66番の(3)の質問です。回答の解説で
図1での内部空気の圧力はP0+ρghと書いてあったのですが、外力Fはどこへいったのでしょうか?
おそらく浮力の考え方ができてないと思うのですが...

「66番の(3)の質問です。回答の解説で 」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質量Mの円筒には下向きに重力Mg(エムグラムじゃないよ!)がかかっています。


※簡単にするために内部気体の質量は無視していますね。
図1のような状態「底面?が水面と同じ」にするために必要な力が外力ですね。
※(1)の問題
この状態で静止させるための条件が「浮力=重力+外力」です。
このときに、「たまたま円筒内の水面がdとなった」というだけのはなしであり、浮力を決定するためには必要な項ですが、基本的に外力とは関係ありません。
>図1での内部空気の圧力はP0+ρgh
正確には、「ρgd」ですね。

>外力Fはどこへいったのでしょうか?
どこにも行ってません。
きちんとかかっていますが、関係ないから出てこないだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話になってます。浮力の釣り合いは少しひねった考え方なので模試で活用できるよう特訓します!

お礼日時:2017/04/21 20:44

F とは、最初の図1で「円筒の上端が水面の高さのときに、それを保持するために円筒を沈めておくために加えている力」ですよね?



円筒が「少し沈んだ状態」で静止状態を保つには、「下向きの力」と「上向きの浮力」が釣り合う必要があります。
「下向きの力」には、円筒自体の重量による「重力」と「下に引っ張る外力」とが必要です。もし、円筒自体が非常に重ければ、これだけの空気では浮かび上がらないので、外力は「上に持ち上げる力」になります。

つまり
 下向きの外力 + 重力 = 浮力
ということです。なので、(1)では
 下向きの外力 F = 浮力 - 重力
ということになります。
ここで「浮力」は、「その体積が押しのけた水の重力」に相当します。

さらには、図2のように円筒上端を深さ h まで沈めるのにも、下向きに力を加えないといけません。

ただし、このときの「外力」は「円筒の位置を保持する」あるいは「円筒を浮力に逆らって沈める」ための力であって、「水の深さによる圧力(水圧)」とは何の関係もありません。
水圧は、「浮き上がろうとする浮袋」にも「沈もうとする沈没船や鉄の塊」にも、同じ深さなら同じ水圧がかかります。その物体が浮くのか沈むのかとは無関係で、水深だけで決まります。

図1では、「深さ d 」の水面で、中の空気の圧力と円筒内の水面の圧力が釣り合っています。中の空気の圧力は、大気圧(1気圧)に水深 d 分の水圧(水柱の重力)が加わったものです。

これに対して、図2では、円筒の上端の水深 h に空気層の厚さ (1/2)d を加えた深さの水面で圧力が釣り合っています。なので、中の空気の圧力は、大気圧(1気圧)に水深 [h + (1/2)d ] 分の水圧(水柱の重力)が加わったものです。

図1と図2の「水圧」の違いが、中の空気を圧縮して体積を (1/2) にしているのです。

そして、図2では中の空気が圧縮されて体積が (1/2) になったことで、「押しのけた水の体積」が減っているので、その分だけ浮力も減っています。
つまり、図2では、
 下向きの外力 F = 浮力 - 重力 = 0
になったということなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。とてもわかりやすい説明で助かりました。

お礼日時:2017/04/21 20:42

P0,ρ,gは予想がつくのですが、hは何を表す文字ですか?


残念ながら、テキストが見えません(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございますm(._.)m撮影下手ですみません(苦笑

お礼日時:2017/04/21 20:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Q面積速度一定の法則の証明について

惑星の動径が微小時間 ∆t に掃く扇形の面積 ∆S は微小時間の角度変化を∆θ とすると

∆S = 1/2×r × r∆θ

となっているのですが惑星の運動は楕円運動であるからrΔθの半径rは一定ではないのにrΔθで弧の長さを表しているようですがいいのですか?

それとも、微小時間であるから半径を感じしているのですか?

