【南京大虐殺の不思議】南京大虐殺の時の中国の総書記は蒋介石だったが蒋介石は日本軍の日本側のスパイだったはず。

なぜ日本軍側の蒋介石が制圧している中国で日本軍は南京大虐殺を実行しなければならなかったのか?

蒋介石は現在の中国共産党に追いやられ台湾に逃げ込んだ。

そして中国は蒋介石を戦犯者で裏切り者で売国奴だと言っている。

蒋介石が日本側に願えった日本側のスパイで売国奴なのは間違いないが、当時、日本側の蒋介石がいる中国で日本軍が大虐殺をする必要性が分からない。

なぜ日本は南京大虐殺を実施せざる負えなかったのでしょうか?

殺す必要がなぜあったのか教えてください。

殺したのは現在の蒋介石を追いやった中国共産党なのでは?

それだと辻褄が合う。

蒋介石を追い出すためにゲリラ戦をやって南京大虐殺によって南京を奪還した。

で勢力を拡大させて蒋介石を台湾に追いやって中国人が中国の主権を取り戻した。

ハッピーエンド。

このハッピーエンドだと何が悪いのでしょう?

南京にいる日本人か中国人か分からないので中国共産党が南京にいる人間を全員中国人日本人関係なく抹殺した。

で、中国共産党が中国人によって中国の政権を取り戻すまでに中国共産党がゲリラで抹殺した総数がいま言っている南京大虐殺の人数なのでは?

当時はゲリラで何十万人も殺したので殺した数がゲリラの中国共産党の誇りだったが、政権を持ったところでその殺害した人数の多さが誇りではないと気付いたがその数字はカウントしていたので捨てることが出来ずにその殺害者数のカウントを日本軍が殺した数にすり替えた。

で南京で日本軍が中国人を殺した数として歴史に残そうと決まったが月日が経って外国が再検証する者が現れて当時の南京にはそれほど人口が居らず南京大虐殺の殺害人数と辻褄が合わなくなっている。

だが中国共産党は発表してしまった手間、当時は中国共産党がゲリラで殺した日本人と中国人と合算した総数が歴史に載せるときはカッコ良くしようとして日本軍が殺した数字にすり替えたが歴史検証されてボロが出ている状態になっているという認識で良いですか?

質問者からの補足コメント

  • 検索されると自国民にボロがバレるので閲覧禁止にしている。

    別に中国共産党が日本の売国奴の蒋介石から中国を取り戻すために南京でゲリラをやって盛った数字だと言えば中国人も良くやったと言うと思うけどなぜ言えないのだろう。

      補足日時:2017/04/15 09:06

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これと同じような質問、別のサイトでも見たような気がしますけど…



1937年の日本軍による南京占領の際に、日本軍による少なくとも万の単位の中国軍人(捕虜、投降兵など)、民間人に対する「虐殺」が存在した、というのは、すでに史実として確定しています。

有名な事例としては「幕府山事件」と呼ばれる、第十三師団山田支隊による南京城北部で行われた、大量の投降兵(当時の公式発表で1万4千人余り)に対する「裁判抜きの大量処刑」があります。

この他にも、数多くの中小規模の「事件」の存在が知られており、いわゆる「南京事件」というのは、その総称です。

いわゆる「南京事件」の「否定派」の方々は、日本軍の公文書をはじめとする日本側史料、被害者側である中国側史料、第三者的存在である欧米諸国などの史料を、十分な根拠もないまま根こそぎ「否定」し、どうしても「否定しようのない事例」については、国際法上の「合法」を主張したりしていますが、専門家である「歴史学者」に、そうした主張を支持する方はいません。

一部の国際法学者による「合法説」も、当時の南京の実情について、きちんと検証がなされていないように思われます。

第一次安倍政権により着手された「日中歴史共同研究」では、日中双方の主張がそれぞれの学術論文としてまとめられ、PDFファイルによりネット上でも公開されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_k …

