今、ニュース映像で、エンジン部品を落とした旅客機のエンジンを交換している映像があったんですけど、青空の下で作業していました・・・・・
大丈夫なんですかねぇ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問の内容は、「格納庫の中で作業をしなくても大丈夫なんですかねぇ?」ってことなんでしょうか?


雨天の作業より青空の下の作業のほうがいいに決まっていますし、それとも直射日光を心配なされているのですか?

事故のDC10はエンジンが故障しているのですから、修理しなければそのままでは離陸できないですよね。たとえ2/3のエンジンが大丈夫としても。

クレーン作業もできる格納庫があればそちらでしたいものとは思いますが、なければ仕方がないのではないのでしょうか。
直射日光や風がいやならそれなりの養生をしているでしょう。

たぶん、積替え用のエンジンを東京から陸送してきたものと思います。

エンジンが故障した場合、修理のできる空港(整備場)までエンジンを停止させたまま飛んでいくことはないようです。

たとえ北海道の空港へでも積替え用エンジンをトレーラーに積み込み陸送で持っていきそこで修理するようです。

以前、北海道のとある空港で積替え用エンジンを積んだトレーラーを見かけたことがあります。そのトレーラーのヘッドには成田と羽田の空港内立入許可ステッカーがついていてびっくりしたことがあります。(日通をつかうんじゃないんだぁ~と)

飛行機に積めるものは、次の自社便などにより作業員共々やってくるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大体、車は修理するときガレージでやりますが、このDC10は、路上で修理していたイメージでとらえたほうがいいようですね。
飛行機のエンジンって、部品で持ってきて現地でリビルトするのかと思っていましたが、ほぼ完成状態で運ぶみたいですね。
航空機のエンジンはクリーンルームみたいなところで整備するようなモノかと思っていましたが、結構、おおざっぱなのですね。
鳥を吸い込んでも平気なように作ってあるみたいだし。

お礼日時:2001/07/02 08:49

飛行機の部品は紐付きでパーツ単位で履歴すべて管理されてるらしいですね。


数年前、ぼちぼち部品が老朽化して一巡しているとかニュースでいってましたが
どうなったんだか???? 結果は聞いてないです 爆
部品はコンピュータデータベースで追跡する大型プロジェクトらしいですが
そうしたソフトのプロジェクトというもので上手くいったものを見たことがありません。どうなんでしょうね、飛行機の部品????
腕のいい整備士が責任もってる飛行機は乗ってもいいですが
コンピュータが大丈夫なんて安全フラグ立ててるだけの飛行機は
絶対乗りたくないですね 爆
過酷な気象条件で飛ぶ飛行機ですから、地上で作業してトラブルようでは
高高度飛べませんよね??? 苦笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござます。
そうなんです、かんかん照りの下、整備士さんたちが汗ダラダラ流しながら作業するのを見て、?!と思ったんです。
色々な解答をいただきましたが、飛行機はそれほど繊細な乗り物ではない、ということがわかりました(笑)

お礼日時:2001/07/02 08:55

そのニュース映像は見ていませんが


壊れたエンジンを下ろしてトレーラーへの積み込み作業だけでなく、
新しいエンジンの取り付け作業も行っていたのですか?

新しいエンジンの取り付け作業を行っていたとしても
旅客機の翼下のエンジンは外装板(カウル)で保護されており
戦闘機のエンジン交換をする時の様に本体が剥き出しの状態での交換ではない。
翼に吊り下げて、配線・配管の接合だけでしょうから問題無いと思います。
例えば・・・
  デスクPCでHDDを交換するのと同じ様な物で
  HDDの中身のディスク自体を交換するわけでは無い。

蛇足
ごく稀に交換用エンジンをぶら下げて空港間を空輸する事があります。
今回壊れたエンジンは空輸すると更に部品をばら撒く恐れがあるので
トレーラーでメーカーへ陸送するのでしょう。
新しいエンジンがまだ来ていないなら4発のDC-10が見れるかも?
    • good
    • 0

こんにちは。

それって応急処置じゃなくて?

