ブラックアロワナの9cmを90×45×45の水槽の中に産卵箱(20×9×9)を入れて飼っているのですが、
狭そうにしていたので、仕切り版を買って、巾30cmくらいのところに移しました。
しかしエサを与えるとエサの赤ヒレだけが仕切り版の隙間から逃げてしまって、エサを食べさせるのに苦労しています。
アロワナのほうは溺れることもなく、時にはろ過装置から出てくる水のほうへ行って遊んでいるくらいの余裕があります。
エサも仕切り版から逃げていない赤ヒレはすぐに食べています。
もう仕切り版を外してもよいものでしょうか?

A 回答 (2件)

こんにちは


ブラックアロワナは水質にデリケートなので、90cmの水槽にそのまま飼える余裕があるのなら(たの魚がいない)、広さはひろくてもかまいません。ショップで産卵箱で飼っているのは、ただ水槽の空きがもったいないだけなので、しきりははずしてOKです。
ただ、エサの密度がまばらになるので、赤ひれはいっぱいいれてあげましょう。(これを赤ヒレ漬けと言う)
これからが、大事な時です。
水質悪化に気を付けて、これからもがんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

saratogaさん、こんにちは!
お礼が遅れてすいません。。。
2日前から90cm水槽に単独で飼育を始めました。
最初は驚いていたようで30分ほど様子をうかがっているようでしたが、
その後は気持ち良さそうに泳いでいました。
エサの赤ヒレも上手に捕らえて食べているので、大丈夫そうです。
情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 12:54

 janis999さん、こんにちは。


 
 ブラック・アロワナのみの飼育でしたら、産卵箱もセパレーターも特に必要ありませんよ。90cmの水槽ではたしかにアカヒレを捕らえるのに多少の苦労があるかも知れませんが、アロワナがそれで餓死をすることはないはずです。
 saratogaさんがおっしゃるように一度にアカヒレを大量に放すのもひとつの方法ですが、その場合はある程度アカヒレの数が減っていた時点で、残りのアカヒレを取り出すようにするのが本来はベストです。理由は以前にお話した通りです。
 また、アロワナの仲間が本来は夜行性の魚であるという習性を利用して、照明を消して1,2時間した頃に食べ切れる数のアカヒレ数匹を放すというのも手かも知れません。アカヒレは昼行性の魚ですから、照明を消した後は体色を薄くしてよく水槽の隅の方に浮いていたりします。この時はアカヒレも動きが鈍くなっていますから、ブラック・アロワナの幼魚でも比較的簡単に捕食することができるかも知れません。
 では、失礼いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

polnareffさん、こんにちは!
2日ほど前まで仕切り版をして、45×30くらいにしていたのですが、
それをとっぱらい、水槽に単独飼育を始めました。
赤ヒレを食べるのも上手なようなので、今は楽しそうに泳いでいます。
情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q120×45×45のオバーフロー水槽の設置

質問させて頂きます。

現在大型の水槽を設置しようと考えているのですが、床の強度的な問題が気がかりになっています。

床は畳で、建物は鉄筋コンクリートの平屋建てです。
現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。

ここに壁付けで120×45×45のオーバーフロー水槽(推定500kg)を設置しても大丈夫なものなのでしょうか。
危険そうであれば90×45×45も視野に入れて検討しています。

床下の補強は無しの方向で考えております。何か対策などありましたらご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
ですが、200%(2倍)オーバーに作ることは建設費が高額になるためマズありません。
http://www.megaegg.ne.jp/~total/siryou/sekisai.html

このため、90×45×45cmや120×45×45cm水槽を居室に設置する場合は、コンパネ(180×90cm)などを敷いて、1平方メートルあたりの荷重を分散する必要があります。

> 床下の補強は無しの方向で考えております。
・損害保険(個人賠償責任保険)の加入くらいしか頭に浮かびません。
http://allabout.co.jp/gm/gc/8754/

*120×45×45cm水槽ならば、床補強と言ってもコンパネを敷くだけでOKです。
下記コンパネならば2枚重ね(約1インチ厚)でOK。
http://item.rakuten.co.jp/conpaneya/11123603/

>現在60×45×45のオーバーフロー水槽(推定200kg)を設置しておりますが、床にゆがみは特に見られず、水面も水平です。
・はい。
一般的には。。。
ある日、突然ゴソッと床が抜ける(陥没する)のです。

建築基準法では住宅居室の場合、1平方メートルあたり1800ニュートン(約180kg)で設計されています。
一般的には、長期間の負荷オーバーでも20%程度の過負荷には耐える構造に作ることが多いようです。
(住宅の建設坪単価次第、アパートなどだと建築基準法ギリギリで建てていることが多い)
です...続きを読む

Qブラックアロワナの生きエサ

ブラックアロワナを飼い始めました。
サイズは10cmくらいです。
現在砕いたクリル、乾燥赤虫、ひかりカーニバル、メダカ、ミナミヌマエビを与えています。
クリルと赤虫は食べてくれますが他は食べてくれません。
人口飼料のカーニバルは食べてくれる期待はしていなかったのですが、生きえさを食べてくれないのが気になります。
乾燥の物より、生の方が食いつきがよいはずだと思うのですが・・・
10cmくらいではまだメダカやエビは食べれないのでしょうか?

