Linux初心者です。
httpd.confでdocumentrootの場所をvar/www/a/に変更して、directoryindexの場所としてindex.htmlやindex.html.varになっていたのでa.htmlに書き換えました。

しかしブラウザのURLバーでサーバのIPアドレスを入れてもデフォルトの設定どおりindex.htmlの画面が表示されてしまいます。
サーバのIPアドレスだけをURLとして入力するとドキュメントルートに指定したディレクトリの中のdirectoryindexに指定したファイルが読まれると思ったのですが違うのでしょうか。
OSはAmazonLinuxです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

確認ですが、設定変更後にhttpdの再起動はしてますよね?


gracefulリスタートでもOKですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
パソコンの再起動はしましたがそれではインスタンスの再起動にはなりませんよね?
リブートやってみます。
お礼が遅くなり誠に申し訳ありません(仕事が忙しくなかなか確認できませんでした)。

お礼日時:2017/05/19 23:40

AmazonLinuxは使ったことないし、apacheもたいして設定していないのであれですが…。



>httpd.confでdocumentrootの場所をvar/www/a/に変更して

varの前に/がありませんがコピペミスですかね?
実際にないとしたら相対パス指定ということになりますが、ちゃんと合っていますか?
ServerRootからの相対でしたかね。
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/core.ht …
より
>DocumentRoot は最後のスラッシュ無しで 指定する必要があります。

>directoryindexの場所としてindex.htmlやindex.html.varになっていたのでa.htmlに書き換えました。

で、a.htmlは用意しましたか?
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/mod_dir …
>http://myserver/docs/ へのアクセスがあり、 http://myserver/docs/index.html が存在すれば、この URL が返されます。 もし存在しなければ、ディレクトリのリストが返されます。

>サーバのIPアドレスを入れてもデフォルトの設定どおりindex.htmlの画面が表示されてしまいます。

実はErrorDocumentで指定されているものが表示されていた。
というオチはありませんか?
apacheのログは確認されたんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり誠に申し訳ありません。
スラッシュなどは確認しましたが大丈夫でした。
ログの見方がわかりませんが、調べてみます。。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/19 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPostfix RedHatとCentos7との違い

テスト環境として、Centos7のpostfixでメールサーバーを構築しました。
うまくいきました。
そこで、本番用にRrdHat7.3でメールサーバーを構築しようと、Centos7のpostfixの内容をそのまま流用したのですが、サーバー内のユーザー同士のメール送受信は可能ですが、外部へのメール送信、外部からのメール受信ができません。外部へメール送信したときは、
mailsv postfix/smtp[28257]: 6309D48636CE: to=<xxxxx@yahoo.co.jp>, relay=none, delay=1953, delays=1803/0.01/150/0, dsn=4.4.1, status=deferred (connect to mx3.mail.yahoo.co.jp[182.22.12.248]:25: Connection timed out)
となって送信できません。
そもそも、同じLinuxでも、Centos7とRedHatではpostfixの設定方法が違うのでしょうか?
違うとしたら、どの辺りを見直したらいいでしょうか?
また、RedHatでサーバーを構築するにあたり、参考にになるサイトがありましたら教えてください。
Linuxを触り始めて半年の初心者です。よろしくお願いします。

テスト環境として、Centos7のpostfixでメールサーバーを構築しました。
うまくいきました。
そこで、本番用にRrdHat7.3でメールサーバーを構築しようと、Centos7のpostfixの内容をそのまま流用したのですが、サーバー内のユーザー同士のメール送受信は可能ですが、外部へのメール送信、外部からのメール受信ができません。外部へメール送信したときは、
mailsv postfix/smtp[28257]: 6309D48636CE: to=<xxxxx@yahoo.co.jp>, relay=none, delay=1953, delays=1803/0.01/150/0, dsn=4.4.1, status=deferred (conn...続きを読む

Aベストアンサー

>サーバー内のユーザー同士のメール送受信は可能ですが

ということでしたから
>Dovecotの設定も終わっています。
は当然でしたね。

>Centos7ではSMTP認証をしていましたが、RedHatの参考サイトでは、サブミッションポートの認証を使用されていたので、そちらに変えようかと思っております。
>ひょっとして、SMTP認証が原因なのでしょうか?

