ガス相関法を用いた装置を初めて使用することになったのですが、
動作原理を読んでも難しくて良く分かりません。
どなたか分かりやすく教えて頂けませんでしょうか?

説明書によれば

>GFC(ガス相関法)法は、測定対象ガスのIR(赤外)吸収スペクトルの微細構造を、サンプルガス中に存在する成分ガスのIR吸収スペクトルと相対させることが基本原理である。

とあるのですが…
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

装置の概略が理解できましたので、私なりに、一応簡単に説明させていただきたいと思います。



この装置は、サンプルガス(N2およびN2Oの2成分系)の両ガスの混合比を、
簡便かつ鋭敏に検出する方法だと理解いたしました。
この測定方法の基本原理は、通常のIR吸収スペクトルと全く同じで、
サンプルガスのIRの透過率から吸光度を求め、濃度に換算するといった方法です。
では、一体何が違うかといえば、それは検量線を引かずに、
しかも、試料のモル吸光係数も必要ないという点です。

次に、私が想像している光学系を示します。

IR光源(ハロゲンランプなど?)
→ チョッパ(光を通したり遮ったりする=回転ガスフィルタと連動)
→ 回転ガスフィルタ(高濃度のN2OおよびN2とを交互に高速に入れ替える)
→ バンドパスフィルタ(IR領域のモノクロとして利用)
→ 多段反射セル中でサンプルガス(ガスを何度も通して吸光量を多くする)
→ ホトマル(サンプルを透過したIR光を検出)
→ ロックインアンプ?(回転の周波数と同期した信号成分をロックイン)

簡単に言えば、N2Oによって吸収されないIR光と、N2によって吸収されないIR光とを、
交互に試料に照射し、試料によるIR吸収を測定するという仕組みです。
検出される光強度の変化量と試料の混合比との関係について、
以下、説明のために3通りに分けて考えます。

1.試料(サンプルガス)が真空であった場合(仮想的)

回転ガスフィルタがN2Oであった時、試料は真空と仮定しているので、
ガスフィルタによる高濃度のN2Oの吸収のみが検出されます。
この時の検出光強度をI1とおきます。

回転ガスフィルタがN2であった時、試料は真空と仮定しているので、
ガスフィルタによる高濃度のN2の吸収のみが検出されます。
この時の検出光強度をI2とおきます。

よって、回転の動きと連動した光強度の変化は、 |I1-I2| になります。

2.試料(サンプルガス)がN2Oであった場合

回転ガスフィルタがN2Oであった時、試料が吸収するべき光は、
すでにガスフィルタによって完全に吸収されてしまった後なので、
検出される光の強度は真空のときと変わらず、I1のままです。

回転ガスフィルタがN2であった時、試料中のN2Oが入射光をさらに吸収し、
光強度はI2よりもさらに小さくなります。これをI2'とおきます。

よって、回転の動きと連動した光強度の変化量は、 |I1-I2'| になります。
I2>I2' ですので、光強度の変化は真空のときよりもさらに大きくなります。

3.試料(サンプルガス)がN2であった場合

回転ガスフィルタがN20であった時、試料中のN2が入射光をさらに吸収し、
光強度はI1よりもさらに小さくなります。これをI1'とおきます。

回転ガスフィルタがN20であった時、試料が吸収するべき光は、
すでにガスフィルタによって完全に吸収されてしまった後なので、
検出される光の強度は真空のときと変わらず、I2のままです。

よって、回転の動きと連動した光強度の変化量は、 |I1'-I2| になります。
I1>I1' ですので、光強度の変化は真空のときよりもさらに大きくなります。

以上の考察より、ロックインされた光強度の変化量が |I1-I2'| の時、
試料は全てN2Oであることが分かり、光強度の変化量が |I1'-I2| の時、
試料は全てN2であることが分かります。
そして、気体の混合比は検出光強度の変化量の自然対数に対して
線形に変化するはずですので(ランベルト-ベールの法則)、
(正確には、さらに部分モル体積などを考慮して補正が必要かもしれませんが…、)
光強度の変化からほぼ正確な混合比が算出できます。

以上の説明で理解していただけましたでしょうか?
    • good
    • 0

ちょっと補足です。



> この装置は、サンプルガス(N2およびN2Oの2成分系)の両ガスの混合比を、

と書きましたが、原理上、純粋な2成分である必要はありませんので、
そのことを補足させていただきます。
回転ガスフィルタには二種類のガスを入れて使用するわけですが、
原理的にはここに混合ガスを入れて測定することも可能です。

例えば、ここにそれぞれ空気とN2Oとを入れたとすると、
サンプル空気中に含まれているN2Oの濃度を測定できるわけですし、
空気と二酸化炭素とを入れますと、空気中の二酸化炭素濃度を測定できます。
他にも、例えば乾燥空気と水蒸気飽和空気とを入れますと、湿度の測定が可能です。

ガス相関法とは、ようは、二つの測定対象ガスの混合比率を求める方法なのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これから実際に装置を動かしてみたいと思います。
大変詳しいご説明をありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 12:26

どなたからもレスがついていないようですので…。



説明書に記載の動作原理には,特に難しいことは書かれていないと思います。ただ,これだけを読んで適切な回答をするのは少々困難です。というのも,“測定対象ガス”と“サンプルガス”が違うものであるかのように書かれていたり(“測定対象ガス”を英語で表現すれば“サンプルガス”となるのでは?),そもそも,このガス交換法というのが何を調べるための測定方法なのか,その概略が分からないため,自信を持った回答ができません。

とりあえず,以下に上げる点を補足要求いたします。

・“測定対象ガス”はどうやって用意するものか。その組成は何か。
・“サンプルガス”はどうやって用意するものか。その組成は何か。
・この装置から得られる一次情報は何か。およびその形態はどうか。
・一次情報を分析することによって,一体何が分かるか。
・この装置に導入される物質を列挙してください。

以上,よろしくお願いいたします。

この回答への補足

補足させていただきます。恐らく下に書いてあることでよろしいかと思います。

動作原理の続きですが
>この方法は測定するガスそのものの高濃度ガスをIR光のフィルターとしてもちいる。
>IR光源からの光は、チョッパー、N2O-N2が交互に変化する回転ガスフィルター、バンドパスフィルターを通過して多段反射セルに入り、サンプルガスによる吸収が起こり、IR検出器に達する。
>IR光源がN2Oガスフィルター及び多段反射サンプルセル中のゼロガスを通過するとき、ガスフィルターの中のN2Oは高濃度であるために、N2Oが吸収する全てのIR光を吸収して、多段反射サンプルセル中にN2Oがあったとしても吸収できないので、N2Oガスフィルター通過光は参照光としての働きをもつ。
>一方、IR光源がガスフィルターのN2側を通過するときには、N2ガスによる吸収がなく、サンプルセル中のN2O濃度により吸収量が変化するので。N2ガスフィルター通過光は測定ビームとしての働きを持ち、この吸収量からN2Oの濃度を知ることができる。

理解できないのは私の勉強不足でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

補足日時:2001/06/30 16:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤外吸収スペクトルについて

有機ジチオりん酸亜鉛の赤外吸収スペクトルを調べています。誰か教えて頂けますか。

Aベストアンサー

残念ながら当該化合物の赤外特性吸収の載っている「無料のページ」は「見あたりません」。
あとは「文献検索」となり、有料です。
そこまでのサービスはいたしかねます。
下記日産アーク様が研究されて報文を発表されていますので、お聞き下さい。
当該化合物はもっぱら自動車エンジンオイルの添加剤、で有機部分はアルキル鎖です。

参考URL:http://www.nissan-arc.co.jp/presen/presen_2003_01.html

Q赤外吸収スペクトルの帰属

赤外スペクトルの帰属のしかたを本で学んでいます。
その本には、こう書いてあるのです
「表より、3300cm-1に-OHの伸縮振動、1700cm-1に-C=Oの伸縮振動の吸収が現れている」
表とは、さまざまな官能基の特性振動数を示したもので、私の手元にあります。
疑問点は、何故3300cm-1のところで-OHの伸縮振動であるといえるのでしょうか。表を見ると、3300cm-1のところには、アルコールやアミンなど、ほかの官能基もこの振動数をとっているように見えます。どのようにして、一つの官能基を決めているのでしょうかが、さっぱりわかりません。
どなたか、教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

赤外スペクトルの帰属を考える際には、その吸収の形状も重要です。たとえば、波数が同じであっても、吸収の強弱や、幅の広さから明確に区別できる場合があります。それらの情報は吸収の波数とともに記載されているのが普通です。
たとえば、3300cm-1付近のC-H結合による吸収は弱いのに対して、OHの吸収は非常に強く、幅も広いので、スペクトルを見れば容易に区別できます。

