「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

メダカを野外飼育しています
赤玉土をいれて飼育するとグリーンウォーターにならないと聞いたので底に赤玉土を敷き飼育しているのですが、最初のうちは透明で綺麗な水なのですがだんだんグリーンウォーターになってしまいます

ミナミヌマエビも混泳
直射日光を防ぐため半分だけすだれをかけている
水槽は500Lの大型

わかる方いますか?

A 回答 (5件)

水草増やせば透明になりますよ。


睡蓮とか、今からオススメです。
私は大型の鉢などで、プチビオトープを楽しんでいます。
    • good
    • 0

私は水槽30個でメダカの研究していました。


メダカにはグリーンウォーターが最適なのですよ。
わざわざ予備補給水槽にグリーンウォーターを作ります。
赤玉土はバクテリア繁殖のため入れます。
メダカのためにはバクテリア(水質浄化)とグリーンウォーター
(植物性プランクトン)、日照時間が必要です。
植物性プランクトンはメダカの糞の有害な窒素化合物等を栄養分
として吸収します。
観賞目的で綺麗な水を望むのなら頻繁に1/3程度の水換えを
をすれば良いです。
毎日水替えをする人もいます。気になるのでしょうね。
お勧めしませんけど。
    • good
    • 3

赤玉土、黒玉土が有効なのは水量が少ないリッターが水槽等であり、水量のある水槽では青水(グリーンウォーター)はできます。

青水は殆どの淡水魚(渓流魚を除く)には好ましい環境であるので影響はなく、見た目で人が嫌がっているだけです。

 どうしても青水が嫌でしたらテトラの「クリスタルウォーター」を入れると青水等を凝集させて浄化しますが、これはエビ、カニ等がいる場合やナマズ、ウナギ、ライギョ等の古代魚に近い品種には使用ができません。

 屋外で飼育する場合は葭簀(よしず)、簾(すだれ)が掛けてあっても3月以降は青水になるのでメダカ、アカヒレ、金魚、錦鯉を繁殖させている私(あと少しで飼育歴50年)はこれを利用し、繁殖をさせています。
    • good
    • 0

確かに見る側からするとクリアな水のほうがいいけど


メダカにとってはどうなんでしょうね?

僕も適当にメダカを飼っているけど、
すんごい緑色の不気味な淵になっちゃって
メダカがいるのかいないのかわかんないけど
世代交代しながら元気に生きているよ。
エサやるとニュ~って上昇してくる。

絶滅したら水槽丸洗いして一からやり直そうと
思っているんだけど、
親が絶滅しても、また小さいのが出てきて
いつになっても洗えない。

これで完全な生態系が確立しているようで
よくわからん貝も不気味に増えてきて
一生懸命箸で摘まんで捨ててはいるけど
次から次へと出てきて、カオス。

第三世代になったメダカは大きくなり
元気に泳いでいるので、もう諦めています。

メダカに心地よい環境を与えてみてください。
    • good
    • 1

http://www.rakuten.ne.jp/gold/aidoll/

このバクチャーを使用してみてはどうでしょうか
メダカは淡水魚ですよね?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリーンウォーターが透明になりました…

2か月位グリーンウォーターだったのに、
最近透明になってきました。
水が減った分だけ足してただけなんですが、
なんで透明になったんでしょうか?
あと、めだかの大人と子供に被害はありませんか?
もう一回グリーンウォーターにしたいんですけど、
透明な水とどちらがいいんでしょうか…?

Aベストアンサー

メダカや金魚を飼育してもうすぐ45年になるベテランです。

 青水が透明になる要因は植物性プランクトンが減少し、水が変わって来たのが原因です。プランクトンは死滅をすると色素を失いますし、動物性の場合は赤水になります。メダカ、金魚に被害があるのは赤水だから心配はいらないし、青水はカビや細菌の要因になる場合以外は問題がない。

 青水を作るには最低でも半月は掛かるから気を付けないと疾患に罹る要因になるから問題になるし、水草を腐敗させて作る場合にはスネールがいると稚魚や卵は食べられる。この場合は飼育する水槽等の水が時間が経って変わるのを期待した方が良いし、その方がメダカ等にも好ましい。一度作ったらボトル等に小分けして保存すると種水として利用できるし、手間も省ける。