取り敢えず格納庫か整備施設のあるところまで飛んでく必要があるかも?

それとも、施設が満員御礼で順番待ってるとか。。。??

#ゴミ回答ですね。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
かんかん照りの中で台車に載ったカウルの付いていないエンジンを台車に載せて作業していました。
雨降ったらどうなるんだろうって思いますよね。

お礼日時:2001/07/02 08:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅客機の縦並列飛行

旅客機は縦に並列飛行しますか?

ちょっと前に外でふと空を見たら
旅客機(?)の後ろに旅客機が(?)ついていっているように見えたので
どういうことなのかなと思いました

どちらの飛行機も同じ形に見えて
その時に見えていた飛行機の大きさの四つ分くらい旅客機(?)と旅客機(?)の間に間隔がありました

Aベストアンサー

航空機の後ろ側は気流が乱れているので、余程のことがない限りは距離を開けるか高度差を付けて飛ぶはずです。

A300クラスで全長50m程度、4倍だと200mにしかならないので旅客機はそんなに接近しては飛べません。
(衝突回避アラーム鳴るかも)

Q今、学校の授業で気になるニュースを書くというやつをやっています。ニュースの演題がなかなか決まりません

今、学校の授業で気になるニュースを書くというやつをやっています。ニュースの演題がなかなか決まりません。あと、作文の書き方も分からないので分かる方だけ教えて下さい

Aベストアンサー

今一番のニュースは北朝鮮とアメリカの関係が一番書きやすいのでは?

作文の書き方としては
起承転結。
起:なぜこの話題を取り上げたか。
承:このニュースのあらすじ(北朝鮮とアメリカの関係性など)
転:上記北朝鮮とアメリカ以外の国(中国やロシアがどう北朝鮮とかかわろうとしているかなど。)
結:自分の考えとまとめ

という具合にまとめていけば400~800字くらいの作文はできるのではないでしょうか。材料はネットを調べればいくらでも出てきますよ。
頑張ってくださいね。\(^o^)/

Q 旅客機の尾翼の後ろに付いていた部品

 旅客機の尾翼の後ろに付いていた部品

知人が成田空港近くで旅客機の尾翼の後ろに
図のような 部品を付けた旅客機目撃したのですが
この旅客機?は何でしょうか?

※分かりやすいように赤くしました。

Aベストアンサー

 <稲毛民間航空記念館>という所に聞いてみました。
解説員によると 写真が無いので何とも言えないが

 一般の旅客機には通常尾翼の後ろに翼状のものはないことから、
・小型のビジネスジェットか、
・軍事的なものか、
・あるいは特殊な飛行機ではないか

という回答でした。

 成田空港にも同様の問い合わせをしましたが
同じような回答でした。

Q借金返せねぇー、日本デフォルト、準備は何をする!?

1000兆に膨れ上がった借金、減らすどころか、増加を押さえるどころか、増えに増えまくっています。何て言ったって、収入の半分は借金という異常事態が常態化し、台所は火の車。

日本がデフォルトする場合に備えて、庶民がささやかな財産を守るためにしておくべき事を教えて下さい。

Aベストアンサー

日本がデフォルトするかはさておき、「日本のカネに信用がなくなる」わけですから、円以外になります。
・外国の金(ドル、ユーロの現金)
・土地(流通が途絶えた場合に、食料を手に入れるため)
・外国の土地、建物(日本を脱出した場合の行き先)
・貴金属(ゴールドのインゴットや金貨など)
・コレクターズアイテム(切手など海外にも通用するもの)
・ガソリン、灯油など外国頼みの品物
・自分に投資(英語、フランス語などを使えれば外国脱出の道もある)
あたりなんかどうですかね。

日本を見限るのでしたら、外国に土地建物を買っておき、そこに貴金属、ドル現金等を隠匿しておくのがよいでしょう。

Q日本が911のような状況になったら、自衛隊機は旅客機を撃墜すべきですか?