それなら…
>Connection timed out
にはならないと思われます。
接続先とのTCP接続が失敗している。
という状況でしょうから…
・途中のルータでブロックされている
・接続先のサーバがブロックしている
のどちらか…でしょう。

使用しているISPはYahoo系…なんですかね?
Yahoo系列でない場合は「外部からの接続」ということになりますから、契約ISPにメール中継を依頼するカタチになるんじゃないですかね?
Yahoo系列だったとしても動的IPからの接続…ということになるとサブミッションポート&SMTP認証を要求されると思いますが。
# ISPのメール中継でもSMTP認証を要求される場合がありますけどね。(POP before SMTPになっている場合もある。ISP次第)


>これは、どういうことですか? 知識不足で理解できません。

ISP管理下のIPアドレスのうち、非固定IPで勝手に立てたSMTPサーバには接続させない。ということです。
固定IP契約すると制限が解除される場合もあるようですが。

それ以外でも…DDNSの更新が行き渡らなくて、外部のSMTPサーバが更新前のIPアドレスに接続しに行っている…という可能性も考えられますけど。

>iptables -L の結果を記載したいのですが、文字数が限られているので割愛します。
>iptablesのどこがどうなっているとき、25番ポートが閉じていると判断できますか?

チェーンが増えていて見にくい…ってのはありますかねぇ……。
iptables -L -n
で、dportが25番になっているTCPがACCEPTになっている。という状態なら、恐らく外部からのSMTP接続を許可。という状態かと。
# sourceが0.0.0.0/0というのも必要かも知れん。

>サーバー内のユーザー同士のメール送受信は可能ですが

ということでしたから
>Dovecotの設定も終わっています。
は当然でしたね。

>Centos7ではSMTP認証をしていましたが、RedHatの参考サイトでは、サブミッションポートの認証を使用されていたので、そちらに変えようかと思っております。
>ひょっとして、SMTP認証が原因なのでしょうか?

それなら…
>Connection timed out
にはならないと思われます。
接続先とのTCP接続が失敗している。
という状況でしょうから…
・途中のルータでブロックされている
・接続...続きを読む

Qgrepの使い方

OSはCentOS6.6です。
メールアドレスの書かれたシェルスクリプトを探そうと、
grep -n 'aaa@bbb.jp' *.sh
とコマンドを叩くと
grep: *.sh: そのようなファイルやディレクトリはありません
と返されます。

grep [オプション] パターン ファイル
にはなっていると思っていますが、何が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>grep -r 文字列 /*
>試してみましたが、なにもヒットしませんでした。

grep --help
とか
man grep
とかでヘルプが見られると思いますけど……。

grep 文字列 -r 検索するディレクトリ
となるでしょうから
grep 文字列 -r /
ではないですかね?

メールアドレスが固定でないのであれば、正規表現で…ということになりますが。
「grep メールアドレス 正規表現」辺りで検索して下さい。
# 秀丸で~とかそういうのが引っかかったりする場合もあるやも知れませんが。
# http://eng-entrance.com/linux-regular-expression#i-15 とかですかねぇ…-Pオプションの有無は上記の方法で確認して下さい。
# http://qiita.com/linux-fun/items/c9fcdd30ae58bd988ed1 とか。
# http://qiita.com/KTakata/items/bcce3b6bafe84f008000 とか。

バイナリファイルに対しても引っかかる場合があるので、その辺りはよろしく処理した方がいいでしょう。

対象はシェルではないですが、上記のパターンで試したものは……
grep -E '[a-zA-Z0-9_\.\-]+?@[a-zA-Z0-9_\.\-]+' -r /usr/share/doc
ってところで。

>grep -r 文字列 /*
>試してみましたが、なにもヒットしませんでした。

grep --help
とか
man grep
とかでヘルプが見られると思いますけど……。

grep 文字列 -r 検索するディレクトリ
となるでしょうから
grep 文字列 -r /
ではないですかね?