 青水は稚魚の成育に適しているし、色揚げにも適しているから飼育者の多くが利用している。透明の水は水槽で楽しむ以外では使用しない場合が多く、本来のメダカ等の色は落ちる。 

Q赤玉土でのメダカの飼育について

メダカの水槽を殺菌済みの赤玉土で立ち上げたいと思います。水槽のサイズはSサイズです。
土を入れて直ぐにメダカを入れるとPHの関係で死ぬと言われましたので新しいバケツに赤玉土を入れて軽く水で洗ってから何日かしてから使うつもりですが(ビーシュリンプをソイルで立ち上げて飼ってはいます)
(1)赤玉土を水で洗ってから大体何日位でメダカを入れてもだいじょうぶでしょうか?
(2)赤玉土で飼育をする場合、底面濾過と単なる水作などの置くタイプのブクブクとどちらの方がよいのでしょうか?(実は前回シュリンプの用の底面濾過&ソイルが敷いてある予備水槽で飼育をしたらあっという間にメダカの糞が詰まって大変な事になってしまいましたので今回赤玉土が良いと聞いたのでそちらで試してみようかとおもいました。)
(3)赤玉土の場合水換えや水足しはどのような頻度でどれくらいの量を換えたり足したりしたらよいでしょうか?

是非ご指導宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

否定的な意見が多いようですが、実際に経験して回答しているのかはなはだ疑問です。

私の経験から言えば、園芸用の赤玉土での飼育に全く問題はありません。それでメダカが死ぬ事などありませんよ。ちなみに、アクアリウム用のソイルには肥料分が含まれているものもあり水草水槽には効果的ですが、水草をあまり入れない飼育水槽で高価なソイルを使用してもあまりメリットはありません。土系の底床材を使いたいのなら、赤玉土の使用は悪くないと思います。

1)赤玉土を使うと最初は水がかなり濁りますが、濁りが落ち着けばすぐにでも大丈夫です。水を安定させたいのなら、2-3日待ってからでも良いと思います。
なお、通常の赤玉土は力を加えると団子が潰れて簡単に粉末になりますから、水をそっと流して濁りを取る程度にした方が良いと思います。硬質赤玉土や焼き赤玉土なら潰れにくいですが、それでも掻き混ぜればある程度は潰れます。最初に目の細かい(2mm位)のフルイにかけて微塵(粉々になった土))を取り除いておけば、濁りが少なくなるので時間が短縮できます。

2)底面濾過よりも投げ込み式の濾過装置の方が良いと思います。土の粒はどうしても時間がたつと礫てくるので水の通りが悪くなります。

3)普通の飼育方法で問題ありません。赤玉土だからといって特別な事はありません。

否定的な意見が多いようですが、実際に経験して回答しているのかはなはだ疑問です。

私の経験から言えば、園芸用の赤玉土での飼育に全く問題はありません。それでメダカが死ぬ事などありませんよ。ちなみに、アクアリウム用のソイルには肥料分が含まれているものもあり水草水槽には効果的ですが、水草をあまり入れない飼育水槽で高価なソイルを使用してもあまりメリットはありません。土系の底床材を使いたいのなら、赤玉土の使用は悪くないと思います。

1)赤玉土を使うと最初は水がかなり濁りますが、濁りが落...続きを読む

Q水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

保育園の夏祭りでメダカをすくってきて子供が飼っています。
水草といっしょに藻が入ってきたらしく、水温の上昇とともに大繁殖しています。
見た目が悪いのは我慢できるのですが、
頻繁に採って捨てないとメダカが絡まって死んでしまったり
泳ぐ所がなくてすみっこに群れてています。
水槽も砂も洗ってみたのですが、すぐに元通りです。
今年の夏祭りで金魚をすくって入れたい!と言っているので
それまでに何とかしたいのですが、良い方法はないでしょうか?
以前は、3割ほど水が減ったら水道水をそのまま入れると藻はきれいになっていたのですが
耐性ができたのか、へっちゃらです。
今では、金魚用にと入れたポンプにも繁殖しているので何とかしないと!!と思っております。
どなたか我が家のメダカを救ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tetu758です。先程の貴方の補足に対して答えます。メダカにとって青水は最高の環境ですが、掃除屋のタニシ、石巻貝が役に立たないで、ミナミ系統のエビが死ぬ様でしたら、リセットが一番ですが、睡蓮鉢を購入して姫睡蓮等を検討されていらっしゃるのでしたら、その水を睡蓮鉢に移してメダカを育てればメダカは成長が良くなり、姫睡蓮や水生植物は水を浄化をしますので、素晴らしいビオができます。

 金魚を購入されるならば、メダカを睡蓮鉢に引越しが終了後に水槽を洗浄し、乾燥させます。この時に使用しているフィルターと活性炭は全て交換をしてさい。水槽の再起動をしてから数日は個体は入れないで、要観察をしてください。

Q屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳

屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。

昼夜を問わず泳いでおり、このまま死んでしまうのではないかと心配しております。

睡蓮鉢でメダカを飼い始めてから半年、今までに見たことのない
光景で心配しております。

最近変わったことといえば、グリーンウォーターがいいとのことを聞き
クロレラの粒を10日間までに入れたのとその際
カルキを抜いた水をいれたぐらいです。

空気が足りないのかもと思い、酸素石を10粒ほど入れました。
コードがないので、ポンプ類はつけられません。

どうしたらいいかお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。
・ここ数日の高気温による高水温で、メダカが活性化したための行動ならば心配いりません。
ですが、酸素を出す石を10個も投入されたとのこと。
私は、酸素を出す石が気になります。
酸素を出す石は、水質をアルカリ性の硬水に変化させる副作用があるため、使用には注意が必要です。

酸素が出る石の仕組みをご説明いたします。
酸素が出る石の主成分は「過酸化カルシウム」です。

「過酸化カルシウムCaO2」と「水H2O」を反応させて、「水酸化カルシウムCa(OH)2」と「酸素1/2 O2」を発生させます。
コレが、酸素を水中に発生させる工程です。

CaO2 + H2O → Ca(OH)2 + 1/2 O2↑

過酸化カルシウムと水の反応により、飼育水中に酸素を供給する仕組みになります。
元来、過酸化カルシウムは、水に溶けにくい性質があります。
水に溶けにくいから、長期間にわたり飼育水に酸素を供給できます。

【副作用】酸素が出る石の危険性について
酸素を出す過程で発生する「水酸化カルシウムCa(OH)2」は飼育水中の「二酸化炭素CO2」と反応し「炭酸カルシウムCaCO3」が発生してしまいます。

Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O

酸素が出る石の主成分である水酸化カルシウムとは、実はpHをアルカリ性に換えます。
水酸化カルシウムとは、pHアルカリ調整剤に使用されている消石灰のことなのです。
・消石灰は強いアルカリ性物質で、飼育水をアルカリ性物質です。
・また、炭酸カルシウムは飼育水を硬水に変えてしまいます。

メダカはアルカリ耐性のある魚ですから、他の熱帯魚や温帯魚よりはアルカリ性に強い魚です。
ですが、飼育水のpHや硬度の変化には思いの外、敏感で脆弱です。

水替えが楽なので、マメに、水替えする小型水槽ならば、酸素を出す石を使用しても、あまり問題にはなりません。
マメに水替えを行えない睡蓮蜂に、酸素を出す石を10個も投入したら、結構、水質は変化していると思います。

とりあえず、酸素を出す石の撤去と1/2量の水替えを行うことをオススメします。

屋外の睡蓮鉢(60×60)ならば、十分な水量があるので極端に多くのメダカを飼育していない限り、エアポンプによるエアリングは必要ありません。
少量の浮草と水草を育成すれば、メダカには十分な飼育環境を維持できると思います。

