超初歩てきな質問になります
詳しい方からすればそんなん自分で解決しろ!と思われるかもしれませんが、初心者なため質問させていただきます><

今、カメラとレンズの取扱説明書をみていたところ、
「乾燥した風通しの良い場所に」と書かれていました。
現在、私のカメラ・レンズの保管場所は防湿庫なのですが、防湿庫での保管はやめた方が良いのでしょうか?
時間帯にもよりますが、窓などをあけ、風通しを良くしますが、夜などは防湿庫に入れる、という感じでもよいでしょうかね?

A 回答 (4件)

> 「乾燥した風通しの良い場所に」と書かれていました。



それは一般的な保管方法でしょう。
防湿庫があるのなら防湿庫に入れた方が良いです。
但し、その防湿庫も置き場所を間違えない事ですね。
埃の立ちやすい場所を避け、直射日光が当たらず庫外の温度・湿度の変化の少ない場所にしないと、せっかくの防湿庫も
ただのガラス戸のある棚になってしまいますからね。
    • good
    • 0

そもそも防湿庫って、「乾燥した風通しの良い場所」と同等の状態を庫内に実現する装置なので、防湿庫を所持されているなら、あえてそこから出して保管する必要は全くありません。



ヤバイのは、防湿庫その他管理方法に関わらず、様子見を怠ることです。
例えば防湿庫ですが、防湿庫自体が故障して機能損傷を発生したら、そこに入れたままにすることが「乾燥した風通しの良い場所」とかけ離れてしまいます。
こまめなチェックが何よりも大切だということです。
    • good
    • 0

大敵は、温度変化の大きな差、埃、湿度、になります。


湿気やほこりを通さない袋に入れて日光の当たらない温度変化の少ないところ、
に置けば十分でしょう。
防湿庫と言えども、裸保管では見えない埃が影響すると思います。
    • good
    • 0

防湿庫が一番ベストに決まっています。


昼夜で、わざわざ出し入れする必要はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防湿庫でのカメラの保管について、ご意見をお聞かせ下さい

最近、ふと疑問に思ったことがあります。
それは、防湿庫におけるカメラの保管の仕方についてです。
デジ一につきましてはもちろんケースなどには入れずに防湿庫にそのまま入れますが、コンパクトカメラにつきましては、持ち帰った後、専用ケース(ソフトケース等)に入れたまま防湿庫に入れております。
そこで、保管の仕方としては、ケースから取り出して入れた方が良いのでしょうか?
(たとえば、ケースに入れたままだと湿気がこもりやすいなど)

単純な質問で申し訳ありませんが、ぜひご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

普通の使い方をしている限り、問題ないでしょう。
例えば、濡れ物の乾燥機代わりにしていたら問題かも知れませんが、そうではないでしょうから。

僕は見た目が悪いと思うので、コンパクトカメラでもケースに入れたまま、防湿庫に入れる事はありませんが
>ケースに入れたままだと湿気がこもりやすいなど
は起こり得ないと思います。

むしろ、革製のケースが傷むんじゃないかと気にされる話は聞いた事がありますが、それとてケースが傷むようでは湿度設定を下げすぎだと思っています。

Q去年の秋から合衆国在住です。カメラのレンズなどの為の防湿庫のようなもの

去年の秋から合衆国在住です。カメラのレンズなどの為の防湿庫のようなものを探しています。
冬は乾燥していたのですが、夏場は湿度が上がるという話を同僚にされたので、そろそろ対策をと考えています。
現在はシリカゲルとジップロックでまとめています。
防湿庫のようなものがありましたら、どこのメーカーのものが入手しやすいでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>カメラのレンズなどの為の防湿庫のようなものを探しています。
どこのメーカーのものが入手しやすいでしょうか。

            ↓
私は、御徒町にあるトーリ・ハン株式会社のドライキャビネットを購入しています。
湿害の防止、カビ予防や皮革カバー類の変色とか臭い抑制に効果があるように思います。

用途としては、カメラや精密光学機械、時計、人によっては葉巻の保管保存にも利用されているようです。

尚、米国での取り扱い販売店や、通販の有無&方法等は、添付の会社概要からお問い合わせください。



「ドライキャビネット」と言う商品名でトーリ・ハン株式会社から発売されています。

http://www.dry-cabi.co.jp/seihintobira.htm

http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4-ED-40SS-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-%E6%B8%A9%E6%B9%BF%E5%BA%A6%E8%A8%88%E3%81%A4%E3%81%8D/dp/B000FZ5618

>カメラのレンズなどの為の防湿庫のようなものを探しています。
どこのメーカーのものが入手しやすいでしょうか。

            ↓
私は、御徒町にあるトーリ・ハン株式会社のドライキャビネットを購入しています。
湿害の防止、カビ予防や皮革カバー類の変色とか臭い抑制に効果があるように思います。

用途としては、カメラや精密光学機械、時計、人によっては葉巻の保管保存にも利用されているようです。

尚、米国での取り扱い販売店や、通販の有無&方法等は、添付の会社概要からお問い合わせく...続きを読む

Q防湿庫とドライボックス

私は今、防湿庫ED-55CDBを所持しています。その防湿庫を売ってしまおうか迷ってます。

今までは コンデジ2 個と ミラーレス2個と 交換レンズ6個 を所持していたんですが、
最近ペットやスポーツシーンを撮ることが多くなったので、デジタル一眼レフ(交換レンズ2個付)を購入しました。
購入にあたり、コンデジ1個とミラーレス2個と交換レンズは売ってしまったので
手元にあるのはデジタル一眼とコンデジ1個になり、防湿庫は本当に必要なのか?
と思ってしまったのです。
コンデジはほぼ毎日持ち歩きますし、デジイチは良くて週一、悪くても2週間に一回は使っています。
たぶんですが、今後レンズを増やすとしても単焦点とマクロ計2本くらいだろうと思ってますので、防湿庫ではなくドライボックスでも十分なんじゃないかと。

ドライボックスではやはり不十分なんでしょうか?

皆さんのご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

質問を見る限り、カメラを居間とかに置きっ放しにするのではなく、何らかの湿度管理はすべきだと考えていらっしゃるようですね。
それであれば、既に防湿庫があるわけですから、素直にそれを継続して使用すればいいのではないかと…

>ドライボックスではやはり不十分なんでしょうか
そんなことはありません。
ですが、それは乾燥剤の交換等、ドライボックス自体を管理できるという前提でのことです。
つまり、ドライボックスに入れてほったらかしはNG。
ちょこちょこ面倒を見てあげないといけません。

また、湿度はその人の住環境で異なってきますから、最終的なさじ加減はそこにお住まいの方が判断するしかありません。
防湿庫があるんだから、防湿庫を使ったほうが負担が少ないと思います。

Q防湿庫

冬は庫内がは乾燥して38%くらいになってしまいます。スイッチを切ったりドアを明けっ放しにしたらどうなるでしょうか?。。

Aベストアンサー

>ありがとうございます。38%は乾燥のし過ぎと思い相談しました。

30~50%の範囲なら大丈夫ですよ。

Qカメラのレンズについ。、通常カメラのレンズを交換できるとなると一眼レフ

カメラのレンズについ。、通常カメラのレンズを交換できるとなると一眼レフカメラしかないとおもいますが、本体並み、それ以上に高いのでしょうか?高価なものとそうでないものとの差はあきらかなのでしょうか?世界最小軽量のソニーのミラーレス一眼を購入予定なのですが、使用目的は通常のデジカメの感じで簡単に静止画動画を撮りたいと思っており、殿よなレンズがよいのでしょうか?通常のデジカメ同様10倍のズームは使いたいですが、一眼レフで10倍のレンズとなると薄い商品はないですよね?となると通常のデジカメのように気軽に持ち運びは不可になりますので、ポケットに入れれる条件でズーム何倍くらいのレンズがありますか?

Aベストアンサー

一眼レフまたは、レフ無しでもポケットに入る条件では、ズームレンズは有りません。

コンパクトデジカメでは、小さい高倍率ができる理由は、撮像素子が小さいために各レンズの直径を小さく出来るためです。
ソニーが一眼レフと同じ大きさの撮像素子(APS-C)でレンズ交換式のミラーレスデジカメを作りましたが、薄く出来たのはボディだけです。
レンズキットのパンケーキ単焦点広角レンズをつけたときには、ポケットに入りますが、これから望遠ズームなどを作っていくと、そのレンズ自体は、光学的なレンズの設計は、フランジバックだけ短くても、以前と同じですから撮像素子が大きいので普通の一眼レフのレンズと基本的に同じになります。
とてもポケットには入りません。

ソニーやパナソニックのミラーレスカメラの方が撮像素子が、もう少し小さい(フォーサーズ)ですから、こちらの方が標準ズームなどでも、小さいですね。(ポケットはそれでも無理)

ポケットに入るカメラで高倍率カメラをお求めでしたら、コンパクトデジカメの中から、出来るだけ撮像素子が大きめで性能のよいものから選定するのは、いかがでしょうか。

一眼レフまたは、レフ無しでもポケットに入る条件では、ズームレンズは有りません。

コンパクトデジカメでは、小さい高倍率ができる理由は、撮像素子が小さいために各レンズの直径を小さく出来るためです。
ソニーが一眼レフと同じ大きさの撮像素子(APS-C)でレンズ交換式のミラーレスデジカメを作りましたが、薄く出来たのはボディだけです。
レンズキットのパンケーキ単焦点広角レンズをつけたときには、ポケットに入りますが、これから望遠ズームなどを作っていくと、そのレンズ自体は、光学的なレンズの設計...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報