今A型事業所に通所して清掃員として働いていて、同じ現場の40代の人に威圧的な態度を通って何ヵ月も前からとられていて、精神的ストレスとトラウマと体調不良で4週間休んでいて来週の月曜日から久しぶりに出勤なんですが、今日その人と月曜日から同じ現場で働かなきゃいけないと思うと憂うつとストレスで吐いてしまって体調が悪いです。上司に「40代の嫌いな人と違う現場で働きたいです」と伝えたら「暫くは無理だよ」と言われていて、どうしたら良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

世の中にはそういう人が多いですね。


不思議ですけど、どの職場にも必ずそういう人が一人は絶対にいますよね。
なんか蟻の組織と同じで、人間の組織もそういったことはあるのでしょうね。
自分もかなりつらいですが、自分に集中して仕事を一生懸命やって、気にしないようにしています。
お互いに頑張りましょう。
    • good
    • 0

その人はあなたより 子供なんですね。


心が幼い 未熟な人です。
人が嫌と思うことをしてしまう精神が未発達
考えが足りないのですね。
かわいそうな人ですね。
あまり かかわらないようにしましょう。
    • good
    • 0

辛いですね



私は戦力外扱いされ、辛い思いをしてます。

これだけは自信もって言います。
40代の嫌いな人が悪意での攻撃でなかったら、その人を信じてあげてください。

悪意での攻撃だったら話が違ってきます。
そうなると第3者の力が要りますよ。
    • good
    • 0

自分のしている質問ですが、よければ少し考えてもらえませんか?


https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9706790.html
    • good
    • 1

清掃は人と関わらなくて済むので 有名女優さんもされていたようですね


可能なら 同業でも転職とか
無理し過ぎて 身体壊すと損ですし・・
頑張れるなら 頑張って・・
    • good
    • 1

自分はそういう人のことを見下す?と言うといい方が悪いですが、そんな感じに思うと気持ちが楽になります


威圧的な態度を取られたら自分に嫉妬してるのかな〜みたいに捉えたり
ガキの相手とかしてられんわ(´・∀・`)ヘッ
みたいに思ったりすればいいかと
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

回答ありがとうございます。
けっこう真面目にとらえてしまうので、自分で言うのもおかしいのですが、僕は精神疾患を患っていて心が弱いので思い悩んだりストレスになったりトラウマになって辛くなってしまいます(T-T)

お礼日時:2017/04/15 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画と精神分析との共通するところ

お世話になっています。


映画と精神分析が共通しているところがあるのが、
共通するところがあるとしたら、どこにあるのか、
というより、精神分析と映画とは、同じものではないのか、
という疑問にどなたかお答えください。


下記のようなページをみつけたのですが、
「映画と精神分析は同級生」http://www.akuzawa.net/?p=2031
誕生した時期が同じとの指摘があるばかりです。

ベラ・バラージュの「視覚的人間」(岩波文庫)を読んだときに、
カメラの視線とは、そのまま精神分析による第三者の視点である、
ということが書いてあったかと記憶しています。


私がお聞きしたいのは、
「精神分析を扱った映画」でもなく、
「映画を精神分析で批評する」ことでもなく、
同じ時代に生まれた両者の共通する土俵というか、
思想史的に共通する幹のようなものを教えていただきたいのです。

よろしくおねがいいたします。


Aベストアンサー

いまのわたしたちは映画を見ることがもはやめずらしいものでもなんでもなくなり、映画館で見ることすらまれになっています。そのため、映画が登場したとき、いったいどのような衝撃を人びとに与えたのか、理解することが逆にむずかしくなっています。

けれども、映画誕生からほどない時期のベルクソンの『創造的進化』から始まって、バルトやラカン、ジジェクなど、非常に多くの思想家が映画について、考察し、言及しています。つまり、それくらい「映画」というのは、わたしたちのものごとの見方を根本から変えてしまったものだったといえるでしょう。

それを知るためには、そもそも映画というのはどのようなものなのか、ほかの、たとえば小説や、写真や、絵画とどのようにちがっているのかを、もう一度考えてみることが必要かもしれません。