教えてください

Aベストアンサー

そうです、微小時間だから、r は一定と考えています(^^)
1/2×r × r∆θ=(1/2)r^2・Δθ
となりますが、
扇形の面積は
(1/2)r^2・θ  θ:扇形の中心角
でしたね(^^)
微小時間だから、この式で楕円の扇形(?)の面積を表しているわけです(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

Aベストアンサー

質度????
質量かな?
慣性を表す量。同じ力で押した時、より動きずらい場合は質量が大きい、簡単に動くなら質量が小さい。
質量=力÷加速度で表される。

無重力の宇宙空間に質感も大きさも同じ球があって、1方は木、他方は鉄である時、木か鉄かを見分けるには押してみれば解ります。
木なら簡単にスッと動く。鉄なら押しても重くてスっとは動かない。

密度:質量÷体積

比重:水の密度を基準として、密度÷水の密度、が一般的に言う比重。

Q高校数学A 循環小数についての質問です!

分数をm/nで表すとします。nの素因数が2,5以外のものがあるときに、m/nは無限小数にはならずに循環小数になる理由を教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

>>整数になったらなぜ有限小数なのかがイマイチわからなかったのです。
循環が無限に続くなら、有限の10ᵏを掛けても整数に成らないでしょう?

例えば、0.1234なら、=1234/10000の事なんだから、10000を掛ければ1234。
0.123412341234・・・・なら、10の何乗を掛けたって、小数点以下が残る。

>>鳩ノ巣の原理というやつですか?
そうです。

赤100枚、青100枚、黄100枚のカードが入ってる袋の中から、適当に4枚取ったら、同じ色のカードが必ず混じる。って事です。

Q「電圧降下」とは?

キルヒホッフの第2法則(物理学)で「電圧降下」という言葉が出てきます。

「電圧降下」とは、どのようなものかできるだけわかりやすく教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

電圧の高いところから電流が流れ、電流が抵抗を通ることにより「抵抗に発生する電圧」分だけ「電圧が下がる」ということです。

人間が、そういう風になるように、「電流」「電圧」「抵抗」というものと、その相互の関係を決めただけの話です。

Q画像のコイルの誘導起電力の問題で答えが(4)なのとその理由も分かるのですが解説に 「なお、2と5はt

画像のコイルの誘導起電力の問題で答えが(4)なのとその理由も分かるのですが解説に

「なお、2と5はt2およびt4でe=∞となる」

と書いてあります。これはΦをt2、t4でいきなり0にしたのでコイルに(逆向きの)誘導起電力が発生するという意味だと思うのですが、
だとするとなぜ(1)の選択肢のt2、t4でe=∞にならないのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
もちろんOKです・・・でないと、(2)、(5)で言っている事と矛盾しますからね(^^;)

Q雑魚 様 この問題の解き方を教えてください!! 全くわかりません。 今テスト前で焦ってます。。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9639356.html?from=myanswer

の問題で、解答を入力しようとしたら、ブロックされてしまいましたが、
メネラウスの定理を使えば、一発で出てきますが、どうでしょうか?よろしくお願いします!

三角形BCMに対して、メネラウスの定理を適用すれば、
(BP/PC)・(AC/MC)・(BQ/QM)=1 より
(1/2)・(2/1)・(BQ/QM)=1 ∴BQ=QM …Ans

Aベストアンサー

当人でなくごめんなさい。
最初は「雑魚回答者ども、さあどうだ俺より美しく説いてみろ!」の挑戦状かと思いましたよ。

確かに美しい解き方ではありますが、私が高校生の時は、
証明問題で「メネラウスの定理」は使用できないと言われました。
今はもう使用していいのでしょうか?

「BQ:QMを求めなさい」のような問題で、まず答えが欲しい場合は良いかもしれません。

こちらからはリンクを貼って元の質問は分かりますが、向こうの目に付くかは疑問ですね?
せめて、同じ「計算機科学」カテゴリーで投稿すればまだ、未解決の問題があるのでみるかもしれませんね。
この質問以降も回答されているようなので、その回答ついでにこっそり紛れ込ましてみては?