メールアドレスが固定でないのであれば、正規表現で…ということになりますが。
「grep メールアドレス 正規表現」辺りで検索して下さい。
# 秀丸で~とかそういうのが引っかかったりする場合もあるやも知れませんが。
# http://eng-entrance.com/linux-regular-express...続きを読む

QLinuxのインストールに関して

昨日日経BPのLinuxの本を買ってきて、付属のCDからインストールしようとしたのですが、フォルダがいくつもありどれをクリックすれば良いのか困っています。

Linux初心者ですが、古いパソコンで愛着があるパソコンなのでなんとか使用したいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Lubuntuは、「Ubuntu」というLinuxから派生したものなのですが、Ubuntuは、近年非常にホットで、ファンも多いLinuxですが、比較的歴史が浅く、まだ粗削りな部分も持ち合わせています。

当該の本が、Lubuntuを基準に書かれているのでしたら、Lubuntuを使わざるを得ないですが、他にも、Debianや、OpenSUSE(SUSE)等、安定したLinuxがありますので、いつか機会があれば試してみてください。

RedHat系も安定しているかと思いますが、私はあまり使わないのでそこはよく分からないです。

人に例えるなら、Ubuntuは元気な若者で、Debianはどっしりとした長老のような感じで、SUSEは落ち着いた中年のようなイメージです。

■ Linux ディストリビューション タイムライン(年表)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1b/Linux_Distribution_Timeline.svg


個人的には、一番洗練されているのはSUSEだと思いますが、それなりに重いので、低スペックのPCには向かないかと思います。

Debianは、重くも軽くもない中間だと思いますが、先進的というよりは、非常に抑えたシンプルな構成になっています。


Linuxは本当に種類が多いので、気になったLinuxがあれば、そのサイトからISOイメージファイル(ディスクの中身を1つのファイルにまとめたもの)をダウンロードし、空のCD-RやDVD-R等に、イメージファイルの書き込みモードで書き込み、完成したディスクを使って、パソコンにLinuxをインストールしてみると良いかと思います。


CD-RやDVD-Rを焼くのがもったいないという場合は、「UNetbootin」という、ダウンロードしたISOイメージファイルの中身を、USBメモリに書き出して、起動可能なUSBメモリを作成するツールがありますので、そのISOイメージファイルが入るだけの容量のUSBメモリ(8GBあれば十分)を用意し、それを利用されると良いかと思います。

■ あらゆるOSのLiveUSBを作成することができる「UNetbootin」
https://blog.halpas.com/archives/7437


PCにインストールせずにLinuxを試したい場合は、「VirtualBox」という仮想マシンソフトがありますので、Windows上でそれを使って、Linuxをシミュレーションでインストールしてみると良いかと思います。

■ 【初心者でもわかる】VirtualBoxインストール方法を詳しく!
https://eng-entrance.com/virtualbox-install


又、近年のLinuxのインストールメディアは、ライブとして実行する(インストールせずに試す)事が出来るものが増えてきましたので、そのモードで起動すると大体の雰囲気は分かるかと思います。

ただ、ライブも、仮想マシンも、実際にパソコンにインストールした時のパフォーマンスは発揮出来ませんから、本当の動作スピードは、実際にインストールしてみないと体感出来ませんので、気に入ったものは実際にインストールしてみると良いかと思います。

Lubuntuは、「Ubuntu」というLinuxから派生したものなのですが、Ubuntuは、近年非常にホットで、ファンも多いLinuxですが、比較的歴史が浅く、まだ粗削りな部分も持ち合わせています。

当該の本が、Lubuntuを基準に書かれているのでしたら、Lubuntuを使わざるを得ないですが、他にも、Debianや、OpenSUSE(SUSE)等、安定したLinuxがありますので、いつか機会があれば試してみてください。

RedHat系も安定しているかと思いますが、私はあまり使わないのでそこはよく分からないです。

人に例えるなら、Ubuntuは...続きを読む

Q初心者の疑問です。

恥ずかしい話ですが、「 Win-10 version1511 」に 1607から 更新を致しました。
この際、数度のエラーが出まして、clean install で その都度修正作業に 苦労を致した経験から、 「 Linux 」を 基幹として、「 Win-10 」 を 使いたいと考えました。
使用したい 「 Linux = Zorinlite 62 remixs cim 」です。

