関西で生まれ関西で育ち、現在は関東に住んでいます。
私が苦手なのは、
「ばっかじゃないの~!?」
ですね。
関西では、「あほちゃう?」と言いますよね。
ジョークを込めた含みですが、関東ではカチン!とくるそうです。
ばかとあほの違いなんですけど、こればかりは譲れません(笑)

それと、関東では男の人でも、語尾に『ね』がつくのが抵抗ありますね。

Q「し」の発音ができません!!!!

ぼくは、発音が悪いようで、自分ではちゃんと話しているつもりなんですが発音が悪いようです、特に「し」の発音がおかしいようで本来の「し」の発音に「ひ」が混じってるようです。
そこで質問なんですが同じように発音できなかったけど今ではちゃんとしゃべれるようになった人、舌の使い方みたいなの知ってますかか?具体的にお願いします。それとそういう発音矯正みたいなことが載ったサイトあったら教えて下さい誰でもいいんでお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
>ですから、[sha]といいながら、
書きかけで投稿してしまったみたいです。「しゃ」といいながら、「ゃ」の部分を発音しなければ(つまり、声を出さなければ)「し」に聞こえます。

実は、日本語はどんどん変化していて、「し」を発音するときに、[shi]の母音の部分がどんどん発音されなくなっています。つまり、[sh]だけで、「し」とみなすことが普通になってきているので、原理的には
1:まず、「しゃ」と言ってみる
2:次に、ひそひそ声(息は出すけど声は出さない。いわゆる無声音というやつです)で、「しゃ」といってみる
3:最後に、ひそひそ声で「しゃ」と言うときに、口の形を広げるのをやめる。つまり、さいしょの[sh]だけで終わりにする

の手順を踏めば、[sh]の発音が完成して、「し」に聞こえるはずです。
先ほど、確認したら、私の場合、「はふへほ」は、[h]も使っていましたが、無声口蓋垂摩擦音の[χ]も無意識に使っていました。強調して「はふへほ」を言おうとすると、[χ]の方が摩擦性が強いですから、切り替わったのだと思います。
英語でheが言えるのでしたら、それを「ひ」の音にしてしまってかまわないと思います。もし、日本語の無声硬口蓋摩擦音の「ひ」(まぁ、いわゆる東京の人が「ひ」だと思っている「ひ」です)をマスターしたいのであれば、以下の手順は、あまり自信がないのですが、
・まず、「さ」といってみる
・次に、母音を発音せずに[s]だけ言ってみる
・[s]を発音するときに、舌先は、上の歯の根元辺りに居ると思います。他の部分を動かさないで、舌先だけ、下の歯の根元に移動させてみてください。「ひ」になるはずです。
理屈はこうです。
下の歯に舌先をつけてしまうと、舌先に呼気が当たらないので、舌先で摩擦を起こすことは出来ません。従って、摩擦が起こるとしたら、舌面のみになります。[s]の口の形のまま、舌面で摩擦を起こすと、舌面がちょうど硬口蓋のところにいるので、舌面と硬口蓋で摩擦が起こり、硬口蓋摩擦音になります。

あと、きちんと日本語の「ひ」が硬口蓋音だと書いてあるページを見つけました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AC%E5%8F%A3%E8%93%8B%E9%9F%B3

#3です。
>ですから、[sha]といいながら、
書きかけで投稿してしまったみたいです。「しゃ」といいながら、「ゃ」の部分を発音しなければ(つまり、声を出さなければ)「し」に聞こえます。

実は、日本語はどんどん変化していて、「し」を発音するときに、[shi]の母音の部分がどんどん発音されなくなっています。つまり、[sh]だけで、「し」とみなすことが普通になってきているので、原理的には
1:まず、「しゃ」と言ってみる
2:次に、ひそひそ声(息は出すけど声は出さない。いわゆる無声音というや...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む