>解答を入力しようとしたら、ブロックされてしまいましたが、
ブロックされたのではなく、単に締め切られたのでしょう。
気の早い質問者さんもいますね。
私も30分以上かけて書いた回答が投稿できなかったときは、かなりへこみましたが、最近ちょっと復活してます。

Q不確定性原理の解説に測定限界という概念が必ず出てくる理由を教えてください。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるのは、ハイゼンベルクが不確定性原理(解釈)についてパウリに送った書簡、その後彼がボーアをはじめとするコペンハーゲン重鎮に対する説明が元になっていると想像できます。
疑問1:光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前。 こんな概念は数式の解釈とは何の関係もないでしょう? ハイゼンベルクは何故、こんな「とんちんかん」な書簡をパウリに送ったのでしょうか?
疑問2:天才パウリは何故こんな「とんちんかん」な書簡の中身から、「単一」量子に関する確率解釈という突飛な概念を理解できたのでしょう?
疑問3:こんな「確率解釈」しなければならない奇妙な状況におかれたら、普通ならば理論の前提(ドブロイ)を疑うのが当然でしょう? 1927年当時、左記解釈を裏付けるような実験的検証があったという話を知りません(有名な「二重スリット実験」は1961年です)。 実験的な裏づけが皆無な状況で、こんな奇天烈な解釈がまかり通るようになったのはどうしてなのでしょうか?
疑問4:未だに、不確定性原理の解説に光子をぶつける概念を用いるのは何故でしょう。 論点のすり替えではないのですか?

量子論に関する歴史を中心に片っ端から調査したのですが、いまだ納得できません。 上記疑問には、当方理解不足、誤解があると思われます。 ご専門の方、是非ご指摘とご指導をお願いいたします。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるの...続きを読む

Aベストアンサー

まず、観測にかけるという事抜きには不確定性を述べることはできません。
もちろん、不確定性原理は観測とは関係ない理論的な所から出てくるわけですが、
実際に観測するからこそ、重要な内容を含んでいると言うことですね(^^)
だからこそ、ハイゼンベルクは実際の観測を想定して、理論の正当性を述べる必要があったと言うことです。
「光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前」とありますが、
これは、位置が決まっていると考えていますよ。
もちろん量子論に従って、光子もぶつける対象(粒子など)も波動性をもっており、実験前に位置を確定させることはできません。
「位置がずれる」事が問題なのでは無く、光子と粒子が衝突する位置が確定できない事が問題なのです。
あとは、有名な話でもありますし、ハイゼンベルクがここから運動量の不確定性をどう考えて、
どのように自分の理論の正当性を述べたかを振り返ってみてはいかがでしょうか(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q自己インダクタンスについて、画像の問題で補足のように計算したところ間違えていました。 計算のどこの部

自己インダクタンスについて、画像の問題で補足のように計算したところ間違えていました。

計算のどこの部分の考え方を間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

環状鉄心コイルの自己インダクタンスは
 L = μN²S/ℓ
で表されます。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/yuudou/jiko.html

最初に書かれているものの自己インダクタンスは
 L1 = μN²S/ℓ

後半の自己インダクタンスは
 L2 = μN2²S2/ℓ2

 N2 = (2/3)N
 S2 = S/2
 ℓ2 = 2*ℓ
なので
 L2 = μ[(2/3)N]² *(S/2)/(2*ℓ)
  = (1/9)μN²S/ℓ
  = (1/9)L1

ということで「(2) 1/9」です。

手書きのものは、何をしているのかよくわかりません。

Q物理学の計算式など わかりませんが。 【神の数式】見ていて 素粒子の重さは0だけど ヒッグス粒子で重

物理学の計算式など わかりませんが。
【神の数式】見ていて 素粒子の重さは0だけど ヒッグス粒子で重さが生まれる…て 全く意味不明なので どんな事。


1キロの米 も 10キロの米 も 0だけど ヒッグス粒子で重さの解明 形の解明とか 解りやすく教えて。

Aベストアンサー

No4です(^^)
その気持ちというか、考えというか・・・よ~く分かります(^^;)
一体全体、この世界って、どーなってんの?って、考えれば考えるほど分からなくなります(~~;)ウー
しかも、実はこの世は10次元だとか11次元だという説もあってりしますね(^^A)
・・・今のところ、”そんなこと、絶対に信じないぞ!!”って気分です(^^;)
もしかしたら、神様に走った方が頭はスッキリしそうですが、
やっぱり、宗教に鞍替えするは嫌だなぁ~(^^A)
でも、謎が多い方が面白いって言えば、そうですよね(^^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報