Aベストアンサー

シルバーアロワナでしたが、参考になれば・・。

アロワナですが、体形のせいか泳ぎが普通の魚よりは上手じゃない気がしました。そのため、俊敏なエビやメダカを追いきれないのかもしれません。

クリルや赤虫の他に与えるとしたら、小さなハエなどの虫の類だと思います。ウチのシルバーは昆虫のエサが大好きで、よくコオロギをあげていましたよ。ペットショップに売っています。
まだ10cmなので、コオロギは食べられないですが小さな虫なら大丈夫でしょう。虫は殺虫剤ではなく手づかみか、ハエたたきで軽くたたき生きたまま捕獲します。生きている状態で水面に落とすと水の振動でアロワナは水面のエサがわかるはず。食べるかどうか様子を見てください。
食べたら、定期的に虫のエサをあげてください。

飼育者は大変ですが、昆虫のエサは自然界ではアロワナの普通の食事らしいです。がんばれっ!

Q45cm水槽に水作スペースパワーフィットM×2

大きさ45cm、アベニー×9匹、水草少々の水槽についてアドバイスをお願いします。

現在、テトラの外掛けフィルターAT-75Wを使用しています。
ただ、見た目がごついうえに水中モーターということで
水温も多少なりとも上がっているようなので
フィルターの変更を検討しています。
(外部フィルターは置き場所がないので…)
水作のスペースパワーフィットがすっきりしていいかなと思っています。
サイトの説明書きでは45~60cm(55L以下)水槽用となっていますが
濾材の量などが少し不安なため2つ設置したらどうかと考えています。

この水槽にスペースパワーフィットM×2は適当でしょうか?
『大丈夫』や『やめといた方がいい』など、
どんなことでもかまいませんのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

水作スペースパワーフィットMは、テトラAT-75Wと同様の水槽内に設置する水中ポンプです。

消費電力はAT-75Wが約10W、水作スペースパワーフィットMが2台で5W。
仮に実稼働率が20%だと仮定し廃熱量を計算すると、
・AT-75Wの水槽内への廃熱量は6880Cal/h。
・水作スペースパワーフィットM2台の水槽内への廃熱量は3440Cal/h。
飼育水への熱量としての影響は、masacky様のご想像の通り水作スペースパワーフィットMを2台で運用したほうが少なくなります。
AT-75Wは24時間、約8Wのヒーターとして機能するわけですから、外気温が30℃以上の酷暑気だと、AT-75Wは45cm(40リットル)水槽で1.3~2.0℃ほど水温を上げる可能性があります。

しかし、水作スペースパワーフィットMのような水中フィルターは、濾過能力に疑問が残ります。
ハッキリ申し上げて、水中フィルターの濾過能力は低いのです。
45cm水槽にアベニー9匹だけならば、水作スペースパワーフィットMでも飼育可能だと思います。
ですが、アベニーの飼育に水流が必ず必要ではありません。

正直な感想は、水作スペースパワーフィットMを2台での運用と言うのもイマイチな感があります。

masacky様が、濾過能力の向上を求めているのならば、高性能エアリフト型フィルターという選択肢もあります。
高性能エアリフト型フィルターの方が、テトラAT-75Wや水作スペースパワーフィットMよりも遥かに濾過能力は優れています。

高性能エアリフト型フィルターの例:
・パワーハウス システムフィルター2A(容量500ml)ソフトタイプ
http://www.rva.jp/shop/powerhousu/2.htm
http://www.ph-clion.com/product/filter/system/index.html
・水作ニューフラワーDX
http://item.rakuten.co.jp/chanet/13591/
水作ニューフラワーDXは、必ず本体を底砂に埋没させる必要があります。

水作スペースパワーフィットMは、テトラAT-75Wと同様の水槽内に設置する水中ポンプです。

消費電力はAT-75Wが約10W、水作スペースパワーフィットMが2台で5W。
仮に実稼働率が20%だと仮定し廃熱量を計算すると、
・AT-75Wの水槽内への廃熱量は6880Cal/h。
・水作スペースパワーフィットM2台の水槽内への廃熱量は3440Cal/h。
飼育水への熱量としての影響は、masacky様のご想像の通り水作スペースパワーフィットMを2台で運用したほうが少なくなります。
...続きを読む

Qブラックアロワナ水槽について

もうすぐブラックアロワナを飼育し始めます。
ディスカスを飼っていた水槽(200L)その他一式が開いたので、大体飼育の環境は整っていいるのですが、少し気になることがあるので教えてください。

アロワナは目ダレが起こる(ブラックアロワナはならないという話も聞きますが)と聞きます。
水槽の底の反射が悪いと聞きます。
そこで、水質調整強化もかねて、ソイルを敷こうかと迷っています。

ただ、ソイルを敷くと、底の糞や食べ残しの掃除がやりにくくなり、水質悪化につながるのではないかと心配しています。

水質維持を考えるとディスカスの様にベアタンクで飼育方がいいのでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

また、苔取り、残餌対策にコリドラスかプレコを入れようと考えているのですが、どの様な種類が効果、相性から考えてよいのでしょうか?