たとえばベンヤミンは『複製技術時代の芸術作品』のなかで、

「人間の歩行について、大まかにではあれ誰でも説明できるのが、通例だとしても、足を踏み出す何分の一秒かの瞬間の動きについては、ひとはたしかに何も知らない。ライターや匙をつかむおなじみの動作について、ぼくらは大まかには承知しているものの、そのさい手と金属とのあいだに本来どういうことが生じているのかは、ほとんど知らない。まして、ぼくらの心理状態の差異に応じてその点が堂微妙に変化するかなど、分かってはいない。こういうところにカメラは、そのすべての補助手段――パン・アップやパン・ダウン、カット・バックやフラッシュ・バック、高速度撮影や低速度撮影、アップやロング――をともなって、介入してゆく。精神分析によって無意識の衝動を知るように、ぼくらはカメラによって初めて無意識の視覚を体験する」(p.176-177 野村修訳「複製技術時代の芸術作品」 多木浩二『ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』所収)

と、映画による映像というものがどういうものであるか、精神分析とパラレルな関係にあるものと位置づけて、読み解いていきます。

では、どうして映画はこのように

> 精神分析による第三者の視点

として語られるのでしょうか。

このご質問には、以下の文章が参考になるのではないかと思います。

「映画を見るときに、われわれは映画館の闇のなかに座る。すると、われわれの背後から一筋の光が投げかけられて、それが前方のスクリーンに実物大の、いや、それ以上の大きなイマージュを投影する。そして、そのイマージュは、運動するリアルなイマージュであるのだが、しかし現実にはけっしてありえない仕方で断片化されており、その断片がモンタージュされているのである。

 こうしたイマージュの投影の一切は、実は夢に似通っている。つまり、夢が、闇のなかでわれわれの無意識という背後の光源が投影するモンタージュされたイマージュの連なりであるのと同じ構造を映画は備えている。映画とともに人間ははじめて、夢というみずからの無意識の秩序と共延長的なメディアを確立したのだとも言えるのだ。(…略…)

映画を見るとき、われわれは、あたかも無名の誰かの夢を、無名であるがゆえにまたわたしの夢ともなりうるような夢として見るのだ。そこには、夢の分有という無名のコミュニケーション、ほとんど神話の生誕にも比すべき、無名の共同性の出現がある。すなわち、映画が夢であるとしても、その夢は、現代の社会におけるある種の共同性に裏打ちされた神話性の誕生としての夢なのである。」(p.118-119 小林康夫「映画」『哲学の木』所収)

以上、何らかの参考になれば幸いです。

いまのわたしたちは映画を見ることがもはやめずらしいものでもなんでもなくなり、映画館で見ることすらまれになっています。そのため、映画が登場したとき、いったいどのような衝撃を人びとに与えたのか、理解することが逆にむずかしくなっています。

けれども、映画誕生からほどない時期のベルクソンの『創造的進化』から始まって、バルトやラカン、ジジェクなど、非常に多くの思想家が映画について、考察し、言及しています。つまり、それくらい「映画」というのは、わたしたちのものごとの見方を根本から変え...続きを読む

Q作業所A型に今年から通所し始めました。責任者がしっかりしてなくて、精神の人の病名や症状を皆に言ったり

作業所A型に今年から通所し始めました。責任者がしっかりしてなくて、精神の人の病名や症状を皆に言ったりしかも利用者や支援員も同じように笑って馬鹿にしてしかも同じ精神の人も馬鹿にされてる人を笑っています。私は笑わないし、笑う方も笑わない方もいます。その馬鹿にされた人は好きで病気になったんじゃないと思います。何度も言ってるのに私は言ってないら色々言い訳をするので、責任者にはっきり言ってやりました。プライバシーは守られてる筈なのに。しかも責任者は支援員に指導しとくわとか言って逃げたのでしっかりして下さいねと言ってやりました。言い訳を沢山するのです。とてもむかつきました。自覚がなさすぎなので、今後もはっきり言ってやろうと思います。私はおかしくないですよね。責任者が間違ってますよね。どう思いますか?

Aベストアンサー

再度の投稿をお許しください。
市役所に言うのは、今すぐでも遅くはありません。
「何かあった時」が「今」だからです。

Q精神病を題材にした映画

精神病を題材にした映画を教えてください。
心理描写が秀逸な作品とかあったらそれも。
伝えづらいのですが、ちょっと狂ってるような映画が見たいです。
ジャンルは問いません。
映画好きな方、よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「17歳のカルテ」
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD1456/index.html
精神病棟の思春期の少女たち

「KOTOKO」
http://www.makotoyacoltd.jp/kotoko-movie/
幻覚と現実、育児と精神病棟


「ルームメイト」「ミザリー」
精神病というよりサイコサスペンスだけど…

Q病院勤務の人が体調不良になっても休めない?

『体調が悪いので今日はお休みします』

と,病院に行きながらお休みを頂いたのですが…


でも…もし自分の勤務先が病院

しかも,種々の科がある総合病院だったとしたら…


体調悪いなら なおさら(勤務地である)病院に来なさい
ってなるのでは?なんて想像してしまいました

単なる病休中の他愛ない想像かな?なんて思ってたら
結構真面目に考えると,なかなかあり得るかも?とも…

実際に総合病院勤務の人はこんな事ってあるのでしょうか?

今日は休んでいいから、患者として来るように

ありがたいやら、怖いやら…

Aベストアンサー

妻が総合病院勤務です

時間に余裕がある場合は、院内の別の科へいくことはありますが、
「体調悪い」程度では行きません、いや、行けません。
そんなに人員に余裕はないはずですから。
どの病院でも人出足らずですから、体調悪くても当然出社、
よっぽど、ノロウィルスやインフルエンザにでもならない限り、
ただの風邪程度で休むことはできません。

妻は、先週インフルエンザになり、2日だけ有給使わせてもらえました。
それも、そのかわりに今週日曜出勤で相殺ということで、今週は2週休みなしとのことです。

Qハリウッド映画に武士道精神を表現した物が多いですが

ハリウッド映画に武士道精神を表現した物が多いですが、いつ頃からなのでしょうか?

Aベストアンサー

割と最近ですね。ハリウッドはラストサムライ。欧州ではキルビル辺り
からでしょうか。基本的にハリウッドは慢性的なネタ切れです。
それで莫大な興行収入が見込める日本人向けにテーマを移してきてる
というのが真相ではないでしょうか。

Q体調不良と涙

長文ですみません。

先日、アルバイト先の友達が勤務途中で早退しました。

体調不良と言っていたのですが、そのとき号泣していてすごくびっくりしました。

その子は普段から大人しくて色々溜め込んでいそうで心配です…



体調不良っていう理由だけで泣いてしまうことはあるんでしょうか?

みなさんの身近でこんなことが起きたらどう思いますか?

Aベストアンサー

病は気から。ということわざがあるくらいなので、

質問者様の言う通り、色々溜め込んでいそうな様子でしたら、

体調不良は精神的な面から来て、精神的な理由で泣いていたのだと私は思います。


身近でいたら…次会った時に、心配してるよ。何か相談して欲しいことがあったら言ってね~。という素振りを見せて笑顔て迎えます。

Q精神障害者手帳で映画のチケットを買い、映画の上映時間までに具合が悪くなってしまったら、キャンセルして

精神障害者手帳で映画のチケットを買い、映画の上映時間までに具合が悪くなってしまったら、キャンセルしてお金返してもらえますか?

Aベストアンサー

私の知る限りでは、購入後に体調不良によるキャンセル返金できる映画館はないですね。
そういう可能性が高い場合は、映画館の上映時間直前に購入されることをお勧めします。

Q体調不良での休部から「いじめ」に

高校1年生の長男のことでの投稿です。
長男は県立高校で野球部に入っています。
先月の中旬から、原因不明の微熱が続き、部活を休むことが多くなっていました。
それに加え、体育の授業での長距離走で過呼吸になり、それが原因かは不明ですが、右手の握力が弱くなり、さらに部活を休むようになりました。(病院にて精密検査を行いましたが、本当に握力が弱くなっていました)
部活を休むことで、同じ1年生の部員から、「ズル休みだ」として無視されるようになり、部活に行きにくいそうです。
体調が整うまで、しばらく休部するように言いましたが、本人も迷っています。
昨日、午前中に妻と病院に行き、午後から学校に行ったと思ってましたが、学校に行ってないことも分かりました。
そっとしておいた方がいいのか、何らか対処した方が良いのか迷っています。
どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

まず「病気」それも「本人以外に認知してもらうのが難しい症状」の場合、他人はその状態を「軽く見がち」になります。
特に団体行動を旨とする部活動や、会社などの場合、その傾向は顕著です。
自分が抱えている問題の大きさ…特に今回の場合は
1、原因がハッキリしないことでの将来への不安。
2、同じく、治療法が確立しないということの不安。
などの個人的な病気に対する恐怖感と
3、回りからの無理解。
4、自分が足を引っ張っているのじゃないか、という義務感。
などの、社会の一人として感じている不安感があります。
それに加えて
5、「何で自分だけが?」という取り留めの無い不安感・厭世観。
が発生します。

今は「非常に、大変に大切な時期」である、と強調しておきます。
逆に言えば、今きちんとした処理を取っておくことが、将来を決めるといってもいいでしょう。
それくらいに大事な時期です。

まずは「原因がわからなくても、私たちがいるからね?」と機会があればきちんと話し、寄り添っていくよ、という態度を明確にすることです。
最後の綱は、やはり「家族」ですから。
また「青少年期・青年期」というものは、自分の「自我」が育ち始める時期でもあります。
自分が飛翔していこうという時期に、原因不明の病気にかかるという、精神的な恐怖感は半端なものではありません。
「このまま飛べないかも?」という恐れが、大人の想像を絶するほど大きいのです。

私は思い切って部活を長期休部、もしくは辞めさせるべきと考えます。
一度は絶望的になりますが、新たな道はいづれにせよ模索していかなければならなくなるからです。
未練を残さない、ということも、時には必要だと考えます。

精神的なバックアップを「家族・学校・友人」の三者で、出来れば連携して進めてください。
部活動が出来なくなった、というショックはしばらくは残るはずです。
そのショックを和らげるために、ある意味学校側にも気を使っていただき(私は当然のことと思いますよ)、学校側が息子さんの友人を把握してるなら、秘密裏に呼び出して「気を使ってあげてね」とお願いするのです。
三者が結託することで、彼の世界は「大きからず、小さからず」を形成できます。
彼にとっては身近に支えてくれる壁があることが、何よりも安心できるのです。

原因不明の病気は、長い時間がかかります。
ですからつい周りも絶望的な気分になりますが、本人には「みんなと同じ」という意識があるし、それを無くしてはいけないのです。
親として進学や将来のことが「予定通り」という願望がおありだろうとは思います。
そしてそれを「保持」することは、おかしなことではないのですが、ただ「ルート」が少し変わること、違った道を本人が模索していくことを、あまり詮議しないようにしてあげてください。
なによりも本人が一番「みんなと同じ」を望んでいるからです。

どんな病気にかかろうとも、親子であることには「何の違いも無い」わけですから、病気と寄り添うように暮らしていくことは決してマイナスではありません。
「人には人の生き様があり…」なのです。

まず「病気」それも「本人以外に認知してもらうのが難しい症状」の場合、他人はその状態を「軽く見がち」になります。
特に団体行動を旨とする部活動や、会社などの場合、その傾向は顕著です。
自分が抱えている問題の大きさ…特に今回の場合は
1、原因がハッキリしないことでの将来への不安。
2、同じく、治療法が確立しないということの不安。
などの個人的な病気に対する恐怖感と
3、回りからの無理解。
4、自分が足を引っ張っているのじゃないか、という義務感。
などの、社会の一人として感じてい...続きを読む