アメリカの世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだテロ事件は、既に知っていると思います。
そこで、テロ実行者が旅客機を乗っ取りターゲットに突っ込むという状況が日本で起きた場合、自衛隊機は旅客機を撃墜すべきでしょうか?
もちろん犯人が投降しない限り、どっちみち旅客機の乗客は亡くなる運命です。また撃墜場所が海上ではなく陸上の場合は、墜落による災害も考えられます。

Aベストアンサー

奪われた旅客機が目標に当たるか外れるか、また、当たっても外れても本当に1人残らず死んでしまうか奇跡的に生き残る人がいるか、最後まで分かりません。
簡単に撃ち落としてしまうわけにはいかないでしょう。
あの事件を機におそらく日本でも公表されていないものの、ああいった事態の際にどのように対処をすべきかの議論はなされたことでしょう。
ある程度の指針が設けられてなければとっさのときに円滑な行動はとれませんし。
そして、おそらく災害を広げないために撃墜する方向の指針が設けられたのではないかと憶測します。
それはいたしかたないことのようにも思いますが、決して正しいことのようにも思えません。

Q旅客機の故障で引き返しの原因って?

先日乗ったジャンボジェット機(747-400)が、空港離陸約
1時間10分後(11時間の飛行予定)、「メカニカルトラブル発生のため
今から、引き返しますが、飛行に支障はありません」とのアナウンス。
その後、燃料を捨てる必要があるといって羽根の両端から約30分に渡って
大量の垂れ流し。その後、離陸した空港に戻り、別の機体に乗客全員乗り
変え後、再び目的地に向かいました。

このような場合って一体どんなトラブルが考えられるのでしょうか?
「飛行に支障はありません」と言っている割には、わざわざ戻るという
のは、この先9時間以上飛行するには、危ないということでしょうか?
それとも乗客の混乱を控えるためのうそ???
もちろん安全最優先での判断でしょうが、燃料、乗り継ぎ客に対する
保障など、相当な損害額を出した思いますが。

Aベストアンサー

旅客機が予定のコースを変更して緊急着陸する場合は、直ちに空港に着陸することが安全上必要であるという、責任者(機長)の判断があったことになります。
メカニカルトラブル=機体に関する不具合が何かということですが、機体の一部の破損や操縦系統のトラブルの場合は、不具合発生時に異常音がしたり、機体が不安定な動きをする場合が多く、質問のケースでは、特に異常な光景はなかったようなので、他の方の意見のように、搭載機器の異常ではないかと思います。
「飛行に支障がない」という言葉の意味ですが、これは現在パイロットが機体をコントロールできている(支配下に置いている)という意味になると思います。
つまり何らかのトラブルによって、予定の飛行ができなくなったが、パイロットはトラブルを克服して、変更した目的地まで機体をコントロールして運んでいる、ということを示しています。
燃料を放出した理由は、空港の滑走路の飛行機の荷重制限は、最大離陸重量よりも最大着陸重量の方が小さく、最大着陸重量以下にするために放出したのだと思います。非常に危険な着陸が予想される(例.胴体着陸)時は、火災の可能性を減らすため、燃料を可能なだけ放出します。(何時間もかかります)
逆に、エンジントラブルなど、いつまで飛行できるかわからない場合は、緊急着陸することもあるようです。このような非常に危険なトラブルの発生時は、空港の滑走路はトラブルの起きた飛行機の着陸のために閉鎖され、消防車などの緊急車両が待機することになります。
旅客機は機体備付の高度、速度、外気温などのセンサーや、各種の誘導装置、高度な訓練を受けた専門のスタッフ、厳しい運営規則などが存在することによって、大量の人を高速かつ安全に輸送しています。長距離のフライトの場合、条件はより厳しくなります。プロのスタッフが安全上見過ごせない、飛行に必要な何かが欠けたのでしょう。

旅客機が予定のコースを変更して緊急着陸する場合は、直ちに空港に着陸することが安全上必要であるという、責任者(機長)の判断があったことになります。
メカニカルトラブル=機体に関する不具合が何かということですが、機体の一部の破損や操縦系統のトラブルの場合は、不具合発生時に異常音がしたり、機体が不安定な動きをする場合が多く、質問のケースでは、特に異常な光景はなかったようなので、他の方の意見のように、搭載機器の異常ではないかと思います。
「飛行に支障がない」という言葉の意味ですが...続きを読む

Q最近のジェット旅客機はエンジン一つでも飛べるんですか?!