他にも何か気をつけたほうがよいことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

度々の登場ですが「ANo.1」です。
水槽底面の件ですが、水槽の底がガラスや光を反射しやすい色だと、底面の反射により魚が落ち着かないことは確かです。ストレスが溜まる環境では食欲もなくなりますので、魚のことを考えると何かしてあげたほうがよいでしょう。比重が重い底砂を薄く敷くのが、掃除もしやすいし見た目も綺麗なのでは?流木やアクセサリーは、入れないほうがよいと言うことはないと思います。ただ遊泳スペースも狭くなるでしょうし、何より驚いた時や餌に飛びつく時に自慢の体を傷つけることがあります。そう考えるとないほうがよいのかも?なにぶんパワーのある魚なので、体当たりで体を傷つけたり器具を破損します。その辺りの対策はとらなければなりません。次に混泳魚ですが、肉食魚なので小さな魚はご馳走です。水の汚れを気にするなら、残餌対策よりも餌を与えすぎないことが大切です。残餌対策で他の魚を導入すると、比例して排泄物も増えます。結果、何の水質維持にもなりません。ただ単純に混泳させたいなら、ポリプや大型シクリッドはいかがでしょう?好みもあると思うので、ショップで聞いて見て決めるのが一番です。アロワナ君のことを考えるなら、ゆとりのある水槽で優雅に生活させてあげるのが一番ですよ。

度々の登場ですが「ANo.1」です。
水槽底面の件ですが、水槽の底がガラスや光を反射しやすい色だと、底面の反射により魚が落ち着かないことは確かです。ストレスが溜まる環境では食欲もなくなりますので、魚のことを考えると何かしてあげたほうがよいでしょう。比重が重い底砂を薄く敷くのが、掃除もしやすいし見た目も綺麗なのでは?流木やアクセサリーは、入れないほうがよいと言うことはないと思います。ただ遊泳スペースも狭くなるでしょうし、何より驚いた時や餌に飛びつく時に自慢の体を傷つけることがあり...続きを読む

Q90×45の水槽について

90×45の水槽をいただいたのですが、
水槽に水を入れて見ると、かなり重そうです。
だいたい重さは何キロぐらいあるのですか?
また室内の床は大丈夫でしょうか?
ちなみに家は公営住宅の5階です。

Aベストアンサー

ご質問者様の主旨で有る重量的な事は他の方々からのアドバイスで十分ご理解されたことと思います。

主旨とは別になりますが、共同住宅にお住まいの様ですので一つアドバイスさせてもらいます。

水槽の重さの中で水の容量が占める割合ですが大凡170~180リットルの水が入ります(故に水の重さも170~180kg)
もし万が一水槽が割れたりして水漏れを起したら… ドラム缶一本近い水が階下に漏れる可能性が有ります。

一階にお住まいなら被害は最小限で済みますが階下に住居が有る場合は… 少ない水漏れなら階下まで染み渡る事も少ないですが、もし全ての水が染みてしまったら・・・恐らく階下の室内には大雨になるでしょう。
その場合弁償する事になります(室内のクロスやら天井材等々、またテレビなどの家電製品にも至ります。)

上記は建物の構造でも左右されます。公団にお住まいの事ですので建物の構造もRCコンクリートかと思いますので階下とは床がコンクリートで仕切られているので階下に染みずに済む場合も大きいとは思いますが一応水槽の状態も確認しておく事をお勧めします。
中古水槽などは移動などによる影響などで特に接合部分の劣化等起き易いです。

既知でしたらスルーして下さい。

ご質問者様の主旨で有る重量的な事は他の方々からのアドバイスで十分ご理解されたことと思います。

主旨とは別になりますが、共同住宅にお住まいの様ですので一つアドバイスさせてもらいます。

水槽の重さの中で水の容量が占める割合ですが大凡170~180リットルの水が入ります(故に水の重さも170~180kg)
もし万が一水槽が割れたりして水漏れを起したら… ドラム缶一本近い水が階下に漏れる可能性が有ります。

一階にお住まいなら被害は最小限で済みますが階下に住居が有る場合は… 少ない水漏れなら...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報