Q精神病院を舞台にした映画を教えてください。

邦画・洋画問わず精神病院を舞台にした映画を教えてください。
レナードの朝や17歳のカルテなど・・・。

Aベストアンサー

ある意味では現在上映中の『エンジェルウォーズ』も…

あとは文字通りの
『マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって
演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺(67)』
『マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に
頭蓋骨病院で戦いを挑んだか(84)』

ちょっと異質な『まぼろしの市街戦(67)』
あとはおまけで

蘭の肉体(74)
変形された病院(78)
カルメンという名の女(83)
セブンビューティーズ(76)
アデルの恋の物語(75)
イリュージョニスト(83)
南東から来た男(86)
扉の影に誰かいる(71)
愚か者の日(89)
エンジェル・アット・マイ・テーブル(90)
ミスター・フロスト(90)

Q精神的ストレスのことで、

精神的ストレスのことで、
以前、ここで質問させてもらいました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6145181.html

最近、再び体調を崩してしまい、なかなか朝は起きれません。
病院の内科には行き、診察してもらいました。精神的なストレスがあるということでした。
より詳しく調べてもらうために精神内科に行こうと思っています。
自分がこのような症状になるとは思ってはいませんでした。
これまで人間関係ではそれなりに上手くこなせてきた方だと思っています。
しかし、このような症状になるのはやはり、私が弱い人間なのでしょうね。
まだ、学生なのでこれから社会へ出れば人間関係で苦しむことがあるでしょう。
しかし、学生の頃からこのようなことで苦しんでいては、もう私はお終いでしょうね。
このよう状況でもどうすれば前向きに生きていけるでしょうか?
このようなことを質問して申し訳ございません。

Aベストアンサー

ひとつずつお答えしようかと思います。

<しかし、このような症状になるのはやはり、私が弱い人間なのでしょうね。

違います。相手が悪かったです。そもそも、貴女だけをターゲットにして苛めてきた教授というのも病んでいます。心の病んでいる人は酷いやり方で自分の歪んだ感情をぶつけてきます。石ころをぶつけられて痛くない人はいませんよね。傷を受け、血が流れることもありますでしょう。今、貴女の状態がまさにそれです。

<しかし、学生の頃からこのようなことで苦しんでいては、もう私はお終いでしょうね。

とんでもない。終わっているのはその先生です。貴女は今、酷い目に遭って一時、へこたれていますが必ず傷の癒える時が来ます。回復したら今回のことを貴重な体験として理解して社会に出た時の足がかりとすることが出来るでしょう。

<このよう状況でもどうすれば前向きに生きていけるでしょうか?

今すぐにと焦らないことです。大丈夫、心というものは人が考えている以上に繊細な面もありますが、又、不死身な一面も持っています。精神内科か心療内科か行かれてみて、治療を受ければ必ず回復されると思います。何故なら質問者さまの心の中から問題が生じてきたのではなく、他人からの虐待のような扱いで落ち込みが来ただけですから時間も癒してくれますし回復すると信じてください。

貴女よりはもう少し、後でしたが病気の人に同じような目に遭わされて来た者として言いたいと思います。
まあ、その教授と言う人は殆どの割合でおかしい人だと思って良いと思います。
私の入っていた趣味のサークルの指揮をしていた人物も似たような人で、私だけではなくサークルから多くの人を追い出したのですが、後でこの人が重い鬱病で入院歴があることがわかりました。

貴女を阻害しているのはその教授ではなく、教授の人格障害、あるいは何らかの精神疾患と思い、まともな人だと思って持つ怒りは遠ざけた方が利口です。

一日でも早く、元通りの質問者さまになれて、明るい生活が戻られますようにと思います。

ひとつずつお答えしようかと思います。

<しかし、このような症状になるのはやはり、私が弱い人間なのでしょうね。

違います。相手が悪かったです。そもそも、貴女だけをターゲットにして苛めてきた教授というのも病んでいます。心の病んでいる人は酷いやり方で自分の歪んだ感情をぶつけてきます。石ころをぶつけられて痛くない人はいませんよね。傷を受け、血が流れることもありますでしょう。今、貴女の状態がまさにそれです。

<しかし、学生の頃からこのようなことで苦しんでいては、もう私はお終いでしょう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報