最近、3発旅客機がどんどん姿を消していってますね、ベストセラーの747型4発機や現在もっとも主流の双発機などは、本当に、本当にエンジン一つしか作動してなくても飛ぶ事ができるのでしょうか?

どう見ても特にジャンボはあんな巨体で、一つのエンジンじゃいくらなんでも無理がある気がするのですが・・・・777型くらい強力なエンジンなら理解できないわけでもないですが・・真っ直ぐ飛べないんでしょうかね?やっぱり片方だと・・

Aベストアンサー

こんばんは。もう飛べるかどうかの回答は十分と思いますのでm(__)m

>真っ直ぐ飛べないんでしょうかね?やっぱり片方だと・・のみ。

厳密にはその通りです。
片方のエンジンが止まると、重心は真中にありますし、エンジンが止まった側の空気抵抗もありますので、推力のない方を内側に回転力が働きます。
あまり大きい力ではないようですが、それでも進路を曲げる位の事はします。
ですからその場合、当て舵といって、方向蛇を操作してまっすぐに補正します。

今の機体は小のくらいは自動制御でやってくれるようですが、パイロットはそういう練習もしてるそうです。

Qなんで犯罪者に俺らが税金を払ってご飯食べさせてんの?若い人が釈放されて働けるように?そんなの知らねぇ

なんで犯罪者に俺らが税金を払ってご飯食べさせてんの?若い人が釈放されて働けるように?そんなの知らねぇよってなるわ。ホームレスを見習えよ。ホームレスはお金が厳しい中で頑張って生きてるんだよ。だが犯罪者はどうだ?檻という家に入ってまいちにご飯食べられて、安全な環境で生きてる。これって不公平じゃないか?みんなどう思う?

Aベストアンサー

なんで犯罪者に俺らが税金を払ってご飯食べさせてんの?
   ↑
裁判前の容疑者の段階でも、収監されますが
その時点で年180万円の経費が掛かっています。
裁判で有罪が確定し、懲役になると、年300万の
経費が掛かります。
勿論、総て税金です。


若い人が釈放されて働けるように?
    ↑
年寄りの犯罪者にだって、税金でメシ食わして
いますよ。
死刑にする以外は、衣食住医療を何とかしなければ
ならない訳です。
犯罪で社会に迷惑をかけ、刑務所でも更に迷惑を
掛け、というのが犯罪者です。


ホームレスを見習えよ。ホームレスはお金が厳しい中で頑張って生きてるんだよ。
だが犯罪者はどうだ?檻という家に入ってまいちにご飯食べられて、
安全な環境で生きてる。
       ↑
ある犯罪者が次のようなことを指摘していました。
「悪いことをしてでも、何しても生き抜こうという 
 根性がないからホームレスなどやっているんだ。 
 情けないったらありゃしない」


これって不公平じゃないか?みんなどう思う?
    ↑
死刑を廃止したら、この不公平は倍加します。
衣食住医療つきで、天寿を全うすることを
国家が税金で保障してしまうからです。

なんで犯罪者に俺らが税金を払ってご飯食べさせてんの?
   ↑
裁判前の容疑者の段階でも、収監されますが
その時点で年180万円の経費が掛かっています。
裁判で有罪が確定し、懲役になると、年300万の
経費が掛かります。
勿論、総て税金です。


若い人が釈放されて働けるように?
    ↑
年寄りの犯罪者にだって、税金でメシ食わして
いますよ。
死刑にする以外は、衣食住医療を何とかしなければ
ならない訳です。
犯罪で社会に迷惑をかけ、刑務所でも更に迷惑を
掛け、というのが犯罪者です。


...続きを読む

Qボーイングやエアバスの旅客機は、一部の大型機を除いて双発機がメインです

ボーイングやエアバスの旅客機は、一部の大型機を除いて双発機がメインですが、逆にイリューシンやツポレフなどのロシア製旅客機は双発機が少なく、三・四発機が多いように思います。
その差は何でしょうか?

Aベストアンサー

現在の旅客機用エンジンの主流派、低燃費・低騒音の高バイパス比ターボファンエンジンになりますが、この分野においては、民生エンジンの開発に力を入れてきた欧米の航空機用エンジンメーカーに優位性があり、欧米製エンジンを搭載したボーイング777やエアバスA-330が長距離洋上飛行能力を持っています。
一方で、ロシアの航空産業は、旧ソビエト時代に軍事優先で成長してきたため、(高騒音・高燃費の)ターボジェットや低バイパス比ターボファンなどでは実績を積んでいますが、旅客機に使われるような高バイパス比ターボファンエンジンが”置いてきぼりを食らった”面があり、いまだに欧米製に匹敵するエンジンは完成していません。

また、現在は、国際民間航空機関 (ICAO)が課した「ETOPS(Extended-range Twin-engine Operational Performance Standards) 」という
 双発旅客機のエンジン1基が何らかのトラブルで停止し、エンジン1基のみでの飛行する場合の飛行可能な時間
についてのルールがあり、ETOPSの認定を受けるためには、信頼性の高いエンジン(と機体の組み合わせ)が要求されます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ETOPS/LROPS

同等の機体は作ることができても、現状ではETOPS認定を受けられるだけのエンジンはない・・・そのため、多発化して”お茶を濁している”のでしょう。

現在の旅客機用エンジンの主流派、低燃費・低騒音の高バイパス比ターボファンエンジンになりますが、この分野においては、民生エンジンの開発に力を入れてきた欧米の航空機用エンジンメーカーに優位性があり、欧米製エンジンを搭載したボーイング777やエアバスA-330が長距離洋上飛行能力を持っています。
一方で、ロシアの航空産業は、旧ソビエト時代に軍事優先で成長してきたため、(高騒音・高燃費の)ターボジェットや低バイパス比ターボファンなどでは実績を積んでいますが、旅客機に使われるような高...続きを読む

Q自転車部品にアスベスト

最近のニュースで子供自転車の部品にアスベストが使われているというのを見たのですが、ゴムに練りこまれたアスベストって飛散するものなのでしょうか?実際に製造された工場付近では製造過程で飛散して危険なんでしょうが、どれくらい危険なのかニュースを見る限りでは判断が付きません。マスコミの論調もアスベスト=危険路線で、何が本当に危ないのかの論点での報道が少ないので教えてください。

Aベストアンサー

アスベストが飛散することは全くといっていいほどありません。
 自動車と違ってドラムブレーキの磨耗は殆どしません。
前輪ブレーキゴムは減りますが。
ドラムブレーキライニングが磨り減って交換する修理依頼はありません。仮に交換が必要なほ乗っている自転車はすでに使い物にならないくらいガタがでその頃にはすでに新しい自転車を購入しているはずです。
 特に子供把握力も弱いため減るはずがありません。交換しなくても問題ありません。
修理交換を依頼しても代替ブレーキの供給が間に合わないため、預けても1ヶ月は戻ってきませんよ。
この件は、経済産業省にすべて責任があると考えます。
昨年のアスベスト法改正が10月1日に改正されたが、その時点で自転車業界への通達を怠っています。自転車メーカー側はブレーキにアスベストが使用していること自体把握しておらず、先にブリジストンサイクルに回収命令を出してしまったので、後には引けず、各メーカーにも同様に回収命令となったわけです。被害者は自転車メーカーです。


人気Q&Aランキング