この考えは、邪道でしょうか?
又、一応正解とした時の 使用上の注意点などがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

>この考えは、邪道でしょうか?
個人の責任に於いて、されるのですから、宜しいと思いますが。

80~120GBの中古のHDDをケースに入れて外付けHDDとして、
数種類のLinuxディストリビューションをインストールして、
とっ替えひっ替えして違いを楽しんでます。
Windowsと違ってLinuxはドライバーなどはカーネルに内包してますので、
パソコンのUSB端子に接続して起動出来ますので、移動用パソコンと
して運用出来ます。

Zorinlite 62 remixs cimは軽量ディストリビューションの類で、
必要最小限の構成なので、初心者には敷居が高いですね。
Linux mint
http://linuxmint-jp.net/index.html

Ubuntu
http://www.ubuntulinux.jp/
この二つはWindowsの操作感に近いので、宜しいかと・・・

超軽量のPuppy Linuxも面白いですね。
http://openlab.jp/puppylinux/
USB memoryにインストールして運用する事を推奨してます。
日本語フォーラムでサポートが受けられます。
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/

>この考えは、邪道でしょうか?
個人の責任に於いて、されるのですから、宜しいと思いますが。

80~120GBの中古のHDDをケースに入れて外付けHDDとして、
数種類のLinuxディストリビューションをインストールして、
とっ替えひっ替えして違いを楽しんでます。
Windowsと違ってLinuxはドライバーなどはカーネルに内包してますので、
パソコンのUSB端子に接続して起動出来ますので、移動用パソコンと
して運用出来ます。

Zorinlite 62 remixs cimは軽量ディストリビューションの類で、
必要最小限の構成なので、初...続きを読む

Q一般ユーザでsudoが実行できない

一般ユーザーで「 sudo yum -y install git」と打つと、パスワードを打つように要求されるので、パスワードを打ちますと、「XXXXX は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。」と帰ってきて実行ができませんでした。

ネットで検索してみますと、「一般ユーザでsudoが実行できない場合(http://qiita.com/ume_tomo/items/71861a7797d5f5f12b2b)」があり、表示されている文言も全く同じでしたので、実行しようとしましたが、実行手順の通りの内容ではありませんでした。

私の環境は「CentOS7」で「VMware」なのが原因なのかもしれません。

また、「CentOS7」と記載された以下の2点も参考に見てみましたが、現在の私では応用するような力がありません。

どのようにしたら、「XXXXX を sudoers ファイル内に入れる」事ができるのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

なおユーザーは、私一人です。

  記
CentOS 7 : 初期設定 : Sudo を設定する (https://www.server-world.info/query?os=CentOS_7&p=initial_conf&f=8)

CentOS7のユーザ追加とsudoの設定 - cublog (http://cublog.hateblo.jp/entry/2016/03/17/132521)

一般ユーザーで「 sudo yum -y install git」と打つと、パスワードを打つように要求されるので、パスワードを打ちますと、「XXXXX は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。」と帰ってきて実行ができませんでした。

ネットで検索してみますと、「一般ユーザでsudoが実行できない場合(http://qiita.com/ume_tomo/items/71861a7797d5f5f12b2b)」があり、表示されている文言も全く同じでしたので、実行しようとしましたが、実行手順の通りの内容ではありませんでした。

私の環境は「...続きを読む

Aベストアンサー

ご使用されている CentOS7 は 64bit版でしょうか?
64bit版では wheel グループの動作に問題があるようです。
なので、もし 64bit版をご使用でしたら、ユーザー個別に sudo の使用許可を与えるようにする必要があると思います。

QCentos6.7 で、パテーションをデリートする

Linuxをインストールしてしまいましたが、windowsを再インストールしたいと思います。
しかし、パテーションのデリートができません。

ハードディスクのパテーションの画面になり、
HD160gbと他に、16gbと他に...