> 屋外の睡蓮鉢(60×60)に買っているメダカがすごいスピードで激しく泳ぎまくっています。
・ここ数日の高気温による高水温で、メダカが活性化したための行動ならば心配いりません。
ですが、酸素を出す石を10個も投入されたとのこと。
私は、酸素を出す石が気になります。
酸素を出す石は、水質をアルカリ性の硬水に変化させる副作用があるため、使用には注意が必要です。

酸素が出る石の仕組みをご説明いたします。
酸素が出る石の主成分は「過酸化カルシウム」です。

「過酸化カルシウムCaO2...続きを読む

Qメダカ飼育 カキ殻について

メダカ水槽のph安定化を狙い、この度カキ殻を投入したのですが・・・。

メダカ水槽の外掛け式フィルターの中にカキ殻を入れて二日位たった頃、メダカが一匹☆になりました。

そして次の日にまた一匹が☆になり、pHを測ってみると弱アルカリにでアルカリよりになっていました。

カキ殻を入れる前のphは普段から中性~弱酸性位でした。

カキ殻を入れた事が原因かと思い、すぐにカキ殻を取り出したのですが、また翌日に二匹☆になっていました。

☆になった原因はカキ殻を入れた事によりphショックを起こしたのでしょうか?

カキ殻によるphショックは考えられない気はするのですが・・・。

カキ殻投入時にはカキ殻以外に水槽に手を加えていないので、それ以外考えられないのですが、カキ殻を使って☆になったという方はいらっしゃいますでしょうか??

☆になった原因は何が考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

カキ殻やサンゴを初めて入れる方によくある失敗談ですね。
私もそれで相当数落としました。

ほぼ間違いなくPHショックによるものだと思われます。
熱帯魚に限らず魚はphが下がることには強いですが上がることには想像以上に弱いです。
どのくらいのカキ殻を入れたかにもよりますが、2以上のphの変化は丈夫なポリプ系ですら落ちる場合があるのでメダカ系なら尚更、1くらいの変化でも全滅しなかっただけ運がよかったと思います。

カキ殻の入れ方ですが、1枚を金槌などで荒めに砕き、そのうちの数個の欠けらを濾過槽に入れます。
入れた日は朝晩でphを測定し0.3~0.5くらいを目安に増やす感じでカキ殻の量を調整します。
測定器がない場合は1日に小さめの欠けらを1~2個程度増やす感じで入れてください。
phはゆるやかに上げれば上げるほどベターです。
カキ殻はサンゴと違いphが緩やかに上がりますが砕いて成分が出やすいので少し慎重になりすぎくらいが丁度良いです。
ゆるやかに上げてphが7.5~8以上でも個体が落ちなければ安定期に入ったと思っていいと思います。

カキ殻やサンゴを初めて入れる方によくある失敗談ですね。
私もそれで相当数落としました。

ほぼ間違いなくPHショックによるものだと思われます。
熱帯魚に限らず魚はphが下がることには強いですが上がることには想像以上に弱いです。
どのくらいのカキ殻を入れたかにもよりますが、2以上のphの変化は丈夫なポリプ系ですら落ちる場合があるのでメダカ系なら尚更、1くらいの変化でも全滅しなかっただけ運がよかったと思います。

カキ殻の入れ方ですが、1枚を金槌などで荒めに砕き、そのうちの数個の欠けら...続きを読む

Qメダカの卵が孵化しない!

メダカが卵をぶら下げていたので、卵を別の容器に入れて、孵化を待っていたのですが、カビみたいなものが、生えて死にました、なんで死んだのかわかりません、太陽の下に卵をおいていたからなんでしょうか?
早く孵化さしたいんで、一日中、蛍光灯に当てるのもだめなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありません。

卵の殻は非常にカタイので、水から出してカレンダーなどの厚紙の上で指先でコロコロ転がしながら糸を切ることができます。50個くらいの卵をコロコロ転がすと、かなり大きな糸玉ができますよ。

糸で絡まりあったままの状態で卵を飼っていると、水の通りが悪くなって雑菌が繁殖しやすい状態になります。また、カタマリの真ん中の卵が酸欠状態になります。だから、大きな水槽の中の藻についた卵のように水通りの良い場所なら問題ないのですが、小さな容器に入れて孵化させるときは、付着糸を切って卵をばらばらにした状態で飼います。
メチレンブルーは雑菌の繁殖を抑えてくれます。水がほんの少し青っぽくなるくらいの量で十分です。生きている卵はメチレンブルーに入れても透明なままですが、死んだ卵は真っ青に染まりますので、見た目で生死がすぐに判別できるようになります。

太陽の下におくと、今の時期なら水温が上がりすぎますので、卵が死にます。
直射日光の当たらない部屋の中に置いておけば大丈夫。光を当てても当てなくても、あまり関係ありません。
温度が安定していれば、真っ暗でも早く孵化します。

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありま...続きを読む

Qミジンコなどの動物プランクトンの発生のさせ方

ベランダの池にミジンコを発生させたいのですが、なかなか発生してくれません。池は日当たり良好で魚などの捕食者も入れていません。ミジンコなどのプランクトンが発生しやすい環境などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

人工的にミジンコを沸かすことは簡単ですがそれを維持することは専門家でも難しいです。基本はまずミジンコのえさとなる植物プランクトンを沸かすこと。植物プランクトンを沸かすには温度・栄養・光が必要です。温度は春の終わりから秋の初めまでなら気温で管理しておいて大丈夫です。それと光は野外においておけば十分であると思います。栄養は鶏糞を入れておきます。しかし、入れっぱなしでは底に沈んでしまって植物プランクトンが沸く表層に栄養がいきわたらないので一日に数回かき回しましょう。それと最後にミジンコがいれなければどんなにがんばってもミジンコは増えません。ミジンコも卵で生まれますからね。水辺の近くであればほっといても混入することがありますが基本は採集してきて入れることですね。いれるタイミングは上記の準備を整えて後、1,2週間ってとこですかね。植物プランクトンが沸くにも時間がかかりますからね。
普段はミジンコは雌だけで生活しており、精子がなくても卵だけで繁殖ができます。ありまきと同じ、単為発生です。しかし、環境が悪化すると雄が生まれ、受精卵を作って休眠します。その状態になったら、新たに池を設置しなおし、底の土ごとを漁って採集したミジンコの休眠卵を入れるとまた増えてきますよ。

人工的にミジンコを沸かすことは簡単ですがそれを維持することは専門家でも難しいです。基本はまずミジンコのえさとなる植物プランクトンを沸かすこと。植物プランクトンを沸かすには温度・栄養・光が必要です。温度は春の終わりから秋の初めまでなら気温で管理しておいて大丈夫です。それと光は野外においておけば十分であると思います。栄養は鶏糞を入れておきます。しかし、入れっぱなしでは底に沈んでしまって植物プランクトンが沸く表層に栄養がいきわたらないので一日に数回かき回しましょう。それと最後に...続きを読む

Qメダカの水槽に大量ボウフラが!!

みなさん、こんにちは。

一ヶ月ほど前から母が庭でメダカを九匹を飼っているのですが、今日掃除をしようと底にすいていた赤玉土を取り出して洗おうとしたところ、大量のボウフラが土の陰から出てきました~(泣)

買い始めて二週間ほどしてから、水の表面に蚊の抜け殻のような物が浮き出し、おかしいと思っていたのですが、水の中を見てもボウフラがいないのでどうしてだろうと思ってはいたのですが、こんなに沢山潜んでいるとは。

「メダカはボウフラを食べる」と言われて安心していたんですが、メダカの種類にも寄るのでしょうか?飼っているメダカの種類はたぶんヒメダカじゃないかと思います。小さなメダカです。

対処法をご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かにメダカはボウフラが大好物ですが、食べる量より発生する量の
ほうが多かったのでしょう。
しかも底の赤玉土の隅間に隠れる場所があるようなので、メダカから
逃れることができたと思います。

私なら、金魚を追加で1匹入れます。
金魚がボウフラを食べる量はメダカの比ではありませんので
あっというまにボウフラを食べつくしてしまいます。

あとは、ボウフラが隠れる場所が多いような状況なのでなるべく
水桶の中には何も入れないほうがいいですね。
いまのままでは、たとえボウフラを全て退治しても、すぐに
次のボウフラが沸いてきますので注意です。

Qアオコ(グリーンウォーター)について質問です。

アオコ(グリーンウォーター)について質問です。

現在、水槽にて卵からメダカを飼っています。

先日、卵から孵化し順調に大きくなっているようですが、卵のうちは水槽のアオコが繁殖し緑色になっていましたが、現在は透明になっています。

ネットで検索し、メダカはアオコを餌にすると言うことがわかりましたが、同時にアオコには毒性があるとい事もわかりました。

家にビオトープがありそこにアオコが繁殖しているので、メダカの餌として水槽に投与しても大丈夫でしょうか?

また、水槽内ではケンミジンコも繁殖しているのですが、アオコを食べたケンミジンコをメダカが餌とした場合、アオコの毒が生物濃縮という形でメダカに害があることはありますでしょうか?

バランスドアクアリウムを目指していますので、メダカの粉末状の餌は与えない方向で進めていきたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 青水(グリーンウォーター)ですが、毒性があるのは気温の変動が激しい時に多いのですが、極端に飼育するメダカ等に障害がでるのは僅かですので、あまり気にしなくても良いです。


 今年の春季みたいに朝夕の水温に差がある場合には障害として様々な疾病や疾患の要因になりますので、その時には種水以外は処分してください。植物性のプランクトンが青水の主成分ですので、私の家の場合では汲み置きの水で希釈をして補充や交換をしています。


 私の家では青水による飼育ですので、メダカやアカヒレの成長は早くなります。彼らの排泄物やエサ等の腐敗物に関しては水生植物の肥料にもなりますので、問題はありません。また、ビオにいるミジンコ等の微生物をエサに与える場合にはこれらを与え過ぎなければ、彼らに影響はありません。

Q稚魚の冬越し

8~9月に生まれたメダカたちがまだ小さく、このまま冬に入ってしまうのが心配になってきました。
最初は生まれた順に別にしていましたが、今はだいたい同じ大きさ別にわけています。すべて屋外(タライ・プランター・睡蓮鉢・発泡スチロールなど)で飼育していて、2センチ以上になっているものもあれば、1センチかそれに満たないほどのもいます。
何か良い方法をご存知であれば教えていただきたいですし、また「我が家ではこうしている」という情報もあればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

お礼に書かれています件についての回答をします。

 <屋外飼育している稚魚は、今の処親よりも良く食べますが、なかなか成長しないのは餌の回数が少ないのでしょうか?>
 この場合は貴方が与えてる餌以外に餌となる物があると成長が速くなりますし、少ない場合には成長が遅くなります。逆に餌を多く与えると水質の汚染で腐敗し、個体には好ましくない環境になります。
 
 <発泡スチロール(土も水草もない青水)と盥(直径75cmに40匹程度。水性植物や水草あり)だけは、どんどん成長しています。>
 これは青水の個体は植物性、動物性のそれぞれのプランクトンがいますし、それを餌とする微生物がいますので稚魚にはご馳走があります。水草、藻等がある場所にいる個体は動物性のプランクトンは殆どいませんが、植物性のプランクトンは豊富ですから餌には困りません。

 <それ以外のプランターと睡蓮鉢の稚魚はそろそろ屋内に入れてみようかと思います。>
 これは正解ですし、衝撃を与えなければ餌を食べますので心配は要りませんし、成長をしたら翌年からは屋外からの移動をしなくても問題はなく飼育できます。

お礼に書かれています件についての回答をします。

 <屋外飼育している稚魚は、今の処親よりも良く食べますが、なかなか成長しないのは餌の回数が少ないのでしょうか?>
 この場合は貴方が与えてる餌以外に餌となる物があると成長が速くなりますし、少ない場合には成長が遅くなります。逆に餌を多く与えると水質の汚染で腐敗し、個体には好ましくない環境になります。
 
 <発泡スチロール(土も水草もない青水)と盥(直径75cmに40匹程度。水性植物や水草あり)だけは、どんどん成長しています。>
 これ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング