こんにちは。自分はいつも東海道線を利用しているのですが、一つ気になることが。
朝は上りが多く、下りは少ないですよね? そして夕方になると下りが多く上りが少ないですよね?
これってどういうことですか?
電車には終点があり、そこについたら折り返さないといけないはずです。つまり、どの時間帯でも
上り列車の本数=下り列車の本数 とならなければならないはずです。
なのに、なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#1です。


回送がない路線であっても、上り列車は2両編成が2本、下り列車は1両編成が4本、
なんていうことだってあります(これは開くまで極端な例です。このように上り下りで編成両数が異なることがあります)。
    • good
    • 0

回送列車として乗客を乗せずに列車を移動させたり、車庫や待避線に置いてある列車を出すこともありますから、上り列車の本数=下り列車の本数 にはなりません。

    • good
    • 0

こんにちは。


首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

>どの時間帯でも上り列車の本数=下り列車の本数 とならなければならないはずです。

素人の方が見る限りは、そうならないのです。
車庫に取り込んでいるので、上りの本数と下りの本数とは違うのです。

⚫回送列車として折り返し入庫(時刻表には時間が掲載されない。)。
⚫折り返さず、相手駅で入庫し、夕方ラッシュ時に再度出庫して帰ってくる。

実例をあげるなら、
首都圏の上り方面東海道線なら、上野行きは上野から回送列車として尾久にある車庫に入庫し、
小金井行きや籠原行きは、小金井、籠原それぞれに車庫があるので、そのまま入庫したり、営業列車として折り返し。
東京からの下り方面でも、品川行きは常磐線方面に折り返す列車もあれば、品川にある車庫に入庫し、夕方まで休んでいたり……、

このように輸送力を調整し、コスト削減と列車間隔の調節で接近運転を無くし、速達性を維持しています。
    • good
    • 0

利用区間を明示して貰わないと。


東海道本線と言われても、首都圏・名古屋地区・関西地区では事情が違ってきます。

私鉄の場合、都心にターミナルがあり郊外に車庫があるので、時間差が有っても上り下りの列車本数は一致します。

が、JRの場合、東京・名古屋・大阪ともにスルー運転です。
だから、一方の車庫から出庫、運用後違う車庫や留置線でお昼寝。夕方出庫して元の車庫に戻るような運用もできるのです。
    • good
    • 0

東海道と言っても長いからなぁ・・・。



東の神奈川地区で言うと
列車基地とかそこらの電留線で寝ているのが
朝になるとゾロゾロ出てきて東京方向に向かう。
東海道の寝床は自社だけではスペース無くて
海の沼津駅車庫まで使ってるよ。

でもって、そのまま高崎線とか宇都宮線に抜けて
一部がそっちの車庫に入って寝る。
寝ない残りが昼に行ったり来たり。
夕方になると寝てた奴も出てきて西方向に流れる。

当然、東海道と相対する側でも通勤があるんだけど、
配線が工夫されているので線路キャパが全然違うのと
上手く通勤時間帯に都心部に抜けるように設定しているので
通勤する時には東京方向が多く見えるんじゃないかなぁ。

中京地区でも関西地区でもだいたいこんな感じでしょうね。
端から端までだと4時間くらいかかるから、
そこらも計算すればどんな運用しているか想像つくと思う。
    • good
    • 0

早朝などは例えば発駅が大阪であったり高槻であったりと


必ずしも同じ所から出てくるわけではありません
そしてそれは終点も同じで
終電近い時間になると途中で運転を終わる事もあります
    • good
    • 0

車輌基地が各地にあって、電車の本数を調整してます。

    • good
    • 0

東海道線のどのあたりなのか分かりませんが、回送列車というものがありましてね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上り下り

教えてください。
最近電車を利用することが増え時刻表を検索していて気づいた事があり、
電車やバスで登り下りと時刻表にありますが、何を基準に上り下りがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定義を一言で言えば、鉄道も道路も(さらに言えばバス路線や航路等も)起点と終点が明確に定められており、起点→終点の向きが下り、その逆が上りです。これは古くから首都(江戸時代までは京都、明治以降は東京)に向かうことを「上る」と表現(「お上りさん」「上京」などの表現がその名残です。ちなみに「下らないもの」とは江戸時代の京都・大阪を経由していないすなわち「下ってない高級品でない物」を意味する俗語です)していたものを流用したものです。日本だけでなく、イギリスなど多くの国に同じような考え方があります。

で、起点の設定の仕方は概ね以下のようになりますので、大多数のケースでは「東京へ向かうのが上り」と考えて差し支えありません。
しかし、関西などでは京都から大阪へ向かうのが「下り」になるなど、直感的な状況と異なるケースがあり、上り下りだとかえってわかりにくいので、基本的にはあまり使用されません。JR西日本では原則旅客への案内では「上り」「下り」を使わずに「京都・東京方面」など主要地を使った方向の案内となります。
ラジオの道路情報でも同じで、こちらは一瞬の勘違いが生じれば致命的なので、地元向けは極力上り下りは使わず、全国的な道路は逆に上り下り(よそ者は方角や地名だとわかりにくい場合がある)を含めて案内します。(例 阪神高速湾岸線北行き、神戸線西行き、近畿道北行き、新御堂南行き、国道26号南行き、中国道岡山へ向かう東向き、名神高速京都へ向かう上り線は高槻バス停を先頭に○キロの渋滞、名神高速名古屋に向かう上り線は滋賀県の栗東で○キロの渋滞、国道1号京都へ向かう上り線は天の川で○キロの渋滞)

・東京又は東京周辺と各地を結ぶ路線は東京又は東京周辺側が起点(例 東京-神戸の東海道線は東京が起点)
・東京へ結ぶ線と接続して各地へ結ぶ線はその接続点が起点(例 東海道線と接続して九州方面へ連絡する山陽線神戸-門司は神戸が起点)
・上記路線から分岐する路線は分岐駅が起点(分岐駅・交差駅が複数ある場合は、歴史的経緯、東京への距離等を勘案してどの路線から分岐したと決めるが、JRのように路線数が多い場合、最初に路線群をグループ分けしている場合もある。 例 東海道線から分岐している(東海道線グループの)山手線(正式な区間は品川-田端)は品川が起点(乗客用の案内はご存知のように上り下りで案内せずに内回り○○方面などと案内)、同じく東海道線から分岐している鶴見線は鶴見が起点、その鶴見線の本線から分岐している海芝浦へ向かう支線は分岐駅の浅野が起点)
・他の路線と全く接続していない場合、その路線を利用して東京へ行く場合に東京へより近い側、空港・港等のの他交通ターミナルに近い側、より大きな都市にある側が起点
・他の路線と全く接続していなくて、上記の判断が難しい場合、建設を始めた場所が起点、単により東や北が起点などとする。(※地下鉄や都市交通の一部は最初からより東または北にある駅を起点とすることが多い)

定義を一言で言えば、鉄道も道路も(さらに言えばバス路線や航路等も)起点と終点が明確に定められており、起点→終点の向きが下り、その逆が上りです。これは古くから首都(江戸時代までは京都、明治以降は東京)に向かうことを「上る」と表現(「お上りさん」「上京」などの表現がその名残です。ちなみに「下らないもの」とは江戸時代の京都・大阪を経由していないすなわち「下ってない高級品でない物」を意味する俗語です)していたものを流用したものです。日本だけでなく、イギリスなど多くの国に同じような考え...続きを読む

Q高速道路の上り下り

東名高速は、東京方面が上りだと分かるのですが、
名神高速は、名古屋方面、大阪方面のどちらが上りなのでしょうか?
また、北陸道などの東京方面に行かない路線は、
どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

インター番号の小さいほうが「上り」です。

ですので、名神高速の場合は・・・
(24)小牧IC-(25)一宮IC-(25-1)一宮JCT・・・

の順ですので名古屋方面が「上り」です。

北陸道は米原ICが(1)、新潟中央JCTが(42)なので米原方面が「上り」です。

その他の高速道路については下記URLの「高速901号」に詳しく載っています。参照ください。

参考URL:http://901.st/

Q相互乗り入れの上り下り

例外はあるかと思いますが、下りの先頭が一号車となっているようです。
ところで相互乗り入れでございます。
横須賀線と総武線快速は相互乗り入れしておりますが、東京駅から下り横須賀線は先頭が一号車で下っていきます。
総武線快速は尻尾が一号車で下っていきます。
これは、当時の国鉄の感覚として、「横須賀線が総武線快速に乗り入れちゃいました」というものだったのでしょうか?
あるいは、路線順位みたいなのがあって、横須賀線>総武線快速 ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

車両号数の質問でしょうか?
だとすると、
南(もしくは西)から北に向かって、号数が増えます。
つまり、
(博多寄り)1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14・15・16号車(東京寄り)
となります。
東北新幹線・上越新幹線・長野新幹線ともに
(東京寄り)1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14・15・16・17号車(八戸・新潟・長野寄り)
となります。

ただ、日本海側の大阪-直江津間については、
「信越本線」(高崎-長野-直江津-新潟)の関係なのか、
号車番号が反転します。
(大阪・上野寄り)12・11・10・9・8・7・6・5・4・3・2・1(直江津・新潟寄り)

特急「はくたか」は北陸方面から来るので、号車番号が東京方面(☆)に向かって
☆(越後湯沢方面)1・2・3・4・5・6+7・8・9(金沢方面)
と編成が組まれいるわけです。

Q東京に無関係な上り下りについて

東京駅に向かうのが上り、離れるのが下りと理解しています。
そこでいたって素朴な疑問なのですが、例えば九州の豊肥本線、東京方面とは無関係な、むしろ平行に近い熊本-大分を結んでおりますが、どっちが上りでどっちが下りなんでしょうか?