主に、16gb位の小さいパテーションに、centosがいくつか入っています。
centosのパテーションを選択し、ドライブのフォーマットを押下するも、
パテーションをフォーマットできません。
コマンドより、

sgdisk-Z/dev/sdx
を打つも、出来ませんでした。
上記は、webより参考にしたものです。
cent osが dev/dm-0に入っているため、
sgdisk-Z/dev/dm-0
を押下するも出来ませんでした。

linuxは、かなり初心者の部類に入り、まともに動かしたこともありません。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>sgdisk-Z/dev/sdx
>を打つも、出来ませんでした。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9616261.html

LiveLinuxで…と回答していたのですが……
OS入っているパーティションに対して、自殺は出来ません。
# って、昔やったような記憶があるのですが……

LiveLinuxで起動して、
dd if=/dev/zero of=/dev/sdX bs=512 count=1
とかでMBRが0クリアできます。
sdXは対象のハードディスクを指定することになりますが…間違うと悲惨な事になりますのでご注意を。


パーティション操作向けなLiveLinuxあったような気もしますけどね。
http://gparted.sourceforge.net/livecd.php
こんなのとか。

QC言語のポインターで詰まっている

下記が動かない。多分に、ポインターがおかしいと思うが。
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

int main() {
char *buf="<title>sample</title>";
char work[256];
char p;

char *out=work;
char *in=buf;

in=strstr(in,"<");
while(strcmp((p=(*out++ = *in++)),"sample") != 0);
printf("%c",p);

//while(strcmp((*out++=*in++),">") != 0);
*out='\0';
printf("%s\n",out);
return 0;
}
01.c: In function 'main':
01.c:14:2: warning: passing argument 1 of 'strcmp' makes pointer from integer without a cast [enabled by default]
while(strcmp((p=(*out++ = *in++)),"sample") != 0);
^
In file included from 01.c:3:0:
c:\mingw\include\string.h:43:37: note: expected 'const char *' but argument is of type 'char'
_CRTIMP int __cdecl __MINGW_NOTHROW strcmp (const char*, const char*) __MINGW_ATTRIB_PURE;

済みません。指摘をお願いします。

下記が動かない。多分に、ポインターがおかしいと思うが。
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

int main() {
char *buf="<title>sample</title>";
char work[256];
char p;

char *out=work;
char *in=buf;

in=strstr(in,"<");
while(strcmp((p=(*out++ = *in++)),"sample") != 0);
printf("%c",p);

//while(strcmp((*out++=*in++),">") != 0);
*out='\0';
printf("%s\n",out);
return 0;
}
01.c: In function 'main':
01.c:14:2: warning: pass...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。
No.4の方へのお礼を拝見しました。

まず、strcmp()というのは、第1引数のポインタから始まる文字列と第2引数のポインタから始まる文字列とを比較し、一致する場合には0を、そうでない場合には0以外を返す関数です。ちなみに、文字列は最後の'\0'までをすべて比較しますので、これでは永遠に一致しません。この場合、strncmp()という、文字数を制限した比較関数を使います。
例:if (strncmp(start, "title", 5) == 0) { ...

>それならば、ポインターに型変換をする事は出来ないのでしょうか。

Cでは他のスクリプト言語と比べ、変数の表記、とりわけポインタが絡んだ場合にちょっと違う記法になります。

宣言の時:
char *a;

ポインタ(アドレス)として利用する場合:
strncmp(a, "title", 5);

ポインタで示される値を参照する場合:
printf("%c", *a);
→printf("%c", a[0]);と同じ動きになる

質問者様はおそらくこのあたりを混乱されているのだと思います。

>while(strcmp((p=(*out++ = *in++)),"title") != 0);

雰囲気的には、1行でこれを表現しようとしているのでしょうが、こういうことをするぐらいなら普通にブロックで書いた方が分かりやすいです。
while (strncmp(in, "title", 5) != 0) {
*out ++ = *in ++;
}
CはPerlと違い、行数が計算コストになるわけではありません。コンパイラが良しなに最適化してくれます。

さらにちなみにですが、大文字小文字を区別しない場合は、strncasecmp()という関数もあります。必要に応じて活用されればよいと思います。

これでお望みの回答になるのではないでしょうか?

No.3です。
No.4の方へのお礼を拝見しました。

まず、strcmp()というのは、第1引数のポインタから始まる文字列と第2引数のポインタから始まる文字列とを比較し、一致する場合には0を、そうでない場合には0以外を返す関数です。ちなみに、文字列は最後の'\0'までをすべて比較しますので、これでは永遠に一致しません。この場合、strncmp()という、文字数を制限した比較関数を使います。
例:if (strncmp(start, "title", 5) == 0) { ...

>それならば、ポインターに型変換をする事は出来ないのでしょうか。

Cでは...続きを読む

Qlinuxマシンに、windowsをインストール出来ない。

もともとドライバなどが入っていない。ジャンクからのデスクトップなのですが、linuxをインストールしたのですが、やっぱりwindows7 64bitが良いので、そちらをインストールしたいのですが、出来ません。
windowsを入れると起動して、インストールするパテーションを選択する画面が出るのですが、
2つパテーションがあり、どちらにもインストールできませんの表示です。
ドライバをインストールする選択ボタンがあるので、そちらからISOドライバイメージを挿入するもインストールできませんでした。
linux起動時、コンピューターアインコンから、インストールされているlinuxをdeleteかunmountしようしたのですが、出来ませんでした。
解決方法のコメお待ちしております。

Aベストアンサー

> 2つパテーションがあり、どちらにもインストールできませんの表示です。
既存のパーティションにインストールではなく、
パーティションを選んだら「削除」に進めば、フォーマットに進んでから
インストールが開始できるようになる筈です。

> linux起動時、…、linuxをdeleteかunmountしようしたのですが、…
起動している自身のファイルに対しては、そんな操作はできません。
DVD等からLinuxを起動し、内臓のGPATED(パーティションエディター)を使えば、
HD内のパーティションエディットが可能になります。

なお、マルチOSの場合は、その後一方のOSを削除すると、
残る他方のOSが起動できない、等の問題が良くあります。
事前の準備が必要かと思います。

QLinuxで仮想環境を構築できない。

Virtual boxを使用して、仮想環境を構築しようと考えているのですが、出来ませんでした。
下記の手順で、どこが間違っているか教えてください。
1.virtual boxをインストールする。ディレクトリ E\virtualbox
Eは、外付けのHDDです。
2.ubuntu-ja-12.04-desktop-i386をE:にインストール
3.virtual boxを開き、新規作成、名称ubuntu12.04 OS:linux メモリーサイズ900MB 可変サイズ:
4.ストレージ、コントローラーIDEの箇所に、ubuntu12.04のISOイメージを指定
5.起動、

5以降で、確か、vhdかdiskの選択画面で、vhdを指定
すると、真っ暗な画面に、キャプチャの説明が入り、それを閉じると
FATAL:No bootable medium found! System halted.
というエラー表示です。

こちらを解決しようとしているのですが、出来ません。
解決方法を教えてください。

Aベストアンサー

『ISOを作るソフトで、ubuntu-ja-12.04-desktop-i386のISOイメージを作成』の部分で失敗していると思います。
Linuxのインストールイメージファイルは、普通にインターネットから取得する場合、取得した時点で(ブータブルな)ISOファイルですので、加工は必要ありません。
ヘタな加工を行うと、ISOファイル一つだけを含むブータブルでないISOファイルを作るのがオチです。

あとUbuntuのバージョンですが、12.04はこの4月でサポートが切れるので、今からやるならせめて14.04にしましょう。CPUが64bit対応なら、64bitでも負荷の差は大してないので16.04にしておくのも手です。
日本語版ISOの所在 https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

QLinux ServerでOutlookのメールができるのですか?

毎日使っているOutlookのメールですが、ServerはLinuxと言っていました。
ふと今疑問に思ったのですが、Outlookでメールする場合、Linux Serverは対
応しているのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

メール通信には国際基準があって、
それに基づいて、サーバーや端末(PCやスマホ等)のメールソフトが設計されています。
サーバーとメールソフトは直接には連携せず、国際基準が仲介しています。
なので、下記ご質問は、「yes」です。

==================== 
私のOutlookから見て送受信(SMTPとPOP3)されたメールは私の所属しているLinuxサーバが取
り次ぐことが出来るから、可能である。
 世界で普及しているメールサーバはメーラの種類は関係なくメールの送受信が可能です。
====================


人気Q&Aランキング