Q立正佼成会の彼女の裏の姿が気になります

結婚を考えている彼女から最近カミングアウトされたのですが、立正佼成会という新興宗教に実家ぐるみで加入?しているそうなのです。「宗教」と聞いただけでやや偏見を持ってしまうのはどうかと思いますが、やはり引っかかります。
このサイトでも同じような質問をされている方がたくさんいるようですが、とても参考になります。今回私が皆さんに教えていただきたいのは、立正佼成会の会員とそうでない無宗教の人との違いです。
具体的にどのような行事があり、どのような慣習ややらなければばらないことがあるのでしょうか。「団参」とはなんですか?また、宗教によっては禁止とされる行為もあると聞きます。
立正佼成会にそのような禁止事項があるものですか?
親切な方、ご回答願います。

Aベストアンサー

佼成会会員の娘です。
わたしは、信者ではありませんが、成人するまでは、親の監督下ですので、
教団と深く関わっていました。

まず、ひとつ言って置かなければならないのは、
たとえ宗教団体でも人の集まりです。仏様を敬っていても、ふつうの人間です。
諍いを起こしたり、間違いを起こしてしまう人もいれば、
思いやりを持って、誠実に仏に学ぼうという人もいます。

つまり、平たく言うと、佼成会は、「仏教サークル」です。
「カラオケ」が好きな人が集まれば、「カラオケサークル」ですが、
「仏教の教えと庭野さんの考えが良いと思う人のサークル」です。
サークルなので、合宿(団参)や勉強会もあれば、お茶会や座談会・お祭り・ボランティア活動(ユニセフ街頭募金など)もあります。

カラオケサークルには、ロックを狂信している人もいれば、ただ歌うのが好きな人もいるように、
「個人の解釈で、教えの受け取り方も、人への勧め方も様々です」

「ただ拝めば良いことがある」という人もいれば、「良いことをすれば、徳がつまれて良いことがある」と思う人もいれば、「人に会うことが好きだから通っている」という人もいるし、「悩みを聞いてくれる人がほしい」という人もいます。また、「本当に自分の成長を目的にしている人」もいます。そして、一部に「コレは絶対であるから、人に勧めることこそ善行である、と信じて疑わない人」も当然、巨大な教団には現れてしまうのは事実です。
でも、それを不快だと思った時には、話せば本人に戒めてくれる人も、
教団にはちゃんといます。
だから、ひとつの教団と言っても、多くの人の集まりであることは忘れないで下さい。
彼女がどのような人か、見極めるのは質問者様自身です。

それと、家族が誘われることがありますが、断ることは自由です。
ご自身が信仰されないかは、ご自身と彼女の問題です。
彼女が強要しない方なら、何の問題もありません。
もし、自宅で、彼女が他の方とお供養をしたいという時は、家に居なくてもよいのです。
ちなみにわたしは、人様に自分の先祖を供養してもらっているので、
せめて同席しようと、郷に入れば郷に従えで、その場だけ読経しますが、
普段は関わりはありませんし、会員の皆さんにも、
「わたしは、宇宙の壮大な力に敬意と信仰心は持ちますが、無宗教です」と宣言して、
その立場で、お話ししています。

この関係を築くにはわたしの場合、紆余曲折ありましたが、
時間をかければ、きっと相互理解も出来ます。

最後に、わたしが、この教団と関わりができたことで得たことは、
自分の考え方の前向きさです。
信者ではないですが、そういう教えを受けていた母に育てられたので、
考え方がシンプルで、他の考え方に柔軟になれた気がします。

佼成会会員の娘です。
わたしは、信者ではありませんが、成人するまでは、親の監督下ですので、
教団と深く関わっていました。

まず、ひとつ言って置かなければならないのは、
たとえ宗教団体でも人の集まりです。仏様を敬っていても、ふつうの人間です。
諍いを起こしたり、間違いを起こしてしまう人もいれば、
思いやりを持って、誠実に仏に学ぼうという人もいます。

つまり、平たく言うと、佼成会は、「仏教サークル」です。
「カラオケ」が好きな人が集まれば、「カラオケサークル」ですが、
「仏教の教えと...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.


人気Q&Aランキング