それと、赤外スペクトルの基本として、この方法で検出されるのは、「個々の結合に関する情報」です。これは赤外スペクトルが、結合の振動を検出しているのだと考えれば容易に理解できますよね。
たとえば、アルコールであれば、O-H結合とC-O結合を持っていますが、それらが異なった波数に吸収を持ちます。見方を変えれば、カルボン酸や水もO-H結合をもちますので、その近辺に吸収を持つことになります。
また、エーテルであれば、C-O結合を持ちますので、アルコールのC-O結合の相当する吸収の付近に吸収を持つことになります。すなわち、結合単位で考えれることが基本です。また、振動には何種類かあるために、単一の結合が複数の吸収を持つことも多いです。

ともかく、実際にスペクトルを見比べて学習することをお勧めします。OHの3300cm-1付近の吸収は最も判別の容易な吸収の一つだと思います。

赤外スペクトルの帰属を考える際には、その吸収の形状も重要です。たとえば、波数が同じであっても、吸収の強弱や、幅の広さから明確に区別できる場合があります。それらの情報は吸収の波数とともに記載されているのが普通です。
たとえば、3300cm-1付近のC-H結合による吸収は弱いのに対して、OHの吸収は非常に強く、幅も広いので、スペクトルを見れば容易に区別できます。

それと、赤外スペクトルの基本として、この方法で検出されるのは、「個々の結合に関する情報」です。これは赤外スペクトルが、結合の振...続きを読む

Q赤外吸収スペクトルについて

基板上に単分子膜を作り、赤外吸収スペクトルを測定することにより単分子膜ができていることを確認する実験を行ったのですが、
その中で単分子膜に金属を蒸着すると吸収強度が上がるという現象が起こりました。
そこで吸収強度が上がった理由について調べることになったのですが、理由が全然見つかりません。
実験中にプラズモンが関わっているとの説明があったので、図書館の本でプラズモンや表面増強という単語を索引してみたのですが、
索引のところにそのような言葉はなく理由について書かれているようなものはありませんでした。
そこで赤外吸収におけるプラズモンや表面増強が詳しく書かれているいい本はあないでしょうか?
また、プラズモンや表面増強の他に索引すべき単語はあるでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔、表面増強ラマン散乱(SERS:Surface Enhanced Raman Scattering)をやったことがあるのですが、もしやと思い、RをIRに変えたところ、“SEIRAS”というものがあるそうですね。
日本語で『表面増強赤外分光』というそうです。
何かのキーワードになれば幸いです。

Q赤外吸収スペクトルについて

二酸化炭素の赤外吸収スペクトルは何故多くのピークが検出されるのか、という課題が先日出ました。

振動のみでなく多数の回転によるエネルギー遷移が存在するため多くのピーク出るのではないかと考えたのですがいまいちよく分かりません。

どなたかお教えください。

Aベストアンサー

振動のみでなく多数の回転によるエネルギー遷移が存在するため、でいいんじゃないですか。

液体試料や固体試料のIRスペクトルをふだん測定していると、水蒸気のピークの数と比べると二酸化炭素のピークの数って圧倒的に少ないよなあ、という実感がありますけど、スペクトル分解能の高い測定をすると、二酸化炭素のピークも多数のピークに分かれて検出されます。

納得のいかないところがあれば、この回答の補足欄で教えてください。

QCaSO4固体とZnSO4固体で、赤外吸収スペクトルは違いますか

標記の通りですが、CaSO4固体、ZnSO4固体ともに、カルシウムイオン(カチオン)、亜鉛イオン(カチオン)および硫酸イオン(アニオン)からなるイオン性化合物と考えます。
カチオンとアニオンの間はクーロン力と考えますので、赤外吸収は示さないと考えます。ですので、赤外吸収を示すのは、硫酸イオンの中の原子間の振動に起因するものと考えます。
カルシウムと亜鉛という、相手のカチオンの違いによる若干の波数の違いはあるかもしれませんが、基本的に表れる吸収シグナルは、硫酸イオンのものだけと考えますので、カルシウム塩であろうが亜鉛の塩であろうが、似たようなスペクトルになると思うのですか、違っているでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はい、あなたは正しい。米国留学中にシュウ酸カルシウムのirを取った。
データベースのシュウ酸バリウムと比較したら完全に一致した、その仕事の論文の「方法」
の欄に書いてあります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報