Aベストアンサー

> 東京駅に向かうのが上り、離れるのが下りと理解しています。

#1、#2の回答にある中央線ですが、同じ中央線内なのに区間によっては、上り下りが逆転します。

中央線は、山梨県・長野県・岐阜県等では、下記の様に2つに分けています。
ほとんどが東西方向の線区ですが、ほぼ真ん中の塩尻駅を境にして、東側の東京側がJR東日本の「中央東線」、西側の名古屋側がJR西日本の「中央西線」です。
そして、ほぼ真ん中の塩尻駅から東向きの東京方面が「上り」、塩尻駅から西向きの名古屋方面が「上り」となります。
つまり、塩尻駅から東京向けが「上り」ですが、塩尻駅から西の名古屋向けも「上り」となって逆方向なのに「上り」です。

そして、ほぼ協会の塩尻駅での、JR東日本の「中央東線」と、JR東海の「中央西線」との直通の電車は無く、また,両線区間の接続・待ち合わせ時間も、大体長い時間となっています(つまり、接続時間が考えられていない)

------------------

中央道の上り下りについてです。
上記のJR東海の中央西線の区間に、「中央道」がほぼ並行しています。
この「中央道」は、東京~名古屋間は東京向けが「上り」です。
つまり、JR東海の中央西線の「上り」と、中央道の「上り」が、まったく逆の方向です。

また、JR東海の「飯田線」も全区間が、起点の東海道線の豊橋向けが「上り」なのです。
これも、並行している「中央道」と、中央道の「上り」が、まったく逆の方向です。

この様に,上り下りを「東京向け」とすると、周囲の交通機関と一致しない事があり,場合によっては逆方向に行ってしまいます。

そこで、、ネットでJR東海の「JR」中央西線」と「JR飯田線」の時刻表を見ると、上り下りで混乱しない様に、特に長野県内・岐阜県内では「上り下り}の文言を使っていないですね。
代わりに、「○○方面」という大きな都市名等で表示しています。

この地域では実際に生活面でも、大きな都市名を使って、「○○方面」、「○○方向」と言わずに、単に「上り下り」で言うと、「JR」と「高速」では勘違いする様です。


質問の趣旨と違っているようでしたら、無視して下さい。

> 東京駅に向かうのが上り、離れるのが下りと理解しています。

#1、#2の回答にある中央線ですが、同じ中央線内なのに区間によっては、上り下りが逆転します。

中央線は、山梨県・長野県・岐阜県等では、下記の様に2つに分けています。
ほとんどが東西方向の線区ですが、ほぼ真ん中の塩尻駅を境にして、東側の東京側がJR東日本の「中央東線」、西側の名古屋側がJR西日本の「中央西線」です。
そして、ほぼ真ん中の塩尻駅から東向きの東京方面が「上り」、塩尻駅から西向きの名古屋方面が「上り」とな...続きを読む

QJRの駅で、上り線or下り線のみに設置されている駅を教えてください。

【質問1】
全国のJRの駅で、上り線あるいは下り線のみに設置された駅を教えてください。
例として、廃駅となった新垂井駅をあげておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%9E%82%E4%BA%95%E9%A7%85
※始発駅や終発駅のように、必然的に下りか上りしか無い駅以外でお願いします。

【質問2】
法律やJR内の規則などで、下りあるいは上りのみに駅を設置することに対する規制などは有るのでしょうか?
もしあれば、こちらも教えてください。

【この質問をさせていただいた背景】
来年春に新広島市民球場が完成します。
新球場横には、山陽本線の下り線が走っています。
上り線は少し離れていて、線路が密集する中にあり、駅の設置は難しそうです。
そこで、下り線のみに新駅を設置するということは不可能なのかな?と思いました。
また、自分自身鉄道が好きですので、知識として知りたいなという思いもあり、素朴な疑問で申し訳ないのですが、質問させていただきました。

ご存知の方、回答よろしくお願いします。

【質問1】
全国のJRの駅で、上り線あるいは下り線のみに設置された駅を教えてください。
例として、廃駅となった新垂井駅をあげておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%9E%82%E4%BA%95%E9%A7%85
※始発駅や終発駅のように、必然的に下りか上りしか無い駅以外でお願いします。

【質問2】
法律やJR内の規則などで、下りあるいは上りのみに駅を設置することに対する規制などは有るのでしょうか?
もしあれば、こちらも教えてください。

【この質問をさせていただいた背景】
来年春に...続きを読む

Aベストアンサー

臨時駅であれば、偕楽園駅が有名です。
下り線にのみ駅ホームが設置されています。
ただし、偕楽園の駅自身は上りにも設置されています。
駅ホームが下りにしかなく、下り列車しか乗降できません。

広島駅からも500mほどの距離ですから臨時営業とし、下り線にのみホームを設置する方法もあり得るでしょう。上り線並びに芸備線にホームを設置しても貨物ターミナルをどう渡ってもらうかが問題になりますね。

なお、この場所には既に「広島貨物ターミナル駅」が山陽本線・芸備線上に設置されております。旅客ホーム設置の場合貨物駅の臨時旅客取り扱いという形になるのでしょうね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%95%E6%A5%BD%E5%9C%92%E9%A7%85


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報