日本語論文のPDFから一部抜粋。

>12月10日、日本軍は南京総攻撃を開始し、最初の部隊は12日から城壁を突破して城内に進入した。翌13日、南京を占領した。

この間、中国政府高官は次々に南京を離れ、住民の多くも戦禍を逃れ市内に設置された南京国際安全区(「難民区」)に避難し、また、日本軍に利用されないために多くの建物が中国軍によって焼き払われた21。

国民政府は11月中旬の国防最高会議において重慶への遷都を決定したが、首都南京からの撤退には蒋介石が難色を示し、一定期間は固守する方針を定めた。首都衛戍司令官に任命された唐生智は、当初は南京の死守方針であり、松井司令官の開城投降勧告を拒否したが、12月11日、蒋介石から撤退の指示を受けると、12日に各所の防衛指揮官に包囲突破による撤退を命じた22。
しかし、計画通り撤退できた部隊はわずかで、揚子江によって退路が塞がれ、中国軍は混乱状態となり、多数の敗残兵が便衣に着替えて「難民区」に逃れた23。

中支那方面軍は、上海戦以来の不軍紀行為の頻発から、南京陥落後における城内進入部隊を想定して、「軍紀風紀を特に厳粛にし」という厳格な規制策(「南京攻略要領」)を通達していた。
しかし、日本軍による捕虜、敗残兵、便衣兵、及び一部の市民に対して集団的、個別的な虐殺事件が発生し、強姦、略奪や放火も頻発した。

日本軍による虐殺行為の犠牲者数は、極東国際軍事裁判における判決では20 万人以上(松井司令官に対する判決文では10 万人以上)、1947 年の南京戦犯裁判軍事法廷では30 万人以上とされ、中国の見解は後者の判決に依拠している


一方、日本側の研究では20 万人を上限として、4 万人、2 万人など様々な推計がなされている24。このように犠牲者数に諸説がある背景には、「虐殺」(不法殺害)の定義、対象とする地域・期間、埋葬記録、人口統計など資料に対する検証の相違が存在している25。

(引用終了)

犠牲者数については様々な議論があり、上記「日中歴史共同研究」の日本側論文では、上限で「20万人」、一番少ない数字として「2万人」が取り上げられています。

実は「なかった」、あるいは数百人などのきわめて少ない数字だった、という説は、相手にされていません。

犠牲者数について少なく見積もる研究者の代表は秦郁彦氏で約4万、大きく見積もる研究者の代表は笠原十九司氏で、10数万から約20万との見解です。

「仮にこの状況を覆すというなら歴史学界での検証に耐えうるだけの仮説を用意する必要があります。」

具体的には、例えば「学術論文」等を日本学術会議に参加する「歴史学会」に提出して評価を受ける、などの方法が考えられます。

それを実行する方はいないみたいですが。

「南京事件」については、様々な思惑により、史実を無視した見解が横行していますが、実際にはしかるべき大学の歴史学の研究室ですら「事件はなかった」という主張は相手にされないのが現実です。

「南京事件」関連の写真には確かにおかしなものも存在しますが、同時代にマギー牧師が撮影したフィルムはもとより、村瀬守保氏、不動健治氏などの撮影した写真は本物と認定されています。

事件についての詳細は、ゆうさんの下記サイトもご参照いただければと思います。

「南京事件−日中戦争 小さな資料集」
http://www.geocities.jp/yu77799/

「事件はなかった」という主張は「俗説」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/15 23:31

すべて君の妄想の世界の話ですからどうでも良いです。


ただしこういったところに書かない方が身のためです。
君の世界なら中国共産党に狙われますし現実世界なら馬○にされます。
    • good
    • 1

面白いですね。

自国民に閲覧禁止の極秘書類を君が見た!なぜ嘘を言うんだ。
    • good
    • 2

本人じゃなくて側近が

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング